カテゴリ:NHK( 13 )

2017年 紅白歌合戦 (後半戦 / 総括)


後半戦開始


23.欅坂46 「不協和音」(10点)

   内村光良が当曲のパフォを見て感激した作品。

   その通り圧巻のパフォーマンス。

   鬼気迫る、魂を込めたダンスに制圧された。

   「僕は嫌だ」の悲痛な叫び。

   センターの平手が倒れたときの衝撃音。

   10代の少女たちが繰り出す悲痛なパフォは、どうして心を揺さぶるのか。

   汚れたおっさんの哀しみをエグってくるナイフなのだ。

   号泣。


24.関ジャニ∞ 「なぐりガキBEAT」(6点)

   唄でダンスではなく、にぎやかしパフォに終始。

   審査員、楽屋、ロビーを縦横無尽に使う悪態。

   ジャニーズの無意味なお祭騒ぎパフォは見ていて不快。

   一人、ピーコさんみたいなのが混ざっていたが、あれはイケてるのか?


集団芸対決

口パクでも本気なら人を感動させられる

紅組の勝ち 紅5勝 白7勝




d0025570_18324777.jpg

           

            

「夢を歌おう」スペシャルプレゼンター・黒柳徹子さん登場。

デビュー65年のトットちゃん。相変わらずフガフガしてる。

母校「トモエ学園」の校風に合ったから今ここにいる。

それを歌にしたのが福山雅治。


25.福山雅治 「トモエ学園」(5点)

   毎年のことだが「パシフィコ横浜」からの中継。徹子歓喜。

   徹子の恩師・小林先生を思って歌にしたらしい。

   何故か地元長崎の母校で「夢を語る」授業をする福山のロケVTR

   これいるか? 会場ポカーン( ゚д゚)だろ。今更いい人アピールしてどうするの。

   とにかく歌に入るまでのくだりが長すぎ。

   歌はどうでもいい。


26.坂本冬美 「男の火祭り」(8点)

   日本の祭りが大集結。

   青森・立佞武多、秋田・竿燈まつり、高円寺阿波踊り、沖縄エイサー。

   福山の地元・長崎くんちが出てたのは、会場に来ない福山への嫌味か。

   沈んだ空気を一変させた坂本冬美の心意気に拍手。

   内村光良の言葉がすべてを代弁している。「これが紅白だよ!」


紅白常連対決

ライブ感を大切にするやつが会場に来ない理由を知りたい

紅組の勝ち 紅6勝 白7勝



d0025570_18122164.jpg

                        

                 【アトランティックサーモンのムニエル】


楽屋ロビーから桑子アナ。

イッテQメンバー・みやぞん(ANZEN漫才)登場。

彼の喋りは悪い意味でハラハラする。

即興で「紅白のうた」を披露するが、4K・8K放送の宣伝だった。

時間の無駄遣い。



27.西野カナ 「パッ」(5点)

   まったく内容が薄い歌詞にオドロキ。2分で書いたのか?

   「パッ」と弾けたい気分なの。と言う気持ちを回りくどくダラダラと。

   自分で作詞したらしいが、もう止めた方がいい。


28.TOKIO 「ANBITIOUSJAPAN!」(6点)

   東京五輪応援アンバサダーを務める関係で、陸上の桐生選手が登場。

   ダブルのスーツが似合わない。

   TOKIOが五輪に携わる関係者を訪ねるロケVTRを見せられる。

   福山といい、歌う前のくだりが長い。

   楽曲は作詞・なかにし礼、作曲・筒美京平の黄金コンビ。

   紅白の定番ソングと化している。


大手事務所対決

事務所に大事にされているか否か

白組の勝ち 紅6勝 白8勝



三たび、紅白スーパーバイザー・三津谷寛治氏VTRで登場。

内村の光良氏の夢は欅坂46と共に踊ること。

紅白のテーマ「夢を歌おう」は夢を貫くのが紅白の魂。

曲振りの際に競演を謙遜してた内村だったが・・・


三津谷氏「そんなの・・・三津谷は嫌だ!」


内村氏「僕も嫌だ!」


話題になった欅坂の3人が過呼吸で倒れるシーン。

体調不良のなか、懸命に踊る姿に感動。

だが、演出だとすると悪質。

賛否両論あるが、僕は性善説を信じる。



d0025570_20260969.jpg


故・平尾昌晃追悼コーナー。

紅白の最後「蛍の光」の指揮として君臨。

平尾昌晃音楽学校(現・HMS)出身の松田聖子がコメント。

「いつも優しく包んでくれてありがとう」。

畑中葉子は出てこないのか。



29.五木ひろし 「夜空」(6点)

   作詞・山口洋子 作曲・平尾昌晃のゴールデンコンビ。

   だが、いかんせん清水アキラとダブル。そしてその背後に3男の影も。

   それにしても一昔前なら紅白の大トリに使われてもいい曲なのに。


30.乃木坂46 「インフルエンサー」(7点)

   日本レコード大賞受賞曲。

   乃木坂史上最難度の高速ダンスに、バナナマン・日村が絡む。

   ダンスに注目したいのに汚い日村が目に余るので-1点。


世代交代対決

若さゆえの輝き

紅組の勝ち 紅7勝 白8勝



d0025570_20293732.jpg


二宮和也 × 羽生善治永世7冠 SP対談

 「夢の大切さ」を語る。

 「初心忘るべからず」とは、始めた時の気持ちではなく、

 その時々の初めての気持ちという意味。

 将棋を始めたとき、プロを目指したとき、

 それぞれのターニングポイントでの気持ちを忘れない。

 夢に向き合うたびに初心を大切にする。

 道のりは果てしなく続く。「いつでも夢を」


紅白歌手全員で歌唱 「いつでも夢を」

ピアノ・YOSHIKIX JAPAN)※ピアノは河合楽器

マイクを持ってる歌手と、そうでない歌手の選別は何なのか。

石川さゆり、星野源、松たか子、山本彩(NMB48)など歌わせたい理由は。



d0025570_18332752.jpg


                  【スナップエンドウと卵のサラダ】


「ひよっこ」紅白特別編

昭和43年の大晦日が舞台の書下ろし。

朝ドラ見てないので、思い入れが無い中で感情を作るのは難しい。

和気あいあいの登場人物の中で、一人見知らぬおっさんを発見。

それが桑田佳祐だとしても、物語はつづく・・・。



31.松田聖子 「新しい明日」(6点)

   作詞作曲・松田聖子。今回はYOSHIKIのピアノなし。

   声が低い。ライトが眩しい。

   異常に前向きな歌詞は、結婚した娘・沙也加に向けたメッセージなのか。  

 

32.平井堅 「ノンフィクション」(7点)

   作詞作曲・平井堅。亡くなった友人(♂)へ送る歌。

   義足ダンサー・大前光市氏とのコラボ。花束を持ちながら熱唱。

   秘密 涙 ひとり雨 目覚めたら襲う不安

   僕はあなたに あなたに ただ会いたいだけ♪ 


作詞作曲対決

追悼メッセージには勝てない

白組の勝ち 紅7勝 白9勝



紅白スペシャルコラボレーション

椎名林檎とトータス 「目抜き通り」

   椎名林檎、高橋一生、吉岡里帆、松たか子が揃ってるのだから、

   「カルテット(TBS系)」やればいいのにと、誰もが思っている。

   素晴らしい歌なのだろうけど、トータスである必要はない。

   椎名林檎のハモリもイマイチ。それほど仕上がってない出来。   

   指揮は斎藤ネコカルテットの斎藤ネコ。

   ピアノはスピッツのプロデューサー・笹路正徳。

   振付はMIKIKO

   豪華な布陣で臨んだが、消化不良。



d0025570_20361113.jpg


33.Perfume 「TOKYOGIRL(10点)

   渋谷のビルの屋上ヘリポートからの中継。

   地上200m、見るからに寒い。

   欅坂みたいに貧血で倒れたらどうするのか。

   そんな過酷な状況で踊るプロフェッショナルの3人。

   まさに「踊れ Boom Boom TOKYO GIRL」。

   画面右上の「LIVE」の表示が消えた瞬間、

   実写とCGをシンクロさせることに成功。

   ダイナミックVRとシームレスMRをリアルタイムで重ね合わせた稀代の技術。

   それもPerfumeの完璧なダンスがあってこそ。

   さすが!!


34.X JAPAN 「ENDLESSRAIN 2017紅白スペシャル」(8点)

   小暮井康夫内閣総理大臣(LIFE!)が応援に駆け付ける。   

   YOSHIKIは本物の総理が出てくると思ってガッカリ。

   昨年ゴジラを倒したからって、そんな筈ないだろ。

   サビの高音の部分で客にマイクを向けるTOSHI

   普通に合唱する観客。

   一転「紅」のイントロとともに、せり上がりから出現する一台のドラム。

   それに向かうYOSHIKI

   観客からは拍手と悲鳴。

   首を痛めてドラムを自粛していたYOSHIKIが、ついに封印を解く!!

   何だこの茶番は!!!!!


『現実と虚構対決

世界的ダンスと技術の融合が凄い

紅組の勝ち 紅8勝 白9勝



d0025570_20414858.jpg


35.AKB48 「視聴者が選んだ夢のAKB紅白SPメドレー」(6点)

   昨年はAKB紅白選抜を投票で選び、生で発表する企画。

   今年は曲を投票で選び、生で3曲発表する企画。

   苦しいなー。もういいでしょ。

   3位 大声ダイヤモンド(センター・松井珠理奈)

   2位 365日の紙飛行機(センター・山本彩)

   1位 11月のアンクレット(センター・渡辺麻友)

   渡辺麻友(まゆゆ)が本日で卒業なのでセンター曲が1位に選ばれた。

   出来レースだとわかっていても、マイクを置いて去るまゆゆにちょっぴり涙+1点。


36.エレファントカシマシ 「今宵の月のように」(7点)

   「好きこそものの上手なれ」が長く続ける原動力。

   ボーカルの宮本浩次は落ち着きないが、メンバー全員50代。

   破天荒キャラだと思ったが、予想に反して普通に唄ってた。


『個性的なセンター対決』

やっぱり年の功

白組の勝ち 紅8勝 白10



37.松たか子 「明日はどこから」(7点)

   3年前の「LetIt Go~ありのままで」がヒットしたときに出場すべきだった。

   視聴者の期待を裏切り、代役で出場したMay J.に恥をかかせた戦犯。

   その時は神田沙也加の奮闘で形を作ったが、

   日本全国「レリゴー現象」のときに紅白を辞退するのは考えられない。

   今回は朝ドラの主題歌、自らの作詞作曲なのもあって出場したのだろうが、

   あのときの失望感は決して忘れない。


38.星野源 「FamilySong」(6点)

   「こんばんはー、星野源でーす!」

   昨年社会現象を起こした「恋ダンス」と比べて地味な歌。

   今年は新垣結衣(ガッキー)が居ないから更に地味。

   と思いきや、吉岡里帆(どんぎつね)がいるじゃないか!

   が、やっぱり特に絡みはなく地味にフルで唄っただけ。


『役者兼歌手対決

葵わかなの笑顔に救われた

紅組の勝ち 紅9勝 白10



d0025570_20441206.jpg


39.Superfly 「愛をこめて花束を」(10点)

   体調不良で休養してたが2年ぶりに復帰。

   ボヘミアンみたいな髪型だったが、ばっさりショートカットで登場。

   女優の星野真里(あがり症)に似ている。

   でも、歌唱力は抜群!! 歌の力は素晴らしい!!

   歌詞、楽曲、表情、背景、力強い歌声に心が震えた。号泣。。。



d0025570_20460241.jpg


「ひよっこ」紅白特別編のつづき

見知らぬおっさんの正体は桑田佳祐ではなく、浜口庫之助(昭和のヒットメーカー)だった。

佐々木蔵之介ではない。

何故かギター片手に「涙くんさよなら」を熱唱。

そして一人、去っていく・・・つづく。



40.嵐 「嵐 × 紅白スペシャルメドレー」(6点)

   Superflyとの対戦の合間に、何故「ひよっこ」を挟んだのかと思ったら、

   白組司会の二宮和也(ニノ)が着替える時間を稼いでいたのか。

   明日を生きるすべての人たちに贈る、応援ソングメドレー。

   「GUTS!」~「Doors~勇気の軌跡~」

   小っちゃいおっさんたちが一生懸命踊ってるが、口パクがひどい。

   それをフルで聴かせられると、さっきまでの感動が萎む。


『ソウルフル対決

「夢を歌おう」のコンセプトに合ってるのは

紅組の勝ち 紅10勝 白10



d0025570_20310486.jpg


                   【馬肉の刺身】


41.高橋真梨子 「foryou...(6点)

   近年出場したの紅白の中では上手く唄えてた。

   最後の紅白と自覚してのパフォだとしたら素晴らしい。

   体調が悪いのであれば、次回こそ後身に譲ってほしい。


42.氷川きよし 「きよしのズンドコ節」(7点)

   宝船に乗ってズンドコ。

   100人のチームズンドコを従えてズンドコ。

   羽織を脱いだら全身金の衣装でズンドコ。

   まるでスターウォーズのC-3PO(金のロボット)みたくてズンドコ。


『年の差28歳差対決』

会場を沸かすズンドコ。

白組の勝ち 紅10勝 白11


     

特別企画

安室奈美恵 「Hero

   国民的歌手・安室奈美恵の紅白ラストステージ。

   出場歌手発表から漏れて落胆の声が届いたのか、特別ステージが用意された。

   「CANYOUCELEBRATE?」で産休に入り、

   CAN YOU CELEBRATE?」で復活した紅白の舞台。

   決して思い入れが無い筈がないのだが、

   昨年のリオ五輪NHKテーマソングにHero」が採用されたにもかかわらず、出場せず。

   五輪で活躍した選手の映像とともにHero」を唄って感動を共有するという

   大晦日の国民の楽しみを反故にしたのだ。


   その一件以来、僕の中で彼女に対する不信感が渦巻いていた。


   幸い出場が決まったが、どんなステージになるのか。

   持ち時間20分? アムラー大集合? 出場歌手全員で最後ねぎらう? 会場一体となって大合唱?

   とにかく大晦日紅白の舞台で彼女に相応しいステージを披露して欲しい。


   でも、やっぱり裏切られた。


   会場近くの特設スタジオで無観客の歌唱。

   何それ?

   だったら出なくていいよ。

   VTR出演と変わらないじゃん。MVの方がまだマシ。

   「I'llbe your hero」じゃないのか? みんなの憧れ安室ちゃんじゃないのか?

   大勢の観客の前で生の歌を聴かせるのがHEROじゃないのか?  

 

   海外生活してても外国のスタジオで唄ってくれた「宇多田ヒカル」や、

   パシフィコ横浜でライブのために来れない理由がある「福山雅治」のほうが全然マシだ。

   心底がっかりしたパフォでした。。。



d0025570_20494883.jpg

特別企画

桑田佳祐 「若い広場」   

   横浜アリーナから中継。

   安室奈美恵があんなだったので、かなりいい人に感じる。

   有働アナも会場に入り、NHKの本気を感じる。

   ただし、内村光良が桑田に投げた言葉がすべてを代弁している

   「直接会いたかったよ!」

   その通りである。

   いくら大スターが出演しようと、会場、視聴者を置き去りにしてる感が出まくりなのだ。

   安室、桑田と中継が続いた約20分間、真のファン以外は冷めてしまっているのである。



d0025570_20530830.jpg


43.石川さゆり 「津軽海峡・冬景色」(7点)

   紅組のトリは石川さゆりしかいないのか。

   歌う曲は「天城越え」とこれしかないのか。

   「ウヰスキーがお好きでしょ」が聴きたいよ。

   ピアノアレンジで小手先を変えてもダメだ。


44.ゆず 「栄光の架橋」(8点)

   2004年アテネ五輪NHKテーマソング。

   今更感がぬぐえない。

   いつの間に大トリで唄うほど大物になったのか。

   誰もが納得する曲順なのか。

   ゆずの歌を聴くまで寝れない、

   ゆずの歌を聴いて年を越そう。

   それほどまでにゆずは愛されてるのか。

   甚だ疑問である。


『カラオケで歌い上げる対決』

声が出てたので

白組の勝ち 紅10勝 白12



d0025570_20472530.jpg

                 【ローストビーフ(バルサミコソースがけ)】


結果

紅組 1,432,371

白組 2,237,644

白組勝利



【総括】


所々楽しかったし、所々感動した。

ただ、まだまだ改善の余地はたくさんある。

良かったところ、改善して欲しいところを挙げてみる。


まず、グランドオープニングが素晴らしかった。

音楽・映像・演出・衣装・振付すべてが、これから始まる祭典を盛り上げる。

出場歌手をふんだんに散らし、わくわく感ドキドキ感が高まった。


出演者では、女性の奮闘が目立った。

ひいき目ではあるが、ダンス、歌唱力、表現力は女性の方が上だったの思う。

結果として白組が勝ったのはトータルバランスだけだ。


欅坂46の鬼気迫るダンス。

PerfumeのダンスとCG技術の融合。

Superflyの力強い歌声に10点を付けたのは、プロの凄さを改めて感じたからだ。

片やジャニーズの面々が行った目立ちたいだけの不快なパフォ。

貴公子やけん玉などのキャラ付け演歌歌手は選出の再考を求めたい。


総合司会の内村光良の奮闘も書かねばならない。

これまでの総合司会といえばNHKアナであり、

タレント・俳優が抜擢される紅白両軍司会者の手助け的な存在であった。

今回は3人全員がタレント・女優であったが、

数多くのバラエティー番組で進行をしてる実績もあり、

娘・息子のような若手司会者を優しく見守る位置にいた。

かつ、様々な場面で自身のコントキャラを散りばめ、演目の繋ぎを埋めた効果は特筆である。

彼の持つ柔らかい雰囲気が、紅白特有の刺々しい雰囲気を見事に緩和させた。

今後の司会を選考する上での、ひとつの指標となったのではないか。



次に改善して欲しい点を挙げてみる。

前回はSMAP、今回は安室奈美恵に振り回された。

大物歌手に出演交渉して断られることは、昔もあったが、

ここまで振り回されることはなかった。

解散・引退するたびに紅白の目玉にしようという発想はもう止めて欲しい。


つか、今回大物を呼ぶなら北島三郎(サブちゃん)だった。

キタサンブラックを連れて「祭り」を大トリで唄ってもらって2017年を締めくくれば

すべてチャラに出来たのだ。

2017年の漢字は「北」ですよ。


曲順にも注文を付けたい。

竹原ピストルが唄う「よー、そこの若いの」は、

おっさんが若者に説教をするような歌だが、実はおっさんの自戒の歌なので

前半戦の8時台に唄う歌ではないのだ。


対照的に後半戦の10時台にAKBの茶番など見たくない。

年越しまであと2時間という時間帯に何を感じればいいのか。

僕が考える紅白で唄って欲しい曲順の括りは3つある。


①楽しい歌

AKBグループ、ジャニーズなどのみんなで大騒ぎ系

前半戦にいくらでもやってくれればいい。

今回の郷ひろみの前半の締めは非常に良かった。


②聴きたい歌

欅坂46、竹原ピストル、三浦大知、Perfumeなど。

後半戦にプロのパフォーマンスを堪能したい人たち。

ここからはフルコーラスで聴きたい。

後半戦一発目の欅坂46は大成功だったが、

照明を消して竹原ピストルの弾き語りにする冒険でも良かったと思う。


③聴かせる歌

Superfly、五木ひろし、坂本冬美、石川さゆりなど。

普段テレビではお目にかかれない人たちの、本物を感じたい

こんなに素晴らしい人たちの歌を聴きながら年末を迎えたい。



話は変わって、特別企画問題。

新しい試みとして「スポットライト」的なコーナーはどうだろう。

NHK好みではなくても、出て欲しいアーティストは沢山いる。

Suchmos(サチモス)、岡村靖幸、BABYMETALももいろクローバーZなど(異論は認める)。

今回はMONDO GROSSOのアルバムに参加している満島ひかりを呼んで、

「カルテット(TBS系)」で話題になった「大人の掟」が披露されたのかと思うと、

もう夢の企画でゾクゾクするでしょう!!



夢のような話ではあるが、夢ではないような気がする。


だって紅白のテーマは夢を歌おうなのだから。。。


[PR]

by wakachannel471225 | 2018-01-13 16:27 | NHK

2017年 紅白歌合戦 (前半戦)

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。


メガネさんは今年も目標を3つもたてました。


①体を鍛えて健康になる

②ブログをなるべく更新する

③前向きになる。


実は、ここまでの書き出しは20171月に更新したブログと同じです。

つまり昨年の目標はすべて未達に終わったということ。

2月にインフルエンザにかかり、夏に腰を痛め、

10月初旬から原因不明の咳が止まりません。

ブログは年4回の更新にとどまり。

いつまでもクヨクヨするろくでもない一年でした。


反省無くして進歩なし。

今は膝の上にネコを乗せて暖かい気持ちでブログを書いていますが、

皆様いかがお過ごし?


そんな脆弱すぎるメガネさんですが、
毎年大晦日に観ている「紅白歌合戦」を勝手に採点したいと思います(上から目線の寸評つき)。
昨年の事なので、あまり記憶がないのですが。


普通に書いててもつまらないでの

大晦日に食べた料理の画像とともに。


【採点方法】
10点:涙が溢れて止まらないの
9点:さすがプロ、感動した!
8点:とても良かった!
7点:普通
6点:イマイチだね~
5点:もう出てくんなレベル


しかも今回の紅白の採点方法は、対決ごとに優越を付ける個別勝敗方式なので、

当ブログでも同方式で採点します。

では始まり始まり~。



d0025570_16320305.jpg
                       
              【千駄木越塚のコンビーフを挟んだサンドウィッチ】

~オープニング~

   渋谷駅前を走るバスに乗りながら司会の3人が登場。

   総合司会の内村光良(ウッチャン)、

   紅組司会の有村架純(ビリギャル)、白組司会の二宮和也(嵐)。


  

d0025570_16405559.png


   出場歌手紹介をVTR映像で流す紅白史上初の試み。

   リオ五輪閉会式の引継ぎセレモニーや、

   東京五輪の開開会式の演出に携わっている

   佐々木宏やMIKIKOをグランドオープニングに起用。

   渋谷の街に出演者が現れるコンセプトのもと、

   ビッグバンドの音楽(宮川彬良)と

   オシャレな衣装・振付(MIKIKO)・演出で魅了させられる。

   わずか3分足らずの映像だったが、早くも涙腺が緩んでしまった。

   何これ? 最高じゃん!!



d0025570_16412595.png


ちなみに今回のテーマも夢を歌おうです。


1.Hey!Say!JUMP 「Come On A My House」(5点)
   10周年で初出場。SMAPが抜けた枠のおかげ。

   「夢を歌おう」なのにトップバッターから口パク。

   カメラ目線で口パクし続け、会場に背を向けるパフォにドン引き。

   中島裕翔は吉田羊に合図を送ってるのか。

   伊野尾慧は明日花キララとシンガポールか。

   岡本圭人を見てる有村架純はどんな心境なのか。


2.Little GleeMonster 「好きだ。~夢を歌おうver.~」(6点)
   「陸王(TBS系)」の劇中歌「Jupiter」をアカペラで唄いだすが、

   会場からの掛け声に邪魔をされて、なかなか「エビデー」が唄えない。

   「ヒェーッ!ソニーイィ損保ッフゥー♪」を思い出す。

   ソニー損保のCMは瀧本美織で良かった。


『イケメンの口パク vs ブサイク生歌対決』

やっぱり生歌でしょ。

紅組の勝ち 紅1勝 白0勝 


  

3.山内惠介 「愛が信じられないなら~貴公子たちの舞踏会」(6点)
   貴公子キャラで売っている勘違い演歌。

   昨年同様、AKBとのコラボで進歩がない。男装のAKB貴公子選抜に+1点。


4.E-girls 「Love Queen」(5点)
   キャバ嬢の宴会芸。韓国のアイドルグループみたいでキモい。

   今年の流行に乗っかってバブリー衣装だが似合ってない。バブル青田を呼んでこい。


『自称貴公子vs ケバケバクイーン対決』

男装の麗人に一票。

白組の勝ち 紅1勝 白1勝



ゲスト審査員紹介

・村田諒太(WBA世界ミドル級チャンピオン・再戦)

・村上茉愛(2017世界体操ゆか金・シリバス)

・加藤一二三(ひふみん・棒銀)

・吉岡里帆(女優・どんぎつね)

・高橋一生(俳優・天沢聖司)

・宮本信子(女優・マルサの女)

・鈴木亮平(俳優・変態仮面)

・林真理子(小説家・アグネス論争)



d0025570_16522661.jpg


NHKゼネラル・エグゼクティブ・プレミアム・マーベラス・ディレクター

三津谷寛治氏登場。

今夜は「紅白スーパーバイザー」の肩書きもあるらしい。


NHK上空にヘリで待機していたが(操縦士はムロツヨシ)、

突然パラシュートを付けずに急降下、アイアンマンばりに空を飛び、NHK西口玄関に衝突。

無傷で立ち上がる様はターミネーター。



d0025570_17033808.png


NHK職員(塚地武雅)に促されるやいなや

NHKの敵(暴力・差別・圧力・忖度)」と闘う羽目に。

ジャッキーチェンばりのアクションで敵をなぎ倒す三津谷氏。

暴力には暴力を。NHKの姿勢が問われる。

NHKなので」



d0025570_17584069.jpg


副音声はバナナマン(GET WILD)

ラジオ放送はNHK小郷知子アナ・二宮直輝アナ。

楽屋トークの司会は渡辺直美(ビヨンセ)。

楽屋ロビーでサンシャイン池崎(空前絶後)が8Kテレビを宣伝。



.SHISHAMO 「明日も~紅白2017ver.~」(8点)
   姪っ子が遊びに来たような可愛さ。

   みんな肌艶がいい。あの頃に戻りたい(内村談)。

   前髪パッツン。赤いスカート。ドラムのカーディガン。

   私服での登場はAIKO以来か。

   「月火水木金働いた ダメでも毎日頑張るしかなくて」歌詞が泣ける。

   高校生ホーン隊とスペシャル共演。

   一生思い出に残る演出が紅白ならではでさらに泣ける。



d0025570_17282347.jpg


6.三山ひろし 「男の流儀~けん玉世界記録への道~」(5点)

   けん玉バカ。124人連続で成功させるギネスに挑戦。

   大晦日・紅白・生放送の緊張感に124人巻き込む企画が非道。

   失敗した14人目の人は立ち直れないだろう。


『高校生ホーン隊vs けん玉バカ対決』

もうけん玉やめろ。

紅組の勝ち 紅2勝 白1勝


.AI×渡辺直美 「キラキラ」(6点)

   話題のアートディレクター・吉田ユニさんの映像が流れてるのに、

   変な前髪と鼻ピーにしか目がいかない。  

  

.竹原ピストル 「よー、そこの若いの」(7点)

   ゲスト審査員・吉岡里帆(京都出身)が下積み時代の心の支えが「竹原ピストル」。

   にも関わらず、櫻井翔(嵐)がのこのこ出てきて曲紹介。

   お前なんやねん。

   譜面台とギター1本とマイク。

   シンプルなステージの中、会場の手拍子が邪魔。

   あと譜面いるか?

   今さら譜面見ながら歌ってることへの違和感。

   メッセージ色が強い歌なのに、下向いて唄ってるから伝わってこないのが残念。


『変な髪型 vs坊主タオル巻対決』

櫻井翔の顔面に違和感。

白組の勝ち 紅2勝 白2勝



d0025570_16451049.jpg

               

                  【自家製人参のサラダ】


紅白舞台裏リポート

紅白大好きウーマン・ブルゾンちえみwithB

別室にいる生バンドの数が35人という情報だけのネタ。

いや、もはやネタにもなっていない。


.丘みどり 「佐渡の夕笛」(7点)

   初出場演歌歌手に付き物のお祖母ちゃん(ミチコ)の応援。

   天国のお母さんに届け。

   幸福実現党の党首に似てる。

   派手な顔のわりに声が低い。

   サビの「佐渡の夕笛かなえて欲しい♪」のところで手が震えるのが演歌っぽい。


10.SexyZone 「ぎゅっと」(5点)

   いちいち単語に「セクシー」を付けるのがバカっぽい。  

   「セクシー紅白」「セクシーサンキュー」「セクシー晩御飯」

   NHKなのに「セクシー部長( 沢村一樹)」が出てこないのが不思議だ。

   いや「セクシー」でなく「セクスィー」だった。


『セクシー演歌vs デリケートゾーン対決』

セクシーとは他人が判断するもの。

紅組の勝ち 紅3勝 白2勝



11.市川由紀乃 「人生一路」(6点)

   美空ひばり33歳の時の曲を41歳の演歌歌手が熱唱。

   ちなみに2年前の紅白で天童よしみ(当時61歳)が同じ曲を唄っていた。

   その時もステージに美空ひばりの映像が流れていたのだが、

   ひばりの歌を唄う時は本人映像を使わなくてはいけない規約でもあるのか。

   芸能界の闇が深いし、不快。


12.福田こうへい 「王将」(7点)

   村田英雄31歳の時の曲を41歳の演歌歌手が熱唱。

   大阪を拠点とした棋士・阪田三吉をモデルにした歌詞だが、福田こうへいは岩手出身。

   「藤井四段」「3月のライオン」など将棋ブームに乗っかったのか。

   「3月のライオン」の登場人物・滑川七段(死神)を彷彿させる悪魔の耳の持ち主。


『美空ひばりvs 村田英雄代理対決』

モノマネでは福田が上手。

白組の勝ち 紅3勝 白3勝



d0025570_17350314.jpg

                

                 【豊後産鰤のカルパッチョ】


再び紅白スーパーバイザー・三津谷寛治氏登場。

出場歌手にダメ出し。



d0025570_17592033.jpg


三山のひろし氏に

「けん玉ばかりで誰もあなたの歌を聴いてなかった。ただ貴方は人柄が最高です」


SexyZone氏に

「グループ名が際どい。NHK的にギリギリ。NHKに入るときはSafetyZoneと名乗ってください」


サンシャインの池崎氏に

「貴方うるさいです。ずっと正座しててください。サンシャインは池袋です」


SHISHAMO

「誰がSHIで、誰がSHAで、誰がMOですか?」


総合司会、大活躍。



13.三代目 JSoul Brothers 「HAPPY~紅白スペシャルバージョン~」(6点)

   ホーン隊を揃えたのは、先に出てた高校生ホーン隊への見せつけか。

   舞踏会を意識した構成だが、登場人物すべてがとにかく品がない。

   まずは髭を剃ってくれ。


14.天童よしみ 「道頓堀人情」(7点)

   デビュー45周年。大阪ご当地ソングの応援には宮崎出身の「とろサーモン」。

   関西出身の出場歌手を舞台にあげて盛り上げるベタな演出。

   有村架純(兵庫県出身)の胸の谷間に+2点。


『魔除け対決』

架純の谷間には誰も勝てません。

紅組の勝ち 紅4勝 白3勝



d0025570_18064466.jpg


15.SEKAI NO OWARI 「RAIN」(7点)

   メンバーのSaoriが産休のため、替わりにピアノを弾くNakajin

   じゃあ、お前のパートは誰がやんの?

   「メアリと魔女の花:の主題歌。

   見てないけど。


16.倉木麻衣 「渡月橋〜君 想ふ〜」(6点)

   名探偵コナンの主題歌を21作手掛けている倉木麻衣さん。

   41作目のシングルのうち半分てことは、もはやコナン専門歌手。

   十二単を羽織って古典的な雰囲気を醸し出してるみのに、

   しれっと英語を混ぜた歌詞にドン引き。


『アニメソング対決』

Saoriが昨年末に第1子を出産したご祝儀

白組の勝ち 紅4勝 白4勝



17.TWICE 「TT-Japanesever.-」(6点)

   韓国からわざわざ参戦。TTポーズが流行ってるらしいが見たことない。

   いなかっぺ大将の「どぼじでポーズ」のパクリか。

   それとも春日の「鬼がわら」のパクリか。

   いずれにしても日本語歌詞が超絶ダサイ。



d0025570_18095770.jpg


18.三浦大知 「三浦大知 紅白スペシャル」(8点)

   いきなりアカペラで唄いながら無音シンクロダンス。

   和田アキ子が紅白で「今あなたにうたいたい」を唄った際の

   マイク無し歌唱パフォを思い出した。

   しんと静まり返った会場で聞こえるのはシューズが擦れる音のみ。

   2曲目の「仮面ライダーエグゼイド」の主題歌が流れると

   「ホウジョウエムゥ」と反応してしまう。


『日韓ダンス対決

生歌とダンスのシンクロで圧倒的

白組の勝ち 紅4勝 白5勝



d0025570_18112842.jpg


19.水森かおり 「早鞆ノ瀬戸」(6点)

   応援で千手観音かずこ(森三中・黒沢)が登場。

   44歳で聖子ちゃんカットはキツイ。鼻が気になる。

   舞台セットが大きくて、高く上がればいいという考えは良くないと思う。


20.WANIMA 「ともに」(7点)

   熊本出身だからくまモンが応援。

   震災ソングだから明るく元気に唄う。ハイスタを彷彿させる。

   髭が気になるし、卑弥呼様がつけるようなピアスが感じ悪い。


顔芸対決

3人とも変顔がうまい

白組の勝ち 紅4勝 白6勝

                

d0025570_17520756.jpg
                     
                      【シシケバブ】


中間発表


紅組 634,911点 白組 744,150

視聴者、メガネさんともに白組優勢


21.島津亜矢 「TheRose」(6点)

   赤い髪、黒い着物姿のおばちゃんが英語で唄っている。

   でも実年齢は46歳と聞いてビックリ。

   鼻を広げて顎を突き出して唄う表情は、昨年の大竹しのぶを思い出す。

   日本語訳は高畑勲。「魂を切り裂く愛。それはナイフ」。

   ゴスペル調で格式高く。


22.郷ひろみ 「2億4千万の瞳~GOGO!バブルリミックス~」(8点)

   昨年の白組司会・相葉雅紀が何故か登場し、曲紹介。

   相変わらず滑舌が悪い。「僭越ながら・・・」が言えない。

   郷ひろみ(62歳)と大阪府立登美丘高校ダンス部(18歳)が競演。

   ユーロビートに乗ったバブルコラボで華麗なダンスを披露するが、

   本来ならば荻野目洋子の「ダンシングヒーロー」を出すべき。

   年末テレビに引っ張りだこの準優勝ダンス部は、

   完全に色物の印象が付いてしまった。

   ダンス大会で優勝したのに無視されている「同志社香里高校」。

   メディアってそんなものだよね。

   せっかくの紅白の舞台に参加してるのだから、一人一人をもっと映して欲しい。   


年齢不詳対決

若作りが本当にがうまい

白組の勝ち 紅4勝 白7勝



d0025570_18145446.jpg


前半戦終了 

  

―ハーフタイムショー―


①レディガガ(渡辺直美)「Porker Face」「BornThis Way

   客席から登場したレディガガ。目の周りのメイクは「掟ポルシェ」を彷彿させる。

   重量感あるダンスは「芋洗坂係長」を思い出す。

   世界的エンターテイナーは膝が強いと確信。


②ブルゾンちえみwithBとオースティン・マホーン 「DirtyWork

   「ニュースキャリアウーマン」として登場するも「視聴率」を噛んでしまいグダグダ。

   ネタ中も生歌が被って聞き取りにくい。

   でもブルソンには頑張ってほしい。

   それにしてもオースティン・マホーンは歌が下手だな。



d0025570_18164786.jpg

ニュース5分間 鈴木奈穂子アナ


後半につづく。。。



[PR]

by wakachannel471225 | 2018-01-13 16:03 | NHK

2016年 紅白歌合戦

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

実は、メガネさんは年末に今年の目標を3つもたてました。

①体を鍛えて健康になる
②ブログをなるべく更新する
③前向きになる。

なのに、大晦日にはりきって大掃除をしてたところ、
ぎっくり腰になってしまったロクデナシ。
早くも躓いてしまった2017年ですが、皆様いかがお過ごし?

そんな脆弱すぎるメガネさんですが、
毎年大晦日に観ている「紅白歌合戦」を勝手に採点したいと思います(上から目線の寸評つき)。
昨年の事なので、あまり記憶がないのですが。

【採点方法】
10点:涙が溢れて止まらないの
9点:さすがプロ、感動した!
8点:とても良かった!
7点:普通
6点:イマイチだね~
5点:もう出てくんなレベル

普通に書き綴っても色気がないので、
大晦日の献立を合間に挟んでいきますね。

では始まり始まり~。
d0025570_16181006.jpg
【お餅(納豆とキムチのせ)】
~オープニング~

   司会の相葉雅紀(嵐)と有村架純が舞台袖で掛け合い。
   ともに初の司会なので緊張感ありあり。
   特に相葉の噛み具合とごもり声がヒドイ。
   相葉の提案で早口言葉でウォーミングアップ。
   「初出場のKinki Kids」「視聴者審査員」
   早くもジャニネタをぶっこんできた。

   タモリとマツコがNHKホール前で小芝居。
   親子設定? 妹役として深田恭子は出てくるのか?

   観客席から出場者入場。
   近年にない試み。
   プラカード持ちは、白組・星野源、紅組・松田聖子。
   今年の顔で星野源はわかるけど、何故に松田聖子?

d0025570_16314355.jpg



ちなみに今回のテーマは『夢を歌おう』です。

1.関ジャニ∞ 「ズッコケ男道~紅白で夢を歌おう~」(6点)
   ジャニーズ同士の仲良しアピールが不快。

2.PUFFY 「PUFFY 20周年紅白スペシャル」(7点)
   今更の初出場。アジアの純真からのカニ食べ行こう♪ カラオケ大会か。

3.AAA 「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」(6点)
   前年は紅組で今年は白組。
   有村の「リバーシブルアーティスト」発言に、相葉がツッコミついでに有村を触る。
   会場のお客さんにわざわざ手ぬぐいを配り、ぶんぶん回すのとジャンプを煽る。
   お茶の間が取り残されてドン引き。

4.E-girls 「DANCE WITH ME NOW!」(7点)
   キャバ嬢の宴会芸。ある意味、見てて楽しい。

5.欅坂 46 「サイレントマジョリティー」(7点)
   曲もダンスも好きな歌だけど、初出場なのでやっぱり時間短縮バージョンでガッカリ。
   みんなでジャンプするところがカワイイけど、あからさまな口パクに-1点。

d0025570_16493218.jpg



6.三山ひろし 「四万十川~けん玉大使編~」(6点)
   けん玉バカ。

7.山内惠介 「流転の波止場~究極の貴公子編~」(5点)
   乃木坂46がバックで踊るも、貴公子気取りがキモすぎる。
   この男、何かを勘違いしてないか。

d0025570_16480569.jpg


8.miwa 「結 -ゆい-」(8点)
   被災地熊本の合唱部とハーモニー。懸命な生徒の歌声に+1点。

9.Sexy Zone 「よびすて 紅白 ’16」(5点)
   歌う前に一言「Sexy thank you!」に凍り付いた。恒例のジャニJr.なし。
   5人で唄うもメインは3人。

10.天童よしみ 「あんたの花道」(7点)
   子役タレント本田望結さんが懸命のダンス。
   何のためにいるのか甚だ疑問だが、笑顔が可愛いから+1点。

d0025570_16180021.jpg

【カプレーゼ】

11.SEKAI NO OWARI 「Hey Ho from RPG」(7点)
   今回は変なマイクではなかった。曲の合間にチャルメラが聴こえる。
   動物の被り物はズーラシアンフィルを意識してるのか。

12.市川由紀乃 「心かさねて」(6点)
   初出場なのでお母さんが会場入り。手元の長男の遺影に気持ちが鎮まる。
   歌い終えた後もお母さんにコメントを求めなくても。

13.三代目 J Soul Brothers 「Welcome to TOKYO」(7点)
   1億円疑惑集団。全身LEDを使ったフル装備に感電しないか心配。
   つか曲名からして東京五輪を意識してるとすれば、不愉快だ。

14.香西かおり 「すき~真田丸スペシャル Ver.~」(6点)
   平成の団地妻・橋本マナミが何故かバックで踊る。振付は夏まゆみ。
   三浦文彰のバイオリンが凄すぎてダンスが邪魔。

15.椎名林檎 「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO 2016-」(9点)
   都庁前での中継。都庁に映されるプロジェクションマッピング。
   行きかう人々はマネキンチャレンジ。
   東京五輪意識し過ぎだけど、三代目よりは100倍マシ。
   雨が降ったらどうしたんだろう。

d0025570_16453100.jpg


16.福田こうへい 「東京五輪音頭」(6点)
   まだ続く東京五輪つながり。芸人口調がキモイ。
   顔塗り過ぎてキモイ。耳がでかすぎてキモイ。
   お前、チュート福田だろ?
   
17.絢香 「三日月」(7点)
   頑張っているからねって 強くなるからねって♪ 
   働かない旦那を持つ自分への応援歌か?

18.郷ひろみ 「言えないよ」(9点)
   有名人バックダンサー3人目は土屋太鳳。クルクル回る土屋太鳳。
   飛ぶ、跳ねる土屋太鳳。
   外見に似合わず身長が低い土屋太鳳(155㎝)。凄い凄い!
   郷ひろみはいらないから土屋太鳳を映して欲しい。
   後ろからひろみにハグ。前からハグ。2度ハグ。キャーーー!!

d0025570_16424539.jpg


19.V6 「Smile!メドレー」(6点)
   うじゃけた顔してどしたの♪ うじゃけたって言葉イイね。
   ファンとハイタッチ戦法はせこい。
   森田また髭剃ってない-1点。

20.水森かおり 「越後水原~白鳥飛翔~」(7点)
   曲紹介の有村架純が関西弁で「アホ、好きに決まってるやん」に+1点。
   小林幸子、美川憲一、きゃりーぱみゅぱみゅ無きいま、衣装で沸かせる唯一の存在。
   富士山衣装に白鳥に乗って飛んでいく+1点。

d0025570_16522080.jpg

【包まない餃子】

21.いきものがかり 「SAKURA」(7点)
   季節外れの桜。さくら舞い散る♪ って、受験生には気の毒な選曲。
   いつもよりも歌がスローペースなのが気になる。時間押してるんじゃないのか。

22.ゆず 「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」(7点)
   左はAAAの誰かに似てる。右は頭頂部がヤバい。
   勝手に詞を加えて川内康範を怒らせた森進一と比べて、うまくやったな。

~企画「紅白HALFTIME SHOW」
   渡辺直美の肉感ビヨンセが大谷翔平に絡む。
   隣のガッキーが困りカワイイ。
   続いて流行のピコ太郎。
   集大成の晴れ舞台。
   足早にPPAPをやりきって、2番目のネタに突入した瞬間・・・

   ニュースです。。。

d0025570_23244309.jpg


5分間のニュースのあと、後半戦。

23.RADWIMPS 「前前前世 [original ver.]」(8点)
   「君の名は」と聞いて、真知子巻きを思い出すのは古いらしい。
   初出場なのに映画を再編集したものをスクリーンで流し、フルバージョンで唄える優遇。
   映画を見てないので何の感想もないが、
   上白石萌音が透明感のある声で唄う「なんでもないや」の方が聴きたかった。


d0025570_23232154.jpg


24.乃木坂 46 「サヨナラの意味」(7点)
   橋本奈々未の卒業ソング。メンバーから手紙を朗読されるサプライズ。
   何もかもがあざとく感じる。


d0025570_16392296.jpg


25.福山雅治 「2016 スペシャルメドレー」(5点)
   毎年のことながら、中継出演。
   元広島カープの黒田さんが思い入れのある曲が「少年」と紹介されたのに、
   メドレーでさわりだけを唄う気づかいの無さ。来年こそBABYMETALが見たい。

26.島津亜矢 「川の流れのように」(6点)
   美空ひばりの名曲をカラオケで唄った感じ。

27.RADIO FISH 「PERFECT HUMAN」(7点)
   バカ殿降臨。衣装が邪魔で動きが悪い。
   犬猿の仲を装っていたピコ太郎と歴史的和解(?)の握手。
   つか、沖縄の成人式みたいでキツイ。


d0025570_21374688.jpg

28.西野カナ 「Dear Bride」(7点)
   「震える」の女王が、いつの間にか順調恋愛ソングの女王となっていた。
   いつもあざとくて面白くない歌を唄うなあ。

29.桐谷健太 「海の声~みんなの海の声バージョン~」(6点)
   auのCMソングがNHK紅白に。BEGINが唄えばいいのに。
   最後に「日本中、世界中が幸せであれ!」と叫んで-1点。

30.AI 「みんながみんな英雄」(6点)
   auのCMソングがNHK紅白に。スポンサーなのか。受信料払わんぞ。
   白シャツ集団との一体化がキモイ。


d0025570_16532347.jpg

【蕪と高菜のピリ辛炒め】

31.AKB48 「夢の紅白選抜SPメドレー」(7点)
   「RIVER」~紅白総選挙発表~「君はメロディ」。総選挙1位は山本彩(NMB48)。
   すべてがバタバタしてて落ち着かない。

32.五木ひろし 「九頭竜川」(6点)
   いつもバックダンサーにAKBがいるのは、何か理由があるのか? こぶし震わせすぎ。

~ふるさと企画~ 
   有村架純が東北を訪問。
~シン・ゴジラ企画~
   渋谷紅白迎撃作戦

d0025570_23211717.jpg


33.KinKi Kids 「硝子の少年」(7点)
   光一くんはクルクル回る。剛はスカシて歌い方が変。

34.Perfume 「FLASH」(9点)
   錯覚ダイナミックVERを駆使。少しでもズレることが許されないことをPerfumeだから出来る。
   「ちはやふる」観てないけど、ラジオで曲が流れるたびに泣きそうになる。
   もっと評価されるべき。

d0025570_16335480.jpg

d0025570_23184886.jpg


~タモリ・マツコ会場に登場~
   豪華の無駄遣い。
   新井さんはコラです。

d0025570_21352543.jpg


35.星野源 「恋」(9点)
   顔が地味。歌も地味。ダンスはキレキレの星野源。
   世間の注目はガッキーが「逃げ恥ダンス」を踊ること。
   意に反してまったく踊らないガッキーを、カメラがしつこく追い回した瞬間の
  「照れ恥ずダンス」に日本中が熱狂!!
   でも、ガッキーはガッキーであり、みくりさんじゃないんだよ~。


d0025570_23124619.jpg

d0025570_23130437.jpg

d0025570_16353233.jpg


36.大竹しのぶ 「愛の讃歌」(7点)
   「愛の讃歌」といえば越路吹雪。
   逃げ恥のオープニングを唄ってたチャランポランタンもカバーしてた。
   大竹しのぶの眉毛がつながって見える。
   紅白審査員に「こち亀」の秋本治先生が座ってた。
   そういえば今「みんなのうた」でチャランポの「まゆげダンス」が放送中。

d0025570_21300875.jpg


37.坂本冬美 「夜桜お七」(9点)
   今年の紅白は演歌+ダンサーとの競演なのか。
   坂本冬美には、世界的ダンサーの菅原小春。いままでのダンサーとは格が違う。
   「夜桜お七」を唄う坂本冬美は一段ステージが上がるが、今回は菅原小春に軍配。
   蜷川実花がステージプロデュースしたらしいが、大したことはない。

38.TOKIO 「宙船」(8点)
   東京の新宿都庁にいるTOKIOの中継。会場を盛り上げる役のTOKIOが何故外に?
   大晦日の寒空にもかかわらず、袖がない山口達也。

d0025570_21313237.jpg


39.松田聖子 「薔薇のように咲いて 桜のように散って」(6点)
   ピアノはYOSHIKI。聴いたことがない曲なので、高音が出ないことが気にならないのが救い。

~シン・ゴジラ企画~
   ゴジラ渋谷に来る
   ↓
   歌で止めてください!
   ↓
   PPAP歓喜の歌バージョン
   ↓
   武田アナ ゴジラマイク

d0025570_21194613.jpg

40.X JAPAN 「紅」(7点)
   YOSHIKI『止めてみせますよ』
   ↓
   ゴジラ完全に沈黙しました。

~ポールマッカートニーからのメッセージ~
   来年、日本に来るからヨロシク。

d0025570_16543599.jpg

【ローストビーフ】

41.高橋真梨子 「ごめんね…」(6点)
   近年、紅白に出始めたのに、やたらと大物感を漂わせる老害。
   声が出ないくせに痛々しい。

42.THE YELLOW MONKEY 「JAM」(8点)
   日本人はいませんでした、いませんでした、いませんでした。。。

43.氷川きよし 「白雲の城」(8点)
   熊本城からの中継。熊本出身の武田アナが曲紹介「がんばるばい、熊本」。
   いつも巨大ロボとか登場させるけど、さすがに今回は真面目に唄った。

44.宇多田ヒカル 「花束を君に」(9点)
   朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌。主演は紅白審査員の高畑充希。
   ちなみに紅組司会の有村架純と高畑は親友らしい。
   ロンドンからの中継。8kテレビの試験放送を兼ねているのか。
   画質も音質も良好だし、もちろん歌が上手い。


d0025570_16561037.jpg

【ブリ刺し】

45.石川さゆり 「天城越え」(8点)
   数年前から「津軽海峡冬景色」と「天城越え」の繰り返し。
   今年は「天城越え」の順番。
   声がほんと出なくなったが、貫禄と、紅組トリの心意気に+1点。

46.嵐 「嵐 × 紅白スペシャルメドレー」(7点)
   SMAP無きいま、嵐のための紅白を印象付けるための大トリ。
   最後は出演者総出で嵐を囲んでハッピーエンディングを演出。
   大トリなのにメドレーなのが理解不能。
   一年の締めくくりはフルバージョンで聴かせてほしい。


d0025570_16281714.jpg


結果・・・紅組優勝(2年連続31回目)

【総評】
SMAP出演騒動が尾を引きました。
出てくれるのか、出てくれないのか、ギリギリまで引っ張った結果、
すべてがグダグダになってしまいました。
彼らの出演時間や、解散企画(もし用意されてたならの話ですが)などが無駄になったため、
余った時間を埋められずに中途半端な演出・構成となってしまった気がします。

いつもなら大河ドラマや朝ドラの企画があったり、出演者が応援に駆けつけてくれますが、それも無し。
「シン・ゴジラ」「君の名は。」「恋ダンス」など、他社のコンテンツに頼り切ってました。
目玉(?)だったタモリ・マツココンビも、ぼやきコントという意味不明の出演となり、
番組の勢いを止めて盛り下がるので、はっきり言って迷惑でした。

せっかくオリンピックイヤーで盛り上がった年にもかかわらず、
五輪企画もなければ、テーマソングを唄った安室奈美恵も出演せず。
審査員に呼ばれた国民栄誉賞の伊調馨の出番もなく。

毎年紅組の司会者を途中で泣かすのも、感動を誘ううえで重要なシーンでしたが、
せっかく東北へ有村架純が行ったコーナーも不発に終わり泣かずじまい。
白組司会の相葉に至っては、滑舌の悪さが致命的でした。
司会としての力量が不足しているのは昨年の嵐としての司会で明らかであり、
時間を押す原因の一つとなっていました。
(何回噛んだんだよ・・・)

紅白の採点方法問題も噴出しました。
視聴者投票や、会場の投票では圧倒的に白組が多かったのですが、
紅白審査員投票数で紅組が勝った結果、紅組の優勝となりました。
この採点方法も、時間が押してなければ総合司会の武田アナが事前に説明出来たはずです。
むしろ、この採点方法は評価すべきだと思います。

近年は白組が連勝し続け(昨年は紅組が6年ぶりに勝利)、
紅組と白組の優勝回数に開きが出ていました。
理由はジャニーズ勢力の台頭です。
司会にSMAPや嵐を抜擢したことにより、ジャニーズファンが白組に投票した結果、
白組が勝ち続けました。
毎年紅白を観てるものとしては、明らかに紅組が優れてたにもかかわらず白組が勝つジレンマ。
会場にはジャニーズファンが大挙押し寄せて目当てのアイドルのときだけ騒ぐ始末。
集計で日本野鳥の会が数えるまでもなく、白のボードを掲げる大半はジャニーズファンなのですから。
これでは公平な審査が出来ないと、誰もが思うのは自然の流れです。
紅白審査員はNHKから選ばれた国民の代表です。
しかも会場で生のパフォーマンスを目の当たりにしてるのです。
そんな人たちの意見が最大限に尊重されるのは当然のことだと思います。
むしろ、紅白の勝敗がこれほど話題になり、これほど非難があがるとは意外でしたが。


全体的にバタバタしてた内容でした。

一つの歌をじっくりと聴かせて欲しい。
メドレーはやめて欲しい。
短縮ではなく、フルで唄ってほしい。
FNS歌謡祭やMステとは違い、格式がある番組としてドンと構えて欲しい。
紅白の応援合戦も復活して欲しいし、中継など認めずに会場でパフォーマンスをして欲しい。
そして、今年も観て良かったと思える番組にして欲しい。

2017年こそ期待しています。


[PR]

by wakachannel471225 | 2017-01-08 18:56 | NHK

ゲラゲラポー的な。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

未年が始まって、はや11日。
毎日本気で酒を呑んでるメガネさん。
年末に買った大量のお酒が冷蔵庫に眠っているので、
嬉しくって嬉しくってルールルルー♪ 的なノリで調子こいています。

みなさま、新年会という名目で呑みに行きましょう。

本日もメガネさんは朝から二日酔いですが、あまりにも暇なので、
昨日の「紅白歌合戦」を勝手に採点したいと思います(上から目線の寸評つき)。
昨年の事なので、あまり記憶がないのですが。

【採点方法】
10点:涙が溢れて止まらないの
9点:さすがプロ、感動した!
8点:とても良かった!
7点:普通
6点:イマイチだね~
5点:もう出てくんなレベル

普通に書き綴っても色気がないので、
大晦日の献立を合間に挟んでいきますね。

では始まり始まり~。


d0025570_1638335.jpg

                     【里芋の味噌汁】


1.HKT48 「メロンジュース」(5点)
   不動のトップバッター浜崎あゆみがやっと外れたが、口パク学芸会でいきなりの興ざめ。

2.Sexy Zone 「紅白にHITOMEBORE」(5点)
   5人組のはずが、何故か3人組と思わせる衣装と演出に格差を感じる。舞祭組的な位置づけ?

3.E-girls 「Highschool love」(6点)
   AKB系、ジャニーズ系に続き、今度はエイベックスからの集団芸。
歌詞の内容が高校生の恋愛なので、まったく共感することもなくシラケまくり。

4.AAA 「さよならの前に」(6点)
   CMで聞いたことあるような、ないような曲。エイベックス2連発はキツイ。


d0025570_20505471.jpg

                    【豆入り餅】

ここで、妖怪ウォッチ企画第1弾
Dream5「ようかい体操第一」
エイベックスのメンバー総動員で「よーでるよーでる」体操。
さずがに4番の「うんち」のくだりまでは歌わず。
あっ、ラッキィ池田だ!!


5.miwa 「Faith」(8点)
   普通にカワイイが、もう24歳。アニメ声優かと思った。
   弾けようとしてるのに弾けてない感じがそそる。そしていつもと同じブーツ。

6.福田こうへい 「東京五輪音頭」(6点)
   事務所トラブルの渦中の人。イカ大王いた!!

7.SKE48・NMB48 「不器用太陽」「イビサガール」(6点)
   まさに数の暴力!!

8.郷ひろみ 「99は終わらない」(6点)
   日村のキレキレダンスに救われた。若作りしてるけど目の周りが相当落ち窪んでいてヤバい。

9.藤あや子 「あや子のお国自慢だよ~がんばろな東北!!~」(7点)
   演歌のバックダンサーには、安定のTOKIO(山口のはっぴの袖が短い)とふなっしー(小汚い)。

10.ポルノグラフィティ 「アポロ」(7点)
    さすがの名曲。最後の演説みたいなのも、もはや風物詩。

11.T.M.Revolution 水樹奈々 「紅白2014スペシャルコラボレーション」(8点)
    消臭力がガンダムの衣装でレボリューション!!

d0025570_12264037.jpg


12.クリス・ハート 「糸」(7点)
    テンポが速くて、歌の持ち味が半減されて可哀想。
    マッサンの女優・エリーは年末も母国へ返してもらえずに可哀想。

13.伍代夏子 「ひとり酒」(7点)
    三宅メンバーの「踊らされてる」発言に+1ポイント。

14.三代目J Soul Brothers 「R.Y.U.S.E.I」(7点)
    レコ大受賞グループ。右手を斜め上にあげて同じ場所で歩くダンスを家でやってみたら、
    全然出来なくて笑った。

15.西野カナ 「Darling」(6点)
    痩せたら鈴木奈々に激似すぎ。歌詞が薄っぺらすぎ。

16.香西かおり 「酒のやど」(6点)
    居酒屋ソングの演出が騒がしすぎて、香西かおりが殆ど映らない。IKKOとか見苦しすぎ。

17.細川たかし 「応援歌、いきます」(6点)
    細川たかしの海苔を貼り付けたような髪型が気になる。顔面が親指みたいだ。

18.徳永英明 「花は咲く 」(6点)
    楽曲が良く、映像も羽生くんを使っていい演出なのに、この人が歌うと安っぽく感じる。

19.天童よしみ 「やっぱ好きやねん」(6点)
    故人の歌を早くも食い物にする芸能界。
    もはや、たかじんの歌を聴いても未亡人・さくらと百田のイメージしか浮かばない。

d0025570_8412742.jpg

                    【キャベツとアンチョビ炒め】

ここで、妖怪ウォッチ企画第2弾
キング・クリームソーダ「ゲラゲラポーのうた」
ボーカルの演歌の姉さんが濃い目でカワイイ。
みんなで一緒にゲラゲラポー。
副音声でもゲラゲラポー。
舞台裏でもゲラゲラポー
メガネさんもテレビの前でゲラゲラポー。
大晦日の夜に日本全国でゲラゲラポーを踊ってるという状況に身震いした。
そして不覚にも号泣。。。


20.坂本冬美 「男の火祭り」(6点)
    ももクロの紫が案山子役で出演。
    巻いた襷の色は緑(インフルエンザで出れない緑の子の分までという意味か)

d0025570_12355491.jpg


21.森進一 「年上の女」(6点)
    流行語大賞「だめよ~ダメダメ!」の元ネタ(笑)。顔がもはや蝋人形。

22.和田アキ子 「古い日記~2014紅白スペシャル~」(6点)
    出演者総動員して盛り上げてもらわねばダメな歌手。
    タモサンも巻き込んで「ハッ!」と言わせるあざとさ。

23.V6 「WAになっておどろう」(7点)
    軍師官兵衛とアサイチのイノッチで初出場獲得。v6の後ろにSMAPって豪華。


d0025570_848567.jpg

                 【アボカドとサーモンのマヨネーズ和え】


ここで前半戦終了。

特別企画として朝ドラ「花子とアン」の特別篇をミニドラマ仕立てで展開。
それを受けて主演の吉高さんが号泣。
それを受けてメガネさんも、もちろん号泣。
人の涙にもらい泣き。エエイーアー。
ちなみに吉高さんは緊張すると、服の裾を掴む。

「みんな暇なの? 家族といてよ。こんな日くらい・・・」

NHKは紅白で毎年女司会者を泣かす方針にしたのか?


24.絢香 「にじいろ」(7点)
    妊娠4か月の絢香がドヤ顔で登場。アサイチコンビが司会でも良かったのにと思った瞬間。

25.May J. 「Let It Go~ありのままで~」(6点)
    でた。めいじぇ〜。これでレリゴーが見納めになればいい。

26.SEKAI NO OWARI 「Dragon Night」(6点)
    ボーカルが旗持って、牛乳パックのような拡声器。変な巻き舌英語が気になる。

27.Perfume 「Cling Cling」(8点)
    perfumeは素人目から見ても難しいダンスだから、口パクも仕方ないかなと思える。
    つんつんつん。

28.ゴールデンボンバー 「女々しくて」(7点)
    同じ曲で3回連続は奇跡。公開坊主の為に呼ばれた羊毛狩りのおじさんに+1ポイント。
    「はげましておめでとうございます」

29.ももいろクローバーZ 「My Dear Fellow with Mononofu JAPAN」(8点)
    マー君とももクロのセット。インフルで欠席の緑の分をあけている。
    会場のサイリウムが緑ばっか。かぶいてるダンスに+1ポイント。

d0025570_21174633.jpg


30.関ジャニ∞ 「オモイダマ」(6点)
    一生懸命メッセージを込めて歌われると「ファンモン」を思い出して嫌悪感がある。

31.氷川きよし 「ちょいときまぐれ渡り鳥」(7点)
    歌は上手いが、もはや暴力ゲイとしか見れない。おかめ&ひょっとこロボもキモ過ぎ。

d0025570_1226519.jpg



32.水森かおり 「島根恋旅」(6点)
    小林幸子の後を継ぐ者。オオダコ怪獣現る!!

33.五木ひろし 「よこはま・たそがれ」(6点)
    どうしても清水アキラの 横はめ、縦はめ思い出してしまう。

34.いきものがかり 「GOLDEN GIRL」(7点)
    いきものがかりのボーカルはカワウソかフェレツト顔だな。

35.きゃりーぱみゅぱみゅ 「きらきらキラー」(6点)
    ここまで分かりやすい口パクだとむしろ潔い。バックダンサーも安定の顔出しNG。

36.TOKIO 「LOVE YOU ONLY」(7点)
    まさかの全員起立! 20周年なのに21回目の出場という摩訶不思議。

d0025570_100378.jpg

                  【白エビの素揚げ】


特別企画「みんなで歌おう!アナと雪の女王」

d0025570_12363834.jpg


37.神田沙也加 「生まれてはじめて」
  イディナ・メンゼル 「Let It Go」(9点)
    沙也加の明るい歌声が大晦日の夜に響いた。そして母親の流す涙に感動。
    ミュージカル嫌いのタモさんが笑顔で聴いてることに違和感。

38.SMAP 「みんなで歌おう!SMAPメドレー」(6点)
    みんなでタモサン詣でがキモイ。どんだけ慕ってるかをアピールしてるのか。

39.椎名林檎 「NIPPON -紅白ボーダレス篇-」(9点)
    ダンサーさんの刈り上げっぷりがすごい。
    貫禄たっぷりのステージに潔さを感じる。

40.EXILE 「NEW HORIZON」(6点)
    全員背中に19www。曲のタイトルが中学の時の英語の教科書www。

41.薬師丸ひろ子 「Woman"Wの悲劇"より」(7点)
    松本隆の歌詞にユーミンの作曲で最強の楽曲だが、緊張からか声の伸びがないのが残念。

d0025570_1051543.jpg

                  【鶏肉と里芋のトマトシチュー】


42.石川さゆり 「天城越え」(7点)
    舞台セットが急に豪華になった。天城ぃ~・・・超え~♪(タメが凄い)。

43.長渕剛 「明日へ続く道」(6点)
    長渕にNHKも出演者も気を使ってるのが伝わる。
    右足をトントンしてリズムをとる歌い方が強烈にダサイ。長淵キック。

特別ゲスト
中森明菜 「Rojo ‐Tierra‐」
※ニューヨークのレコーディングスタジオからの中継
    久しぶりの明菜ちゃん。声が細いが、体も細い。つまり、全然変わってない。
    今年の紅白のテーマ「歌おう。おおみそかは全員参加で!」のコンセプトに大きく外れた
    まさかの新曲を熱唱。何かわからないが壮大な歌と映像にドン引き。

44.AKB48 「心のプラカード」(7点)
    カメラに抜かれるたびに、ぶりっ子顔でアピールするのが超ウザイ。

45.福山雅治 「2014スペシャルメドレー」(6点)
    なんでいつも中継なのか。なんでいつも2曲歌うのか。なんでいつも特別扱いなのか。

46.中島みゆき 「麦の唄」(7点)
    マッサン夫婦の表情がうつくしい。でも歌詞の内容はよくわからない。

d0025570_1094523.jpg

                  【白菜と豚挽肉のピリ辛炒め】


47.美輪明宏 「愛の讃歌」(6点)
    紅白お馴染みの短髪黒髪バージョン。震えすぎ。淡谷のり子っぽいな。
    新鮮味が無くなって、もはや気持ちが悪い。


特別ゲスト 
サザンオールスターズ 「ピースとハイライト」「東京VICTORY」
※年越しライブ会場の横浜アリーナからの生中継出演
    31年ぶりの出演らしいが、福山と同様に中継で2曲も歌うことに憤りを感じる。
    同じ事務所(アミューズ)の方針なのか。

48.嵐 「2014 Thanks Medley」(7点)
    背が低い5人組。何でこんなに人気があるのか。
    スターを作り出して恩恵に群がる芸能界の象徴。

49.松田聖子 「あなたに逢いたくて~Missing You~」(6点)
    娘の出演に涙した母。そこまでは良かったが、肝心の自身の歌がボロボロ。
    声は震え、伸びもなし。クリス・ハートが助けてあげれば持ち直したのに。。。

d0025570_10185486.jpg

                  【麻婆豆腐】


対戦結果・・・白組の優勝(3年連続36回目)


【メガネ総評】

前半バタバタ慌ただしく、後半はじっくりフルで歌わす構成。
紅組と白組の出演者の数が違うのが不思議。
前半の歌手の扱いが雑すぎ。
「歌おう。おおみそかは全員参加で!」というテーマを掲げた割に、
認知度が低い出演者多すぎ。または知らない歌を歌い過ぎ。

AKB系や、エイベックス系、ジャニーズ系が大量に出演し、
福山やサザン、パヒューム、ポルノなどを要するアミューズも力を持っていて、
出演者の選考や、曲順、歌の長さに影響を及ぼしてることは周知の事実です。
視聴者無視の番組作りは不信感を生みます。

例えば、AKBグループの大量選出は、どれも同じ演出と曲調なのでとても飽きます。
エイベックス系も、高音のボーカルの周りで踊るというスタイルのお決まりパターン。
ジャニーズは嵐が5年連続で司会をしてることから、もはや紅白をジャックしてる気がします。
アミューズも2大ヒットメーカーが年越しライブ会場からの中継で参加していましたが、
本当に必要なことなのでしょうか。
ポルノグラフィティを出すなら、ベビーメタルの方が良かったのではないでしょうか。

昨年も指摘しましたが、ライブ会場からの中継は、紅白の会場もお茶の間もしらけるのです。
ただ曲をお届けするだけなら、FNS歌謡祭や、ミュージックステーションと変わらないのです。
紅白ならではの、大晦日の夜に会場とお茶の間が一体感を生む素晴らしいステージを見たい。
そんな気持ちがあるからこそ、いまだ50%前後の視聴率を誇るお化け番組として成立してることを、
関係者の皆様が認識しないと、どんどんつまらなくなるという危機感があります。

そんなことを考えながら、酔っぱらって眠りについたメガネさんでした。

改めまして、あけましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。
[PR]

by wakachannel471225 | 2015-01-04 17:58 | NHK

角界のディカプリオ。

寒いです。
今年2回目の大雪です。
案の定、本日AM着で発送した116店舗分の見本が届きません。
いま現在、配達完了してるのが19店舗(ヤマト荷物お問い合わせシステムより)。
まあ、今日のところは仕方がないですよね。
明日も届かなかったら騒ぎ出すのかな。

そんな心の不安を抱えたままのメガネさんですが、
先週の大雪の日に、わざわざ出かけてたツワモノ気取り。
向かったその先とは・・・


d0025570_170186.jpg

JR両国駅から徒歩2分。
(雪のため足元が悪いので今回は4分)


d0025570_1711614.jpg

大相撲の聖地、両国国技館にやってきました!!

う~、見るからに寒そう!!


d0025570_176088.jpg

でも、1月場所が終わったばかりなのに、何の催しがあるのでしょう?

それはね・・・


d0025570_1794261.jpg

昨年の9月に引退した、元大関・把瑠都関の断髪式にお呼ばれしたメガネさん。
社内一の好角家として、雪の中わざわざザーニーから1時間かけてやってきたのです。

しかも・・・

普通なら定価7,000円で販売しているチケットがですね・・・


d0025570_17141983.jpg

最近仕事でお世話になってる行司さんのご厚意で、
無料で「通行証」を頂いてしまったメガネ営業。

つか、貰ってしまったからには雪が降ろうが行くしかないので、
エストニア出身の元大関の最後の門出を祝おうと赴いた訳で。

で、「通行証」の威力を発揮して、入口をスルーパスで通された先で出会ったのが・・・


d0025570_17315432.jpg

把瑠都関の等身大パネルでした。
198cm、189kgの29歳と、
174cm、57kgの41歳厄年が並び立ちました。
心なしか、周りの大人たちが苦笑いしてる気がします。


d0025570_17374094.jpg

館内に入ると、もう催し物が始まってました。
お相撲さんが土俵にいますが、何故か観客が大笑いしています。


d0025570_17411539.jpg

土俵の上でボクシングに興じたり、


d0025570_1742421.jpg

相手にバックを獲られたと思ったら・・・


d0025570_1742391.jpg

持ち上げられて辱めを受けたり・・・

さながら相撲コントが10分くらい行われてました。
これは「しょっきり」と言って、相撲の禁じ手をオモシロおかしく紹介する出し物らしいです。
佐渡ヶ嶽部屋の若い力士が、ちゃんこを作る合間にコントの練習もしてたのでしょう。
稽古しろよ。

11時開演だったので、お腹が空いて来ました。
館内にお茶屋さんがあったので、お弁当でも買いましょうか。

お弁当と言えば・・・


d0025570_17595428.jpg

以前、観戦に来た時も関取弁当を食べましたね。
当時の横綱「朝青龍弁当」は、モンゴルを意識したラム肉の旨みを使った味わい弁当をプロデュースしてました。


d0025570_0491674.jpg

さらに、当時の大関・琴欧州関プロデュースのお弁当は、
鶏の照り焼きがメインのボリュームたっぷりのお弁当でした。
あれ!? ブルガリアヨーグルトは付いてないんですか???

そして、本日の主役であります把瑠都関のお弁当はといえば・・・


d0025570_056866.jpg

ああ、まさかの売り切れ。。。

開場から1時間経った11時半、まさかの完売であります。
しかも、今日売ってるお弁当はこの1種類だけというやる気の無さ。
あとは渇きものとお酒の類しか残ってません。

という訳で・・・


d0025570_8284297.jpg

ハイボール片手に上機嫌のメガネさん。
おつまみチーズをムシャムシャ食べながら把瑠都関の勇姿を見学しました。


d0025570_8344797.jpg

そんなこんなしてる内に、土俵では把瑠都関がチビッ子と相撲を取っていました。
チビッ子といえども体の大きさはメガネ並み。
器の大きさはメガネ以上。


d0025570_8441240.jpg

そんな未来の横綱候補を相手に元大関が奮闘します。
2人いっぺんでも動じません。


d0025570_84624.jpg

もはやチビッ子といえない子供相手も余裕で相手をします。
さすが幕内最高優勝1回の実績を誇る巨漢力士。


d0025570_8474681.jpg

ですが、さすがに10人いっぺんだと逃げ出すしかありませんでした。
そこは空気が読める優しい人柄ですから。


続いて行われたのが、横綱・白鵬関の土俵入りでした。


d0025570_915285.jpg

短命で終わるジンクスをもつと言われた「不知火型」の土俵入りですが、
この型の横綱としては史上初の幕内優勝20回の大台に乗せているので、
そのジンクスを白鵬関が払拭したといえるでしょう。

せり上がるときに両手を伸ばすのが特徴の不知火型をよく見てみましょう。


d0025570_97366.jpg

あれ!?

お尻しか見えない。。。


d0025570_974282.jpg

何と、正面とは反対の席に座ってしまったメガネさん。
せっかく自由席なのに思わぬ失態を冒してしまいました。


d0025570_9101883.jpg

しこを踏む際にかけた「よいしょー」の声も、
白鵬関の背中にむなしく届きます。


d0025570_9121120.jpg

「男は背中で物を言う ホームラン ホームラン 有田~♪」

元巨人の有田修三捕手の応援歌にあるように、
横綱の背中は大きく、広く、すべてを包み込んでくれる気にさせてくれます。
これが器というものか。
白鵬翔28歳、恐るべしです。


いよいよ本日のメインイベントである断髪式が始まります。

が、やっぱり・・・


d0025570_917376.jpg

こちらは向う正面なので、やはり背中を向けて座る今日の主役。
男の悲哀を感じるには良いかもしれません。


d0025570_923498.jpg

北京五輪柔道100キロ超級金メダリストで、
現在はプロ格闘家の石井慧選手や、


d0025570_9245030.jpg

「シャーコラー!」の掛け声でお馴染みの浪速乃闘拳・亀田興毅選手が訪れ、
いずれもお尻を堪能させていただきました。

ですが、ここで思わぬサプライズが・・・


d0025570_9321987.jpg

把瑠都関の美人妻・エレナ夫人が通路で待機していますが、
土俵に女性が上がれない伝統なので、


d0025570_9363499.jpg

わざわざ断髪式の舞台を土俵下まで移動させる事態に。


d0025570_941174.jpg

美人妻の登場に、色めき立つカメラマン達。
そして鋏を入れた瞬間・・・


d0025570_9431867.jpg

ポケモンショックが起こりそうなほどのフラッシュが、
夫婦に浴びせられてました。
それにしてもエレナ夫人、凛とした佇まいが絵になります。


d0025570_9461140.jpg

この後、把瑠都関のお母様が鋏を入れたのですが、
切る前に、行司さんが切る箇所を指さしていたのが印象的でした。


d0025570_950535.jpg

そして最後に師匠である17代尾上親方(元小結・濱ノ嶋)が止め鋏を入れ、
把瑠都関の相撲人生が終わりを告げました。


d0025570_9514284.jpg

切り落とされた大銀杏です。
元大関・把瑠都からカイド・ホーベルソン氏に戻った象徴です。


d0025570_1005094.jpg

最後に夫人から花束を受け取ると・・・


d0025570_1011858.jpg

堪えてた涙が溢れてきたカイド・ホーベルソン氏。
思わずメガネさんももらい泣きです。

ええいああ 君からもらい泣き
やさしい・の・は 誰です~♪

気は優しくて力持ち。
男の理想は山田太郎ですね。



その後・・・


d0025570_106207.jpg

断髪式を終え、エレナ夫人に服装を整えてもらう
元大関把瑠都のカイド・ホーベルソン氏(8日、東京・両国国技館)=共同

さすが角界のディカプリオと言われた男前。
スーツ姿も似合いすぎです。
まさに華麗なるギャッツビー!!



その一方・・・


d0025570_1085091.jpg

国技館の外に出ると、ほぼ吹雪の状態で家路につくメガネ氏。


d0025570_1011773.jpg

案の定、JR総武線は止まってしまい、


d0025570_1015633.jpg

何とかたどり着いた池袋駅でしたが、
東武東上線も30分遅れでホームに人が溢れる始末。
さらにJR武蔵野線が動いてる筈もなく、
志木駅からバスでザーニーまで帰るという、継ぎはぎ行脚。
行きは1時間、帰りは2時間半。
まさに大雪地獄。


d0025570_10214118.jpg

雪に描かれた「大雪で今日はちょっと楽しいね」の文字に


d0025570_10234456.jpg

ちっとも楽しくないと繰り返すメガネ氏なのでした。


d0025570_10252162.jpg

あーあ、雪が滅びないかなぁ~。。。




おまけ・・・




調子に乗って買ってしまいました。


d0025570_143505.jpg

把瑠都関引退記念ワイン(赤) 2,000円


d0025570_10284879.jpg

把瑠都関Tシャツ(M) 3,000円


d0025570_10291595.jpg

把瑠都関の第2の人生を祝う気持ち priceless


プロレス転向だけは止めてくれよな。
[PR]

by wakachannel471225 | 2014-02-16 00:59 | NHK

去年の私は リメンバー。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末から出来た口内炎が口の中で暴れております。
ベロの下、右奥歯と左奥歯の歯ぐき、合計3か所に拠点を構えられ、
隙あらば効果的な攻撃を仕掛けてきます。
こちらの防御策は、ただひたすら耐えるのみ。
みなさま年末年始をいかがお過ごしですか?

メガネさんは9連休ですが、あまりにも暇なので、
昨日の「紅白歌合戦」を勝手に採点したいと思います(上から目線の寸評つき)。
昨年の事なので、あまり記憶がないのですが。

【採点方法】
10点:涙が溢れて止まらないの
9点:さすがプロ、感動した!
8点:とても良かった!
7点:普通
6点:イマイチだね~
5点:もう出てくんなレベル

普通に書き綴っても色気がないので、
大晦日の献立を合間に挟んでいきますね。

では始まり始まり~。


d0025570_12614100.jpg

                     【ゴマ油焼き餅+豚キムチ炒め】


1.浜崎あゆみ 「INSPIRE 」(6点)
   マッチョなダンサーをはべらす金満夫人。声枯れ過ぎ。

2.Sexy Zone 「Sexy平和Zone組曲」(5点)
   子供の学芸会。世間の認知度が低いのにメドレーを唄う厚顔無恥。

3.NMB48 「カモネギックス」(7点)
   集団芸。普通なら6点だが、次の細川たかしのバックダンサーとしての働きで+1ポイント。

4.細川たかし 「浪花節だよ人生は 2013」(6点)
   近年6年間で4回目の同曲。さすがに芸がなさすぎだし工夫も無い。

5.徳永英明 「夢を信じて 」(7点)
   カバー曲の帝王が自分の持ち歌で参加。さすがに安定感があるが、面白みは無い。

6.香西かおり 「酒のやど」(7点)
   地味な存在だが、バックダンサーにももクロが参加して華を添えたので+1ポイント。

7.郷ひろみ 「Bang Bang」(7点)
   POPな歌詞と、スローな曲調が合ってない。バレエダンサーの動きに+1ポイント加点。

8.E-girls 「E-girls 紅白スペシャルメドレー2013」(8点)
   初出場なので尺が短かったのが残念。もう少し見たかった感がある。

9.三代目 J Soul Brothers 「冬物語」(7点)
   ELILEとの違いがよく分からないし、なんか気持ち悪い。

10.伍代夏子 「金木犀」(7点)
    前々回も歌った同曲。その時との違いはバックでAKBが躍ったこと。


d0025570_12857.jpg

                        【国産牛肉じゃが】


ここで「あまちゃん」メンバーの小芝居あり
荒川良々の木訥な演技は尺を気にする生放送には向かないと思う。
参加した役者「じぇじぇじぇ」連発。


11.AAA 「恋音と雨空」(7点)
    紅組として初ステージらしいが、女装が似合うのがウリの男のメンバーが立場を分かって無い。

12.福田こうへい 「南部蝉しぐれ」(7点)
    お国訛りキャラは新沼謙治とかぶる。

13.藤あや子 「紅い糸」(8点)
    同郷・秋田出身の壇蜜さんの舞踊が華を添えた。壇蜜さんの芸達者ぶりに+1ポイント。

14.サカナクション 「ミュージック」(8点)
    ボーカル緊張しすぎ。光のイリュージョン演出が良かった。

15.miwa 「ヒカリへ」(8点)
    屈託のない笑顔がカワイイ。美輪明宏からのエールを無視した紅組司会の綾瀬はるかもカワイイ。

16.ポルノグラフィティ 「青春花道」(6点)
    いい年したベテランが「青春ソング」を唄うことに辟易。
    パフォーマンスも毎年単調なのでもうそろそろ・・・。


d0025570_1224198.jpg

                        【陳麻婆豆腐】


ここで舞台裏からの中継で、くまモンとふなっしーが登場。
ふなっしーのいつも以上のハイテンションが生放送のNHK向きでないことが発覚。


17.天童よしみ 「ふるさと銀河」(7点)
    いつの間にか大御所感が出てきた。でもイロモノ感も抜けない。

18.Linked Horizon 「紅蓮の弓矢 [紅白スペシャルVer.] 」(6点)
    「進撃の巨人」とのコラボで今年の目玉の一つだったが、ボーカルの声量の無さが全てをぶち壊した。

19.水樹奈々+T.M.Revolution 「-革命2013- 紅白スペシャルコラボレーション」(8点)
    先述のボーカルと比べて一目瞭然の迫力に脱帽。ツインボーカルの魅力を思う存分に発揮した。

20.SKE48 「賛成カワイイ!」(7点)
    集団芸第2組。元気なアイドルソング。眼鏡ちゃんが気になった。

21.森進一 「襟裳岬」(7点)
    顔の皺はケアが出来るが、声の老いは誤魔化せない。

22.坂本冬美 「男の火祭り」(6点)
    大漁旗を振るTOKIO。大太鼓を叩く関ジャニメンバー。太鼓の達人ゲームを思い出した。

23.コブクロ 「今、咲き誇る花たちよ 」(7点)
    ソチ五輪のNHKテーマソング。お得意の「あざとい」歌詞がさく裂。


d0025570_14471478.jpg

                    【牛蒡と蓮根と人参の冬野菜きんぴら】


ここで前半戦終了。

特別企画として綾瀬はるかが会津若松に避難を続ける大熊中学校の生徒へのインタビュー映像。
それを見た綾瀬はるかが何故か号泣。
それを受けてメガネさんももちろん号泣。


d0025570_1244843.jpg


綾瀬はるか他 「花は咲く」(10点)

唄う前の綾瀬はるかのコメントが感極まって時間が押してしまい、鉄拳のネタが飛んでしまう事態に。
それを受けたニュースの武田アナ苦笑い。


d0025570_953812.jpg

                         【ポテトグラタン】


ニュース明け、後半戦スタート!!


24.EXILE 「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」(8点)
    白組の集団芸。引退するリーダーが二人のボーカルを差し置いて、
    センターに陣取り渾身のパフォーマンス。

25.ももいろクローバーZ 「ももいろ紅白2013だZ!!」(8点)
    新曲と過去の名曲「走れ!」の2曲だが、後者だけで良かった。絡んでくれたマー君の頑張りに+1ポイント。

26.ゴールデンボンバー 「女々しくて」(7点)
    まさかの2年連続出場。体操パフォーマンスが替え玉だったという残念なオチに-1ポイント。

27.aiko 「Loveletter」(7点)
    ジーパンじゃないのが新鮮。

28.氷川きよし 「満天の瞳」(9点)
    歌、歌唱力ともに絶品。会場全体を満天の星にした演出に+1ポイント。

29.西野カナ 「さよなら」(7点)
    痩せたなぁ。「私が証明です」とCMで言ってるクリスタルジェミーの社長に似てるなぁ。

30.TOKIO 「AMBITIOUS JAPAN!」(8点)
    バックに流れる過去20年の映像がみんな若い中、太一くんだけ殆ど変わらない。

31.和田アキ子 「今でもあなた」(7点)
    楽天優勝の映像を流す意味がわからない。


d0025570_9524663.jpg

                        【黒瀬ぶりの刺身】


特別企画「あまちゃんコーナー」(10点)

天野アキ、GMT、アメ横女学園芸能コース、ベイビーレイズ 「暦の上ではディセンバー」
潮騒のメモリーズ(天野アキ、足立ユイ) 天野春子、鈴鹿ひろ美 「潮騒のメモリー」
あまちゃん出演者 「地元に帰ろう」

15分にわたる特別コーナー。
年末にたまたま「あまちゃん総集編」を見てたので、流れがつかめて良かった。

ユイがトンネルを越えてアキと唄う。
春子が自分の名前で「潮騒のメモリー」を唄う。
そして鈴鹿さんもそれに続く。
そうか、総集編の放送はこの15分間のための壮大な前フリだったのだ。
あまちゃんスペシャルビッグバンドの演奏にも感動。
すでにオープニングのイントロだけで涙腺が緩むようになってしまった。
どうやら遅れてきた「あまロス」現象にかかってしまったようだ。
号泣しすぎて嫁が引いている。。。


d0025570_1275316.jpg



32.DREAMS COME TRUE 「さぁ鐘を鳴らせ」(9点)
    陸前高田からの生中継。吉田美和お得意の紅白アレンジがさく裂して+1ポイント。

33.関ジャニ∞ 「紅白2度目!  呼ばれて飛び出てじぇじぇじぇじぇ!!」(7点)
    歌下手だなぁ。ノリとイキオイだけのお祭りを超えたヤケクソ。

34.きゃりーぱみゅぱみゅ 「紅白2013きゃりーぱみゅぱみゅメドレー」(8点)
    口パクでもいいじゃん。肩車してた黒人の股間にくぎ付け。

35.五木ひろし 「博多ア・ラ・モード」(8点)
    スナックで唄うと盛り上がる歌。バックのAKBたちが安いホステスみたいで+1ポイント。

36.Perfume 「Magic of Love」(9点)
    口パクでもいいじゃん。ダンスのキレと最先端の技術の衣装で+1ポイント。

37.ゆず 「雨のち晴レルヤ」(8点)
    「ごちそうさん」は見てないけど、美味しそうに食べる杏と、嬉しそうに唄うゆずが被った。

38.水森かおり 「伊勢めぐり」(6点)
    小林幸子無き今、いつの間にか巨大衣装担当の座を奪ったが、おばさん顔のイロモノ感が凄まじい。


特別企画「歌がここにある ~ニッポンの嵐「ふるさと」〜」

嵐のメンバーが何故か沖縄・南大東島の小学生を訪ね、ふるさとの思いを語らせる企画。
感動の押し売り感が半端ない。つか、中途半端な企画をこのタイミングでぶっ込んできたのが逆に凄い。

嵐 「ふるさと」(6点)


39.石川さゆり 「津軽海峡・冬景色」(9点)
    いかなる時も全力で感動を与える歌を唄える本当のプロフェッショナルだ。

40.美輪明宏 「ふるさとの空の下に」(6点)
    昨年の衝撃から1年、何故また出てきたのか。

41.AKB48 「紅白2013SP~AKB48フェスティバル!~」(9点)
    「恋するフォーチュンクッキー」からの「ヘビロテ」。
    大島優子卒業を意識した選曲に苦笑しつつも、大型集団芸の魅力を存分に発揮。

42.福山雅治 「2013スペシャルメドレー」(6点)
    横浜アリーナからの中継。台湾のテレビとの絡み。寒すぎる。

43.泉谷しげる 「春夏秋冬2014」(7点)
    何を怒ってるのか理解不能だが、キャラを保ち続ける真面目な姿勢に+1ポイント。

44.いきものがかり 「笑顔」(7点)
    「笑顔」「ハッピー」「ありがとう」など、恥ずかしキーワードを普通に唄えるのが凄い。

45.嵐 「New Year's Eve Medley 2013」(8点)
    曲に恵まれてるなぁ。こんなにキャッチーでPOPな歌を作る外人が優秀なんだな。
    それを表現する5人に+1ポイント。

46.松田聖子+クリス・ハート 「New Year's Eve Special Love Song Medley 2013」(8点)
    米国進出に失敗した日本人と、日本語の歌が得意な黒人が奇跡のコラボ。
    美しいハモリに+1ポイント。

47.高橋真梨子 「for you・・・」(7点)
    年齢を重ねるほど出てくる味ととるか、年齢からくる声量の衰えととるか。
    いずれにしろ「貴方が欲しい」と絶叫する年齢ではない。

48.SMAP 「Joymap!!」(7点)
    今年ほど目立たない紅白の扱いはなかった。バックダンサーのキレのいい動きに+1ポイント。

49.北島三郎 「まつり」(7点)
    村田英雄、三波春夫、藤山一郎など、昭和の大御所がいなくなり平成の大物として君臨してきたが、
    衰えは隠せない。餞別として+1ポイント。


対戦結果・・・白組の優勝(2年連続35回目)


【メガネ総評】

「あまちゃん」に救われましたね。
今回は「あまちゃん紅白」といってもいいでしょう。
紅組司会の綾瀬はるかにはドキドキハラハラしましたが、
一生懸命さが伝わって良かったです。
(女優の仲間由紀恵さんのときは、旨いけど面白みがなかった)

全体的にはグダグダでした。
嵐の相葉メンバーの活ぜつの悪さが気になりました。
台湾のテレビの女性司会者が、福山雅治に「電話番号教えて」と叫んだのもヤバかったです。
基本的にライブ会場からの中継は、紅白の会場もお茶の間もしらけるので無しにして欲しいですね。
初出場組もフレッシュ感がなく、ベテラン組もマンネリ感が大きく、
本当に凄いと感じた歌手は一握りくらいでした。

メガネ採点からも分かる通り、私的には紅組のほうが優勢だったと思います。
嫁の家族もそう言ってました。
これはひとえに嵐票が白組に流れたと思われます。
嫁の家族もそう言ってました(2回目)。
つか、ジャニーズが白組の司会をするようになって、ジャニ票の流れは顕著です。
拮抗していた対戦成績が離れてきたのも、そろそろ気になります。
(白組の35勝29敗)
どうでもいい話ですが。


d0025570_11145261.jpg

泣き疲れ、目を腫らしてカウントダウンをするメガネさん。
年またぎは、毎年テレビ東京の「ジルベスターコンサート」です。
今年も強引に間に合わせましたね。
[PR]

by wakachannel471225 | 2014-01-01 12:50 | NHK

ヨイトマケの夜

正月の昼間からゴロゴローゴロゴロー
あーあ、ペニオクから広告塔の依頼が来ないかなぁ~。

あけましておめでとうございます。
久しぶりのブログ更新です。
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。
すいません、魔女宅のパクリです。
今年はなるべくブログ業に励みたいと思います。

手近な話題として、紅白を語りましょうか。

12月31日21時16分
そのとき、歴史は動きました。

d0025570_10515852.jpg

メガネさんの心の友「ももクロ」ちゃんたちが、ついに紅白でパフォーマンスする時がやってきたのです。
紅組として後半戦の1曲目という大事なポジションをまかせられた彼女たち。
しかも初出場というプレッシャーが重く肩にのしかかっているはずです。

こんなとき、自称・モノノフとしてやるべき事はただ一つ!

夏菜子(赤) 「私たち、週末ヒロイン ももいろクローバー・・・」


d0025570_10595878.jpg

ゼェーーーーット!!

テレビの前で一生懸命応援することが、彼女たちへのささやかなエール。
晴れの舞台をしっかりと見届けることが、メガネさんの使命。
キモファン特有の勝手な熱い思いを抱きつつ、文字通りテレビの前でかぶりつく40男。


d0025570_1135820.jpg

紅白特別メドレーを唄うということを事前に知っていましたが、
最初に披露したのは最新のヒット曲「サラバ、愛しき悲しみたちよ」でした。
「さらば青春の光」で有名な布袋寅泰さんとコラボしたという同曲は、
まるでお伽噺の中にいるような不思議な世界を見事に体現してくれてます。


d0025570_1121295.jpg

まるで飛び立つヒナを見守る親鳥のごとく、
優しい目をして画面を見つめるキモ親父。


d0025570_1123214.jpg

見事水面から飛び立った逞しい我が子の成長に、
思わず顔がほころぶロクデナシ。

暖かく見守ってたつもりが、実は彼女たちから勇気をもらってることに毎回気付かされます。
そしてそんな感慨に浸ってるのも束の間・・・


d0025570_1128419.jpg

白黒の衣装からの早着替えで、
いつものコスチュームへ華麗に変身!!
メドレーの2曲目は「行くぜっ!怪盗少女」でした!!

この時点で涙腺崩壊のメガネさん。
肩を震わせ、ヨメに悟られまいと静かに鼻を啜ってます。

ただ、メガネさんの好きなこの曲のこの場面で一気に崩れおちました。


d0025570_11331366.jpg

「無限に広がる 星空よりもキラキラ輝く みんなの瞳
何より いとしい 宝物だからいつも 全力で歌おう!踊ろう!笑おう!!!」

会場が、ファンが、いや日本中が聴き入った夏菜子(赤)のソロパートで、
人目(ヨメ目)をはばからず号泣してしまいました。
40年間紅白を見てきましたが、こんなに感動したのは初めてです。

そして最後にもっと心を震わせる事件が!!

最後のメンバーコールの歌詞は、脱退したあかりん(青)がいた当時のオリジナルバージョン

「We’re the ももいろクローバー レニ カナコ アカリ シオリ アヤカ モモカ

を披露したのです!!
6人で果たせなかった紅白出場だけど、あかりんの魂もステージにあげてるという彼女たちのメッセージに、
膝から崩れ落ちたのはメガネさんだけではないはずです。

そう、最後の歌詞がすべてを言い尽くしています。

Go! Now! 君のハート めがけて Sing a Song!


彼女たちのパフォーマンスが終わり、次の出演者「TOKIO」が始まっても、
しばし放心状態のメガネさん。


d0025570_11485478.jpg

茫然自失、自我崩壊、焦燥感漂う本厄オトコ。

23時45分。
白組の勝利を聞いた瞬間、崩れるように眠りに落ちたオメデタ親父でした。。。




父ちゃんのためなら エンヤコラ

母ちゃんのためなら エンヤコラ

もうひとつおまけに エンヤコラ・・・
[PR]

by wakachannel471225 | 2013-01-02 11:41 | NHK

紅白歌合戦 総括

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年賀状が届きません。
昨年、誰にも返信しなかったからでしょうか。
せっかく書いたのに送らなかった年賀状がまだ手元にあります。
「配達されなかった一枚の年賀状」として映画化しますか。


ところで・・・


d0025570_95442.jpg

昨日の紅白観ましたか?
もちろんメガネさんはずっと観てましたよ。


d0025570_972319.jpg

大晦日の夜を、ハイボール片手に紅白を観る贅沢を今年も満喫しました。

せっかくなので、感想書きます。
(採点は10点満点です)


d0025570_910128.jpg

オープニング 紅白開会宣言 なでしこJAPAN

 「なでしこJAPAN」といっても日本代表のユニフォームじゃないです。
 しかも「INAC神戸」の選手だけ。
 胸の「黒糖ドーナツ」のスポンサーロゴが目立ってる。
 明日(元旦)に試合を控えてるのに大変だなぁ。


d0025570_9471814.jpg

1.浜崎あゆみ「Progress」(6点)
  
  もはや恒例となったトップバッター。
  昨年はウェディングドレス姿で客席から登場しましましたが、
  今回はステージで白いドレスを着て唄ってました。目が茶色いな。
  あっ、ドレス脱いだ。生足全開。バックダンサーがピョンピョン跳ねてます。


d0025570_1091559.jpg

2.NYC「100%勇気NYC」(4点)

  紅白でしか見ないNYC。
  たしか昨年もこの歌だっただったな。
  赤・青・黄色の衣装は「シブガキ隊」を意識してるのか?
  

d0025570_1014895.jpg

3.アンジェラ・アキ「One Family」(6点)

  妊娠9カ月だそうです。
  ココリコ田中かと思った。
  歌詞が壮大なテーマすぎて、難しくて理解できませんでした。


d0025570_10403936.jpg

4.flumpool「証」(5点)

  また合唱コンクールの課題曲です。
  でも、ボーカルがボソボソと何唄ってるのか解らないです。
  合唱に救われてますね。つか、負けてますね。
  被災地から合唱部を呼んでるのかと思ったら「豊島岡女子学園中学校」だったのね。


d0025570_10494924.jpg

5.AKB48「紅白2011 AKB48スペシャルMIX~がんばろう日本!~」(7点)

  今年は210人ですって。
  「早替えの衣装を片づける係」も含めてなのか?
  もう誰が誰だか・・・マイクの取り合いですね。
  最後は一文字でフィニッシュ「がんばろう日本」。


d0025570_10554416.jpg

紅白審査員紹介

  三谷幸喜が瞬きしないのが怖い。
  あと、フィギアに鈴木明子選手は「ミニラ」に似てる。


d0025570_10584021.jpg

芦田愛菜&鈴木福「マル・マル・モリ・モリ!」

  ミッキーさんと一緒に登場したマナちゃんが階段でコケた。
  つか、あの国の開演は20時からなのね。   


つづく
[PR]

by wakachannel471225 | 2012-01-02 13:51 | NHK

女子トイレの神様。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

年賀状が届きません。
今年も人気ないです。
ヨメはたくさん来てるのに。。。
せっせと返信してる姿が羨ましいです。


ところで・・・

d0025570_1949171.jpg

昨日の紅白観ましたか?
やることないので、感想書きます。
(採点は10点満点です)


オープニング 紅白開会宣言
プロゴルファー石川遼(10点)
 緊張してる様子でしたが、噛まずに長いセリフを堂々と言えました。
 さすが大物ですね。


d0025570_9492169.jpg

1.浜崎あゆみ「Virgin Road」(6点)
  
  ウェディングドレス姿で客席から登場。
  ステージに向かって歩いて唄うので、客に尻を向けて唄う姿にドン引き。


d0025570_949514.jpg

2.EXILE「I Wish For You」(6点)

  3年連続レコード大賞を引っ提げての出場。
  だがし、パフォーマンスは昨年と変わらずメンバー+チビッコダンサーのお祭り騒ぎ。
  曲中の「I wish・・・」連呼がウザイ。


3.AKB48「紅白2010 AKB48神曲SP」(8点)

  こちらも昨年同様、メンバー全員集合。いったい何人いるんだ!?
  でも今年はイキオイが違います。
  女子高の学園祭に来たみたいで嬉しくなりました。
  行ったことないけど。。。


4.NYC「よく遊びよく学べ100%NYC」(4点)

  つか、誰だこいつら。
  ジャニーズjrの子供が大挙押し寄せて学芸会か。
  いや、お遊戯会だな。
  早くSuicaで家に帰れ。


5.アンジェラ・アキ「輝く人」(7点)

  Tシャツに数字がないぞ。
  ピアノじゃなくてギター弾き語りだぞ。
  また中学生に合唱コンクールで唄わせるのか。


6.AAA「逢いたい理由」(5点)

  「お試しか!@テレ朝」で女装してたオトコがメンバーにいるぞ。
  RAPはマークパンサーがやってるのかと思った。
  何か全体的にバラバラで拙い。
  

7.中村美律子「河内おとこ節」(6点)

  あーあ、またこの歌ですか?
  客席を巻き込んでのお祭り騒ぎはいい加減見飽きました。
  地元つながりで応援に来た「はるな愛」が頑張ってたから6点。


8.flumpool「君に届け」(6点)

  このボーカル、ハリセンボンの幸薄いほうにソックリだね。
  それにしても地味なバンドだなぁ。


9.平原綾香「Voyagers」(7点)

  「ダーウィンが来た!@NHK19:30~(日)」のテーマソング。
  19時のニュースが終わったあと、必ずこの歌がかかるから知ってる。
  歌詞が「僕たち・・・」「僕たち・・・」しつこい。


10.遊助「ひと」(4点)

  何もかもがひどい。。。
  何故この場にお前がいる???
  しょーもなっ!!!


キャラクター紅白歌合戦
~おかあさんといっしょ「ドコノコノキノコ」(10点)

  歌のお兄さん、お姉さんの歌唱力・ダンスに驚愕。
  これまでの出演者の中で一番でした。

~怪物くん「ユカイツーカイ怪物くん」(9点)

  嵐・大野の怪物くんよりも、
  ダチョウ倶楽部・上島の狼男の頑張りに好感を持ちました。
  
~水樹奈々&AKB48「Alright!ハートキャッチプリキュア」(7点)

  今のプリキュアは4人もいるんだね。
  勉強になりました。

~熊倉一雄「ゲゲゲの鬼太郎」(9点)

  初期のオープニング曲の歌手を初めて見ました。
  やっぱ妖怪キャラでした。


11.伍代夏子「ひとり酒」(6点)

  日本酒をチビリ・・・チビリ・・・
  切ないねぇ。。。


12.細川たかし「浪花節だよ人生は」(6点)

  円天騒動から復活が早いな。
  AKBの若い娘に囲まれてご満悦なのがキモイ。


13.ポルノグラフィティ「君は100%」(6点)

  曲名だけで「1986オメガトライブ」かと思ったら違った。
  あーあ、歌詞間違えたよ。
  素直に謝ってたけど、誰も知らないから気づかないと思うよ。
  ギター(長谷川京子の旦那)の衣装がセンチュリー21の人かと思った。


14.西野カナ「Best Friend」(6点)

  いい友達持ったね。
  高音苦しそう。
  酒の呑み過ぎか?


15.FUNKY MONKEY BABYS「あとひとつ」(6点)

  えっ、この人たち売れてるの!?
意味がわかんない。

  
16.川中美幸「二輪草」(7点)

  朝ドラ「てっぱん@NHK8:00~(月~土)」に出演してるつながりで、共演者が応援。
  「ほんまにキレイじゃね~」ってお世辞言ってた。
  「てっぱんダンス」も楽しそう・・・って、ドラマ見てない人は全然わかんないよね。


17.HY「時をこえ」(10点)

  初めて聴いた。沖縄の「おばぁ」が伝える戦争の歌。
  ボーカルの女の子いいね。もう一人の男の子はいらないと思う(この曲に関しては)。
  大晦日を平和に迎えられる幸せに・・・つい号泣。。。


18.クミコ「INORI ~祈り~」(7点)

  千羽鶴の衣装とか、年の割の若づくりとか、全体的に怖い。。。


19.水森かおり「松島紀行」(6点)

  松島の海を意識したバックダンサーが凄かった。
  ご当地ソングの女王ですって?
  元・メガネさんの地元「久喜」も唄ってよ。


20.徳永英明「時の流れに身をまかせ」(6点)

  カバーって、要するにカラオケでしょ。
  「ま~かせ~」って言わなくちゃいけないのかよ。


21.水樹奈々「PHANTOM MINDS」(6点)

  いかにもアニソンっぽい曲だね。
  「魔法少女リリカルなのは」??? 知らんなぁ~。


22.L'Arc~en~Ciel「BLESS」(6点)

  「バンクーバーオリンピック」のNHKテーマソング。だから出演。
  そして普通に唄っただけ。
  身長156センチだっけ?


23.天童よしみ「人生みちづれ」(6点)

  目元を黒くぬりすぎ。白目ないやん!
  なめたらあかん~♪


24.森進一「襟裳岬」(7点)

  一人で淡々と唄ってました。
  が、紙吹雪とか大勢のコーラスとか、演出次第ではすごく感動したと思います。
  まだ川内康範先生の騒動が影響してるのか。


ニュース中断後・・・

紅白テーマソング「歌の力」
~紅白歌手全員~ (6点)

  まだ浸透してないうちに止めればいいのに。
  後半戦最初の曲で盛り下げてどうする。。。


25.郷ひろみ「GO!GO!イヤー紅白スペシャルメドレー」(6点)

  選曲もパフォーマンスも空回り。
  55歳の年齢は驚きだけど、周りの若いダンサーと比べるとやっぱり年食ってるよな。


26.aiko「向かいあわせ」(8点)

  あれ? ジーパンじゃないよ。スカートじゃないけど。ホットパンツっていうのか。
  唄いながら後ろに歩くステップよくやるよね。
  「そばにいてね」って唄うとき可愛いと思った。


27.Perfume「ねぇ」(9点)

  やっぱダンスが凄すぎ。
  足のステップヤバすぎ。
  のっちのトンガリ帽子似合いすぎ。
  口パクでもいいじゃん。それがウリなんだから。


28.TOKIO「advance」(6点)

  ヤマト運輸のCM曲だ。サビだけ知ってる。
  バンドなのに、何で自分たちで曲を作んないんだろう。


29.倖田來未「KODA KUMI 2010Special Medley」(5点)

  中途半端に2曲もメドレーで唄う意味がない。
  どっちかに絞れよ。


30.五木ひろし「おしろい花」(6点)

  ゴメン、聴いてなかった。。。


僕たちのふるさと ニッポン
~嵐、紅白有志~

  日本全国(といっても5か所だけだけど)のふるさとを嵐のメンバーが紹介。
  そこで感じたことを読み上げてました。
  こんなコーナーいるのか? 否!!


d0025570_9514683.jpg

31.和田アキ子「AKKOイイッ!紅白2010スペシャル」(5点)

  こいつも中途半端に3曲も唄ったよ。 
  植村花菜がトイレの神様を「いい歌なので削らずに全部唄いたい」ってコメントしたとき、
  「誰も削ってもいい歌なんて作ってないんだよ!」って豪語してたくせに、
  思いっきり削って3曲熱唱。
  「AKKOイイッ!」ってのも寒すぎる。


32.加山雄三「若大将50年スペシャルメドレー」(7点)

  73歳になっても若大将。
  45歳になっても少年隊。
  昔、紅白の司会で「仮面舞踏会」を「仮面ライダー」って紹介してたな。 


d0025570_952632.jpg
 
33.福山雅治「道標」(6点)

  また中継での出演。髪切りパフォーマンス。「NEWS ZERO@日テレ」のエンディング曲。
  そのつながりで宮本笑里のヴァイオリン共演。
  すべてが寒い。


34.小林幸子「母ちゃんのひとり言」(7点)

  美川との衣装対決は不戦勝。
  ひとり鶴に乗って熱唱。
  モルテンに乗ったニルス気取りか。


35.コブクロ「流星」(8点)

  デカイ方が唄が上手い。
  小さい方はハモリが上手い。そしてちょっと胡散臭い。


36.植村花菜「トイレの神様」(10点)

  今年の目玉。曲の長さとか色々文句が出て大変だったと思いますが、
  みんな注目の中、見事に唄い切りました。
  歌詞よりも、その精神力に感動。そして号泣!!


37.嵐「2010紅白オリジナルメドレー」(8点)

  客席まで下りてくパフォーマンスで、会場の嵐ファンに白組勝利のお願いか。
  テレビ慣れしてるカメラ目線がキモイ。
  リーダー大野・主演ドラマ「怪物くん」の主題歌「Monster」がオモシロだった。


38.いきものがかり「ありがとう」(9点)

  ゲゲゲつながりで冒頭、松下奈緒がピアノ演奏。
  それをうけて主題歌を唄った「いきものがかり」。
  「ありがとうって伝えたくて・・・」って聴いた瞬間、鳥肌が立ちました。


d0025570_9523414.jpg

スペシャルゲスト
~桑田佳祐~ 「それ行けベイビー!!」「本当は怖い愛とロマンス」(7点)
  
  5カ月ぶりの復活として煽った結果が、
  都内のスタジオからの中継。しかも2曲。
  挙句「アルバムもよろしく」って宣伝もされてやんの。
  一層のこと、ナイナイ・岡村とセットで復活すればよかったのに。
  

39.石川さゆり「天城越え」(8点)

  貫禄の天城越え。凄みを増しています。
  能は、唄ってる石川のすぐ隣で踊ればよかったのに。


40.北島三郎「風雪ながれ旅」(7点)

  故・星野哲郎追悼曲。
  紙吹雪が鼻に入らないかヒヤヒヤしました。
  アイヤー アイヤー 津軽 八戸 大湊♪


41.坂本冬美「また君に恋してる」(7点)

  またこれを唄ってる。
  演歌は息が長いを実感。
  唄い終わって泣くなよ。


42.氷川きよし「虹色のバイヨン」(9点)

  ロンゲの茶髪がチャライ。
  鍛え上げた腹筋が松村雄基との一夜を妄想させる。
  そんな概念を打ち消すほどの、歌唱力に感動。
  南流石率いる「流石組」の中東ダンスとの絡みも流石でした。


43.DREAMS COME TRUE「生きてゆくのですfeat.ザ紅白スペシャルブラスバンド」(7点)

  紅組のトリ。初めて聴く歌。ブラスバンドとの絡み。
  すべてにおいて期待してたけど・・・届かなかった。。。
  ブラバンは動いてこそブラバンだと思うぞ。
  ヨコハマロビンズって栗山千明の新曲にも出演してたね。


44.SMAP「This is love'10 SPメドレー」(6点)

  相変わらず唄下手だな~。
  これが大トリですか?
  せめていい気持ちで年を越させてください。


結果発表

 紅組 367,645票
 白組 418,191票(白組優勝)
d0025570_953773.jpg



ちなみに、元・メガネさんの採点では・・・

 紅組 152点
 白組 142点

でした。

ジャニーズ票がある限り、
白組が延々勝つんでしょうね。。。


d0025570_19495331.jpg

「トイレの神様」で号泣する元・メガネ。

初詣では、
生まれ変わったら「女子トイレの神様」になりたいと願いました。
[PR]

by wakachannel471225 | 2011-01-01 20:14 | NHK

涙の天使に微笑みを。

「ポニョ」の主題歌を唄った9歳児。
「ポニョ」の声を担当した9歳児。
実は違う子供なのに、公開後の扱われ方に大きな差が出てましたね。
ここにも格差社会の弊害が。。。


で、その「ポニョ」も出てた紅白です。
大晦日、毎年「紅白歌合戦」を観ているメガネ邸。
19時20分のスタートから、23時45分の終了まで、すっとチャンネルはNHKです。
その至福の時を過ごすため、大晦日は準備に追われてました。

d0025570_10343844.jpg

わざわざ「ときわ台」駅前のそば屋「舟蕎山」さんまで、
自家製手打ちそばを買いに行ったり、

d0025570_10484231.jpg

せっかくキレイに掃除した台所で「鶏のから揚げ」を揚げたり、

d0025570_10511274.jpg

意外と簡単じゃなかった「豚の角煮」を作ったり、

d0025570_10523623.jpg

先日、池袋東武で買ってきた「平目の刺身」を切ったり、←切るだけじゃん!

d0025570_1054149.jpg

三徳で買ってきた「キムチもやし」を器に盛ったり、←盛るだけんじゃん!

d0025570_10554471.jpg

それはそれは手間暇かけて、準備をしてたのであります。
まぁ、全部「紅白」をコタツでゆっくり観るためですが。
ちなみに時間までは「山崎 vs モリマン」の対決を観てました。


で、19時20分。
いよいよ紅白が始まりました。
メガネさんの「表情」と「メガネの独断と偏見に満ちた点数」で時間を追ってみましょう。


白組司会の中居くんが扇子を振っています。
表面に「つるべ~」裏面に「見てる貝?」。
少し腹が立ちました。

【紅組 浜崎あゆみ(10)「Mirrorcle World」 9点】

d0025570_11524333.jpg

トップバッターは「あゆ」です。
右腕の負傷が心配されてましたが、元気に唄い踊ってます。
やはり、話題作りだったのでしょうか。
ギターに「よっちゃん」がいましたね。


【布施 明(24)「君は薔薇より美しい」 9点】
やっぱり歌がうまいです。
安定感と安心感があります。
草刈正雄との区別がつきませんが。


【GIRL NEXT DOOR(初)「偶然の確率」 8点】
元気に唄って踊ってました。
ただそれだけ。
ELTと何が違うのか?


【美川 憲一(25)「さそり座の女 2008」 8点】
2008って、今までと何が違うんだ?
はるな愛はまだしも、IKKOさんが出てきた意味が解りません。
何喋ってるか聞き取れないし。
「言うよねぇ~」と「どんだけぇ~」の連発。
おかまだらけ。

d0025570_123734.jpg



~審査員紹介~
スポーツ選手だらけで何を審査するんだい?
レスリング吉田選手の後ろにハゲの監督座ってました。常に一緒なんですね。
髭男爵のボケを中居くんが潰し、困った時のヒグチカッターも不発に終わりました。


【伍代 夏子(15)「京都二年坂」 8点】
すごく高そうな着物でした。
旦那の杉良太郎が買ってあげたのか。
後ろで踊ってた三倉茉奈・佳奈の顔がだんだん違いが出てきましたね。


【北山 たけし(4)「希望の詩」 8点】
北島音楽事務所では若手でも、すでに34歳。
31歳の氷川きよしと比べ、ちょっと顔が老け過ぎの感があります。
で、その青いスーツは若作りしすぎじゃないか?


【スタジオジブリコーナー】
ジブリ音楽=久石譲の世界になってるからねぇ。
トトロやラピュタの歌をたくさんの出場歌手が唄ってたけど、
平原綾香が抜群でした(もっと彼女に歌わせればいいのに)。
青山テルマでは歌えない。Paboが歌えるわけないでしょ。
でも、誰もが知ってる名曲をみんなで歌うと・・・
あれ? なんで涙がでてくるんだろう。。。


【藤岡藤巻と大橋のぞみ(初)「崖の上のポニョ」 10点

d0025570_12162933.jpg

若干9歳の女の子がNHKホールでメインを張って歌ってることのすごさに、
思わず泣いてしまいました。
ポーニョポニョポニョの歌声もこの日で最後です。

曲の最後に「ブルーマン」が出てきた。
しかも中途半端に。会場の拍手もまばら。
何だったんだろう。


【東方神起(初)「Purple Line~どうして君を好きになってしまったんだろう?」 8点】
つか、どうして君たちが紅白に選ばれてしまったんだろう??


【水森 かおり(6)「輪島朝市」 8点】
東京都北区出身なのに、「ご当地ソングの女王」と呼ばれてるらしい。
で、恩師の作詞家が亡くなったことへの涙。
いかにも演歌の世界の演出って感じでちょっと引きます。


【Aqua Timez(2)「虹」 8点】
「ごくせん」の主題歌ですか?
「ROOKIES(ルーキーズ)」の主題歌は「GReeeeN」ですか?
「絆という名の虹」という歌詞があったけど、すぐ消える絆って意味か?

 
【木山 裕策(初)「home」 10点

d0025570_12231444.jpg

甲状腺に悪性腫瘍が見つかったり、日テレの「歌スタ!!」で一度落選したり、
子供が4人いたりする、出版社に勤める40歳の会社員。
来場してた家族に向かって熱唱でした。
歌声が平井堅に似てるけど、歌唱力はまだ及びませんね。


【秋元 順子(初)「愛のままで…」 8点】
対するこのおばちゃん。
運命の出会いを歌った大人のラブソングって。。。
おば様方がカラオケで歌いやすそうなメロディですね。


【キマグレン(初)「LIFE」 8点】
納会のカラオケでメガネさんが披露して失笑された曲です。
元が長いので、かなり端折って歌ってました。
南流石率いるバックダンサーが頑張って盛り上げようとしてましたね。


【いきものがかり(初)「SAKURA」 9点】
紅白初出場でTシャツ・ジーパンで唄うのはaiko以来だな。
サビでドモってました。
「さ・さ・さ・さくら・・・」


【前川 清(18)「東京砂漠」 8点】
おいおい、普通に唄い切っちゃったよ。
東京上空に飛行船飛ばして中継も入れちゃったよ。
総合演出の小野アナウンサーは何でテンション低いんだ? 上空で酔ったのか?


【川中 美幸(21)「二輪草」 9点】
メガネさんの住む板橋区の花・二輪草です。
小さな白い花を咲かせます。
でも、川中美幸の歯は汚いな。
煙草を吸うならもっと歯を磨いて欲しい。

d0025570_21372786.jpg



【宮沢和史 in ガンガ・ズンバ&ザ・ブーム
 「島唄~ブラジル移民100周年 紅白スペシャル・バージョン」 】
ブラジルから中継が入りました。
ブラジル移民を称えた歌を唄ってました。
が、2曲目の沖縄ソング「島唄」を唄う意味がわかりません。


【藤 あや子(16)「紅い糸」 9点】
テリー伊藤の「兄貴」が大ファンということで、テリーが舞台演出をしたらしい。
魔性の女・藤 あや子と旅芸人女形スター・早乙女太一。
癖のある二人の共演が見事でした。


【WaT(4)「36℃」 8点】
オモローこと世界のナベアツが曲紹介してました。
この二人の曲が売れてる理由、紅白にでる意味がわかりません。
いい子ちゃんを演じすぎて気持ち悪い二人組。


【中村 美律子(13)「河内おとこ節」 9点】
歌うと必ず盛り上がるこの曲。紅白でも重宝しています。
出演者が大挙してステージに上がる中、
「坂田三吉・・・♪」の歌詞のとき、ナベアツがアホな顔になってました。
食い倒れ人形も出てたな。


【ポルノグラフィティ(7)「ギフト」  9点】
何だかんだ毎年出場してるポルノ・・・。
これも「ポカリスエット」CMソングなのでしょうか?
えっ、違うの?


【大塚 愛(5)「愛」  8点】
自分の名前を曲名にしちゃう勇気。
歌の中で連呼する勇気。
あんなにテレビで流れてた『クラゲ、流れ星』を唄わない勇気。
すごく太ってたのが心配です。


【平井 堅(6)「いつか離れる日が来ても」 9点】
顔がよくて、歌もうまくて、羨ましいですね。
えっ、この人ホモなの!?


【坂本 冬美(20)「風に立つ」 9点】
森進一「おふくろさん」の冒頭に歌詞を加えた作詞家・猪俣公章先生の内弟子です。
なので歌が上手い筈なんですけどね。
体調を崩して一時活動休止してからヤツれたみたいです。


【秋川 雅史(3)「千の風になって」  10点
もはや紅白の定番ソングとなりました。
今回は少しアップテンポで声を張り上げます。
お墓の中に私はいません、風になって飛んでます・・・って、宗教っぽくないか?


ここで藤原紀香が出てきました。
なんで藤原紀香に「環境問題」を説教されなきゃいけないのか。


【SAVE THE FUTURE】 エンヤ 「オリノコ・フロウ~ありふれた奇跡」
アイルランドの歌姫エンヤが海外から中継されてました。
海外からの中継で2曲も唄うのは、長淵剛がベルリンの壁の前で唄って以来じゃないか?
これでエコを叫ぶ意味が解りません。


【Perfume(初)「ポリリズム」 9点】

d0025570_1363847.jpg

思わずヨメも踊りだす「ポリリズム」。
紅白でも「口パク」なのはご愛敬です。
ちなみにヨメは「チョコレイトディスコ」をカラオケで唄います。


【ジェロ(初)「海雪」  9点】
被った帽子はパイレーツ。
顔はもちろん黒い人。
なのに衣装はおばあちゃんの顔入りスーツ。
口先だけで演歌を唄う、異色さがウリの自称・演歌歌手。
大人の演出の臭さを感じます。

d0025570_2028292.jpg



【SPEED(4)「White Love (Re Track)」 9点】
何でこの人たちが紅白に出るんだろう。
8月の24時間テレビで再結成して実質4カ月の活動での出演。
大人になったSPEEDなんて、誰も観たくないのよ。
1年間頑張ったのに落選した「しょこたん」に同情します。

d0025570_2026494.jpg



【TOKIO(15)「雨傘」 8点】
椎名林檎が作った曲を長瀬が唄うと無理がありますね。
聞いててハラハラします。


【青山 テルマ feat. SoulJa(初)「そばにいるね」 9点】
今年何回も聞いた曲でしたが、SoulJaを初めてみました。
Rapの部分が恥ずかしく感じます。
「また今度送るよ 俺からのLetter♪」 ← Letterって(笑)


【水谷 豊(初)「カリフォルニア・コネクション」 8点】
出たよ右京さん。
でもこれは北野先生の頃の曲でしょ。
メガネさんの兄が初めて買ったレコードでした。


【絢香(3)「おかえり」  8点】
絢香の歌声って何を言ってるかわかりませんね。
口ごもってる感じで。
俳優の水嶋ヒロと付き合ってるんだっけ。
結局イケメン好きだったのね。


【徳永 英明(3)「レイニー ブルー」 8点】
もやもや病は克服したのでしょうか。
最近、色々な曲のカバーを唄って見事復活しましたが、
22年前の自身のデビュー曲を紅白で唄うところがセコイですね。


【倖田 來未(4)「TABOO」 9点】
もはや「エロかっこいい」でなく「エロいやらしい」人です。
セクスィー部長こと沢村一樹氏も登場してくれました。
セクシーフェロモンにみんなが卒倒する中、
仲間由紀恵だけ何で空気を読まないで倒れなかったんだろう。


【五木 ひろし(38)「凍て鶴」  8点】
かつて大トリを務めたこの人が、この時間帯での出場です。
それだけ話題性がなかったってことですよね。
無難に歌い上げてました。
顔のシミがハイビジョンに耐えられなくなってます。
ゴルフのやり過ぎでしょうか?


【アンジェラ・アキ(3)「手紙 ~拝啓 十五の君へ~」  10点

d0025570_13365038.jpg

アンジェラ・アキにやられました。
NHK全国合唱コンクールの課題曲なので、
みんなで歌う合唱の魅力が前面にだされていて、号泣してしまいました。
15のメガネは何をしてたのだろう。
きっと受験勉強もやらないで、親に隠れてこっそり紅白を観てたのだろう。

冒頭の草薙くんの歌詞の朗読はいらなかったと思う。


【森山 直太朗(3)「生きてることが辛いなら」 8点】
コンビニで流されることを禁止された話題曲。
改めて歌詞を聴いたら、説教臭い歌でした。
この手の歌は疲れます。


【aiko(7)「KissHug」  8点】
ジーパン以外の衣装で出てきました。
でも、ストッキングの模様が気になりました。
そろそろ恋の歌ばっかり唄うのもやめればいいのに。


【羞恥心(初)with Pabo(初)「羞恥心~陽は、また昇る 紅白スペシャル」 8点】
他局の企画物を紅白に呼んで、ステージを荒らされて、
それでいいのか!?


【コブクロ(4)「時の足音」 8点】
昨年の「蕾」が良かっただけに、ちょっと期待した分ガッカリしました。
この人たちが「かっこいい」と思ってやってることが、
メガネさんは受け入れられません。
来年に期待です。


【平原 綾香(5)「ノクターン」 9点】
さすがの歌唱力です。
声楽を勉強してただけあって、他を圧倒してますね。
バックで一人踊ってた「南流石」もさすがでした。
でも、画面アップにはしないで欲しいです。

d0025570_21185412.jpg



【EXILE(4)「Ti Amo」 8点】
札幌ドームからの中継でした。
NHKホールの観客と明らかに温度差があります。
もう中継はやめようよ。
2008年度レコード大賞受賞曲でした。
カラオケで唄えば、女の子が喜ぶ曲ばっかり唄ってますよね。


【小林 幸子(30)「楼蘭」 8点】
相変わらず聴いたこともない曲を衣装で誤魔化しています。
つか、観てるほうも、もう飽きませんか?


【北島 三郎(45)「北の漁場」 8点】
コマ劇場が終焉ということで、
座長を重ねたサブちゃんが自らのステージで使用したという漁船で登場。
漁師役にSMAPの面々が。
昨年のDJ OZMAに続き、この人も話題の人に乗っかるのが好きですね。
今年は花吹雪がなくて安心でした。


【一青 窈(5)「はじめて」  8点】
またエコ演出ですか。
会場の照明を全部消して、ロウソクのみ点けて高感度カメラで撮影してました。
どこがエコなんだ?


【中島 美嘉(7)「ORION」  8点】
姿勢が悪い歌い方は相変わらず。
裸足で唄う意味もわからない。


【Mr. Children(初)「GIFT」  9点】
結成16年目で何を思ったのか、紅白初出場。
しかもNHK北京オリンピックテーマソング。
今までの出演拒否は何だったんだ?
しかも別のNHKスタジオからの中継。
客も入れてライブのノリを演出。
だったらNHKホールで唄いなさいよ!!
せっかくいい歌だんだから。
ピンクのジャケットの品が無さすぎ。


【石川 さゆり(31)「天城越え」 9点】
この歌、イチローが好きらしい。
だからってエレキギターをジャカジャカ鳴らす曲でもないでしょう。
「天城越え~♪」の後の顔芸は鬼気迫るものがありますね。


【SMAP(16)「この瞬間、きっと夢じゃない 紅白SP」 8点】
最初の踊りは意味があるのか?
あれが紅白スペシャルだったのか?
歌も踊りもバラバラなんだけれど、これがSMAPの醍醐味。
キムタク以外歌が下手くそなんだから、彼らをこの時間帯で流すのはどうなんだい?
こんな歌と踊りでも許されるのだからSMAPも大したものです。
中居くんが一番下手なのに、一番格好付けているのが笑えます。


【天童 よしみ(13)「道頓堀人情」  8点】
美空ひばりの後継者と言われてるのだから、
そっちの歌を唄えばいいのに。
色んなシガラミがあるのでしょうか。


【森 進一(41)「おふくろさん」 9点】
あの川内激怒事件から復活です。
唄う前に自身の反省する気持ちを喋ってました。
って、それが余計だっちゅーねん!!
で、何で問題の前説を言わなかったのでしょう。
今度は猪俣公章先生の逆鱗に触れなければよいのですが。


【和田 アキ子(32)「夢」 9点】
今回の紅組出演者の中で、初出場の秋元順子を除けば最年長なんですね。
だから紅組のトリなんだろうな。
酒と煙草で痛めた喉で昔の歌を唄うのは、昔の自分に失礼なんじゃないか?


【氷川 きよし(9)「きよしのズンドコ節」  10点
最後の大トリを任されてしまった感があります。
ちょっと可哀そうでした。
しかも「ズンドコ節」って、有線大賞の「玄海船歌」じゃないの?
立派に大役を務めあげたあとの涙は美しかったです。

d0025570_214101.jpg



メガネさんの判定では、紅組の圧勝でしたが、
結果はご存じのとおり、まったくの逆でした。
やっぱり涙の数だけ票に繋がるのは、政治も歌も同じなんですね。

2009年もよろしくお願いします。
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-01-02 21:51 | NHK