2009年 07月 10日 ( 1 )

光の射す方へ。

オセロ・中島って、「24時間テレビ」のマラソンで痩せるために太ったんだと思った。
ダイエット企画とかで。
イモトじゃつまんねーな。


「あじさい寺」だと勘違いして「長谷寺」を参拝してしまった元・メガネ。
しかも「あじさい散策路」が激混みのため、あっさり断念したロクデナシに、
境内の剛力像が案内したのは、怪しい石穴でした。

決して大きくはない穴の入り口をくぐってみると・・・


d0025570_18432050.jpg

弁才天十六童子が壁に彫られていました。
あの有名な弘法大師が作ったといわれてる弁財天とその仲間たち。


d0025570_18552175.jpg

石穴特有の涼しげな暗闇に、ロウソクで灯された石像。
かなり怪しいです。


d0025570_1858179.jpg

もし一人で歩いてたら、早足に抜け去りたい衝動に駆られますが、
意外と広いこの石穴。

抜け去ったと思った次の瞬間・・・


床一面に・・・


床一面にですよ・・・


d0025570_1905030.jpg

ミニ弁才天が敷き詰められてました。
うわっ、超怖ぇ~!!


d0025570_1921119.jpg

等間隔に置かれた木彫りの弁財天。
ロウソクの火が怪しい陰影を醸しだし、
見れば見るほど気味が悪いです。


d0025570_194067.jpg

一体、何のつもりで置かれたのか、
どんな思いが詰まってるのか。
無数の煩悩が渦巻くこの穴を、一刻も早く立ち去りたい。

「ごめんよ。大観音を盗撮してごめんよ~!」

心拍数があがり、半泣きになりながら、元・メガネが早足で出口を探します。


d0025570_1981649.jpg

そして、やっと地上の光が射す出口を見つけました。
やった!
これで煩悩地獄から開放される!


d0025570_1995969.jpg

時空を超えて、光の射す方へ!!





外に出ると、またいつもの穏やかな空気が流れていました。


d0025570_19252547.jpg

小さなイヌは、主人の帰りを待ちわび、


d0025570_19264642.jpg

中くらいのイヌは、主人を待つことを飽きてしまい、


d0025570_19281418.jpg

大きなイヌは、主人を待つことさえ諦め、


d0025570_1929999.jpg

境内のイヌは、お賽銭が入るのを待っています。


d0025570_19305256.jpg

オレが「阿」で、


d0025570_19313629.jpg

オレが「吽」。


d0025570_19331925.jpg

左が「ウギャー!」で、右が「ウニャー!」


d0025570_19344614.jpg

「最初に好きになったのは私」だけど、「付き合ってるのは私」。


d0025570_19373668.jpg

夏の足音がヒタヒタと近づいてますが、


d0025570_19163013.jpg

もう少しだけ梅雨を楽しんでみましょうか。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-07-10 19:43 | travel