ご都合主義、8月もかく語りき。(2013)

GAOの「サヨナラ」の替え歌かと思ったら、きゃりーぱみゅぱみゅの新曲でした。
中田ヤスタカって凄いですね。

本当にいまさらですが、2013年8月に読んだ本を書き留めます。
もちろん、当サイトはネタバレ必須ですので。


d0025570_16202918.jpg

【にょにょっ記@穂村弘 】

低めのテンションで語られる、日常の何気ない一コマたち。
お箸がうまく使えなくて、よもや脳梗塞か!!と焦ったら、ネギの輪っかが引っ掛かってた話をはじめ、
色々なことに驚いている穂村さんがとても可愛い。
解説に私の好きな西加奈子嬢の「偽ょ偽っ記」が掲載されてたのも良かった。
フジモトマサルの挿絵も相変わらず秀逸。


**********************************

d0025570_16542293.jpg

【ニシノユキヒコの恋と冒険@川上弘美 】

ニシノユキヒコと10人の女性との恋愛短編集。
憎まれそうで恨まれそうなのに、いつまでも思い出に残る男ニシノユキヒコ。
様々な女性の視線から見ることによって、彼がどんな人間なのか分かるような気になるが、
結局のところやっぱり分からないというのがオモシロ。
女性は、彼とのことをいい思い出として保存しつつ、通過して、進んでいくのに対し、
この人はいつまでも同じ場所でくるくる回っている感じ。
彼の博愛的な愛は、八方美人とか浮気性とかいうレベルでなく、
何の計算もなく自分のしたいようにしている天真爛漫な結果なのだろう。
曖昧で愛しい感じを醸し出せる彼の魅力が私にも欲しい。

この作家は「なめらかにうわの空」とか「ベテランの可愛い子」とかいう、ちょっとした表現が上手い。


**********************************


8月は以上2冊です。

夏の思い出を記してますが、窓の外は雪が降ってます。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-02-04 17:26 | BOOK

ご都合主義、7月もかく語りき。(2013)

埼玉県民なのに、週末の都知事選が気になります。
消去法でしか候補者を選べない選択肢に、
都民がどんな選択をするのか。
ま、誰がなっても、金と失言とスキャンダルで早期に退陣すると思いますが。。。

本当にいまさらですが、2013年7月に読んだ本を書き留めます。
もちろん、当サイトはネタバレ必須ですので。


d0025570_13531297.jpg

【にょっ記@穂村弘 】

洗練された言葉のチョイスが上手い、
愛すべきオッサンの日常的妄想。

私は混んだ電車に立っていた。
目的の駅に着いたので、おりまーす、と呟くと、前に立っていた女の子が、はーい、と云って道をあけてくれた。
やさしい、かわいい、あかるい、
やさしい、かわいい、あかるい、
やさしい、かわいい、あかるい、
やさしいと思って涙が溢れる。

軽妙な語りに見えて、現実に渇いた寂しさの集積が秀逸。


**********************************

d0025570_1411012.jpg

【探偵はバーにいる@東直己】

初ハードボイルド。
酒と女と煙草と厄介事がハードボイルドの世界なのか。
つか、探偵というよりはススキノの便利屋。
一人称は「俺」。
「俺」が大学の後輩にあたる原田の恋人を探すことに首を突っ込んだ話。
1992年に刊行された本なので、文体や固有名詞など全体的に古くさい。
女子短大のことを「スケタン」と呼ぶのがすごく気になった。

「あわてる姿はぶざまなものだ。できることなら、死ぬまで慌てずにいたいもんだ」


**********************************


7月は以上2冊です。

昨日は最高気温18℃。
今日は午後から雪。
体の調子が悪いのは、二日酔いのせいだけではありません。。。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-02-04 15:19 | BOOK

ご都合主義、6月もかく語りき。(2013)

早くも2014年が始まって1か月が経ちました。
そのうちの半分は二日酔いで調子が悪いロクデナシ。
「ヘパリーゼ」の効果に疑問を持ち始めた今日この頃、
みなさんいかがお過ごし?

本当にいまさらですが、2013年6月に読んだ本を書き留めます。
もちろん、当サイトはネタバレ必須ですので。


d0025570_13552582.jpg

【架空OL日記2@バカリズム】

ただのOLが書いた普通のブログなら、別段なんてことないんだろうが、
OLでもなんでもないおっさんが書いたって思いながら読むとオモシロ。
いとうせいこう氏の解説がすべてを物語っている。
やおい文学(山なし、オチなし、意味なし)は純文学であり、バカリズムは21世紀の純文学として書いていたとの見解。
「男もすなる日記というものを女もしてみんとするなり」の土佐日記。

平坦な日常を描いた「架空日記」を支える作者のずば抜けた常識と想像力が秀逸。


**********************************


d0025570_14103898.jpg

【こうふくみどりの@西加奈子】

先読した「こうふくあかの」の関連小説らしい。
こちらは中学2年の女の子が主人公・辰巳緑。
冒頭からコテコテの大阪弁で語る緑の文章がとっつきにくい感じがあったが、物語の世界観は伝わった。
脳内変換は「じゃりんこチエ」。

代々男運のない、女とメスばっかりの辰巳家。
なんか不思議と人の集まるここには、いろんな匂いがあって、すごく居心地がいいらしい。
緑の淡い失恋を中心に、おばあちゃんからの辰巳家の歴史のようなものが浮かび上がってくる。
並行して書かれるある女性の独白や誰かの手紙などが、だんだんとパズルのピースみたいにはまっていくのがオモシロ。
一言で言うと、「おんなに歴史あり」。

そして「あかの」と同じく「猪木」も登場しているが、「道」の朗読の場面は秀逸。


**********************************


6月は以上2冊です。

「優しさライセンス4級」なので、
コンビニのレジで、バーコードを上にして置いてあげます。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-02-04 12:02 | BOOK

さいたま賢人。

気がつけば12/28~1/5までの9連休のうち、5日間走りました。
合計距離にして約56km。
毎日が筋肉痛です。

そして今日も、朝から寒風吹き荒れるザーニー市。
家にいても窓の隙間からピーピーブープー又三郎の鳴き声がします。
嗚呼、うるさい。

あまりにもうるさくて、テレビの音が聞こえないので、
テレビを消して街に走りに出てしまうのが暇人たる愚の発想。

最近、走り始めて約7分で体が温まる癖がついたので、
完全防寒で家を出たのにポカポカしてきた変温メガネ。
志木駅に向かって走ってたのですが、何やら行列が出来てる店を発見!

あれ? あそこの場所って・・・


d0025570_20161968.jpg

志木駅前に佇む、一軒のラーメン屋の前で待ち人が多数。
その数、メガネウォッチングで44人!!(12時10分時点)

えっ・・・バカじゃないの!?

ここは埼玉県では有名な「麺家うえだ」というラーメン屋さんですが、
ラーメン本に何度も登場する人気店ということで、メガネさんもその店は存じ上げていました。
店の前を通るたびに5人くらい並んでるのを見かけたことはありますが、
ここまで並ぶなんて・・・

福袋でも配ってるのか?
サンジャポのテリー伊藤でも来てるのか?
と勘繰りたくなる程の異常事態です。

と思ってたら、やっぱり理由がありました。

年末に「ソロモン流@テレビ東京」で取り上げられてたみたいですね。

船越栄一郎氏が絶賛したラーメンを食べようと、寒い中こんなに集まったラーメン通。
本当に御苦労さまでございます。


d0025570_20263249.jpg

メガネさんも試しに並んでみましたが、その後列にも続々と並ぶ人たちが絶えないので、
「冷やかしてスマン!」と絶叫しながら退散しました。


己のラーメン熱の甘さを知り、今後の身の振り方を考えてた矢先、
志木駅前にある別のラーメン屋さんの前を通ったとき、
信じられない光景が繰り広げられてました。


d0025570_20343387.jpg

先月末に「埼玉ラーメン本」を立ち読みした時に特集されてた某ラーメン屋さんですが、
お客さんが誰もいないのです!!

念のため立ち止まってジロジロ見てみましたが、
「OPEN」の札があり、厨房の中に店員らしき人がいるのに、
行列はおろか、店内にも客がいないなんて!!


d0025570_203727.jpg

先日メガネさんも、立ち読みした記憶をもとに訪れて、
「しそ香る梅塩そば(700円)」と缶ビールを食しましたが、
それはそれは美味しゅうごじゃいましたのよ。
それなのに・・・それにしても・・・


44 vs 0


スクールウォーズだったら泣き虫先生が部員を殴るレベルの差です。
やっぱりテレビの影響力は絶大なのか。
船越栄一郎の発言は絶対なのか。

ラーメン業界の厳しさを垣間見た一日でございました。


ちなみに・・・


d0025570_2043833.jpg

メガネさんお気に入りの「ぜんや@新座」は、
12月28日から1月9日まで怒涛の13連休中ですってよ。

美味しいラーメン屋さんは余裕がありますね。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-01-05 21:04 | ramen

「ごちそうさん」が聞きたくて。

年末年始の9連休も、残り僅か1日です。
今日で終わりという意味では、リアル大晦日ですが、
明日の朝、ちゃんと起きられるのか怖いので、今日は早めに寝ようと思うのがおっさんですよね。

そんなおっさん達がたくさん集まりまして、
昨日、メガネさん邸で新年会を催しました。

おっさんといえども、食欲は部活帰りの中学生並み、
酒を呑む量は池袋・立教通りの居酒屋にいる大学生レベルなので、
料理の仕込みを当日の来訪直前まで行いつつも、
何とか出迎えることが出来ました。


d0025570_1633226.jpg

小料理屋気取りでメニューを書いてみました。
これで大人10人を無事にもてなすことが出来るでしょうか。

料理を作りながらだったので、すべて撮影することが出来なかったのですが、
少しだけ掲載してみましょう。


d0025570_1661917.jpg

【レンコン、ゴボウ、自家製人参のきんぴら】

年末の大晦日に美味しく出来たので、再び作ってみました。
レンコンとゴボウは「大地を守る会」から購入。
人参は畑で収穫したものです。
赤トウガラシの量が味を左右しますが、お通し感覚なので無難な味に仕上げました。


d0025570_16113340.jpg

【スペアリブ】

安田家から提供していただきました。
スパイシーでジューシーなお肉は、本当にビールとよく合いますね。
ご馳走様でした。


d0025570_16132674.jpg

【レバーディップ+バケット】

こちらも安田家からの提供です。
バケットに塗っていただくシャレオツ料理に、
おっさんどもが紳士を気取って一瞬だけ無口になりました。


d0025570_16162575.jpg

【バーニャカウダ】

大根、人参、ブロッコリーなど、畑の野菜をふんだんに盛りました。
新鮮野菜を食べさせたいというコンセプトですが、
野菜の消費を手伝ってほしいという裏があります。
ちなみに、畑にはまだ大根が7本埋まってます。


d0025570_16201693.jpg

【新潟産ニギス焼き】

メニューの字面が下手だったので、
太っちょさんに「新潟産=(イコール)ギス」と読まれ、「ギス」って何だ? と質問されましたが、
「ニギス」という魚です。
見た目は「ししゃも」ですが、味は「きびなご」に似ています。
日本酒に良く合いました。


d0025570_16345788.jpg

【アジアンミニハンバーグ】

アジアンとは、東南アジアを指す用語ですね。
決して韓国・中国のことではありません。
ニュクマム、スウィートチリソース、シャンツァイなどを練りこみました。
ハンバーグって焼かないと味が確認できないので、
何度も試行錯誤した一品です。
最終的にタイ土産でもらった本場の「ライム塩」に付けて食すのがベストでした。
って、結局は塩味かよ!!


d0025570_16233559.jpg

【麻婆豆腐】

辛いものが食べたいというリクエストに応え、料理してみましたが、
辛いという反応を示したのは「辛芸」でお馴染みの「コバヤシ少年」のみだったのが残念でした。
「みたいなさん」が残したコメントがすべてを言い表しています。
「料理としては美味しいんだけどね~」


d0025570_1631429.jpg

【豚の角煮】

前日の夜から漬けこんだタレを絡めて焼いた、渾身の角煮です。
だってこのために「オイスターソース」を購入しましたのさ。
結果、やわらかチャーシューが焼酎と良く合いました。


d0025570_16432275.jpg

【焼きそば】

最後の締めは焼きそばでした。
酔っ払った「コバヤシ少年」に頑張って鍋を振ってもらいました。
もうこの時すでに、おっさんどものお腹は満たされまくってましたが、
どどめの意味で提供しました。


撮影した料理は以上ですが、参加メンバーを写した画像が何枚もあるので、
カオスな写真を厳選して掲載しますね。
ちなみに12時からスタートして、お開きタイムは20時過ぎでした。


d0025570_16574180.jpg

わっきー 「紅白見てあまちゃんの可愛さを知りました」
太っちょ 「加藤夏希のほうが1000倍可愛いよ」


d0025570_17217.jpg

スタート2時間で早くも寝てるコバヤシ少年

キョトン 「コバヤシさんが3次元の世界にいくとは・・・」


d0025570_1755175.jpg

みたいな 「田邉農園のワインをオレに開けさせるのか?」
わっきー 「オレ、ワイン開けた事ないんですよ!」


d0025570_1781574.jpg

衝撃の告白に、寝ていた少年も飛び起きました。

太っちょ・コバヤシ少年 「ウソでしょ!?」


d0025570_17153625.jpg

キョトン 「オレ、体の硬さに自信があるんですよ!」

d0025570_17143377.jpg

べーさん 「わたしも負けませんよ!」

d0025570_17155920.jpg

つっつん 「わたしも負けるのは大嫌いですから!」

d0025570_17201696.jpg

「どっちでもいいから! みたいな!!」


d0025570_17201662.jpg

締めの焼きそばをつくる少年。

コバヤシ少年 「あの~、ボクのことも構って欲しいんですけど」


d0025570_17212898.jpg

つっしー 「じゃあ、私がフライパンにそばを入れてあげますね」
コバヤシ少年 「あっ、少しだけ助かります」


d0025570_17232686.jpg

べーさん 「じゃあ、あたし味見係ぃ~」
コバヤシ少年 「そんな係はいらん!」


d0025570_17261760.jpg

メガネ 「じゃあ、オレは皿を用意する係ね」
コバヤシ少年 「ずいぶん楽な係ですね! あなたに向いてますよ!」


焼きそば完成!!

みなさんお味はどうですか!?


d0025570_1730386.jpg

キョトン 「美味い! 美味いよコバヤシさん!! コバヤシさんの味がするよ~!!」


d0025570_17302526.jpg

みたいな 「うん、割とイケる、みたいな!」


d0025570_17423318.jpg

べーさん 「おいすぃ~!! うれすぃ~!!」


d0025570_17314864.jpg

わっきー 「美味しいdeath!!」


コバヤシさん、大好評ですよ!!
頑張って作って良かったですね!!


d0025570_17371075.jpg

コバヤシ少年 「もう疲れたよ・・・なんだかとても眠いんだ・・・」


少年がお疲れのご様子なので、それがお開きの合図となりました。
8時間もよく食べて呑んだねぇ。
お疲れ様でした!!


d0025570_1741399.jpg

今年もよろしくお願いします!!






番外編・・・


d0025570_1746953.jpg

忘れ物がないようにね。

気を付けて帰ってね。

と、みなさんを送りだして、ホッと息をついた10分後。

メガネさんの携帯に着信がありました。


キョトン 「すいません、テーブルの下とかに、私の眼鏡が落ちてませんか?」

メガネ 「見当たらないよ。見つかったら連絡するよ」

キョトン 「あっ、私の鞄の中にありました! お疲れ様でぇす!!」


何だったんだろう。。。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-01-05 17:34 | gourmet

時すでにお寿司。

今年も年賀状が届く枚数がヨメと比べて圧倒的に少ないです。
昨年くれたあの人も、久しく届かないあの人からも、現時点で届きません。
何かあったのか心配なので、せめて年賀状をください。
フェイスブックでは元気そうですよね。

メガネさんのお父様の誕生日が毎年1月24日にやって来るのですが、
例年その頃に家族が集まって誕生会を催します。
でも、最近はお兄様が仙台に転勤してたり、
お兄様のお子様が高校受験だったり、
お兄様のうんぬんがかんぬんなどと理由をつけて、
皆が勢ぞろいすることがありませんでした。

でも今年は・・・


d0025570_13485125.jpg

お父様が喜寿を迎えると言う事で、
正月3が日に鮨屋を予約して、久しぶりに再会を果たした若林一家。


d0025570_13514430.jpg

海なし県・埼玉の鮨屋、しかも市場が休みのお正月。
絶好の悪条件ですが、頑張ってもてなしてくれた「やっこ寿司」に感謝です。
天ぷらが少し湿ってるのが気になりますが、
カラッと揚げない秘密の理由が何かあるのでしょう。


d0025570_13544971.jpg

もちろんお寿司は新鮮でないネタでも可能な握りを中心に、
彩りよくまとめてくれました。
真ん中にある赤い軍艦巻きは何でしょうか。
ウニでもなく、とびっ子でもなく、はてさて、その正体は「明太子」でした。
そして誰もが「しょっぱい」という味覚を刺激された結果、
大人は子供に「食べない方がいいよ」と教え、
大人は自己責任で「食べない方がいい」と判断しました。
これが「伝える」という本能なのですね。

でも、頻繁に出入りしてる常連客なので、
こちらの要望は快く聞いてくれるのが魅力です。

せっかく家族全員揃ったので、集合写真をお願いすると、
気持ちよく引き受けてくれました。


d0025570_14191088.jpg

あれ、ボケボケですね。。。

店内が少し暗かったので、ピントが合いにくかったのかもしれませんね。
左奥に突っ立ってるのがメガネさんの顔が特にブレブレなのはご愛敬です。
やっぱり鮨屋のバイトさんが写したのだから仕方ないですよ。

なので、自宅で三脚タイマーで撮った写真を入手したので、
記念に掲載しますね。


d0025570_14261733.jpg

メガネさんの顔だけ、ブレブレやないかい!!

ボクは本当に生きているのでしょうか!?
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-01-05 14:30 | gourmet

最高の晩餐。

ヨメが3月にフルマラソン(IN与論島)を走るので、
毎日練習に付き合わされて喜んで付き合ってます。
年末年始の休暇なのに、体中が筋肉痛な体力なし男。
体が疲れてるので、毎日22時には寝てる初老メガネ。
やばい、健康になってしまう!!

そして今日も・・・


d0025570_1839452.jpg

元日早々、塀の上で寝てるノラ猫に話しかけながら10KMほど走った暇メガネ。
11月中旬の気温なのに防寒対策は完璧なので、汗ダクのキモ顔を世間にさらすザーニー市民。
初詣に行こうかなぁ。
でも、ザーニーにある神社ってちょっとショボイんだよねぇ。。。
と、新年早々神を冒涜する後厄メガネ。
何様のつもり? という声には耳なし芳一のモノマネで返しつつ、向かった先は・・・


d0025570_18502268.jpg

おしゃれタウン・原宿にある東郷神社でした。
日本海軍の将として日清・日露戦争で活躍した東郷平八郎を祀った神社として有名ですよね。


d0025570_1854943.jpg

嫁の実家の通り道にあるので、何回か参拝してるメガネ夫婦。
今年もお賽銭の5円玉投げて、7億円の宝くじが当たるように祈ってきました。

やっぱり初詣の恒例行事といえば「おみくじ」です。
ここはおみくじ代が200円もする強気の神社ですが、
運試しの為に背に腹は替えられません。
ヨメと二人でおみくじを引いた結果・・・


d0025570_192066.jpg

まさかの同じ「十八番みくじ」。

てことは、予想通りの同じ「末吉」。

つまり、文面もまったく同じってことで、半端ないガッカリ感が漂う結果となりました。。。

つか、これが「大吉」だったらまだしも「末吉」という中途半端な引きに、
今年の運勢が案じられたと思います。

ちなみに、ヨメもメガネと同様に「後厄」でございます。


気を取り直して、ヨメの実家に新年のご挨拶に伺ったのですが、
そこでの料理が凄く豪華だったので、書きとめておきます。
たぶん今年一番の贅沢を、はやくも新年一日目にして達成するとは。


d0025570_19102244.jpg

「百合根と海老入りの自家製茶碗蒸し」です。
出汁が利いたメガネ好みの一品でした。

奥に見えるのが「数々の煮物」です。
シイタケ以外はすべて美味しくいただきました。

ここから怒涛の青森産の魚介類攻撃がはじまります。


d0025570_19135131.jpg

年末に義理父が青森の漁港で買ってきた、さっきまで生きてたホタテです。
もちろんホタテの貝ヒモ付き。
それをホタテ専用の醤油にワサビでいただく優れもの。


d0025570_1919333.jpg

続いて、年末に義理父が青森の漁港で買ってきた、さっきまで生きてたアワビです。
潮の香りが漂うコリコリ具合がたまりません。
もちろん「酔鯨(純米大吟醸)」とよくあいました。


d0025570_1923388.jpg

貝類の次は、甲殻類の出番です。
青森で獲れる何とかカニがスタんばっていますよ。

でもその前に・・・


d0025570_19255194.jpg

青森産の牛肉で「すき焼き」にしちゃうもんね~。
カニを食す前に牛肉を挟むという傍若無人っぷりに、メガネの口からよだれが止まりません。
ドンドンいっちゃってください!!


d0025570_19301646.jpg

欲望のままに牛肉を貪ったメガネども。
美味しくいただいた先に待っていたのは、先ほどのカニたちでした。
しかも脆弱なメガネに気を使って、食べやすく剥いてくれた原宿の美魔女に感謝カンゲキ雨嵐です。
相葉くんの活ぜつの悪さを真似して「Smile Again I'm Smiling Again♪」と踊り狂う元日の夜。


嗚呼、もうお腹がいっぱいで食べられないよ。。。

と言ったのも束の間、
別腹タイムの始まりです。


d0025570_19363862.jpg

こんな状態でも「おしるこ」の魅力に逆らえる日本人がいるのでしょうか?
いや、いないね(反語を使ってみた)。
あんことお餅が作り出す美しいハーモニーは、
昨日見た紅白歌合戦の「松田聖子とクリスハート」の歌を髣髴させました。


d0025570_1942382.jpg

エクトプラズムのように満足感を発する人間どもに、
恨めしい目つきで凝視するツミレさん(♀)。

でもね、あなたのご飯はあそこにあるでしょ。


d0025570_19454042.jpg

いつもの場所で、いつもの味のカリカリを食べるツミレさんでした。
ごめんなさいね。


d0025570_19565644.jpg

おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。

今年もお世話になります。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-01-03 19:47 | gourmet

去年の私は リメンバー。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末から出来た口内炎が口の中で暴れております。
ベロの下、右奥歯と左奥歯の歯ぐき、合計3か所に拠点を構えられ、
隙あらば効果的な攻撃を仕掛けてきます。
こちらの防御策は、ただひたすら耐えるのみ。
みなさま年末年始をいかがお過ごしですか?

メガネさんは9連休ですが、あまりにも暇なので、
昨日の「紅白歌合戦」を勝手に採点したいと思います(上から目線の寸評つき)。
昨年の事なので、あまり記憶がないのですが。

【採点方法】
10点:涙が溢れて止まらないの
9点:さすがプロ、感動した!
8点:とても良かった!
7点:普通
6点:イマイチだね~
5点:もう出てくんなレベル

普通に書き綴っても色気がないので、
大晦日の献立を合間に挟んでいきますね。

では始まり始まり~。


d0025570_12614100.jpg

                     【ゴマ油焼き餅+豚キムチ炒め】


1.浜崎あゆみ 「INSPIRE 」(6点)
   マッチョなダンサーをはべらす金満夫人。声枯れ過ぎ。

2.Sexy Zone 「Sexy平和Zone組曲」(5点)
   子供の学芸会。世間の認知度が低いのにメドレーを唄う厚顔無恥。

3.NMB48 「カモネギックス」(7点)
   集団芸。普通なら6点だが、次の細川たかしのバックダンサーとしての働きで+1ポイント。

4.細川たかし 「浪花節だよ人生は 2013」(6点)
   近年6年間で4回目の同曲。さすがに芸がなさすぎだし工夫も無い。

5.徳永英明 「夢を信じて 」(7点)
   カバー曲の帝王が自分の持ち歌で参加。さすがに安定感があるが、面白みは無い。

6.香西かおり 「酒のやど」(7点)
   地味な存在だが、バックダンサーにももクロが参加して華を添えたので+1ポイント。

7.郷ひろみ 「Bang Bang」(7点)
   POPな歌詞と、スローな曲調が合ってない。バレエダンサーの動きに+1ポイント加点。

8.E-girls 「E-girls 紅白スペシャルメドレー2013」(8点)
   初出場なので尺が短かったのが残念。もう少し見たかった感がある。

9.三代目 J Soul Brothers 「冬物語」(7点)
   ELILEとの違いがよく分からないし、なんか気持ち悪い。

10.伍代夏子 「金木犀」(7点)
    前々回も歌った同曲。その時との違いはバックでAKBが躍ったこと。


d0025570_12857.jpg

                        【国産牛肉じゃが】


ここで「あまちゃん」メンバーの小芝居あり
荒川良々の木訥な演技は尺を気にする生放送には向かないと思う。
参加した役者「じぇじぇじぇ」連発。


11.AAA 「恋音と雨空」(7点)
    紅組として初ステージらしいが、女装が似合うのがウリの男のメンバーが立場を分かって無い。

12.福田こうへい 「南部蝉しぐれ」(7点)
    お国訛りキャラは新沼謙治とかぶる。

13.藤あや子 「紅い糸」(8点)
    同郷・秋田出身の壇蜜さんの舞踊が華を添えた。壇蜜さんの芸達者ぶりに+1ポイント。

14.サカナクション 「ミュージック」(8点)
    ボーカル緊張しすぎ。光のイリュージョン演出が良かった。

15.miwa 「ヒカリへ」(8点)
    屈託のない笑顔がカワイイ。美輪明宏からのエールを無視した紅組司会の綾瀬はるかもカワイイ。

16.ポルノグラフィティ 「青春花道」(6点)
    いい年したベテランが「青春ソング」を唄うことに辟易。
    パフォーマンスも毎年単調なのでもうそろそろ・・・。


d0025570_1224198.jpg

                        【陳麻婆豆腐】


ここで舞台裏からの中継で、くまモンとふなっしーが登場。
ふなっしーのいつも以上のハイテンションが生放送のNHK向きでないことが発覚。


17.天童よしみ 「ふるさと銀河」(7点)
    いつの間にか大御所感が出てきた。でもイロモノ感も抜けない。

18.Linked Horizon 「紅蓮の弓矢 [紅白スペシャルVer.] 」(6点)
    「進撃の巨人」とのコラボで今年の目玉の一つだったが、ボーカルの声量の無さが全てをぶち壊した。

19.水樹奈々+T.M.Revolution 「-革命2013- 紅白スペシャルコラボレーション」(8点)
    先述のボーカルと比べて一目瞭然の迫力に脱帽。ツインボーカルの魅力を思う存分に発揮した。

20.SKE48 「賛成カワイイ!」(7点)
    集団芸第2組。元気なアイドルソング。眼鏡ちゃんが気になった。

21.森進一 「襟裳岬」(7点)
    顔の皺はケアが出来るが、声の老いは誤魔化せない。

22.坂本冬美 「男の火祭り」(6点)
    大漁旗を振るTOKIO。大太鼓を叩く関ジャニメンバー。太鼓の達人ゲームを思い出した。

23.コブクロ 「今、咲き誇る花たちよ 」(7点)
    ソチ五輪のNHKテーマソング。お得意の「あざとい」歌詞がさく裂。


d0025570_14471478.jpg

                    【牛蒡と蓮根と人参の冬野菜きんぴら】


ここで前半戦終了。

特別企画として綾瀬はるかが会津若松に避難を続ける大熊中学校の生徒へのインタビュー映像。
それを見た綾瀬はるかが何故か号泣。
それを受けてメガネさんももちろん号泣。


d0025570_1244843.jpg


綾瀬はるか他 「花は咲く」(10点)

唄う前の綾瀬はるかのコメントが感極まって時間が押してしまい、鉄拳のネタが飛んでしまう事態に。
それを受けたニュースの武田アナ苦笑い。


d0025570_953812.jpg

                         【ポテトグラタン】


ニュース明け、後半戦スタート!!


24.EXILE 「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」(8点)
    白組の集団芸。引退するリーダーが二人のボーカルを差し置いて、
    センターに陣取り渾身のパフォーマンス。

25.ももいろクローバーZ 「ももいろ紅白2013だZ!!」(8点)
    新曲と過去の名曲「走れ!」の2曲だが、後者だけで良かった。絡んでくれたマー君の頑張りに+1ポイント。

26.ゴールデンボンバー 「女々しくて」(7点)
    まさかの2年連続出場。体操パフォーマンスが替え玉だったという残念なオチに-1ポイント。

27.aiko 「Loveletter」(7点)
    ジーパンじゃないのが新鮮。

28.氷川きよし 「満天の瞳」(9点)
    歌、歌唱力ともに絶品。会場全体を満天の星にした演出に+1ポイント。

29.西野カナ 「さよなら」(7点)
    痩せたなぁ。「私が証明です」とCMで言ってるクリスタルジェミーの社長に似てるなぁ。

30.TOKIO 「AMBITIOUS JAPAN!」(8点)
    バックに流れる過去20年の映像がみんな若い中、太一くんだけ殆ど変わらない。

31.和田アキ子 「今でもあなた」(7点)
    楽天優勝の映像を流す意味がわからない。


d0025570_9524663.jpg

                        【黒瀬ぶりの刺身】


特別企画「あまちゃんコーナー」(10点)

天野アキ、GMT、アメ横女学園芸能コース、ベイビーレイズ 「暦の上ではディセンバー」
潮騒のメモリーズ(天野アキ、足立ユイ) 天野春子、鈴鹿ひろ美 「潮騒のメモリー」
あまちゃん出演者 「地元に帰ろう」

15分にわたる特別コーナー。
年末にたまたま「あまちゃん総集編」を見てたので、流れがつかめて良かった。

ユイがトンネルを越えてアキと唄う。
春子が自分の名前で「潮騒のメモリー」を唄う。
そして鈴鹿さんもそれに続く。
そうか、総集編の放送はこの15分間のための壮大な前フリだったのだ。
あまちゃんスペシャルビッグバンドの演奏にも感動。
すでにオープニングのイントロだけで涙腺が緩むようになってしまった。
どうやら遅れてきた「あまロス」現象にかかってしまったようだ。
号泣しすぎて嫁が引いている。。。


d0025570_1275316.jpg



32.DREAMS COME TRUE 「さぁ鐘を鳴らせ」(9点)
    陸前高田からの生中継。吉田美和お得意の紅白アレンジがさく裂して+1ポイント。

33.関ジャニ∞ 「紅白2度目!  呼ばれて飛び出てじぇじぇじぇじぇ!!」(7点)
    歌下手だなぁ。ノリとイキオイだけのお祭りを超えたヤケクソ。

34.きゃりーぱみゅぱみゅ 「紅白2013きゃりーぱみゅぱみゅメドレー」(8点)
    口パクでもいいじゃん。肩車してた黒人の股間にくぎ付け。

35.五木ひろし 「博多ア・ラ・モード」(8点)
    スナックで唄うと盛り上がる歌。バックのAKBたちが安いホステスみたいで+1ポイント。

36.Perfume 「Magic of Love」(9点)
    口パクでもいいじゃん。ダンスのキレと最先端の技術の衣装で+1ポイント。

37.ゆず 「雨のち晴レルヤ」(8点)
    「ごちそうさん」は見てないけど、美味しそうに食べる杏と、嬉しそうに唄うゆずが被った。

38.水森かおり 「伊勢めぐり」(6点)
    小林幸子無き今、いつの間にか巨大衣装担当の座を奪ったが、おばさん顔のイロモノ感が凄まじい。


特別企画「歌がここにある ~ニッポンの嵐「ふるさと」〜」

嵐のメンバーが何故か沖縄・南大東島の小学生を訪ね、ふるさとの思いを語らせる企画。
感動の押し売り感が半端ない。つか、中途半端な企画をこのタイミングでぶっ込んできたのが逆に凄い。

嵐 「ふるさと」(6点)


39.石川さゆり 「津軽海峡・冬景色」(9点)
    いかなる時も全力で感動を与える歌を唄える本当のプロフェッショナルだ。

40.美輪明宏 「ふるさとの空の下に」(6点)
    昨年の衝撃から1年、何故また出てきたのか。

41.AKB48 「紅白2013SP~AKB48フェスティバル!~」(9点)
    「恋するフォーチュンクッキー」からの「ヘビロテ」。
    大島優子卒業を意識した選曲に苦笑しつつも、大型集団芸の魅力を存分に発揮。

42.福山雅治 「2013スペシャルメドレー」(6点)
    横浜アリーナからの中継。台湾のテレビとの絡み。寒すぎる。

43.泉谷しげる 「春夏秋冬2014」(7点)
    何を怒ってるのか理解不能だが、キャラを保ち続ける真面目な姿勢に+1ポイント。

44.いきものがかり 「笑顔」(7点)
    「笑顔」「ハッピー」「ありがとう」など、恥ずかしキーワードを普通に唄えるのが凄い。

45.嵐 「New Year's Eve Medley 2013」(8点)
    曲に恵まれてるなぁ。こんなにキャッチーでPOPな歌を作る外人が優秀なんだな。
    それを表現する5人に+1ポイント。

46.松田聖子+クリス・ハート 「New Year's Eve Special Love Song Medley 2013」(8点)
    米国進出に失敗した日本人と、日本語の歌が得意な黒人が奇跡のコラボ。
    美しいハモリに+1ポイント。

47.高橋真梨子 「for you・・・」(7点)
    年齢を重ねるほど出てくる味ととるか、年齢からくる声量の衰えととるか。
    いずれにしろ「貴方が欲しい」と絶叫する年齢ではない。

48.SMAP 「Joymap!!」(7点)
    今年ほど目立たない紅白の扱いはなかった。バックダンサーのキレのいい動きに+1ポイント。

49.北島三郎 「まつり」(7点)
    村田英雄、三波春夫、藤山一郎など、昭和の大御所がいなくなり平成の大物として君臨してきたが、
    衰えは隠せない。餞別として+1ポイント。


対戦結果・・・白組の優勝(2年連続35回目)


【メガネ総評】

「あまちゃん」に救われましたね。
今回は「あまちゃん紅白」といってもいいでしょう。
紅組司会の綾瀬はるかにはドキドキハラハラしましたが、
一生懸命さが伝わって良かったです。
(女優の仲間由紀恵さんのときは、旨いけど面白みがなかった)

全体的にはグダグダでした。
嵐の相葉メンバーの活ぜつの悪さが気になりました。
台湾のテレビの女性司会者が、福山雅治に「電話番号教えて」と叫んだのもヤバかったです。
基本的にライブ会場からの中継は、紅白の会場もお茶の間もしらけるので無しにして欲しいですね。
初出場組もフレッシュ感がなく、ベテラン組もマンネリ感が大きく、
本当に凄いと感じた歌手は一握りくらいでした。

メガネ採点からも分かる通り、私的には紅組のほうが優勢だったと思います。
嫁の家族もそう言ってました。
これはひとえに嵐票が白組に流れたと思われます。
嫁の家族もそう言ってました(2回目)。
つか、ジャニーズが白組の司会をするようになって、ジャニ票の流れは顕著です。
拮抗していた対戦成績が離れてきたのも、そろそろ気になります。
(白組の35勝29敗)
どうでもいい話ですが。


d0025570_11145261.jpg

泣き疲れ、目を腫らしてカウントダウンをするメガネさん。
年またぎは、毎年テレビ東京の「ジルベスターコンサート」です。
今年も強引に間に合わせましたね。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-01-01 12:50 | NHK

復活前夜。

昨年の8月に購入したので、スマートフォン歴1年3か月ちょい。
ネット検索や、カメラ機能しか使用していない、
「ニャーに小判」「ブーに真珠」「のび太にドラえもん」に匹敵する、
「メガネにスマホ」という残念な組み合わせの代表的慣用句。

「LINE」とか「パズドラ」とか、何それ? 美味しいの?感覚の41歳間近の厄年にとって、
移動中の暇つぶし手段以外の何物でもありません。
まさに高価なオモチャを使いこなせないロクデナシ。

そんなベストパートナーになり切れないメガネとスマホですが、
先日、液晶画面が真っ暗になってしまいました。
突然、テレビの砂嵐のようなものが画面の上から徐々に浸食してきて、
シャッターを降ろすように真下までたどり着いた瞬間、一面真っ黒になりました。
(その間10秒)

一瞬の出来事に驚きつつも、冷静と情熱の間を見失わないメガネさん。
電源を入れ直し、電源をもう一度入れ直し、電源を3回も入れ直しましたが、
やっぱり画面は黒いままです。

ただ、電源のONとOFFが入った感触があるので、液晶画面が壊れたのだろうと推測されます。

そのことを踏まえ、本日NTTドコモショップに出向いてみました。


受付の男性に症状を説明すると、故障・修理の担当まで案内されました。
担当者曰く、

①本体修理を依頼すれば無料だけども、返却まで2週間かかるとの事。
②本体を交換扱いにすれば、翌日に新品が届くけれど5,250円(税込)かかるとの事。

それぞれメリットとデメリットがある究極の選択です。


さぁ、メガネさんはどっち!?


高価な大人のオモチャが大好きなメガネさんは、
もちろん有償での新品を選択しましたよ。

だって、もうすぐボーナスが入るしね!

ちなみに「カレー味のうんこ」と「うんこ味のカレー」を選ぶなら、不浄の左手でカレーを食べるメガネです。

ちなみに、今回の料金は5,250円(税込)だけど、
また不具合が生じて交換するなら8,400円(税込)かかるからね♪
と、担当者さんが言ってました。

おやおや?

買って1年ちょいで原因不明のまま液晶画面が壊れたのに、
てことは、また同じ故障がするおそれも否定できないというのに、
またお金のかかるリスクを説明されてしましいました。

そして担当者曰く

「壊れるか否かは、お客様のですね!」


41歳間近の本厄メガネにとって「運」を問うのは愚の骨頂。

煌びやかな世間の喧騒と反比例して、メガネメンタル降下中のこの季節、

寒風荒ぶ池袋の街を「TAKE CARE OF メガネ」と復唱し、

明日のスマホ復活をお金で買ったメガネでした。


ラッキィ池田さんにあやかって、ゾウさんのじょうろを頭上に乗せて踊ろうかしら。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2013-12-09 19:04

ご都合主義、5月もかく語りき。(2013)

いまさらですが、5月に読んだ本を書き留めます。
もちろん、当サイトはネタバレ必須ですので。


d0025570_21192575.jpg

【嫌な女@桂望実】

魔性の魅力で男を惹きつけ金をせしめる、天性の女詐欺師・夏子。
その遠縁で夏子の起こした問題の尻ぬぐいに奔走する、敏腕女性弁護士・徹子の人生を描く物語。
手を替え品を替え様々な手口で男を騙す夏子は、あくまで金のために動いているが、
被害者は夏子の意図しないところで実は夏子に救われていたという事実を、
徹子との対話の中で被害者自身が知るという構成が巧い。
「腹が立ったのは、どんな時でしたか?」「おやっと思ったのは、どんな時でしたか?」
「人生で楽しかったランキング」「もし宝くじで100万円当たったら」という夏子の問いに自分なりに考えてみたが、
楽しかった思い出がないし、100万円で夢を語るほど若くもない。

おっさんに夢を見させる天才=女からみれば「嫌な女」ということか。


**********************************


d0025570_11485553.jpg

【ゆれる@西川美和】

「告白」形式の構成。
実直な兄、奔放な弟、責めてはいけない人を責めてしまう父、ヤンキーあがりの洋平、女・智恵子。
それぞれの正義や信念が勝手に突っ走り、すれ違う物語。
家族でも合い入れない部分はある。
第三者から見たら何でもないような小さなことまでが、積もり積もって大きな岩となる。
その微かな心の変化が丁寧に書かれてる秀作。
兄弟という同じ血が流れている関係は、時に厄介なものであるが、
自分の兄との関係を考えたとき、そこまで積もる関係ではないと気づかされた。


**********************************


5月は以上2冊です。

ルンバになって、主婦のパンチラを覗きたいです。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2013-09-07 02:18 | BOOK