男ならたってゆけ~ 女はただ寝て待て~♪

先日、毎年恒例の健康診断を受けましたが、
年々バリウムの味のレベルが高くなってる気がしますね。
濃厚なコクと甘みが喉ごし柔らかく、空腹の胃を優しく包んでくれます。

ただし、そのあと先生のマイク越しの指示のもと、
X線検査の台の上でゴロゴロ体勢を変えるのですが、
無茶な動きを要求するレベルも高くなってる気がします。
逆さのまま右斜め下60度の傾斜を手すりにつかまって耐えるなんて、
気を許したら頭から落ちて、若ちゃん脳みそパッカーンですぞ。
d0025570_739040.jpg


で・・・先日、健康診断の結果が出ました。

懸案だった尿酸値は昨年から下がり(9.7→7.3)
何と昨対比2.4ポイントの改善!(改善率は25%!!)
痛風予備軍として日々恐れていた不発弾は、少しだけ除去されたようです。

ただし! 一難去ってまた一難!!
次なる新たな攻撃が仕掛けられてきました。

その名も・・・高血圧。。。

上が150 下が97という異常値を叩きだした中年メガネ。
高血圧を放っておくと、動脈硬化を起こして脳卒中や心臓病などの病気を引き起こす厄介さん。
自己責任の旗のもと、個人的自衛権を尊重するメガネさんにとって、病院にすがるのは愚の骨頂。
自衛策として新玉ねぎを食して血をサラサラにし、
暇さえあれば顎のリンパマッサージをしてる今日この頃、皆さんいかがお過ごし?


ところで・・・


今回の健康診断のオプションとして血液型検査があったので、
ものは試しと軽い気持ちで受けてみました。

自他ともに認めるAB型のメガネさん。
ともすれば希少種のRHマイナスかもという期待をもって。
もしそうだとしたら輸血の時に大騒ぎしちゃう自分を妄想したりして、
いつだって可哀想な自分を演じるのが大好きな、面倒臭い42歳のロクデナシ。

そしてついに・・・


d0025570_8372299.jpg

検査の結果がメガネさん宅に郵送されてきました。
幸薄の享受という淡い期待と不安が入り混じる、何とも言えない緊張感があります。


d0025570_8392756.jpg

そして封を開け、診断結果を目の当たりにしたメガネさんの表情は・・・


d0025570_851910.jpg


何故か苦悶の表情・・・

これはもしかして・・・

もしや・・・

まさかの・・・

よりによって・・・


d0025570_975753.jpg

B型キターーーー!!



今日まで信じてきた42年間は何だったのか。

他人にもAB型っぽいと言われてた評価は何だったのか。

2面性があると言われ続け、

自分でもONとOFFのギャップが激しいと認識し、

それはすべてAB型がもつ特性だと思ってましたが、

まさかの・・・

だぁ~い、
どん・でん・返し!!


d0025570_1012831.jpg


ひどいな~。

へこむな~。

高校の授業で検査したときの反応は何だったんだよ。

親からは「あんたはA型」と言われてたから、覆ったと思ったのに。

AでもABでもないじゃないか!

Bですよ、B!!

まさに、あん!ぽん!たん! ですよ。


d0025570_9404792.jpg

昔こんな本が流行ったじゃないですか。

●つかみどころがない。
●情や感覚で大事なことを決めたりしない。
●「ど根性」という言葉が大嫌い。
●爆笑しているときはたいていウソ。

合理主義で皮肉屋で、クールな印象を持たれて敬遠されがちのAB型人間という言葉に、
大きく頷いていた自分は何だったのか。

d0025570_9351723.jpg


開いた口が塞がりません。

呆然ですよ。

自失ですよ。

二重人格の精神異常者で、常に情緒不安定というキャラは何だったのか。

d0025570_9244128.jpg


思わずソファに倒れこむB型メガネ。

人生の折り返し地点で崩れ去った性格の根拠。

今後の自分のあり方を、もう一度見直さなくてはいけません。

疲労困憊。

意識朦朧。


パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ。なんだか、とても眠いんだ。

d0025570_9472546.png


あ~あ、「早くネロ」ってことですね。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2015-06-07 09:27 | culture

全日本でもコンビ をくもう。

風の強さが気になります。

天気予報で注意しているのは、
気温でも降水確率でもなく、風の強さです。
風速3以上の風に当たると体の調子が悪くなります。

温室栽培のぬくぬく生まれ。
彩の国のビニールハウスで育ったメガネさんは、
キュウリのように細く、トマトのように腐りやすく、夏野菜の負の部分をDNAに持ち、
そう、まるで1袋28円のもやしが服を着て歩いてるような、典型的な「もやし野郎」なのであります。

そんな脆弱の極みを体現する猫背メガネですが、今年も黄金週間を迎えてしまいました。
5/2~5/6まで、ゴールデンな5連休をお国から与えられたのです。
お国の言うことはとにかく絶対なので、一生懸命に満喫しなくてはいけません。
日々の暮らしでできた眉間の深い皺をいかにほぐすか、眉間に皺を浮かべながら熟考してみました。
何もアイデアが浮かばないダメ人間をみかねてヨメが提案したのが・・・

「三崎のマグロが喰べたい!!」

海なし県、彩の国で育ったメガネさんにとって、海はコンプレックスの象徴です。
お父様が鼻歌で歌う「憧れのハワイ航路」で産湯をつかり、「のび太の海底奇岩城」に感涙する一方で、
カラオケでは誰かのサザンのモノマネを嫌悪し、海の家のヤングなノリについていけない自分がいます。

ですが、

ですが(2回目)、

池袋東武のデパ地下でしか知らない三崎のマグロを食したいという欲求がもう抑えられません!!


d0025570_757521.jpg

気が付けば、朝9時過ぎには三崎港近くの食堂の前にいました。

ザーニーから電車とバスを乗り継いで3時間。
お店の開店は11時。
疲労と空腹がメガネを襲います。


d0025570_822994.jpg

あぁ、日の当たるところでネコと一緒に寝てしまいたい。
ねむねむ。。。
睡魔と闘うネコとメガネ。

ポカポカ陽気の港町。
お天気お姉さんの言う通り「絶好の行楽日和」となりました。
開店するまで時間があるので、少し街をぷらぷらしてみましょう。


d0025570_811339.jpg

マグロで有名な港町ですが、マグロ以外にもたくさんあります。
歩いていると醤油と味醂のにおいがプンプンします。
何故なら、店の前で干物を作ってるから。


d0025570_8134052.jpg

小さい魚が群れをなして、大きな魚に魅せる集団芸。
そんな小魚を干して喰らう旨みのある一品です。


d0025570_8423483.jpg

日本人が年間食す魚介類第一位のイカです。
新鮮なのは透明。家庭に並ぶときは白。敵がくると墨を吐く。
青空との対比が見事な一枚です。


d0025570_8452680.jpg

そしてやっぱりマグロです。
血合いと赤身を味醂干しします。
中トロと大トロは、もったいないのでお刺身で。

そう、ここはマグロの町。
マグロを前面に押したマグロタウン。


d0025570_8482079.jpg

三浦半島の最果てでマグロを叫び、


d0025570_8503662.jpg

ウクレレ片手にマグロを唄い、


d0025570_8562120.jpg

鯉のぼりには目もくれず・・・


d0025570_85402.jpg

マグロを求めて列をなす。

まぐろ

マグロ

MAGURO

わい 鮪 食べ たい。。。

もうそろそろ11時ですよ!!


d0025570_8595345.jpg

店の前にある予約の紙に名前を書いて、順番に待つ方式なので、
自分の名前が呼ばれるのを待つ腹ペコ暇虫。
割と狭い食堂なので、一巡目で入店できるかが勝負の分かれ目です。
すでに9時過ぎに名前を書いていた用意周到メガネですが、

それでも順番は7番目。

ラッキィ7となるか、7つの大罪となるのかは、メガネさんの運しだい。
そしてその結果は・・・


d0025570_991925.jpg

見事、ギリギリ7番目で入店です!!
海で死んだ7人の幽霊、七人ミサキの一人となって召喚されました。

では、早速レポートしてみましょう。


d0025570_23164110.jpg

「三崎まるいち食堂」

京急・三崎口駅からバスで30分。
三崎港で下車して徒歩2分。
元々は魚屋。現在は隣に食堂を併設してる、新鮮な魚が食べられる人気店です。


d0025570_23204087.jpg

黄金週間で漁港は休みですが、マグロを謳う専門店だけあって鮮魚が豊富。
地元で捕獲された魚を隣の魚屋で捌いて、調理してくれます。


d0025570_23295738.jpg

刺身定食など、地魚を使ったメニューが豊富ですが、
せっかく遠方からやってきたので、刺身盛り合わせで魚を堪能したいと思います。


d0025570_234140100.jpg

あれやこれや注文し、まずはビールで喉を潤すアル中崩れ。
先に入店した順に料理が出てくる方式なので、ここから30分待つことになります。

空腹のビールなので、胃が冷たくなりました。

お腹が空いているので、酔いが回ってきました。

朝5時に目が覚めたので、眠くなってきました。

睡魔に負けぬように、眉間の皺が刻み始めたとき、
先ほど頼んだ料理がいよいよ食卓に並べられました。


d0025570_23331178.jpg

お皿いっぱいに彩られた盛り合わせ(3,000円)です。
マグロの赤身、中トロ、大トロが厚めに切られ、
イカ、白身の魚(名前は忘れた)が華を添えます。

隣の魚屋で捌かれたばかりの肉厚よろしいお刺身は、
口に入れた瞬間にトロけるのではなく、ぷりぷりな食感とともに御飯が欲しくなる、
かつて経験したことがない一品でありました。

そしてもちろん・・・


d0025570_23522455.jpg

ベリッシモ!!!

今年初の美味しさの最上級が出ました。
黄金週間の途中なのに、この鮮度。
これが人気店の本気なのか。
それとも三崎では至極当たり前のことなのか。


d0025570_23555967.jpg

白い飯がススムくん。
あら汁も美味し。
漁港飯とはこんなにも贅沢なものなのですね。
海コンプレックスが薄まりつつ、海への憧れが高まるメガネ。

さらに調子に乗って・・・


d0025570_2359732.jpg

サバ塩焼きを注文してしまったグルメ気取り。
ビールの後にいつのまにか頼んでいた日本酒がよく合います。
ワカコ酒よろしく「プシュー!」を連発する擬音メガネ。
己のボキャブラリーの貧しさをカタカナで補うロクデナシ。


d0025570_024146.jpg

唯一の救いは、この企画を提案した本人も「美味し」を連呼してたこと。
通常よりも2倍に大きくなった目で、その喜びを訴えてきました。

さらに・・・


d0025570_06068.jpg

このお店は2階建てなのですが、
つか、民家の客間を食堂にした感じなのですが、


d0025570_083681.jpg

何故か、外に掲げられた表札があり、
その主の名前は「石井慎二」とあります。


d0025570_0155888.jpg

実は「ぶらんこ乗り」や「トリツカレ男」の小説で有名な、
作家のいしいしんじ氏がかつて近所に住んでいたときに頻繁に訪れていたらしく、
「いしいしんじのごはん日記2 三崎日和」では文中はもちろん、写真付きで紹介する程の入れ込みよう。

何気なく食堂のおばちゃんに話しかけてみました。

「いしいしんじ氏に会ったことありますか?」
<もちろん何回もあるわよ>

「どんな感じの方なんですか? 無口とか気難しいとか」
<全然! むしろ気軽に話してくれる人よ>

「そうなんだぁ、いいね~」
<今日もこの後、来るわよ>

「えっ、ほんとに!!!(驚愕)」
<そうよ、朝電話があって、13時くらいに行くわぁって>

「マジすか!?(再驚愕)」
<もしよかったら紹介してあげるわよ>

「ま、ま、マジすか!?(3回目)」


てな訳で、1時間後・・・


d0025570_0303428.jpg

お祖母ちゃんから「人の好意は甘えなさい」と教えられた次男坊。
ずうずうしくも接触を図った蜜の味以上の甘えんぼ。
完全にプライベートにもかかわらず、フランクに対応してくださった大先生。
関西弁特有の独特のアクを醸しつつ、丁寧に(?)サインを書いてくださいました。


d0025570_0395160.jpg

右ページが、大先生の息子が書いてくださったサイン。
大物の気配が漂うスケールの大きな書体です。
左ページが、本物の大先生が書いてくださったサイン。
黒サインペンの上部を持った不安定な状態で、ゆる~いサインを頂戴しました。

さらに・・・


d0025570_043265.jpg

少しだけ気が緩んだのか、
ヘタウマな絵を2点書いてくださいました。
大変ありがたいことです。

貴重な時間をとっていただいてありがとうございました。
と、謝辞を申し伝えると、

「はよ帰れ!」とまさかのツンデレな一言が。。。

面喰っていると「夕方になるとバスが混むから早く帰ったほうがいい」との意でした。
なるほど、さすが元・近所で暮らしていた方の貴重なアドバイスですね。
黄金週間は特に気を付けたほうがいいですもんね。


d0025570_0501333.jpg

そんな大先生の教えを受け流し、
城ケ島に渡って雄大なリアス式海岸に感動した結果、
「日本昔ばなし」の龍に跨る小僧を気取って遊んでいたメガネさんでした。

ぼうや~ よいこだ 金だしな~♪
[PR]

# by wakachannel471225 | 2015-05-05 01:20

美味しいは正義。

「誕生日は美味しい肉を喰いたい」

そんなヨメのリクエストに応えるため、ヤフーでググってみた週末の朝。
検索キーワードは「肉 東京 美味しい」。
そんな抽象的すぎる3つの単語を頼りにサーフィンすること3時間。
細い細い縦と横の糸を手繰り寄せて掴んだ店が・・・


d0025570_8351561.jpg

湯島にあるイタリアンレストラン「カルネリーナ」

しかも店のキャッチフレーズに「炭火焼き”肉”押しイタリアン」と付いている、即戦力の本格派。
隠れ家的な雰囲気もあって期待が熱々に高まります。


予約席に案内されて、まずは口濡らしにスパークリングワインをオーダー。
すると、ワインに詳しい店員さんが一言
「口開けの残り少ないシャンパンがあるので、お安くご提供できますが」
と提案してくれたので、迷うことなく即決!!

シュワシュワ感満載の麗しい良質品に、万全の喉ごしウォーミングアップ完了です。

では「Buon appetito! (ブオナペティート!)」


d0025570_8504589.jpg

まずはお通し的な一品から(「コペルト」というらしい)。
「牛タンと牛ホホ肉のコンソメ味ジュレ」と説明されたような。

刻んだ肉も味付けも美味し。
お通しのレベル高っ!
これだけでシャンパンを呑み干す最高の酒のつまみ。

早くも白ワインをボトルでオーダーしてしまいました。

先ほどのワインに詳しい店員さんから今日のおススメを色々聞いて、
散々吟味した結果、アラカルトで頼んだ最初の一品は・・・


d0025570_92725.jpg

今が旬の「ブリのカルパッチョ」

肉を食べに来たのに、まさかの魚から入る衝撃チョイス。
旬という響きに心躍らせて思わずオーダー。
そしてそのお味は、旬魚と蕪にオリジナルのソースが絡んだ納得の一品でした。

魚が美味けりゃ肉も美味い。
勝手な勝利の方程式を組み立てながら、次の料理を待ちます。


d0025570_9155789.jpg

「冷たいお肉の前菜盛り合わせ」

前菜の種類が豊富なので、一つに絞れないロクデナシどもが盛り合わせに走るのは当然の流れ。
ワンプレートに溢れんばかりの前菜がモリモリに盛られてます。

14ヶ月熟成させたパルマ産の生ハム、濃厚甲州ワインビーフのレバーペースト(バケット付)、
イタリア産生ハムサラミ、オリーブ牛のタルタル仕立て(温泉卵添え)などなど、
見た目も内容も豪華な前菜が盛りだくさんでした。

そんな派手なラインナップの中でも秀逸だったのが「フォアグラのフラン」です。

d0025570_10333424.png


濃厚なフォアグラが甘く口の中でとろけるファンタジー。
自家製のフォカッチャに付けて食すという優雅なるひと時に、
湯島にいるという現実を忘れさせます。

まさにベリッシモ!!

至福とはまさにこの事。
この店のスペシャリテと自負するだけあって、その名に恥じぬ極上の味でした。

さらに肉を満喫したい肉食獣。
メニューには心躍る肉料理がジッとこちらを伺っています。
そんな目で見つめられたら・・・


d0025570_10404347.jpg

盛り合わせを頼むしかないじゃない!!

カルネリーナ特選5種のメインディッシュ盛り合わせ(オプションで熟成肉も)

静岡富士宮熟成牛(サーロイン)、甲州ワインビーフ(ハツ)、
香川県オリーブ牛(ミスジ)、静岡県熟成豚 萬幻豚(モモ)、
静岡県ドライエイジングビーフ(サーロイン)など、
肉の、肉による、メガネのための、肉ニカルパレードの始まりです。
でも、主役は一人ではありません。
すべての肉がニックーマウスなんです。
幼稚園の学芸会で全員が桃太郎という、バカげた主役ではありません。
どれもが最強の4番打者。
清原、江藤、ローズ、小久保、ペタジーニなど、4番経験者を揃えた2004年読売ジャイアンツの
「史上最強打線」を彷彿させるメンバーに、お肉のホームラン王確定です。

まさにベリッシモ!!(本日2回目)


d0025570_11214739.jpg

調子こいて2本空けてしまいました。
美味いワインは進みが速いですね。

もう、お腹も心も満腹りん。
他にも魅力的な料理がたくさんありましたが、もうギブです。
お楽しみは次の機会に。。。


ちなみに・・・

d0025570_11245795.jpg

誕生日プレゼントは「サダハルアオキ」のチョコレートとマカロンでした。
彩り鮮やかで品の良い食感がステキです。

まさに「美味しいは正義」と感じた冬の晩でした。


「E stato molto buono! (エスタート モルトブオーノ!)」
(それはとてもおいしかった!)
[PR]

# by wakachannel471225 | 2015-02-08 09:18 | gourmet

ゲラゲラポー的な。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

未年が始まって、はや11日。
毎日本気で酒を呑んでるメガネさん。
年末に買った大量のお酒が冷蔵庫に眠っているので、
嬉しくって嬉しくってルールルルー♪ 的なノリで調子こいています。

みなさま、新年会という名目で呑みに行きましょう。

本日もメガネさんは朝から二日酔いですが、あまりにも暇なので、
昨日の「紅白歌合戦」を勝手に採点したいと思います(上から目線の寸評つき)。
昨年の事なので、あまり記憶がないのですが。

【採点方法】
10点:涙が溢れて止まらないの
9点:さすがプロ、感動した!
8点:とても良かった!
7点:普通
6点:イマイチだね~
5点:もう出てくんなレベル

普通に書き綴っても色気がないので、
大晦日の献立を合間に挟んでいきますね。

では始まり始まり~。


d0025570_1638335.jpg

                     【里芋の味噌汁】


1.HKT48 「メロンジュース」(5点)
   不動のトップバッター浜崎あゆみがやっと外れたが、口パク学芸会でいきなりの興ざめ。

2.Sexy Zone 「紅白にHITOMEBORE」(5点)
   5人組のはずが、何故か3人組と思わせる衣装と演出に格差を感じる。舞祭組的な位置づけ?

3.E-girls 「Highschool love」(6点)
   AKB系、ジャニーズ系に続き、今度はエイベックスからの集団芸。
歌詞の内容が高校生の恋愛なので、まったく共感することもなくシラケまくり。

4.AAA 「さよならの前に」(6点)
   CMで聞いたことあるような、ないような曲。エイベックス2連発はキツイ。


d0025570_20505471.jpg

                    【豆入り餅】

ここで、妖怪ウォッチ企画第1弾
Dream5「ようかい体操第一」
エイベックスのメンバー総動員で「よーでるよーでる」体操。
さずがに4番の「うんち」のくだりまでは歌わず。
あっ、ラッキィ池田だ!!


5.miwa 「Faith」(8点)
   普通にカワイイが、もう24歳。アニメ声優かと思った。
   弾けようとしてるのに弾けてない感じがそそる。そしていつもと同じブーツ。

6.福田こうへい 「東京五輪音頭」(6点)
   事務所トラブルの渦中の人。イカ大王いた!!

7.SKE48・NMB48 「不器用太陽」「イビサガール」(6点)
   まさに数の暴力!!

8.郷ひろみ 「99は終わらない」(6点)
   日村のキレキレダンスに救われた。若作りしてるけど目の周りが相当落ち窪んでいてヤバい。

9.藤あや子 「あや子のお国自慢だよ~がんばろな東北!!~」(7点)
   演歌のバックダンサーには、安定のTOKIO(山口のはっぴの袖が短い)とふなっしー(小汚い)。

10.ポルノグラフィティ 「アポロ」(7点)
    さすがの名曲。最後の演説みたいなのも、もはや風物詩。

11.T.M.Revolution 水樹奈々 「紅白2014スペシャルコラボレーション」(8点)
    消臭力がガンダムの衣装でレボリューション!!

d0025570_12264037.jpg


12.クリス・ハート 「糸」(7点)
    テンポが速くて、歌の持ち味が半減されて可哀想。
    マッサンの女優・エリーは年末も母国へ返してもらえずに可哀想。

13.伍代夏子 「ひとり酒」(7点)
    三宅メンバーの「踊らされてる」発言に+1ポイント。

14.三代目J Soul Brothers 「R.Y.U.S.E.I」(7点)
    レコ大受賞グループ。右手を斜め上にあげて同じ場所で歩くダンスを家でやってみたら、
    全然出来なくて笑った。

15.西野カナ 「Darling」(6点)
    痩せたら鈴木奈々に激似すぎ。歌詞が薄っぺらすぎ。

16.香西かおり 「酒のやど」(6点)
    居酒屋ソングの演出が騒がしすぎて、香西かおりが殆ど映らない。IKKOとか見苦しすぎ。

17.細川たかし 「応援歌、いきます」(6点)
    細川たかしの海苔を貼り付けたような髪型が気になる。顔面が親指みたいだ。

18.徳永英明 「花は咲く 」(6点)
    楽曲が良く、映像も羽生くんを使っていい演出なのに、この人が歌うと安っぽく感じる。

19.天童よしみ 「やっぱ好きやねん」(6点)
    故人の歌を早くも食い物にする芸能界。
    もはや、たかじんの歌を聴いても未亡人・さくらと百田のイメージしか浮かばない。

d0025570_8412742.jpg

                    【キャベツとアンチョビ炒め】

ここで、妖怪ウォッチ企画第2弾
キング・クリームソーダ「ゲラゲラポーのうた」
ボーカルの演歌の姉さんが濃い目でカワイイ。
みんなで一緒にゲラゲラポー。
副音声でもゲラゲラポー。
舞台裏でもゲラゲラポー
メガネさんもテレビの前でゲラゲラポー。
大晦日の夜に日本全国でゲラゲラポーを踊ってるという状況に身震いした。
そして不覚にも号泣。。。


20.坂本冬美 「男の火祭り」(6点)
    ももクロの紫が案山子役で出演。
    巻いた襷の色は緑(インフルエンザで出れない緑の子の分までという意味か)

d0025570_12355491.jpg


21.森進一 「年上の女」(6点)
    流行語大賞「だめよ~ダメダメ!」の元ネタ(笑)。顔がもはや蝋人形。

22.和田アキ子 「古い日記~2014紅白スペシャル~」(6点)
    出演者総動員して盛り上げてもらわねばダメな歌手。
    タモサンも巻き込んで「ハッ!」と言わせるあざとさ。

23.V6 「WAになっておどろう」(7点)
    軍師官兵衛とアサイチのイノッチで初出場獲得。v6の後ろにSMAPって豪華。


d0025570_848567.jpg

                 【アボカドとサーモンのマヨネーズ和え】


ここで前半戦終了。

特別企画として朝ドラ「花子とアン」の特別篇をミニドラマ仕立てで展開。
それを受けて主演の吉高さんが号泣。
それを受けてメガネさんも、もちろん号泣。
人の涙にもらい泣き。エエイーアー。
ちなみに吉高さんは緊張すると、服の裾を掴む。

「みんな暇なの? 家族といてよ。こんな日くらい・・・」

NHKは紅白で毎年女司会者を泣かす方針にしたのか?


24.絢香 「にじいろ」(7点)
    妊娠4か月の絢香がドヤ顔で登場。アサイチコンビが司会でも良かったのにと思った瞬間。

25.May J. 「Let It Go~ありのままで~」(6点)
    でた。めいじぇ〜。これでレリゴーが見納めになればいい。

26.SEKAI NO OWARI 「Dragon Night」(6点)
    ボーカルが旗持って、牛乳パックのような拡声器。変な巻き舌英語が気になる。

27.Perfume 「Cling Cling」(8点)
    perfumeは素人目から見ても難しいダンスだから、口パクも仕方ないかなと思える。
    つんつんつん。

28.ゴールデンボンバー 「女々しくて」(7点)
    同じ曲で3回連続は奇跡。公開坊主の為に呼ばれた羊毛狩りのおじさんに+1ポイント。
    「はげましておめでとうございます」

29.ももいろクローバーZ 「My Dear Fellow with Mononofu JAPAN」(8点)
    マー君とももクロのセット。インフルで欠席の緑の分をあけている。
    会場のサイリウムが緑ばっか。かぶいてるダンスに+1ポイント。

d0025570_21174633.jpg


30.関ジャニ∞ 「オモイダマ」(6点)
    一生懸命メッセージを込めて歌われると「ファンモン」を思い出して嫌悪感がある。

31.氷川きよし 「ちょいときまぐれ渡り鳥」(7点)
    歌は上手いが、もはや暴力ゲイとしか見れない。おかめ&ひょっとこロボもキモ過ぎ。

d0025570_1226519.jpg



32.水森かおり 「島根恋旅」(6点)
    小林幸子の後を継ぐ者。オオダコ怪獣現る!!

33.五木ひろし 「よこはま・たそがれ」(6点)
    どうしても清水アキラの 横はめ、縦はめ思い出してしまう。

34.いきものがかり 「GOLDEN GIRL」(7点)
    いきものがかりのボーカルはカワウソかフェレツト顔だな。

35.きゃりーぱみゅぱみゅ 「きらきらキラー」(6点)
    ここまで分かりやすい口パクだとむしろ潔い。バックダンサーも安定の顔出しNG。

36.TOKIO 「LOVE YOU ONLY」(7点)
    まさかの全員起立! 20周年なのに21回目の出場という摩訶不思議。

d0025570_100378.jpg

                  【白エビの素揚げ】


特別企画「みんなで歌おう!アナと雪の女王」

d0025570_12363834.jpg


37.神田沙也加 「生まれてはじめて」
  イディナ・メンゼル 「Let It Go」(9点)
    沙也加の明るい歌声が大晦日の夜に響いた。そして母親の流す涙に感動。
    ミュージカル嫌いのタモさんが笑顔で聴いてることに違和感。

38.SMAP 「みんなで歌おう!SMAPメドレー」(6点)
    みんなでタモサン詣でがキモイ。どんだけ慕ってるかをアピールしてるのか。

39.椎名林檎 「NIPPON -紅白ボーダレス篇-」(9点)
    ダンサーさんの刈り上げっぷりがすごい。
    貫禄たっぷりのステージに潔さを感じる。

40.EXILE 「NEW HORIZON」(6点)
    全員背中に19www。曲のタイトルが中学の時の英語の教科書www。

41.薬師丸ひろ子 「Woman"Wの悲劇"より」(7点)
    松本隆の歌詞にユーミンの作曲で最強の楽曲だが、緊張からか声の伸びがないのが残念。

d0025570_1051543.jpg

                  【鶏肉と里芋のトマトシチュー】


42.石川さゆり 「天城越え」(7点)
    舞台セットが急に豪華になった。天城ぃ~・・・超え~♪(タメが凄い)。

43.長渕剛 「明日へ続く道」(6点)
    長渕にNHKも出演者も気を使ってるのが伝わる。
    右足をトントンしてリズムをとる歌い方が強烈にダサイ。長淵キック。

特別ゲスト
中森明菜 「Rojo ‐Tierra‐」
※ニューヨークのレコーディングスタジオからの中継
    久しぶりの明菜ちゃん。声が細いが、体も細い。つまり、全然変わってない。
    今年の紅白のテーマ「歌おう。おおみそかは全員参加で!」のコンセプトに大きく外れた
    まさかの新曲を熱唱。何かわからないが壮大な歌と映像にドン引き。

44.AKB48 「心のプラカード」(7点)
    カメラに抜かれるたびに、ぶりっ子顔でアピールするのが超ウザイ。

45.福山雅治 「2014スペシャルメドレー」(6点)
    なんでいつも中継なのか。なんでいつも2曲歌うのか。なんでいつも特別扱いなのか。

46.中島みゆき 「麦の唄」(7点)
    マッサン夫婦の表情がうつくしい。でも歌詞の内容はよくわからない。

d0025570_1094523.jpg

                  【白菜と豚挽肉のピリ辛炒め】


47.美輪明宏 「愛の讃歌」(6点)
    紅白お馴染みの短髪黒髪バージョン。震えすぎ。淡谷のり子っぽいな。
    新鮮味が無くなって、もはや気持ちが悪い。


特別ゲスト 
サザンオールスターズ 「ピースとハイライト」「東京VICTORY」
※年越しライブ会場の横浜アリーナからの生中継出演
    31年ぶりの出演らしいが、福山と同様に中継で2曲も歌うことに憤りを感じる。
    同じ事務所(アミューズ)の方針なのか。

48.嵐 「2014 Thanks Medley」(7点)
    背が低い5人組。何でこんなに人気があるのか。
    スターを作り出して恩恵に群がる芸能界の象徴。

49.松田聖子 「あなたに逢いたくて~Missing You~」(6点)
    娘の出演に涙した母。そこまでは良かったが、肝心の自身の歌がボロボロ。
    声は震え、伸びもなし。クリス・ハートが助けてあげれば持ち直したのに。。。

d0025570_10185486.jpg

                  【麻婆豆腐】


対戦結果・・・白組の優勝(3年連続36回目)


【メガネ総評】

前半バタバタ慌ただしく、後半はじっくりフルで歌わす構成。
紅組と白組の出演者の数が違うのが不思議。
前半の歌手の扱いが雑すぎ。
「歌おう。おおみそかは全員参加で!」というテーマを掲げた割に、
認知度が低い出演者多すぎ。または知らない歌を歌い過ぎ。

AKB系や、エイベックス系、ジャニーズ系が大量に出演し、
福山やサザン、パヒューム、ポルノなどを要するアミューズも力を持っていて、
出演者の選考や、曲順、歌の長さに影響を及ぼしてることは周知の事実です。
視聴者無視の番組作りは不信感を生みます。

例えば、AKBグループの大量選出は、どれも同じ演出と曲調なのでとても飽きます。
エイベックス系も、高音のボーカルの周りで踊るというスタイルのお決まりパターン。
ジャニーズは嵐が5年連続で司会をしてることから、もはや紅白をジャックしてる気がします。
アミューズも2大ヒットメーカーが年越しライブ会場からの中継で参加していましたが、
本当に必要なことなのでしょうか。
ポルノグラフィティを出すなら、ベビーメタルの方が良かったのではないでしょうか。

昨年も指摘しましたが、ライブ会場からの中継は、紅白の会場もお茶の間もしらけるのです。
ただ曲をお届けするだけなら、FNS歌謡祭や、ミュージックステーションと変わらないのです。
紅白ならではの、大晦日の夜に会場とお茶の間が一体感を生む素晴らしいステージを見たい。
そんな気持ちがあるからこそ、いまだ50%前後の視聴率を誇るお化け番組として成立してることを、
関係者の皆様が認識しないと、どんどんつまらなくなるという危機感があります。

そんなことを考えながら、酔っぱらって眠りについたメガネさんでした。

改めまして、あけましておめでとうございます。
今年も何卒よろしくお願い申し上げます。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2015-01-04 17:58 | NHK

カツ男。

肉よりも魚が好き。魚よりも肴が好き。

3年前に某素人占い師から、「今年のラッキィフードは魚です」と言われてから、
さらに魚重視の傾向が高まってきたもうすぐ42歳の後厄メガネ。

その反動なのか・・・

d0025570_07502003.jpg

最近、肉を欲してます。

今日、何食べたい? と聞かれたら、迷わず「肉!!」と答えてたセブンティーズマップ。
25年の時をこえ、四半世紀ぶりに現れた肉ブーム。
口元のニキビが吹き出物に変わろうとも、精神年齢は永遠のピーターパン気取りです。

そんな胃痛もちのピーターパン野郎が、昨日のランチで食べた揚げ物がとても美味しかったので、
思わず紹介しちゃいます。


d0025570_08011348.jpg

銀座イマカツ ササミカツとメンチカツ定食 1140円

柔らかくも弾力が出るように揚げたササミカツが絶品です。
さらに、自家製のメンチカツがサクッと噛んだ途端に、肉汁が溢れだし、メンチの芳香が鼻孔を刺激し、
ご飯と絡めたい衝動を押さえきれないロクデナシと化すのです。
まさに魚肉では味わえない重厚な食感に、箸で豚汁をかき混ぜながら昼下がりの幸せに浸るメガネであった。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-10-28 08:08 | gourmet

やさ(い)おとこ。

d0025570_23212131.jpg

畑にひっそり佇むムラサキの花。
朝顔の雰囲気を醸す、朝露が似合う出で立ちですが、
その実体は…

d0025570_23234663.jpg

「さつまいも」の花ですって。

蔦が上に伸びれば朝顔。
横に伸びればさつまいも。
赤く咲くのは芥子の花。
メガネの夢は夜ひらく。

d0025570_23283319.jpg

冬野菜の収穫が始まるよ。
オバケ野菜に育たないうちに、早いうちから収穫するのが3年目の余裕。

d0025570_23312000.jpg

キャベツ、白菜、ブロッコリー。
葉っぱの裏に隠れてた青虫を引き剥がし、ビッグフットの鉄槌を下し続けた夏の昼下がり。
いかがお過ごし?

d0025570_00283085.jpg

間引いた大根、早積み水菜、ブラッディなラディッシュ等々。
これから毎週収穫する冬野菜の初収穫。
まずは根菜からね。葉っぱ類は巻くまでもう少し待てデス。

そしてまずは・・・

d0025570_00373379.jpg

野菜の味をそのまま堪能する「サラダ」で食しました。
調理時間3分。

だが・・・美味し!!(*゜▽゜)_□
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-10-28 00:47 | gourmet

イワヲとなりて。

d0025570_23410579.jpg


毎年恒例の8月15日のイベントです。
今年も暑い、熱い、アツイ(;´д`)ゞ!
ブヒブヒ豚汗をかきつつ、モウモウ牛歩の歩幅で進み、
ガオガオ日の丸を背負った老兵の叫びを耳にして、
やっとたどり着いた本殿前。

心の臓を右手に包み、英霊の前で佇む貧弱メガネ。
九段下に集まった黒き衣を纏った本物の皆さんを横目に、
記念撮影に興じる右寄りのダンディーなのでした。

苔の蒸すまで。

[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-09-05 23:38 | culture

ばい~ん。

いま話題の「Vine」で初めて6秒動画を作ってみたが、
何度やってもブログにUP出来ないので、
リンクだけ貼ってみた。

https://vine.co/#/u/1086912193838112768
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-06-07 16:34 | culture

角界のディカプリオ。

寒いです。
今年2回目の大雪です。
案の定、本日AM着で発送した116店舗分の見本が届きません。
いま現在、配達完了してるのが19店舗(ヤマト荷物お問い合わせシステムより)。
まあ、今日のところは仕方がないですよね。
明日も届かなかったら騒ぎ出すのかな。

そんな心の不安を抱えたままのメガネさんですが、
先週の大雪の日に、わざわざ出かけてたツワモノ気取り。
向かったその先とは・・・


d0025570_170186.jpg

JR両国駅から徒歩2分。
(雪のため足元が悪いので今回は4分)


d0025570_1711614.jpg

大相撲の聖地、両国国技館にやってきました!!

う~、見るからに寒そう!!


d0025570_176088.jpg

でも、1月場所が終わったばかりなのに、何の催しがあるのでしょう?

それはね・・・


d0025570_1794261.jpg

昨年の9月に引退した、元大関・把瑠都関の断髪式にお呼ばれしたメガネさん。
社内一の好角家として、雪の中わざわざザーニーから1時間かけてやってきたのです。

しかも・・・

普通なら定価7,000円で販売しているチケットがですね・・・


d0025570_17141983.jpg

最近仕事でお世話になってる行司さんのご厚意で、
無料で「通行証」を頂いてしまったメガネ営業。

つか、貰ってしまったからには雪が降ろうが行くしかないので、
エストニア出身の元大関の最後の門出を祝おうと赴いた訳で。

で、「通行証」の威力を発揮して、入口をスルーパスで通された先で出会ったのが・・・


d0025570_17315432.jpg

把瑠都関の等身大パネルでした。
198cm、189kgの29歳と、
174cm、57kgの41歳厄年が並び立ちました。
心なしか、周りの大人たちが苦笑いしてる気がします。


d0025570_17374094.jpg

館内に入ると、もう催し物が始まってました。
お相撲さんが土俵にいますが、何故か観客が大笑いしています。


d0025570_17411539.jpg

土俵の上でボクシングに興じたり、


d0025570_1742421.jpg

相手にバックを獲られたと思ったら・・・


d0025570_1742391.jpg

持ち上げられて辱めを受けたり・・・

さながら相撲コントが10分くらい行われてました。
これは「しょっきり」と言って、相撲の禁じ手をオモシロおかしく紹介する出し物らしいです。
佐渡ヶ嶽部屋の若い力士が、ちゃんこを作る合間にコントの練習もしてたのでしょう。
稽古しろよ。

11時開演だったので、お腹が空いて来ました。
館内にお茶屋さんがあったので、お弁当でも買いましょうか。

お弁当と言えば・・・


d0025570_17595428.jpg

以前、観戦に来た時も関取弁当を食べましたね。
当時の横綱「朝青龍弁当」は、モンゴルを意識したラム肉の旨みを使った味わい弁当をプロデュースしてました。


d0025570_0491674.jpg

さらに、当時の大関・琴欧州関プロデュースのお弁当は、
鶏の照り焼きがメインのボリュームたっぷりのお弁当でした。
あれ!? ブルガリアヨーグルトは付いてないんですか???

そして、本日の主役であります把瑠都関のお弁当はといえば・・・


d0025570_056866.jpg

ああ、まさかの売り切れ。。。

開場から1時間経った11時半、まさかの完売であります。
しかも、今日売ってるお弁当はこの1種類だけというやる気の無さ。
あとは渇きものとお酒の類しか残ってません。

という訳で・・・


d0025570_8284297.jpg

ハイボール片手に上機嫌のメガネさん。
おつまみチーズをムシャムシャ食べながら把瑠都関の勇姿を見学しました。


d0025570_8344797.jpg

そんなこんなしてる内に、土俵では把瑠都関がチビッ子と相撲を取っていました。
チビッ子といえども体の大きさはメガネ並み。
器の大きさはメガネ以上。


d0025570_8441240.jpg

そんな未来の横綱候補を相手に元大関が奮闘します。
2人いっぺんでも動じません。


d0025570_84624.jpg

もはやチビッ子といえない子供相手も余裕で相手をします。
さすが幕内最高優勝1回の実績を誇る巨漢力士。


d0025570_8474681.jpg

ですが、さすがに10人いっぺんだと逃げ出すしかありませんでした。
そこは空気が読める優しい人柄ですから。


続いて行われたのが、横綱・白鵬関の土俵入りでした。


d0025570_915285.jpg

短命で終わるジンクスをもつと言われた「不知火型」の土俵入りですが、
この型の横綱としては史上初の幕内優勝20回の大台に乗せているので、
そのジンクスを白鵬関が払拭したといえるでしょう。

せり上がるときに両手を伸ばすのが特徴の不知火型をよく見てみましょう。


d0025570_97366.jpg

あれ!?

お尻しか見えない。。。


d0025570_974282.jpg

何と、正面とは反対の席に座ってしまったメガネさん。
せっかく自由席なのに思わぬ失態を冒してしまいました。


d0025570_9101883.jpg

しこを踏む際にかけた「よいしょー」の声も、
白鵬関の背中にむなしく届きます。


d0025570_9121120.jpg

「男は背中で物を言う ホームラン ホームラン 有田~♪」

元巨人の有田修三捕手の応援歌にあるように、
横綱の背中は大きく、広く、すべてを包み込んでくれる気にさせてくれます。
これが器というものか。
白鵬翔28歳、恐るべしです。


いよいよ本日のメインイベントである断髪式が始まります。

が、やっぱり・・・


d0025570_917376.jpg

こちらは向う正面なので、やはり背中を向けて座る今日の主役。
男の悲哀を感じるには良いかもしれません。


d0025570_923498.jpg

北京五輪柔道100キロ超級金メダリストで、
現在はプロ格闘家の石井慧選手や、


d0025570_9245030.jpg

「シャーコラー!」の掛け声でお馴染みの浪速乃闘拳・亀田興毅選手が訪れ、
いずれもお尻を堪能させていただきました。

ですが、ここで思わぬサプライズが・・・


d0025570_9321987.jpg

把瑠都関の美人妻・エレナ夫人が通路で待機していますが、
土俵に女性が上がれない伝統なので、


d0025570_9363499.jpg

わざわざ断髪式の舞台を土俵下まで移動させる事態に。


d0025570_941174.jpg

美人妻の登場に、色めき立つカメラマン達。
そして鋏を入れた瞬間・・・


d0025570_9431867.jpg

ポケモンショックが起こりそうなほどのフラッシュが、
夫婦に浴びせられてました。
それにしてもエレナ夫人、凛とした佇まいが絵になります。


d0025570_9461140.jpg

この後、把瑠都関のお母様が鋏を入れたのですが、
切る前に、行司さんが切る箇所を指さしていたのが印象的でした。


d0025570_950535.jpg

そして最後に師匠である17代尾上親方(元小結・濱ノ嶋)が止め鋏を入れ、
把瑠都関の相撲人生が終わりを告げました。


d0025570_9514284.jpg

切り落とされた大銀杏です。
元大関・把瑠都からカイド・ホーベルソン氏に戻った象徴です。


d0025570_1005094.jpg

最後に夫人から花束を受け取ると・・・


d0025570_1011858.jpg

堪えてた涙が溢れてきたカイド・ホーベルソン氏。
思わずメガネさんももらい泣きです。

ええいああ 君からもらい泣き
やさしい・の・は 誰です~♪

気は優しくて力持ち。
男の理想は山田太郎ですね。



その後・・・


d0025570_106207.jpg

断髪式を終え、エレナ夫人に服装を整えてもらう
元大関把瑠都のカイド・ホーベルソン氏(8日、東京・両国国技館)=共同

さすが角界のディカプリオと言われた男前。
スーツ姿も似合いすぎです。
まさに華麗なるギャッツビー!!



その一方・・・


d0025570_1085091.jpg

国技館の外に出ると、ほぼ吹雪の状態で家路につくメガネ氏。


d0025570_1011773.jpg

案の定、JR総武線は止まってしまい、


d0025570_1015633.jpg

何とかたどり着いた池袋駅でしたが、
東武東上線も30分遅れでホームに人が溢れる始末。
さらにJR武蔵野線が動いてる筈もなく、
志木駅からバスでザーニーまで帰るという、継ぎはぎ行脚。
行きは1時間、帰りは2時間半。
まさに大雪地獄。


d0025570_10214118.jpg

雪に描かれた「大雪で今日はちょっと楽しいね」の文字に


d0025570_10234456.jpg

ちっとも楽しくないと繰り返すメガネ氏なのでした。


d0025570_10252162.jpg

あーあ、雪が滅びないかなぁ~。。。




おまけ・・・




調子に乗って買ってしまいました。


d0025570_143505.jpg

把瑠都関引退記念ワイン(赤) 2,000円


d0025570_10284879.jpg

把瑠都関Tシャツ(M) 3,000円


d0025570_10291595.jpg

把瑠都関の第2の人生を祝う気持ち priceless


プロレス転向だけは止めてくれよな。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-02-16 00:59 | NHK

ご都合主義、9月もかく語りき。(2013)

「祖母のかっぽう着」「悔しくて泣いた夜」「30歳女性」
いかにも植村花菜が唄いそうなキーワードですね。
つか、「森ガール」とか「料理男子」とかと同じ扱いで「リケジョ」と呼ぶことに違和感。
趣味でなく、ちゃんと職業として働いてるのに。


本当にいまさらですが、2013年8月に読んだ本を書き留めます。
もちろん、当サイトはネタバレ必須ですので。


d0025570_1355114.jpg

【有頂天家族@森見登美彦 】

「短し歩けよ乙女」以来、2冊目の森見。

現代の京の街を舞台に、狸と天狗と人間のばかし合い?等を描いた、
「毛玉風情」が織りなすふわふわ毛玉ファンタジー。
軽妙洒脱な言い回しと絶妙な脱力感のハーモニーは、まさに森見作品の真骨頂。
父の潔さや次男の苦悩、弁天の悲しみなど、家族愛と哀愁を感じる場面が処々にあるが、
随所に出てくる「これもまた阿呆の血のしからしむるところだ」と一刀両断するのがオモシロ。
有無をいわさぬ処世観は、無常なこの世の中を「おもしろきことは良きこと也!」と生き抜く確かな術だと感涙。

世に蔓延する「悩み事」は、大きく二つに分けることができる。
一つはどうでもよいこと、もう一つはどうにもならぬことである。


**********************************


温泉番組で女性タレントが入浴するとき、
※通常バスタオルを巻いての入浴は禁止されていますが、今回は撮影のため特別に許可を頂いています
というテロップにイライラします。

理不尽だと思いますが、イライラしてる41歳厄年メガネです。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2014-02-05 17:04 | BOOK