<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

角界のディカプリオ。

寒いです。
今年2回目の大雪です。
案の定、本日AM着で発送した116店舗分の見本が届きません。
いま現在、配達完了してるのが19店舗(ヤマト荷物お問い合わせシステムより)。
まあ、今日のところは仕方がないですよね。
明日も届かなかったら騒ぎ出すのかな。

そんな心の不安を抱えたままのメガネさんですが、
先週の大雪の日に、わざわざ出かけてたツワモノ気取り。
向かったその先とは・・・


d0025570_170186.jpg

JR両国駅から徒歩2分。
(雪のため足元が悪いので今回は4分)


d0025570_1711614.jpg

大相撲の聖地、両国国技館にやってきました!!

う~、見るからに寒そう!!


d0025570_176088.jpg

でも、1月場所が終わったばかりなのに、何の催しがあるのでしょう?

それはね・・・


d0025570_1794261.jpg

昨年の9月に引退した、元大関・把瑠都関の断髪式にお呼ばれしたメガネさん。
社内一の好角家として、雪の中わざわざザーニーから1時間かけてやってきたのです。

しかも・・・

普通なら定価7,000円で販売しているチケットがですね・・・


d0025570_17141983.jpg

最近仕事でお世話になってる行司さんのご厚意で、
無料で「通行証」を頂いてしまったメガネ営業。

つか、貰ってしまったからには雪が降ろうが行くしかないので、
エストニア出身の元大関の最後の門出を祝おうと赴いた訳で。

で、「通行証」の威力を発揮して、入口をスルーパスで通された先で出会ったのが・・・


d0025570_17315432.jpg

把瑠都関の等身大パネルでした。
198cm、189kgの29歳と、
174cm、57kgの41歳厄年が並び立ちました。
心なしか、周りの大人たちが苦笑いしてる気がします。


d0025570_17374094.jpg

館内に入ると、もう催し物が始まってました。
お相撲さんが土俵にいますが、何故か観客が大笑いしています。


d0025570_17411539.jpg

土俵の上でボクシングに興じたり、


d0025570_1742421.jpg

相手にバックを獲られたと思ったら・・・


d0025570_1742391.jpg

持ち上げられて辱めを受けたり・・・

さながら相撲コントが10分くらい行われてました。
これは「しょっきり」と言って、相撲の禁じ手をオモシロおかしく紹介する出し物らしいです。
佐渡ヶ嶽部屋の若い力士が、ちゃんこを作る合間にコントの練習もしてたのでしょう。
稽古しろよ。

11時開演だったので、お腹が空いて来ました。
館内にお茶屋さんがあったので、お弁当でも買いましょうか。

お弁当と言えば・・・


d0025570_17595428.jpg

以前、観戦に来た時も関取弁当を食べましたね。
当時の横綱「朝青龍弁当」は、モンゴルを意識したラム肉の旨みを使った味わい弁当をプロデュースしてました。


d0025570_0491674.jpg

さらに、当時の大関・琴欧州関プロデュースのお弁当は、
鶏の照り焼きがメインのボリュームたっぷりのお弁当でした。
あれ!? ブルガリアヨーグルトは付いてないんですか???

そして、本日の主役であります把瑠都関のお弁当はといえば・・・


d0025570_056866.jpg

ああ、まさかの売り切れ。。。

開場から1時間経った11時半、まさかの完売であります。
しかも、今日売ってるお弁当はこの1種類だけというやる気の無さ。
あとは渇きものとお酒の類しか残ってません。

という訳で・・・


d0025570_8284297.jpg

ハイボール片手に上機嫌のメガネさん。
おつまみチーズをムシャムシャ食べながら把瑠都関の勇姿を見学しました。


d0025570_8344797.jpg

そんなこんなしてる内に、土俵では把瑠都関がチビッ子と相撲を取っていました。
チビッ子といえども体の大きさはメガネ並み。
器の大きさはメガネ以上。


d0025570_8441240.jpg

そんな未来の横綱候補を相手に元大関が奮闘します。
2人いっぺんでも動じません。


d0025570_84624.jpg

もはやチビッ子といえない子供相手も余裕で相手をします。
さすが幕内最高優勝1回の実績を誇る巨漢力士。


d0025570_8474681.jpg

ですが、さすがに10人いっぺんだと逃げ出すしかありませんでした。
そこは空気が読める優しい人柄ですから。


続いて行われたのが、横綱・白鵬関の土俵入りでした。


d0025570_915285.jpg

短命で終わるジンクスをもつと言われた「不知火型」の土俵入りですが、
この型の横綱としては史上初の幕内優勝20回の大台に乗せているので、
そのジンクスを白鵬関が払拭したといえるでしょう。

せり上がるときに両手を伸ばすのが特徴の不知火型をよく見てみましょう。


d0025570_97366.jpg

あれ!?

お尻しか見えない。。。


d0025570_974282.jpg

何と、正面とは反対の席に座ってしまったメガネさん。
せっかく自由席なのに思わぬ失態を冒してしまいました。


d0025570_9101883.jpg

しこを踏む際にかけた「よいしょー」の声も、
白鵬関の背中にむなしく届きます。


d0025570_9121120.jpg

「男は背中で物を言う ホームラン ホームラン 有田~♪」

元巨人の有田修三捕手の応援歌にあるように、
横綱の背中は大きく、広く、すべてを包み込んでくれる気にさせてくれます。
これが器というものか。
白鵬翔28歳、恐るべしです。


いよいよ本日のメインイベントである断髪式が始まります。

が、やっぱり・・・


d0025570_917376.jpg

こちらは向う正面なので、やはり背中を向けて座る今日の主役。
男の悲哀を感じるには良いかもしれません。


d0025570_923498.jpg

北京五輪柔道100キロ超級金メダリストで、
現在はプロ格闘家の石井慧選手や、


d0025570_9245030.jpg

「シャーコラー!」の掛け声でお馴染みの浪速乃闘拳・亀田興毅選手が訪れ、
いずれもお尻を堪能させていただきました。

ですが、ここで思わぬサプライズが・・・


d0025570_9321987.jpg

把瑠都関の美人妻・エレナ夫人が通路で待機していますが、
土俵に女性が上がれない伝統なので、


d0025570_9363499.jpg

わざわざ断髪式の舞台を土俵下まで移動させる事態に。


d0025570_941174.jpg

美人妻の登場に、色めき立つカメラマン達。
そして鋏を入れた瞬間・・・


d0025570_9431867.jpg

ポケモンショックが起こりそうなほどのフラッシュが、
夫婦に浴びせられてました。
それにしてもエレナ夫人、凛とした佇まいが絵になります。


d0025570_9461140.jpg

この後、把瑠都関のお母様が鋏を入れたのですが、
切る前に、行司さんが切る箇所を指さしていたのが印象的でした。


d0025570_950535.jpg

そして最後に師匠である17代尾上親方(元小結・濱ノ嶋)が止め鋏を入れ、
把瑠都関の相撲人生が終わりを告げました。


d0025570_9514284.jpg

切り落とされた大銀杏です。
元大関・把瑠都からカイド・ホーベルソン氏に戻った象徴です。


d0025570_1005094.jpg

最後に夫人から花束を受け取ると・・・


d0025570_1011858.jpg

堪えてた涙が溢れてきたカイド・ホーベルソン氏。
思わずメガネさんももらい泣きです。

ええいああ 君からもらい泣き
やさしい・の・は 誰です~♪

気は優しくて力持ち。
男の理想は山田太郎ですね。



その後・・・


d0025570_106207.jpg

断髪式を終え、エレナ夫人に服装を整えてもらう
元大関把瑠都のカイド・ホーベルソン氏(8日、東京・両国国技館)=共同

さすが角界のディカプリオと言われた男前。
スーツ姿も似合いすぎです。
まさに華麗なるギャッツビー!!



その一方・・・


d0025570_1085091.jpg

国技館の外に出ると、ほぼ吹雪の状態で家路につくメガネ氏。


d0025570_1011773.jpg

案の定、JR総武線は止まってしまい、


d0025570_1015633.jpg

何とかたどり着いた池袋駅でしたが、
東武東上線も30分遅れでホームに人が溢れる始末。
さらにJR武蔵野線が動いてる筈もなく、
志木駅からバスでザーニーまで帰るという、継ぎはぎ行脚。
行きは1時間、帰りは2時間半。
まさに大雪地獄。


d0025570_10214118.jpg

雪に描かれた「大雪で今日はちょっと楽しいね」の文字に


d0025570_10234456.jpg

ちっとも楽しくないと繰り返すメガネ氏なのでした。


d0025570_10252162.jpg

あーあ、雪が滅びないかなぁ~。。。




おまけ・・・




調子に乗って買ってしまいました。


d0025570_143505.jpg

把瑠都関引退記念ワイン(赤) 2,000円


d0025570_10284879.jpg

把瑠都関Tシャツ(M) 3,000円


d0025570_10291595.jpg

把瑠都関の第2の人生を祝う気持ち priceless


プロレス転向だけは止めてくれよな。
[PR]

by wakachannel471225 | 2014-02-16 00:59 | NHK

ご都合主義、9月もかく語りき。(2013)

「祖母のかっぽう着」「悔しくて泣いた夜」「30歳女性」
いかにも植村花菜が唄いそうなキーワードですね。
つか、「森ガール」とか「料理男子」とかと同じ扱いで「リケジョ」と呼ぶことに違和感。
趣味でなく、ちゃんと職業として働いてるのに。


本当にいまさらですが、2013年8月に読んだ本を書き留めます。
もちろん、当サイトはネタバレ必須ですので。


d0025570_1355114.jpg

【有頂天家族@森見登美彦 】

「短し歩けよ乙女」以来、2冊目の森見。

現代の京の街を舞台に、狸と天狗と人間のばかし合い?等を描いた、
「毛玉風情」が織りなすふわふわ毛玉ファンタジー。
軽妙洒脱な言い回しと絶妙な脱力感のハーモニーは、まさに森見作品の真骨頂。
父の潔さや次男の苦悩、弁天の悲しみなど、家族愛と哀愁を感じる場面が処々にあるが、
随所に出てくる「これもまた阿呆の血のしからしむるところだ」と一刀両断するのがオモシロ。
有無をいわさぬ処世観は、無常なこの世の中を「おもしろきことは良きこと也!」と生き抜く確かな術だと感涙。

世に蔓延する「悩み事」は、大きく二つに分けることができる。
一つはどうでもよいこと、もう一つはどうにもならぬことである。


**********************************


温泉番組で女性タレントが入浴するとき、
※通常バスタオルを巻いての入浴は禁止されていますが、今回は撮影のため特別に許可を頂いています
というテロップにイライラします。

理不尽だと思いますが、イライラしてる41歳厄年メガネです。
[PR]

by wakachannel471225 | 2014-02-05 17:04 | BOOK

ご都合主義、8月もかく語りき。(2013)

GAOの「サヨナラ」の替え歌かと思ったら、きゃりーぱみゅぱみゅの新曲でした。
中田ヤスタカって凄いですね。

本当にいまさらですが、2013年8月に読んだ本を書き留めます。
もちろん、当サイトはネタバレ必須ですので。


d0025570_16202918.jpg

【にょにょっ記@穂村弘 】

低めのテンションで語られる、日常の何気ない一コマたち。
お箸がうまく使えなくて、よもや脳梗塞か!!と焦ったら、ネギの輪っかが引っ掛かってた話をはじめ、
色々なことに驚いている穂村さんがとても可愛い。
解説に私の好きな西加奈子嬢の「偽ょ偽っ記」が掲載されてたのも良かった。
フジモトマサルの挿絵も相変わらず秀逸。


**********************************

d0025570_16542293.jpg

【ニシノユキヒコの恋と冒険@川上弘美 】

ニシノユキヒコと10人の女性との恋愛短編集。
憎まれそうで恨まれそうなのに、いつまでも思い出に残る男ニシノユキヒコ。
様々な女性の視線から見ることによって、彼がどんな人間なのか分かるような気になるが、
結局のところやっぱり分からないというのがオモシロ。
女性は、彼とのことをいい思い出として保存しつつ、通過して、進んでいくのに対し、
この人はいつまでも同じ場所でくるくる回っている感じ。
彼の博愛的な愛は、八方美人とか浮気性とかいうレベルでなく、
何の計算もなく自分のしたいようにしている天真爛漫な結果なのだろう。
曖昧で愛しい感じを醸し出せる彼の魅力が私にも欲しい。

この作家は「なめらかにうわの空」とか「ベテランの可愛い子」とかいう、ちょっとした表現が上手い。


**********************************


8月は以上2冊です。

夏の思い出を記してますが、窓の外は雪が降ってます。
[PR]

by wakachannel471225 | 2014-02-04 17:26 | BOOK

ご都合主義、7月もかく語りき。(2013)

埼玉県民なのに、週末の都知事選が気になります。
消去法でしか候補者を選べない選択肢に、
都民がどんな選択をするのか。
ま、誰がなっても、金と失言とスキャンダルで早期に退陣すると思いますが。。。

本当にいまさらですが、2013年7月に読んだ本を書き留めます。
もちろん、当サイトはネタバレ必須ですので。


d0025570_13531297.jpg

【にょっ記@穂村弘 】

洗練された言葉のチョイスが上手い、
愛すべきオッサンの日常的妄想。

私は混んだ電車に立っていた。
目的の駅に着いたので、おりまーす、と呟くと、前に立っていた女の子が、はーい、と云って道をあけてくれた。
やさしい、かわいい、あかるい、
やさしい、かわいい、あかるい、
やさしい、かわいい、あかるい、
やさしいと思って涙が溢れる。

軽妙な語りに見えて、現実に渇いた寂しさの集積が秀逸。


**********************************

d0025570_1411012.jpg

【探偵はバーにいる@東直己】

初ハードボイルド。
酒と女と煙草と厄介事がハードボイルドの世界なのか。
つか、探偵というよりはススキノの便利屋。
一人称は「俺」。
「俺」が大学の後輩にあたる原田の恋人を探すことに首を突っ込んだ話。
1992年に刊行された本なので、文体や固有名詞など全体的に古くさい。
女子短大のことを「スケタン」と呼ぶのがすごく気になった。

「あわてる姿はぶざまなものだ。できることなら、死ぬまで慌てずにいたいもんだ」


**********************************


7月は以上2冊です。

昨日は最高気温18℃。
今日は午後から雪。
体の調子が悪いのは、二日酔いのせいだけではありません。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2014-02-04 15:19 | BOOK

ご都合主義、6月もかく語りき。(2013)

早くも2014年が始まって1か月が経ちました。
そのうちの半分は二日酔いで調子が悪いロクデナシ。
「ヘパリーゼ」の効果に疑問を持ち始めた今日この頃、
みなさんいかがお過ごし?

本当にいまさらですが、2013年6月に読んだ本を書き留めます。
もちろん、当サイトはネタバレ必須ですので。


d0025570_13552582.jpg

【架空OL日記2@バカリズム】

ただのOLが書いた普通のブログなら、別段なんてことないんだろうが、
OLでもなんでもないおっさんが書いたって思いながら読むとオモシロ。
いとうせいこう氏の解説がすべてを物語っている。
やおい文学(山なし、オチなし、意味なし)は純文学であり、バカリズムは21世紀の純文学として書いていたとの見解。
「男もすなる日記というものを女もしてみんとするなり」の土佐日記。

平坦な日常を描いた「架空日記」を支える作者のずば抜けた常識と想像力が秀逸。


**********************************


d0025570_14103898.jpg

【こうふくみどりの@西加奈子】

先読した「こうふくあかの」の関連小説らしい。
こちらは中学2年の女の子が主人公・辰巳緑。
冒頭からコテコテの大阪弁で語る緑の文章がとっつきにくい感じがあったが、物語の世界観は伝わった。
脳内変換は「じゃりんこチエ」。

代々男運のない、女とメスばっかりの辰巳家。
なんか不思議と人の集まるここには、いろんな匂いがあって、すごく居心地がいいらしい。
緑の淡い失恋を中心に、おばあちゃんからの辰巳家の歴史のようなものが浮かび上がってくる。
並行して書かれるある女性の独白や誰かの手紙などが、だんだんとパズルのピースみたいにはまっていくのがオモシロ。
一言で言うと、「おんなに歴史あり」。

そして「あかの」と同じく「猪木」も登場しているが、「道」の朗読の場面は秀逸。


**********************************


6月は以上2冊です。

「優しさライセンス4級」なので、
コンビニのレジで、バーコードを上にして置いてあげます。
[PR]

by wakachannel471225 | 2014-02-04 12:02 | BOOK