<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

太陽戦隊サンバルカン。

子供の頃、おばあちゃんが言ってました。

「太陽を見るとな、目ぇがつぶれるから、絶対に見だらいげないがんな」


d0025570_1562988.jpg

あれから30年余り経過して、
2012年5月21日。
ついに、その教えを破る日がやってきました。


d0025570_14283534.jpg

近所の小学校では、子供も大人も校庭に出てガヤガヤしてます。
校内アナウンスでは「7時32分ごろから・・・」と放送部がしきりに煽ってます。


d0025570_14314250.jpg

向かいのマンションの階段踊り場でも、通勤前のおっさんが、
家族とのコミュニケーションを図ってます。

そしてメガネさんも・・・


d0025570_14324677.jpg

黒いビニール袋の切れ端を持って、光のさす方を凝視する色白メガネ。
その目の先に見えたものは・・・




d0025570_15193945.jpg

こんな感じでした。

見事な輪ゴMOONですね。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2012-05-27 15:23

あなただけのセクシーなうさぎちゃん。

先日、わざわざ軽井沢まで行って、
ハーフマラソンの大会に参加してきました。

2月に参加した青梅マラソン(30km)以来、
久しぶりに長い距離を走ります。
青梅で失われた気力・体力・時の運を取り戻せないまま、
ダラダラ過ごした3ヶ月間。

その結果、40手前の脆弱男がいきなり走るとこんな感じだよね~、という
あらかた予想通りの記録となりました。

まあ、無事に完走して、生きて帰ってこれたってことです。
ただそれだけです。


で、これだと当ブログ的にはどうかと思うので、
唯一、大会で喰いついた出来事を記します。


大会会場でスタート前にイベントが催されていたのですが、
今回はなんと、芸能人のゲストを呼んでいるということ。

芸能人という響きが大好きなミーハーメガネにとって、その情報だけでドッキが胸々です。

メガネの脳内で色々な妄想がよぎります。
マラソンにかかわる芸能人だから、

長谷川理恵? 安田美沙子? もしかしたら、猫ひろし??
らっせーらー、らっせーらー、うん、ポーツマス、ポーツマス(この間0.2秒)

すると、司会者から紹介のアナウンスがありました。

d0025570_811655.jpg

司会者  「元・AKB48のマイマイこと大島麻衣さんです!」

芸能人大好きのメガネさんですが、名前は知ってるけど、割とどーでもいい部類の芸能人に、
思わず苦笑してしまいました。
もちろんイベント中は、ずっと凝視してましたが(←キモイ)。


d0025570_8122769.jpg

スタート前なのに、ランナーに記念品を贈呈したり、


d0025570_813446.jpg

スタート前なのに、ランナーと記念写真を撮らせたり、


d0025570_8141548.jpg

大会関係者のお偉いさんに、記念写真を撮らせたり、
まさに大会ゲストにふさわしい仕事っプリを見せてくれてました。


d0025570_983388.jpg

これで「やる気スイッチ」がオンに点灯した単純メガネ。

さらに・・・


d0025570_9241761.jpg

スタート地点でランナーに手を振って応援してくれた「マイマイこと大島麻衣さん」。

実は、直前のランナーまでハイタッチをしてくれてましたが、
メガネさんの番が来たら、手を上にあげて拒否られてしまったことはご愛敬。

メガネさんも芸能界で頑張る「マイマイこと大島麻衣さん」を応援していこうと思いました。

とりあえずリンクを貼ってみた → 大島麻衣オフィシャルブログ「のだしみん」
(5/20のブログにその様子があります)
[PR]

by wakachannel471225 | 2012-05-27 09:31 | RUN

ご都合主義、4月もかく語りき。

最近、天気が不安定ですね。
つか、雷が鳴ったときに女子が叫ぶ「キャー!!」の方がウルサイです。

4月に読んだ本を書き留めます。
もちろん、当サイトはネタバレ必須ですので。


d0025570_14363083.jpg

【秘密の花園@三浦しをん】

中高一貫カトリック系女子校に通う、那由多、淑子、翠がそれぞれ抱える秘密の部分の話。
期待通りの湿っぽさ。学校って特殊な空間だよなーと改めて。
人は誰でも影を持っているっていうのが、しをん女史の得意とする所なんでしょうが、
男子と違って女子が抱える閉鎖的な狂気のようなものが何とも理解できなかったです。
三人の内面が付かず離れず、個人的なレベルで紡がれるのかと思いきや、最後の翠の章で少しだけ重なった。
静かに狂っていくひとと、自分を保っているひと。湿った爽やかさを感じるセンシティブ思春期譚。
欲を言えば、淑子のことは綺麗に回収してほしかったです。


**********************************


d0025570_1642072.jpg

【通天閣@西加奈子】

通天閣が見えるアパートで孤独に、偏屈に生きる44歳、工場勤務の男。
通天閣の近くのマンションで消えそうな遠距離恋愛でも信じて待つ女の子。
繋がりそうで繋がらないまま、二人の日常を交互に、淡々と描いた作品。
あの街特有の、雑多で、不気味で、どぎつく、がさつだけど、熱くてオモロイ人たちとの阿呆な描写に、
切なくとも、希望のようなものを感じて惹きつけられました。
キラキラ輝かないといけないのか、尊敬される人でなくてはいけないのか。
そういうあくせくした世の中にどこか疲れていたときに読んでたら、たぶん泣いてしまっただろう。
やっぱり西加奈子はいい。

「古い、というのは少しも前に進んでいないということ」
「誰か愛してくれるのだろうか、ではない。愛そう」

印象に残る言葉だったのでメモ。

**********************************


d0025570_1526696.jpg

【しずく@西加奈子】

「女ふたり」の6つの物語。
どの話も素晴らしくいい。
特にネコ好きなので表題作が◎。

飼いネコなりに(フクさんとサチさん)、自由に暮らしている彼女ら(2匹)だけど、
人間の男女の生活なんて重要なことなじゃなくて、
「オイワイ」とか「シンク」とか、まぁよくわからないんだけど大好きで、
「雫」なんて言葉も知らないけど、蛇口から垂れる小さくて可愛い一粒の水が大好きな彼女たち(2匹)。

そんな可愛いネコ目線で、しかもネコ語りで淡々と物語が進んでいくからこそ、
人間の(飼い主たちの)都合に振り回される姿が切ない。

ネコ会話が秀逸。
彼女ら(2匹)がケンカしているうちに最初の目的を忘れてしまうところはネコ会話の極み。

「あんたのまだらなんて、本当にまだらなんだから。はっきり言わしてもらうと、すごく、まだらよ」
「あんたのおでこの泥だって、前から言おうと思ってたんだけど、前から言おうと思ってたし、これは前から言おうと思ってたんだから!」
「のおおおおおおおおお」
「だふううううううううううう」


**********************************


4月は以上、3冊です。
箪笥と本棚を買ったので、やっと部屋が落ち着きました。
あとはせっかく集めたガラクタ宝物を処分する勇気だけです。


先日、生まれて初めて「なめこ」を食べました。

d0025570_1559496.jpg

何でこんなのが人気あるんだ!?
世の中、わかりませんね。
[PR]

by wakachannel471225 | 2012-05-13 16:03 | BOOK

あばれはっちゃくの様に。

「またあとでにゃ」と土佐弁で言われるとグッときますね。

ザーニーへ都落ちして1ヶ月が経ちました。
そして、先日ようやくフレッツ光が開通し、
晴れてイチローさんと僅かな繋がりが出来た今日この頃、
ゴールデンウィークをいかがお過ごし?

メガネさんは、先日当ブログでお伝えした通り、
農作業に勤しんでいました。

すでに何回か講習を受けてますので、経過報告をしますね。


4月8日(日)のこと。


先月11日に第1回講習を受けて以来、2度目の農作業体験でした。
前回は「ほろ苦いデビュー戦」だったのですが、
今回はうまくいったのでしょうか。


d0025570_171534100.jpg

メガネさんの自宅から約2.6kmの場所にある農業体験塾「鐘の音ファーム」さんです。
先日、超一流量販店・ロジャースさんで購入した長靴を持ちながら走ると約18分かかります。
長靴は意外と重くて邪魔なんです。


d0025570_1719949.jpg

そんな邪魔者扱いされてた長靴が、この広大で豊穣な土地では大活躍します。
やっぱ百姓は長靴履かねばな。


d0025570_17233974.jpg

10時になりました。
塾長の河合さん(農家の娘)を中心に円を描くように集まり、
今日やることの説明を受けます。
でも、河合さんはあまり説明が上手くないので、いまいち何を言ってるのかわかりません。


d0025570_17251272.jpg

でも、大丈夫。
ちゃんとプレハブ小屋に「今日の予定」を貼りだしてるのです。
字も大きくて見やすいので、お年寄りでも安心ですね。


d0025570_1728477.jpg

さらに、今日行う「セルトレイでの種の蒔き方」も貼られてました。
これで河合さんの話を聞いてなくても大丈夫です。
コラッ! そこのメガネ! ちゃんと聞け!

まっ、聞くよりも実際にやってみましょうよ。


d0025570_17312021.jpg

まずは培土を作ります。
ブルーシートに支給の培養土をドバーッと広げて、水を加えます。


d0025570_17355917.jpg

それをスコップまたは自分の手でかき混ぜます。
それはもう、子供の頃遊んだ泥ダンゴを髣髴させる光景です。
メガネさんは爪に土が入るのが嫌なので、遠巻きに見てましたが。


d0025570_17395963.jpg

そんなヘタレは無視して、みなさんで協力して作業は進みます。
いい感じに土と水が混じり合ったのを見計らうと、
早くもトレイを取り出して、この穴に培土を入れこむのです。


d0025570_1743375.jpg

そのチームワークと手際の良さに、メガネひとりで感動です。
思わず写真をパシャパシャ撮ってしまいました。
「お前もやれよ」とみなさん思ってたことは間違いないでしょう。


d0025570_17452286.jpg

トレイの端まで均一に培土が入れば完成です。
あとはこのトレイに種を蒔くだけです。

ちなみに今日蒔くのは、
トウモロコシ、いんげんまめ、えだまめの3種です。

夏のビールのお供の定番ですね。
いまから今夏の楽しみが増えました。


さらに・・・


d0025570_1834922.jpg

今日はキャベツとブロッコリーの定植をしました。
「定植」というのは、育苗ポットで育てた苗を畑に移すことらしいです。


d0025570_17511691.jpg

どっちがキャベツで、とっちがブロッコリーだか分かりませんが、
土を掘って、芽が出てる苗を畑に植えればいいんですね。


d0025570_17551881.jpg

ちなみに、根がしっかりと這うように土を上からギュッと抑え込むのがポイントです。
抑えが甘いと・・・どうなるんでしょう?
あまり大きく育たないのかな? たぶん。。。


d0025570_17595482.jpg

上から目線で抑え込むのが得意な人です。
薄ら笑いを浮かべてこれでもかと抑え込みます。
「大きくな~れ!」と念仏のように呪文を唱えるのがポイントです。


さらに・・・


d0025570_187575.jpg

前回蒔いたほうれん草の種が、無事に育ってました。
1ヶ月でこんなに育つものなんですね。


d0025570_189896.jpg

これって、我が子の成長を楽しみに見守る父親のような心境なのでしょうか。
わんぱくでもいい、逞しく育ってほしいと願う、丸大ハンバーグなのでしょうか。

いや、レトルトハンバーグは嫌いだから、それは無いな。。。

第2回目の講習はこれで終了でした。
今回はあまりメガネさんの活躍がなかったですね。

つか、何もしてねーだろ!
父ちゃん情けなくて涙が出てくらぁ!!

次回の活躍に乞うご期待!!
[PR]

by wakachannel471225 | 2012-05-06 21:50