<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

なぁサクラ、惜しまれて引き止められるうちが花ってことよ。

「1Q84」の1巻を読みはじめて1ヶ月、
まだ20ページしか進んでません。
来春までに読み終えるのが目標です。


2巻を手にするときは、サクラが咲いてるころですね。
もうツツジの季節ですが、今年のサクラを振り返ってみましょうか。
せっかくなので村上春樹風に。。。


d0025570_178069.jpg

完璧なサクラなどといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。
(3月20日/板橋区・城北公園)


d0025570_17353139.jpg

六月にデートした女の子とはまるで話があわなかった。
僕が南極について話している時、彼女はサクラのことを考えていた。
(3月21日/中央区・浜離宮)


d0025570_17503316.jpg

「サクラ?」と僕は聞いた。
「知らなかったの?」
「いや、知らなかった」
「馬鹿みたい。見ればわかるじゃない」とユキは言った。
「彼にその趣味があるかは知らないけど、あれはとにかくサクラよ。完璧に。200パーセント」
(3月27日/板橋区・石神井川沿い)


d0025570_17551761.jpg

僕が三番目に寝た女の子は、僕のペニスのことを「あなたのサクラ」と呼んだ。
(3月28日/台東区・上野公園)


d0025570_17573953.jpg

「それはそれ、これはこれ」である。
冷たいようだけど、地震は地震、野球は野球である。
ボートはボート、ファックはファック、サクラはサクラである。
(4月1日/港区・青山墓地)


d0025570_18171450.jpg

サクラには優れた点が二つある。
まずセックス・シーンの無いこと、それから一人も人が死なないことだ。
放って置いても人は死ぬし、女と寝る。そういうものだ。


d0025570_18172738.jpg

他人とうまくやっていくというのはむずかしい。
サクラか何かになって一生寝転んで暮らせたらどんなに素敵だろうと時々考える。


d0025570_18173733.jpg

その夜、フリオ・イグレシアスは126回も『ビギン・ザ・ビギン』を唄った。
私もフリオ・イグレシアスは嫌いなほうだが、幸いなことにサクラほどではない。
(4月3日/板橋区・光が丘公園)


d0025570_18234412.jpg

「それから君のフェラチオすごかったよ」
直子は少し赤くなって、にっこり微笑んだ。
「サクラもそう言ってたわ」
「僕とサクラとは意見とか趣味とかがよくあうんだ」
と僕は言って、そして笑った。
彼女は少しずつサクラの話ができるようになっていた。
(4月5日/港区・増上寺)


d0025570_18271911.jpg

「ね、ここにいる人たちがみんなマスターベーションしているわけ? シコシコッって?」
と緑は寮の建物を見上げながら言った。
「たぶんね」
「男の人ってサクラのこと考えながらあれやるわけ?」
「まあそうだろうね」と僕は言った。
「株式相場とか動詞の活用とかスエズ運河のことを考えながらマスターベーションする男は
 まあいないだろうね。まあだいたいはサクラのことを考えながらやっているんじゃないかな」
「スエズ運河?」
「たとえば、だよ」
(4月6日/目黒区・目黒川沿い)


d0025570_18323518.jpg

サクラの目的は自己表現にあるのではなく、自己変革にある。
エゴの拡大にではなく、縮小にある。分析にではなく、包括にある。
(4月10日/板橋区・石神井川沿い)


d0025570_18342814.jpg

サクラは盲のいるかみたいにそっとやってきた。
(4月10日/北区・飛鳥山公園)


d0025570_18382724.jpg

「どうせサクラの話だろう」とためしに僕は言ってみた。
言うべきではなかったのだ。受話器が氷河のように冷たくなった。
「なぜ知ってるんだ?」と相棒が言った。
とにかく、そのようにしてサクラをめぐる冒険が始まった。


d0025570_18394346.jpg

「君の着るものは何でも好きだし、君のやることも言うことも歩き方も酔っ払い方も、
 なんでも好きだよ」
「本当にこのままでいいの?」
「どう変えればいいかわからないから、そのままでいいよ」
「どれくらい私のこと好き?」と緑が訊いた。
「世界中のサクラがみんな溶けて、バターになってしまうくらい好きだ」と僕は答えた。
「ふうん」と緑は少し満足したように言った。
「もう一度抱いてくれる?」
(4月10日/新宿区・石神井川沿い)


d0025570_18424742.jpg

僕はなんだか自分がサクラにでもなってしまったような気がしたものだった。
誰も僕を責めるわけではないし、誰も僕を憎んでいるわけではない。
それでもみんなは僕を避け、どこかで偶然顔をあわせても
もっともらしい理由を見つけてはすぐに姿を消すようになった。
(4月10日/千代田区・飯田橋)


d0025570_18512992.jpg

泣いたのは本当に久し振りだった。
でもね、いいかい、君に同情して泣いたわけじゃないんだ。
僕の言いたいのはこういうことなんだ。一度しか言わないからよく聞いておいてくれよ。

 僕は・サクラが・好きだ。

あと10年も経って、この番組や僕のかけたレコードや、
そして僕のことを覚えていてくれたら、僕のいま言ったことも思い出してくれ。
(3月13日/神田ミートセンター「闇焼 馬喰ろう」)


「サクラ肉刺し盛りあわせ」1280円。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2010-05-27 01:55

風の谷のナノハナ。

年に一度の健康診断の結果が出ました。
気になる尿酸値は・・・

10.2mg/dl(前年比+2.5)

初の二桁突入です。
しかも初の「D」判定でした。
結構ショック、デカイです。。。


今年はサクラが咲いたあとに雪が降ったり、
GW中はずっと暖かかったり、
天気の移り変わりが激しいですね。

今回はまだサクラが咲く前の
3月某日のお話です。。。



d0025570_17185941.jpg

春を思わせる暖かな陽気に誘われて、
わざわざ「ゆりかもめ」に乗って浜離宮まで出かけてしまった元・メガネさん。


d0025570_15401399.jpg

この日は久しぶりにコートいらずのポカポカした天気でしたが、
すぐそばに東京湾があるので、時折吹く突風がメガネをズラします。


d0025570_169678.jpg

そんな浜離宮ですが、江戸時代に造園されて以来、
明治維新後に宮内省の管轄となりましたが、
戦後、都立庭園として開園された恩賜庭園です。
ちなみに入園料は300円。


d0025570_16135544.jpg

昔は鷹狩りの場として使われてただけあって、
総面積は約25ha、東京ドーム5個分の広さです。

つまり・・・

d0025570_1633566.jpg

千葉県にある、某国の面積の半分ってこと。
これは広いですね。


d0025570_1636211.jpg

庭園は、季節ごとに花を咲かせています。
サクラの季節にはライトアップ演出もしてるらしいのですが、
この日の見ごろは何と言っても・・・


d0025570_1655178.jpg

菜の花です。
汐留のビルの眼下に広がる菜の花畑が絶好の見ごろでした。


d0025570_16573598.jpg

一つの茎に、無数の黄色い花びらがくっついて、
それが束となり、
花畑となると、


d0025570_16591845.jpg

こんなに美しい金色の野原になるんですね。

「金色の野」といえば・・・


d0025570_17131955.jpg

「そのもの青き衣をまといて金色の野に降り立つべし・・・」っていう言い伝えを
ナウシカが体現したあのシーンが有名ですよね。

さっそくやってみました。


d0025570_17153760.jpg

「そのものオレンヂのカーディガンをまといて金色の野に降り立つべし・・・」

「姫姉さま、オレンヂ色の異国の服を着てるの。

 まるで金色の草原を歩いているみたい。。。」


なんか違う気がする。。。


次!!


d0025570_17172637.jpg

「そのメガネ、青きジーパンをはいて金色の野に降り立つべし・・・」

ババ様!!

ナウシカというよりも
「案山子」みたいになってしまいました。。。


d0025570_17243259.jpg

いい年して、ナウシカごっこをして遊んだ3月某日の午後でした。



d0025570_17292083.jpg

見て!

リサとガスパールとペネロペだ!

風だ!

風が戻って来た!

わーい!

アハハハ!!!!
[PR]

by wakachannel471225 | 2010-05-23 23:34 | travel

ニコライの鐘。

口蹄疫に感染した牛や豚の殺処分対象が11万頭ですって。
インド人ビックリだな!


近ごろ「パワースポット」ブームだそうです。
元・メガネさんも、手相占い芸人の島田秀平氏や、
スティーブン・セキルバーグ氏がテレビに出てると喜んで見てしまいます。
そして時には実際に足を運んだりして・・・


d0025570_15563353.jpg

先日、わざわざJR御茶ノ水駅から徒歩5分の場所にある
ニコライ堂と呼ばれる大聖堂に行ってきました。


d0025570_161127.jpg

緑青を纏った高さ35メートルのドーム屋根が特徴で、
日本で初めてにして最大級の本格的なビザンティン様式の教会建築といわれてます。


d0025570_1637100.jpg

ビンラディンじゃないよ。


d0025570_165076.jpg

救世主であるあの方の復活を記憶する大聖堂であることから、
正式名称は「東京復活大聖堂」と言うそうです。


d0025570_1618211.jpg

なので、大聖堂正面の入り口にも、
元・メガネさんと同じ誕生日のあの方が、


d0025570_16194371.jpg

見る者を祝福する形に挙げられた姿で描かれていました。

ちなみに、左手に聖書を持ち、
右手は指の形がΙησούς Χριστός(イイスス・フリストス)の頭文字である
「ΙΣΧΣ」を象るように整えられています。
(伸ばした人差し指:Ι、曲げた中指と小指が:Σ、親指と薬指の交差がΧ)


d0025570_16245191.jpg

やってみると「ぐわし」よりも難しいこのポーズ。
さすが墓に埋葬されてから3日後に復活した偉人ですね。


残念ながら、拝観時間は終わってしまったので中には入れませんでしたが、
せっかくなので周辺を見学してみましょう。


d0025570_16472578.jpg

側面に回ってみました。
見る角度によって建物の印象が変わる気がしますね。
ニコライ堂を基本設計したのはミハイル・シチュールポフというロシア人だそうです。
ハラショー!!


d0025570_16523875.jpg

大きなステンドグラスには淡くおっさんが映っていて、
少しキモイです。
そんなおっさんが4人もいました。
スパシーバ!!



d0025570_16565184.jpg

大聖堂の隣には小聖堂が建っていました。
小聖堂なので祈る時間は自由です。
神様というよりは亜使徒聖ニコライの御霊に、
ちょっと願い事をする雰囲気でしょうか。


d0025570_16582960.jpg

小聖堂とはいっても、
礼拝の作りはとても煌びやかで立派です。


d0025570_16543744.jpg

裏手に回ってみると、建物の立派さがよくわかりますね。
一見すると趣のある公衆トイレのようですが。。。


d0025570_171787.jpg

信仰のシンボルは忘れてません。
エホバの証人は、あの方が架けられた木は十字架ではなく杭であったと主張していますが。

でもこのデザインで思い出すのは・・・


d0025570_17533848.jpg

ジオン公国軍の試作型モビルスーツですよね。
攻撃を防ぐ盾にミサイルを仕込むのは

「敵の攻撃で誘爆するのでは?」

という意見がありますが、どうでしょう。



d0025570_1824560.jpg

敷地の一番奥に、ポツンと誰かの顔が置いてありました。

誰?

何?

どうして?

誰もがそんな疑問が頭をよぎる場末の石顔。


なので、とりあえず・・・


d0025570_185942.jpg

座ってみました。
石なので、座り心地は良くありませんでした。


なので、とりあえず・・・


d0025570_1863133.jpg

アゴを乗せてみました。
外人なので、顔のデカさはハンパなかったです。


d0025570_18861.jpg

ちなみに寄ってみるとこんな顔です。
ちょっと怒ってますか!?


d0025570_18102899.jpg

そんなことしてたら敬虔なクリスチャンに怒られそうなので、
大聖堂を後にすることにしました。

きのう花咲き 今日散る落ち葉
川面に映して 流れる月日
思い出しても 帰らぬ人の
胸も揺するか 雁啼く空に
ああ ニコライの鐘がなる


d0025570_18123911.jpg

聖橋で風を浴びてるうちに、
なんだか切なくなっちゃった元・メガネさんでした。

えっ、パワーですか?

何にも感じませんでしたよ!!
[PR]

by wakachannel471225 | 2010-05-19 02:33 | travel

星のキンカ。

サッカーW杯まであと僅か。
岡田JAPANのメンバーが発表されましたが、
どうも盛り上がりに欠ける気がします。
一層のこと、中田(英)氏率いる「TAKE ACTION F.C.」とガチンコ勝負して、
勝った方が代表になれるってのはどうですか?

d0025570_19131015.jpg



今日は暑いですね。
元・メガネさんも、今日から衣替えをしました。
OLちゃんの露出が多めになるのが待ち遠しい今日この頃、
皆さんいかがお過ごしですか?


d0025570_1233065.jpg

超一流・衣料品専門店「キンカ堂」が自己破産してしまい、
全店舗が即閉鎖されたのが2月22日(ネコの日)のこと。


d0025570_1235527.jpg

その後、池袋店の前を通りがかると、
閉じられたシャッターの前に人だかりが出来ていました。
怖い人たちや、怖い人たちや、怖い人たちが何かしてるのでしょうか?

ちょっとコウフンしますね。


d0025570_1241493.jpg

と思いきや、シャッターには「悲しいお知らせ」を伝える一枚の紙が貼られてました。
従業員一同を代表した弁護士からのメッセージです。


d0025570_1239767.jpg

その無機質な文面を取り囲むように、一面に貼られた数々の貼り紙。

その文面はというと・・・


d0025570_1247348.jpg



d0025570_12475845.jpg



d0025570_12484988.jpg



d0025570_12494087.jpg


それぞれ独自の表現方法で「キンカ堂」さんへ感謝の思いを綴っていました。
特に元・メガネさんの心を揺さぶったのが、この一枚です。


d0025570_12531861.jpg

思わず手ブレしてしまったので、
読みにくいですが、活字にするとこんな文章です。

  永い間有難うございました
  昭和三十三年高卒で上京 現在七十才ですが
  私の青春時代はデパートの洋服は高価で すべて自分で作りました
  それも貴社の製品は安くそれなりの流行品でしたので大助かりでした
  本当に有難うございました
  残念ですが これも時代の流れでしょうね(熊谷)
  (原文ママ)


とても感動的ですね。

この後も、メッセージは日に日に増え続けて、
一時期はシャッターを埋め尽くすほどになりましたが・・・



d0025570_1332143.jpg

ある日、いつの間にか撤去されてしまいました。。。

いったい誰が、何時の間に・・・

その時、池袋はちょっとした都市伝説となったそうです。。。



そして今・・・



d0025570_21461697.jpg

廃墟となったビルですが、
社名を青いシートで目隠しされて、
どこぞの店が「期間限定アウトレット店」として営業してました。


d0025570_21501154.jpg

見るからに微妙な品ぞろえが哀愁を誘います。



ちなみに・・・



d0025570_13334717.jpg

この人も朝から頭を抱えてました。。。

えっ、寝てるの???
[PR]

by wakachannel471225 | 2010-05-17 22:31