<   2009年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

やだねったら、やだね。

「千葉大学園芸学部」
「島根県立大学総合政策学部」
いま話題の学校は出場しませんが。。。


頭がよくて足の速い大学生たちが憧れる、
お正月のイベントが・・・


d0025570_15365778.jpg

【東京箱根間往復大学駅伝競走】
通称「箱根駅伝」ですね。

元・メガネさんも、お正月は朝からテレビの前で応援をするのが恒例でした。
「山の神様」という呼び名に本気で憧れたものです。

そんな夢見る少年が大人になって・・・


d0025570_15502438.jpg

憧れの「箱根駅伝ミュージアム」に行ってきました。
東京は大手町から出発して、往路のゴール地点「芦ノ湖」の湖畔にある小さな館。
翌日はそこが復路のスタートともなる場所です。


d0025570_15524690.jpg

8月には日本大学の留学生ランナー「ダニエル選手」も来館してました。
来年の本番に向けて、下見を兼ねた練習の合間に訪れたのでしょうか。


d0025570_15544884.jpg

青いポロシャツがとても似合う、
そんな大学ランナーのトップ選手が立った場所に、
元・メガネさんも・・・


d0025570_15555857.jpg

記念撮影してしまったミーハー野郎。
いっちょ前に、走るポーズもしてるお調子者。


d0025570_15573173.jpg

何度も優勝を重ねてる伝統校の幟にかこまれて、
気分が高騰してるロクデナシですが、


d0025570_1602331.jpg

あれ?
痛めてる左膝にサポーターを巻いてどうするつもり!?


d0025570_16162772.jpg

あれ?
右の足にもサポーターを付けて何のつもり!?

ま、まさかアンタ・・・


d0025570_16184112.jpg

復路のスタート地点で身構える元・メガネ。
時刻は11:00ちょうど。
芦ノ湖の風を受けながら、今・・・


d0025570_16205839.jpg

スタートしました!!

思えば、前日の夜、
酔っ払って口走ってしまったのが全ての始まりでした。

メガネ 『箱根駅伝のコースを走ってみようぜ!』
ヨ メ  『おっ、いいねぇ!』
メガネ 『復路は山を下るから、結構ラクかもよ?』
ヨ メ  『「山の神」気取れるかもね』
メガネ 『じゃあ、明日出発しようぜ!』

酔ったイキオイって怖いですね。
電車を乗り継いで、本当に来てしまいましたよ。


d0025570_1626844.jpg

しかも今日は大型連休の前半なので、
どこの店も満員・満車の大賑わいです。


d0025570_16273496.jpg

そんな渋滞でイライラしてる観光客を横目に、
薄笑いで走りぬける元・メガネ。

目指すは東京・大手町の読売新聞社前(109.9KM)ですが、
今晩の宿は、42.1KM先の平塚中継所がある「東横イン@平塚店」を予約しました。


d0025570_1638722.jpg

とりあえず、25KM先の小田原を目標に走ろうと思います。
いきなりフルマラソンの距離に挑戦して、大丈夫なのか!?


d0025570_1645861.jpg

観光がてらに休憩を入れつつだから平気でしょ。
しかも下りの坂道だから、自然と脚が前に出ますよ。


d0025570_16471829.jpg

いつになく強気の元・メガネ。
確かにこんな杉並木の中を走るのは気持ちいいですね。


d0025570_16492697.jpg

観光客が静かに歩いてる傍らを、
場違いなランナーが砂利を蹴散らして通り過ぎます。


d0025570_1651125.jpg

杉並木を抜けると、大きな赤い鳥居が見えてきました。
どうやら「箱根神社」の入り口らしいのですが、
駅伝のコースには含まれてないので・・・


d0025570_16531533.jpg

参拝は諦めて、宮ノ下へと向かいます。
ここから先は山道となりますよ。


d0025570_16543144.jpg

立派な門構えの「成川美術館」を横目に、
先に進む元・メガネ。


d0025570_1656177.jpg

さっきまで芦ノ湖周辺は観光客で賑わっていたのに、
急に人通りがなくなってきました。


d0025570_1657329.jpg

しかも、山特有の角度のあるカーブが多くて、
結構走りにくいです。


d0025570_16584328.jpg

道に迷わないように、コースをプリントアウトしてきましたが、


d0025570_170942.jpg

地図の読めないダメオトコにとって、
頼りになるのはやっぱり「道路標識」です。
さすが国道、ポイントには必ず案内板があります。


d0025570_1725966.jpg

颯爽と自転車が通り過ぎていきました。
ロード用の高級自転車です。
「坂道はスピードが出て気持ちいいだろうなぁ」と思ってたら、
ペダルを一生懸命こいでました。


d0025570_1751244.jpg

あれ? おかしくね?

復路の山は下りばかりだと思ってたら、
ここまでずっと上ってますけど。


d0025570_1772296.jpg

ね? 
明らかに急な上り坂ですよね!?

どうやら、スタートから4.6KM地点に、
「国道1号最高地点」があるらしく、
そこに辿り着くまではずっと上り坂らしいんです。


d0025570_17122729.jpg

『まぢでぇ~、聞いてねーよ!!』

思いもよらぬ展開に、心を痛めた元・メガネ。
さらに追い討ちをかけるように、
山の天気にも振り回され、小雨もパラついてきました。


d0025570_1717268.jpg

観光バスが撒き散らす排気ガスも、体力を奪います。
運転手の怪訝そうな顔が気になりました。


d0025570_17205874.jpg

山道って、平らな道と比べて、けっこう疲れますね。
なかなか前に進まない気がします。
早くも走るのが飽きてきた頃・・・


d0025570_17535441.jpg

何とも怪しいお堂(?)が静かに構えていました。
何故、こんな場所に?


d0025570_1756146.jpg

近づいてみると、石を積み上げた塔が恐怖を感じさせます。
一体、あのお堂の中には、何が潜んでるのでしょうか。


d0025570_17575513.jpg

近くによっても、中は暗くてまったく見えないので、
禁断のフラッシュをたいてみました。

果たして、その中身とは・・・


d0025570_17593733.jpg

あぐらをかいた「おっさん」が座ってました。
岩を削って「おっさん」を彫ってみたらしいです。
まさに・・・


d0025570_1845488.jpg

「イワオ」的な扱いの石像でした。
キン骨マンの子分として知られるイワオ。
決して「フッオボールアワー」の「のんちゃん」ではありません。

そんな事をしながら走ってるうちに・・・


d0025570_18165217.jpg

国道1号最高地点キタァー!!

標高874メートル。
この数字がどれほど高いのかは分かりませんが、
とりあえずここで上り坂はオシマイってことで。


d0025570_18192048.jpg

思いのほか疲弊した元・メガネ。
富士山の恵みの水が美味いです。

でも、まだ4.6KM地点ですよ!
平塚まで残り、37.5KM!

そして大手町まで・・・105.3KM。。。

どうする? まだ走る?
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-11-27 18:38 | RUN

国歌は「私達の美しい故国」。

整形して逃亡中の市橋容疑者。
「イノウエ・コウスケ」という偽名を使ってるらしい。
「井上康生」と「北島康介」を混ぜたな。
意外と金メダル好きな一面がありそうです。


11月7日。

4年前から、この日は世界の珍しい料理を食べる日になってます。
その日は元・メガネさんの結婚記念日なのですが、


d0025570_17171096.jpg

1周年では渋谷にあるペルー料理「ミラフローレス MIRAFLORES」で
激辛ハバネロ料理に悶絶し、


d0025570_17204920.jpg

2周年目は恵比寿にあるフランス料理「ビストロ・ダルブル/分土火」で
フランスワインに撃沈してテーブルに水をぶちまけ、


d0025570_17255843.jpg

3周年では六本木にあるベラルーシ料理「ミンクスの台所」で
北欧の美女が運ぶ料理にドキドキし、


そして4周年の先日、
わざわざ前日予約してまで向かった店とは・・・


d0025570_17301925.jpg

京橋にあるクロアチアレストラン「Dobro」でした。

東京駅から徒歩7分。
銀座の喧騒から少し外れた路地裏に、
ひっそりと佇む自称・隠れ家レストラン。
ちなみに「Dobro」とは、クロアチア語で「Good」の意味だそうで。

その重い扉を開けると・・・


d0025570_1740962.jpg

重厚な大理石の階段と、中央にあるステージが目を引きます。
まるで北欧のお城をイメージさせる石作りの店内は、
初めて訪れた人をキョドらせる要素が満載です。


d0025570_1845353.jpg

さらに、店内の照明は必要以上に薄暗く、
テーブルに置かれたアンティークなロウソクの灯が、
ユラユラとはためく様に不安を覚えずにはいられません。


d0025570_1885235.jpg

土曜日の夜だというのに、他の客は中年夫婦一組のみ。
静かに流れるクラシック音楽が、一層寂しさを感じさせます。


という訳で・・・


d0025570_18115458.jpg

最初からクロアチア産のワインでテンションをあげたいと思います。
【グラーシェヴィナ ダールヴァル パリック2005】

意外とワイン作りが盛んなクロアチア。
バランスが取れた酸味と香りが持ち味の白ワインですが、
元・メガネさんは冷えてれば何でもアリのロクデナシでした。


まずは前菜です。
もちろんアラカルトで頼みます。


d0025570_1820879.jpg

【長野県にある姉妹店から直送したサラダ】

ズバリ、読んでそのまんまのサラダです。
小さなフルーツトマトが甘くて美味しかったです。


d0025570_1823136.jpg

【チャバプチッチ】

「チャバプチッチ」とは、クロアチア語で「小さなケバブ」のこと。
トルコ料理の「ケバブ」の肉の味がします。
小さいのに、お皿に4個しかないのが寂しいです。


d0025570_18255843.jpg

もちろん、まだ店内の客は2組だけで寂しい限りです。
盛り上がりに欠けてます。


d0025570_1827436.jpg

【パプリカのクリームシュトゥルクリ】

クリームチーズをラザニア生地で巻いた、クロアチア風ラザニアです。
溶ろけたチーズにふんわり玉子がよく絡んで、すごく美味しいです。
これはワインが進みます。
店員が注ぎに来る回数が頻繁になってきました。


d0025570_18305473.jpg

【サルマ】

この店のイチバン人気メニューです。
3週間も塩漬にしたキャベツに、ポークとお米を詰めた
クロアチア伝統のロールキャベツですって。
3週間も漬けといたら味はもちろん・・・

『しょっぱい(>_<)』 です!!

そんな時はやっぱり・・・


d0025570_18465346.jpg

ワインを呑んで、舌を落ち着かせます。
それにしても非常に呑みやすいワインです。


d0025570_18482631.jpg

キャンドルの灯が幻想的に揺らめいて、
異国情緒を演出してます。


d0025570_18495689.jpg

壁に浮かび上がったグラスの影が、
とてもオモシロだったので、


d0025570_1856335.jpg

ボトル2本目突入です。
【ソーヴィニョン・ダールバル】

ハーブや青々とした草のような香りがウリらしいです。
口に含むと豊かな酸が広がるって書いてありましたが、
やっぱり冷たけりゃ、何でもいいです。


d0025570_1859138.jpg

【海老と魚介のブーザラ】

「ブーザラ」とは、トマトやワインで味付けされた煮込み料理です。
海老のほかにホタテや白身魚が入ってます。
ペスカトーレを思わせる、クロアチア魚介料理の定番です。
トマトを使った料理にハズレはないでしょ。


d0025570_1942062.jpg

美味しいつまみに喜んでバカバカ呑んでるうちに、
他の1組の客が帰ってしまいました。


d0025570_1961965.jpg

トイレから帰ってきた元・メガネ。
調子こいて中央のスペースでキメポーズをしてみましたが、
酔っ払ったヨメの手がブレてしまいました。
手ブレ防止機能も台無しです。

もう帰ろうか。。。


ほろ酔い加減で店を後にした元・メガネ。
こうなったら2件目に行きたいところですね。


d0025570_19143813.jpg

銀座の街をブラブラ歩きはじめましたが、
知ってる店が何もない内弁慶なロクデナシにとって、
煌びやかなネオンがプレッシャーとなってしまい・・・


その結果・・・


d0025570_19152696.jpg

家の近所の焼き鳥屋で、日本酒を啜るダメオトコ。
「やっぱり板橋がイチバン落ち着くよね」と、
けんもほろろな結果を導いてしまったメガネ野郎でした。


d0025570_19265113.jpg

常連のお客さんと酔っ払いの競演です。
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-11-09 19:37 | gourmet

エンタの花道。

はるな愛(37)がニューハーフ世界一になったそうですね。
本名:大西賢示。
元・メガネさんの下の名前も「ケンヂ」。
同い年の彼の快挙に、メガネさんの心も躍ります。


d0025570_1762526.jpg

いつかアタシも。。。



3ヶ月前のこと。
性懲りもなく、またまた送別会を催してた「安田企画」。
今回のターゲットは・・・


d0025570_1795341.jpg

上福岡のベッカムこと、
「Mr.メタボリック」さんでした。

「ホウセンズ(仮)」の総務を本業としていましたが、
大人の事情で他チームに移籍するそうです。
そんな彼の送別会が・・・


d0025570_1718598.jpg

7月某日、余興の殿堂「カラオケパセラ」で催されました。
今回も大人数の参加が予想されるのと、
「安田企画」の余興スペースを確保するため、
わざわざ地下1階のパーティールームを貸し切る力の入れよう。


d0025570_17221533.jpg

幹事兼、司会はこの人「みたいなサン」です。
仕事の合間に段取り良く会場等を押さえてくれました。
その手際のよさは、さすが最後のバブル経験者です。

みたいなサン 『えー、では乾杯の音頭をやってもらうのが・・・』


坂下さん!!


どこからともなく悪魔の声が聞こえてきました。
何と、「Mr.メタボリック」自ら指名のコールです。


d0025570_19352668.jpg

突然のムチャ振りに困り顔の「坂ぴょん」。
松戸の「プーさん」は、困ったときはお腹を掻いて誤魔化します。
今回はもっと困ってるので、背中を掻き始めました。


d0025570_1938919.jpg

案の定、グダグダの挨拶でしたが、
大人の対応力で何とか「乾杯宣言」です。


d0025570_19401564.jpg

そうです。
今日はこの「ムチャ振りモンスター」のキラーパスを
ずべて受け止めなくてはいけないルールなのです。
傍若無人のロクデナシ。
恐怖の大王がいまここに降臨です。


d0025570_19432685.jpg

ヲタ芸を得意とする「フジタ氏」も、


d0025570_19443896.jpg

キレ芸を生業とする下町の「ケロロさん」も、


d0025570_19475956.jpg

ネガティブキャンペーンを展開中の「元・メガネさん」も、

彼の指図で唄わされてました。

・・・

いや、喜んで唄ってました。


ですが、少しでも歌が途切れると・・・


d0025570_19505349.jpg

カラオケ大好きな「メタボさん」が、ここぞとばかりマイクを握り締めて、
自慢の喉を震わせて参戦してきます。


d0025570_19544232.jpg

『どうよワッキー、オレの歌声は?』
『いやー相変わらず感服しますよ。』

心無い会話の一例です。


d0025570_1956894.jpg

唄うときは何故か緊張してしまう「太っちょさん」や、


d0025570_19574655.jpg

対照的にステージ慣れしてる「ボンクラ侍のボーカル・匠」や、


d0025570_2005996.jpg

カラオケの女王「ダイグチさん」も、
「メタボさん」を盛り上げるべく、自らの持ち歌を披露です。
みなさんの頑張りで場が段々暖まってきましたよ。


d0025570_2033074.jpg

「白い悪魔」が定番の松田聖子ちゃんを唄ってるときは、
一瞬静まりましたが・・・

それを埋めたのが、


d0025570_2052574.jpg

「ワッキー」のエロ・ORANGE RANGEでした。
マイクを自らのチンポにみたててシゴキまくります。
オトコの歓声、オンナの悲鳴が上がる中、
会場が阿鼻叫喚としてきました。


d0025570_2085043.jpg

「メタボさん」も「おぎっち」とデュエットでご満悦です。
この時間帯くらいから、もっとオレに唄わせろオーラが充満してきました。


d0025570_20135686.jpg

「みたいなサン」が渋い歌声で熱唱した矢先、


d0025570_20151557.jpg

負けじとブランデー(のつもり)を片手にムードたっぷりに唄います。


d0025570_20171471.jpg

「コバちゃん」が得意のアニソンをかましたあとも、


d0025570_20182411.jpg

朝青龍ばりの笑顔でマイクを離しませんでした。

もう、ここまで来たら何でもアリです。
唄ったもん勝ちです。
無礼講タイムの始まりです。


d0025570_20222866.jpg

「ワッキー」がよく分からない歌を唄っても許されます。


d0025570_2023422.jpg

「安田企画」が宴会ソング「LOVEドッきゅん」を歌い踊るのも許されます。


d0025570_20593369.jpg

「タケもっちゃん」が英語で歌ってても何でもアリです。


d0025570_2113688.jpg

「コバちゃん」と「白い悪魔」が後方で囃し立ててます。
悪魔寝てる!?


そしてついに・・・




出たがりユニット「安田企画」の登場です。

毎回ネタに悩みますが、
今回は安易な方向に走ってます。
「ワッキー」の苦笑がたまりません。


このユニットに刺激を受けたか知りませんが、
もうひとつ、伝説のコンビが誕生しました。


d0025570_1144149.jpg

「坂ぴょん」と「メタボさん」の夢のデュエットの実現です。
奇跡の2ショットは、最後の宴に華を添えます。
真剣に唄えば唄うほど、聴衆の笑いをさそうスペシャルユニット。


d0025570_123270.jpg

さすがの「ワッキー」も言葉をなくすハーモニーでしたが、


d0025570_1242512.jpg

何故か勝ち誇ってしまった「メタボツインズ」。
まるで全日本プロレスの「アジアタッグ王座」に輝いた「嵐・荒谷信孝」組のようです。


自らの送別会を、誰よりも楽しんでいた「Mr.メタボリック」。
自作自演ともいえる3時間の長丁場に誰もが疲弊しきった頃、
もう最後の挨拶を済ませて帰ろうぜという雰囲気になった今、
耳を疑う言葉が彼の口から発せられました。


d0025570_1345888.jpg

『最後にボクから皆さんのために、歌のプレゼントをします』

今まで散々唄っといて、まだ唄うのかよ!!

誰もがそんなツッコミを入れた途端、イントロが流れてきました。
では、彼の最後の勇姿を動画でご覧下さい。

曲は、EXILEで「道」・・・





こうして、ある意味ジャイアンリサイタルともいえる自作自演の公演は、
盛大に幕を閉じたのでした。

自他共に認めるエンターテイナーの魅力を存分に発揮して、
その太めの笑顔はしばらく人々の心に焼きついたことでしょう。


d0025570_1240838.jpg

お元気で、「Mr.メタボリック」。

また何処かで会いましょう。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-11-03 02:46 | HOSENS