<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

残念です!ぜ・・・善戦むなしく敗れました、日本の矢吹!

「美人過ぎる議員」として有名な、藤川ゆり(28歳)八戸市議。
議員としてのスローガンは「食づくり、人づくり、まちづくり」ですが、
自分のDVDと水着写真集も作っちゃいました。



d0025570_13225130.jpg

せっかく辿りついた頂上を下りるのは
多少もったいない気もしますが、

d0025570_13285282.jpg

栄枯必衰の理にあるように、
登ったら下りるのが世の常であります。

人気も株も、下がりだしたら早いと言いますが・・・

d0025570_13401486.jpg

こんな砂利道を下るのは、容易なことではありません。

d0025570_13414818.jpg

ゆっくり歩いて帰りましょうよ。
急いだらケガしますよ。
転んだらイタイですよ。

d0025570_13433393.jpg

そう心に言い聞かせてたのに、
早くも遅れをとってしまいました。

d0025570_1345391.jpg

あいつら何であんなに先に行ってんだ?

遥か彼方に見える、さっきまでの仲間たち。
坂道を下るのが楽しいのか、
メガネさんのことを忘れてしまったのか。。。


で、その頃のメガネさん。


d0025570_1822232.jpg

傾斜のある坂道に、かなり苦労してました。
買ったばかりの靴が足に合わず、悲鳴をあげてます。

d0025570_18293212.jpg

下れでも、下れども、
景色が変わらない富士山・須走口。
こんなつまらない光景が約2時間続きました(いや、マジで)。

d0025570_1833836.jpg

しかもこの男、途中で足を挫いちゃって、
さらにペースが遅くなって・・・

d0025570_18343668.jpg

メガネさんを思い出して待っててくれた仲間たちが、
待ちくたびれて眠くなるほど遅れをとってました。

『メガネさん、疲れたときは甘いものを食べてください』

優しいキャンチョメ氏からキャラメルを頂きました。

『ありがとう、甘くて美味しいね。少し元気が出たよ・・・あれ!?』

d0025570_18421894.jpg

『何か固いものが口の中に・・・』
これはまさか・・・

d0025570_1838447.jpg

奥歯に詰めてた「銀歯」が取れちゃいました。。。

サングラス、デジカメに続いて、銀歯も壊したよこの人。
どれだけ山の神に嫌われてるのでしょうか。。。

d0025570_18442647.jpg

もはや心身ともにボロボロのメガネさん。
こんなに急な坂を、こんな状態で下り続けなければいけません。

d0025570_18463868.jpg

さらに追い討ちを掛けるように、雨がポツポツ降ってきました。
濃霧で視界が見えません。
雨が体に刺さります。
すこし痛いです。

d0025570_1850102.jpg

何この状況。
チョー最悪なんですけど。

登山部の人たちは、もう先に行ってしまいました。
待ってる気配すらありません。

d0025570_18531430.jpg

早く追いつけるように、休憩もせずに歩き続けます。
でも、すごく足が痛いので全然ペースがあがりません。
あぁ、ツライ、ツライよ・・・。


なんだか哀しくなってきちゃった。。。



d0025570_18575983.jpg

下り始めて2時間半。
どうにか6合目に辿りつきました。

d0025570_1901086.jpg

これが登ってきた前日の姿。
あきらかに顔の形が変わってます。
使用前、使用後では、後のほうが醜いです。



そして、さらに45分後・・・



d0025570_1945725.jpg

もやの中で一人のメガネがうごめいてました。
言葉に出来ない殺気を発しながら、
口をパクパクさせています。

えっ? 何が言いたいの?

d0025570_1964222.jpg

ふ・・・富士山に殺られた!!

d0025570_1144271.jpg

勝った負けたでいえば「完敗」でした。

d0025570_1173937.jpg

アリナシでいえば「アリエナイ」でした。

メガネ氏、35歳。
既婚。
身長174センチ。
体重64キロ。
リストラ最前線で、
なんとか頑張る
中年サラリーマン。
借り物の雨カッパに身を包む、
身の程知らずのエロガッパ。

そんな男が・・・

d0025570_1127557.jpg

ついに、5合目に戻ってきました!!

d0025570_11274522.jpg

オレ、エライぞ~!!


降りしきる雨の中、自画自賛で叫ぶメガネ魂。
1時間ほど前に辿りついてた登山部員たちが、
失笑しながらお出迎えです。

精も根も尽き果て、真っ白な灰になったメガネさんは、
案の定、熱を出してしまい、帰りの車の中で一人震えてましたとさ。。。


【結 論】

富士山に登るのは止めたほうがいいよ。。。


d0025570_17122156.jpg

[PR]

by wakachannel471225 | 2008-09-25 17:14 | travel

そのうち親友と呼べる奴は何人いるんだろう。

イチロー選手(34歳)、8年連続200安打達成。
イチローにとってのホームランは、内野安打の打ちそこないらしいです。


文字通り「死ぬ思いで」日本一の頂に到達したメガネさんたち。
その喜びはキモイくらいウザイです。

d0025570_152240.jpg

ボンクラ侍が、男のたしなみの必需品、
「ギャッツビーさらさらボディペーパー」を取り出しました。
気圧で袋がパンパンですが、

d0025570_1583842.jpg

『いやぁ、昨日お風呂入ってないから、キモティー♪』

あなた、顔が変わってますよ。。。

d0025570_201026.jpg

続いて、佐賀のがばいカワクボ氏が、
バッグから赤ワインを取り出しました。

なんと、富士山頂まで重いボトルを担いできた勇気ある佐賀県民。

d0025570_242083.jpg

みんなで有難くいただきましょう。

ルネッサ~ンス!!

みなさん、いかがですか?

d0025570_265484.jpg

『初恋の子は「The かぼちゃワイン」に出てくる「Lちゃん」でした♪』

d0025570_2123674.jpg

『カラオケで「ワインレッドの心」を熱唱する大人が嫌いです♪』

d0025570_2135915.jpg

『神戸ワイン城で貴族と舞踏会に参加するのが夢です♪』

d0025570_217679.jpg

『シミズ的には、まだワインの美味しさが解かりません♪』

d0025570_2201132.jpg

『ワインは、こぼされた思い出しかありませんね♪』

d0025570_231215.jpg

『ワインドアップから牽制球はボークですか?』


d0025570_2551752.jpg

眼下にそびえる雲を見てたら、
誰かがおもむろに歌いだしました。


 一年生になったら 一年生になったら
 ともだち100人 できるかな
 100人で 食べたいな
 富士山の上で おにぎりを

d0025570_2591243.jpg

 パックン♪

d0025570_304055.jpg

 パックン♪

d0025570_33581.jpg

 パックンと♪

(まど・みちお作詞/山本直純作曲)


幼少のころ習った童謡を、35歳でやっと体現できました。
ともだち100人いないけど、
mixiのともだちは2人しかいないけど、

d0025570_371290.jpg

とりあえず、大願成就です。


さらに・・・


d0025570_384870.jpg

おもむろにバッグからレトルトカレーを取り出したキャンチョメ氏。

d0025570_3101062.jpg

「日本一高い場所でカレーを食べたい」
そんなカレー部の夢を、いま叶えてくれました。

d0025570_3133340.jpg

『これでみんなカレー部員だね。揃いのTシャツ作ろっか?』

d0025570_3144686.jpg

『お金かかるから嫌です』


ワイン呑んで、
おにぎり食べて、
カレーまで食べちゃって、
思わずはしゃいじゃったメガネさん。

d0025570_3172667.jpg

案の定、ちょっと気持ち悪くなっちゃいました。。。

d0025570_3201754.jpg

それもそのはず、
だってここは標高3750m。
酸素が薄いことを忘れちゃいけません。

d0025570_3223545.jpg

なので、火口まで散歩することにしました。

d0025570_3235858.jpg

これが有名な富士山の火口です。
別名「お鉢」ともいいます。
約1時間かけて「お鉢めぐり」をする人たちがいますが、
僕らはまったく興味ありません。

d0025570_3251789.jpg

ずっと火口付近で遊んでました。

『ほらっ、飛び込んじゃうよ~!!』
『危ないから止めなさい! 毎年落ちて死ぬ人がいるから!!』

知らない誰かにまた怒られてしまいました。。。

d0025570_3273430.jpg

そんな死と隣り合わせの火口のそばで、
酔っ払ったメガネさんはお昼寝タイムです。

d0025570_329735.jpg

『いい気なもんだね、この人は』
『このまま置いて帰りますか・・・』


山頂でまったり過ごすこと90分。
体も冷えてきたので、下山することにしました。

d0025570_3342245.jpg

天気も悪くなりそうだから、
さっさと降りようぜ!!

d0025570_331391.jpg

登った分だけ、降りなければいけない事を、
この時点では気付きもしないメガネさんでした。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-09-23 03:53 | travel

プロジェクトX ~挑戦者たち~。

「焼肉小倉優子」のキャッチコピーは、
『みんなで焼き肉食べりんこ!!』
別の店に行きますか。。。


d0025570_17175237.jpg

人生初の標高3000mオーバーの地に立ち、
しかもさらに上を目指して歩いてます。

d0025570_17314325.jpg

下を見れば、登ってくる人、人、人の数々。
まるで奴隷が歩いてるようです。
何なんですか、この光景は!?
まさに地獄絵図ですよ。。。

d0025570_17335881.jpg

「悲惨」という言葉が最も似合う3人組。
こんな場所に来てしまったばかりに、
こんなひどい目に合っています。

d0025570_17432320.jpg

天空の世界はインフレが起こってるようで、
500mlのペットボトルが500円でした。
本当にひどい仕打ちです。

d0025570_17515770.jpg

『早く下界に帰りたいね』

d0025570_17505888.jpg

『でも、上に登らなきゃ下に行けないんだよ』

キャンチョメさんは体力がありますね。
さすが「無敵フォルゴレ」のパートナーですね。

d0025570_1754338.jpg

火山灰の影響でしょうか。
こんなに地層の色が異なっています。

d0025570_1756159.jpg

こんなへんぴな場所で働いてる大人たちがいました。
エライねぇ。
ほんとにエライねぇ。

それに引き換え・・・

d0025570_17584424.jpg

あぁ、もう死んでしまいたい。。。

メガネ氏、ようやく本8合目に到着です。
生きてることが辛いなら、いっそ小さく死ねばいい。
そんな森山直太郎の歌が心に刺さってます。

d0025570_182163.jpg

お前、もう死ねよ!!

ヨメがイキガミとなって言い放ちました。
24時間待たなくても、きっともうすぐ・・・。


d0025570_18134415.jpg

太陽が雲に隠れてしまい、薄暗くなってしまいました。

d0025570_18223468.jpg

「楢山節考」の姥捨山か
「砂の器」の放浪の旅か、
いずれにしても、暗い過去を背負った主人公の気分です。

d0025570_19312569.jpg

こんなピグモンの肌の色みたいな岩場をずっと歩いてると、
どうしても考えることが後ろ向きになりますね。
レッドキングに岩を投げつけられて命を落とした怪獣です。

そんな事を考えながら・・・

d0025570_19294787.jpg

鳥居まで来たぞ!!

今思えば・・・
この迎久須志神社の入り口の鳥居が9合目とのことなのですが、
ここが「9合目」だって何処にも書いてないので、
これから向かう頂上を、まだ9合目だと思いこんで先に進んでました。。。

d0025570_19415687.jpg

ここから頂上まで約30分。
体力はとっくに使い果たしてますが、

d0025570_19434110.jpg

それでも甘いものにパワーを貰って、

d0025570_19451958.jpg

人工の酸素に助けてもらって、
生きる喜びを摂取します。


では、歌いましょうか。。。


d0025570_19483892.jpg

風の中のすばる 砂の中の銀河
みんな何処へ行った 見送られることもなく

d0025570_195047.jpg

草原のペガサス 街角のヴィーナス
みんな何処へ行った 見守られることもなく

d0025570_19511461.jpg

地上にある星を誰も覚えていない
人は空ばかり見てる

d0025570_19523716.jpg

つばめよ高い空から教えてよ 地上の星を
つばめよ地上の星は今 何処にあるのだろう♪

(「地上の星」(2000年)/ヤマハミュージック)



d0025570_1954840.jpg

『ねぇ、もしかしてあれって・・・』

d0025570_19554539.jpg

なんと、階段の先には白い鳥居が見えてます。
もしかして、あれは・・・。

d0025570_1957546.jpg

狛犬がいるぞ!!
これが噂に聞いた・・・

d0025570_20423274.jpg

鳥居御橋に来たぁ~!!


てことは、
あと数歩登ると・・・


d0025570_2015251.jpg

富士山頂上浅間大社奥宮の碑だぁ~!!


えっ、富士山頂!?


ここが9合目じゃないの!?


ちゃっかり頂上用に、まだ余力を残してたメガネさん。


予期せぬ頂上の出現に、ちょっと肩透かしです。


でも・・・


これで・・・


d0025570_2054819.jpg

日本一(高い所に)来たぁ~!!


d0025570_209663.jpg

もう登らなくてすむぞ~!!


d0025570_20103188.jpg

まだ登ってる奴ら、ざまーみろー!!


d0025570_20141974.jpg

下の雲も、ざまーみろー!!


そして・・・


d0025570_20384931.jpg

登りきった僕らは、エライ!!


5合目出発から、約19時間。
標高3720mを登りきりました!!

はしゃぎすぎて、息が苦しいです。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-09-22 20:53 | travel

遠ざかる雲を見つめて。

「親展」と書かれた封書が届くと、
何故か不安になります。


7合目を出発したメガネさん一行。
ここから8合目までがイチバンの難所だと人は言います。

d0025570_13285219.jpg

だって、こんなに岩が剥き出しで、しかも急斜面の道が続くんですもの。
いや、これは道じゃないね。
山だよ、山!!

今更何言ってんだよ。。。

d0025570_14442215.jpg

7合目までとは明らかにレベルが違います。
気を許した瞬間、痛い目をみます。

d0025570_16223237.jpg

足を運ぶのではなく、手で岩をかき分けるように進んでくイメージ。
たった10m上にあがるのに、どんだけの体力を使うのでしょう。

d0025570_16252614.jpg

こんだけです。
恐るべし富士山。
ツ・・・ツラスギル・・・。

d0025570_16415961.jpg

休憩するのにも、こんなに岩だらけの場所に座らなければいけないので、
お尻が岩にかじられて痛いです。

d0025570_16445877.jpg

えっちら・・・おっちら・・・

d0025570_1646677.jpg

えっちら・・・おっちら・・・

悲壮感を漂わせ、
嫌々オーラを体中から発しながら、
ゆっくりと登っていきます。

d0025570_16494668.jpg

『もう、勘弁してくんないかなぁ!!』

歩き始めて40分。
メガネさんギブアップ宣言です。

『体力の限界、気力もなくなり・・・相撲を続けてくだけの・・・』

d0025570_133641.jpg

『何してるんですか、置いてきますよ!』
『は、はい、いま行きますよ。。。』

千代の富士ごっこは終了です。

d0025570_14135614.jpg

少しずつ少しずつ、

d0025570_14164395.jpg

登っては休み、

d0025570_14175774.jpg

登っては休み、

d0025570_14195695.jpg

登っては休み、


それをひたすら繰り返してました。
酸素が薄いので、思考能力も低下しています。
むしろ考えると疲れるので、頭を無にしています。

と、そこで衝撃の事件が!!

目が虚ろなメガネさんが、休憩のためザックを岩に降ろしたその瞬間・・・

『ガコッ!!』

なんかイヤな音がしましたよ。
ま、まさか・・・

d0025570_14244135.jpg

なんと、メガネさんのデジカメが岩に接触して、
液晶画面が割れてしまいました。。。

しかも1週間前に9975円で修理を終えてきたばかりだというのに。。。

幸い(?)、画面は映らないのですが、画像は撮れることが判明したので、
引き続き撮影は可能なのですが、
これからはおおよその「感」で写真を撮らなくてはいけません。

d0025570_1446032.jpg

マジ最悪なんですけど。。。
心のダメージはホイミの呪文どころじゃ回復しません。
誰かSILVAのマネで「ダメージをなくそう♪」と唄ってください。

d0025570_15324930.jpg

いくら嘆いても仕方がないので、
再び歩き始めるメガネさん。

d0025570_15335363.jpg

喋ると疲れるので、聞こえてくるのは己の息遣いのみ。
「はぁ」と「ふぅ」が山にこだまします。

d0025570_15375221.jpg

今日、何回目の休憩でしょうか。
誰かが重い口を開きました。

『もう、8合目まで近いよ!』

何を根拠に言ってるのかわかりませんが、
微かな希望を与えるには充分でした。

d0025570_15412549.jpg

『がんばって行きまっしょい!!』

d0025570_15433597.jpg

辛くて涙が出そうでも、

d0025570_15442472.jpg

辛いを通り越して思わず笑っちゃっても、

d0025570_15455042.jpg

「あと少しだけ頑張ってみよう」という希望を胸に、

d0025570_15465819.jpg

「あと少しだけ頑張ろうよ」という励ましを糧にして・・・



d0025570_15491923.jpg

8合目到着です! やったぁ!!


7合目出発から約2時間。
まさに人生最大の試練でした。
どれだけ辛かったかというのは、

d0025570_15542429.jpg

この顔を見れば解かるでしょ?
完全に壊れてます。

d0025570_1556693.jpg

酸素がすごく美味しく感じます。

「すぅ~はぁ~すぅ~はぁ~」

まだ生きてます。

d0025570_15582966.jpg

とりあえず横になりたい。
そして、このまま眠ってしまいたい。

d0025570_160532.jpg

もはや、カロリーメイトを噛み砕く力もありません。
おやすみ。。。


d0025570_1625621.jpg

只今、海抜3250m地点です。

で、富士山て何メートルあるんだっけ!?
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-09-18 16:21 | travel

富士山麓オウム啼く。

「THE BLUE HEARTS」→「THE HIGH-LOWS」→「ザ・クロマニヨンズ」
次は「ヒロト&マーシー」でいいんじゃね?


d0025570_16475411.jpg

メガネさんたちが激辛カレーを食べて騒いでる頃、
さらに上の8合目を目指し、
頂上でのご来光を夢見る人たちが、早くも出発し始めました。
各々ヘッドライトを装備して連なって歩く光景は「夜光虫」そのものでした。

d0025570_17175211.jpg

一方、こちら7合目でご来光を見ると決めた「虫の吐息組」。
疲弊しきった老体を動かし、
酸素が足りない頭を働かしながら、
日本古来の盤上遊戯「将棋」で一戦を交える勇敢な戦士たち。

d0025570_17284966.jpg

その横で戦局を観察する外国人に苦笑されつつ、
攻守の切り替えが早いモダン将棋を展開してましたが・・・

d0025570_17314534.jpg

『クソッ! ガッデーム!! 金と銀に挟まれちまったぜ!!!』

敢えなく敗退したコートジボワール代表。
負けた感情を駒にぶつけます。
すると・・・

d0025570_1739365.jpg

『お前うるさいよ! 上で寝てる人がいるんだから静かにしろよ!!』

山小屋のおっちゃんに怒られてしまいました。
いい大人なのに真剣に怒られてしまった僕たちは、

d0025570_1746189.jpg

今度こそ、おやすみです。
21:10消灯。。。


で・・・



d0025570_18224596.jpg

昨晩、激怒した山小屋のおっちゃんもまだ寝てる頃。

d0025570_18282952.jpg

4:31 東の空から朱色の光が灯り始めました。
     日の出が現れる前兆のようなものでしょうか。

d0025570_18343026.jpg

4:41 不思議な形の雲が盛り上がってきました。
     もしここから太陽が出てくるとしたら、かなり邪魔な存在ですね。     

d0025570_18572725.jpg

4:56 またひとつヘンテコな形の雲が現れました。
     まるで、雲の海を航海する空母のようです。

d0025570_19251433.jpg

5:13 空母から霧のカーテンが流れはじめました。
    その中はたぶん大雨となっているのでしょう。
    ご来光は大丈夫なのか!?

d0025570_201557.jpg

5:18 いくら待てども姿を現さない太陽に、痺れを切らしたメガネ夫婦。

     『これで太陽でなかったらどうする?』
     『帰るきっかけにはなるね』

d0025570_19273393.jpg

5:18 いくら待てども姿を現さない太陽に、痺れを切らしたキャンチョメ氏。

     『なんか待ち疲れちゃった。もうどうでもよくね?』     

d0025570_19301948.jpg

5:22 これが産みの苦しみというのでしょうか。
     待つことには慣れたはずの印刷営業どもですが、
     データを送ったのにリップが全然かからない状況に似ています。
     あれ? デジコン出てきた!?

d0025570_1932637.jpg

5:24 オギャーという泣き声が聞こえてきそうなくらい、
     立派な太陽が誕生する瞬間です。

d0025570_19342039.jpg

5:25 その刺激的な瞬間、メガネに映る生命に何を思うのか。
     おそらく何も思ってません。

d0025570_19372159.jpg

5:25 あっ、産まれる! 産まれる~!!

d0025570_19575128.jpg

5:25 産まれた直後にしか見れない「真っ赤なルビー」
     のだめで言うなら「三木清良」的な美しさです。

d0025570_19412868.jpg

5:25 普段何気なく目にしてる太陽も、見る場所と時間が違うだけで
     こんなにも印象が違うものなのですね。

d0025570_19454880.jpg

思わず手を合わせる人、
興味なく携帯をいじくる人、

d0025570_19471232.jpg

思い出を記録に残そうとする人、
正座して過去の過ちを悔いている人、

d0025570_19494776.jpg

気温がどんどん上がって、上着の中が蒸れてしまってる人、

d0025570_19513973.jpg

こんな早起きは高校の文化祭以来だと嘆く人、

それぞれの思いで富士登山最大のイベントを迎えることが出来ました。

d0025570_19591675.jpg

無事に太陽の恵みを受けることが出来たことに感謝しつつ、

d0025570_2092549.jpg

頂上を目指して、気持ち新たに向かう覚悟が出来ました(ウソ)。

d0025570_20161869.jpg

時刻は6:08です。
では、そろそろ出発しましょうか・・・と思ったその時!!

d0025570_2018271.jpg

『おい、お前、チョット待て!!』

いきなり山小屋のおっちゃんに呼ばれるカワクボ氏(佐賀出身)。
今度は何をしたんだこの男。

『この売り物の帽子、お前にやる!!』

d0025570_2022664.jpg

『えっ!? この黄色い帽子ですか?』
『この帽子はお前がイチバン似合うと思うぞ! だからやる!!』

なんだかよく解からないけど、おっちゃんと心が通じ合ったらしいです。
たぶん本当は欲しくなかったのでしょうが、
とりあえず500円の帽子ゲットです。

d0025570_20273110.jpg

つか、あなた「ビルマの竪琴」みたいですよ。

「オーイ、ミズシマ、イッショニ、ニッポンヘカエロウ」

とりあえず8合目を目指しましょう。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-09-16 21:00 | travel

夕焼け雲に誘われて。

鷲宮神社のお祭りに「らき☆すた神輿」が登場。
お囃子はオープニングテーマ「もってけ!セーラーふく」なのでしょうか。


d0025570_1238138.jpg

6合目で交わす会話は、雲の大きさを再確認できる距離に立つ喜びでした。
そして10分ほど休憩した後、7合目を目指して歩くことにします。
その前に、ちょっとトイレ。。。

d0025570_1241350.jpg

トイレはもちろん、臭っさい、臭っさい、仮設のトイレなのですが、

d0025570_124228100.jpg

そんな悪臭を放ってても、
100円のチップを要求されます。

d0025570_12453926.jpg

『え~、じゃあもうチョット我慢しよっと』

この期に及んで、またコスイ癖が出てしまったメガネさん。
尿を我慢しつつ、再出発することにしました。

d0025570_12482480.jpg

今晩宿泊する7合目の山小屋まで、およそ1時間の距離。
でも、さっきまでとは違って、石がゴロゴロして歩きにくくなってます。

d0025570_12504723.jpg

まだ空は青いですが、薄くお月様が出ています。
夜歩くのは嫌なので、少しペースを速めましょうか。

d0025570_12522249.jpg

いや、それはマジ無理だから。
ゆっくり歩きましょうよ。
つか、むしろペースを落としてくれますか?

d0025570_1254710.jpg

草木も少なくなった登山道。
だんだん空気も薄くなってきました。

d0025570_12565359.jpg

たまに顔をあげると、美しい空を拝めるのですが、
なんせ酸素が足りないもんで、
ちょっと脳みそが揺れるとすぐ気持ち悪くなるんです。

d0025570_15422181.jpg

『ねぇ、こめかみ痛くない?』
『痛い、痛い、酸素が足りて無いよ!!』

d0025570_1354341.jpg

高山病はものすごくヤバイので、
持参の酸素缶がすごく重宝します。
酸素の有難みを再認識です。

『はぁ~、酸素って美味いよニャー♪』

酸素中毒でラリ気味のメガネさん。
と、そこへ思わぬ事態が!!

d0025570_15265296.jpg

メガネさんお気に入りのオシャレサングラスが・・・

d0025570_15283738.jpg

いつの間にか、壊れちゃった事態が発生!!
登ってるうちに片方のレンズが外れて落っこちちゃったようです。
あ~も~、チョー最悪なんだけど。

d0025570_15304683.jpg

若き日のタモリさんのアイパッチを髣髴させるこの仕打ち。
春先にバーゲンで買った代物が、一瞬にしてゴミと化しました。
もちろん、メガネさんの「やる気バロメーター」はがた落ちですよ。

d0025570_15383115.jpg

気分が沈むのと同じように、太陽も沈んでいきます。
でも、夕焼けが出てるので、明日は晴れでしょう。

d0025570_15455235.jpg

後方にわずかに見えてる建物が7合目です。
現在時刻18:20。
あと30分くらいで到着する予定ですが、
まだ30分も歩くのかと思うと萎えてきます。

d0025570_1555710.jpg

ここまで来ると、余裕のある人はいません。

d0025570_1557050.jpg

ただ目の前の地面を踏みしめて、
交互に足を出していく作業に没頭します。

d0025570_15594352.jpg

あっという間に日が暮れて、暗闇の中を闊歩します。
岩場の傾斜はかなり急です。
一歩間違えば、かなり危険です。

d0025570_1632126.jpg

『大丈夫? しっかり!』

いつの間にかチームワークらしきものが生まれてきました。
ただの同僚から仲間になれた瞬間です。

そしてついに・・・



d0025570_1675154.jpg

7合目の山小屋に到達です!!

7合目まで来たぁ~!!

マジ疲れた。
ホント疲れた。
まじめに、もう充分です。
いっぱい、いっぱいどころか、溢れこぼれてます。
早く横になりたい。。。

d0025570_1692865.jpg

今日、僕らが泊まる山小屋「トモエ館」です。
収容人数200人という大きな小屋にお世話になります。

d0025570_16121460.jpg

お金は前金制です。
一人7500円払うと、寝床に入れてくれます。

d0025570_16164477.jpg

ただし寝床といっても、ほとんど屋根裏部屋です。
3畳ほどのスペースに、6人で雑魚寝しなければいけません。
田舎の豚小屋を思い出しました。

少し休憩したら夕食の時間です。

d0025570_16232118.jpg

出てきたのは定番のハンバーグカレー。
いかにも「あ~あ」な感じの、がっかりカレーとハンバーグ。
まぁ、想定の範囲内ですけどね。
という訳で、メガネさんが取り出したのは・・・

d0025570_16261748.jpg

銀座の名店「デリー」のインドカレーを家から持ってきました!

d0025570_1628349.jpg

電子レンジが無いから冷たいままだけど、
その美味しさは折り紙つき。

d0025570_16291763.jpg

こんな状況で食べられる喜びは格別です。
どうですか、メガネさん?

d0025570_16311155.jpg

うわぁ、辛ぇ~!!

あまりの辛さのため、ペットボトルの貴重な水を
がぶ飲みする羽目になってしまいましたとさ。

明日のために、もう寝ましょう。

おやすみ。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-09-12 17:06 | travel

男女6人山物語 ~もう遅いねや・・・~

若ノ鵬(20)=本名ガグロエフ・ソスラン・アレキサンドロビッチ、
ロシア出身、間垣部屋
幕内成績: 39勝36敗。
最後の決まり手は「大麻取締法違反(所持)容疑で逮捕」でした。


d0025570_16401329.jpg

ようやく車で5合目に辿りついた登山部の面々。
日本一の山を前に、緊張感のカケラもありません。

d0025570_16482674.jpg

だって、前の人について歩けば頂上に着くんでしょ。
楽勝♪ 楽勝♪

d0025570_16494174.jpg

神社があるから、お参りでもしとく?
面倒くさいけど。

d0025570_16505047.jpg

とりあえず祈っとく?
お賽銭いれないけど。

d0025570_1652527.jpg

サッカー日本代表みたいに、記念撮影しとく?
ひとりだけコートジボワール代表がいますけど。

d0025570_16532666.jpg

そんな楽勝ムードの中、いざ富士の頂まで出発です。
大丈夫か? こいつら。。。

d0025570_14371945.jpg

入り口には、登山者のための心得が書かれた看板がありました。
日本語と英語で記されてますが、
英字が剥げてしまってて、これでは外国人が読めないと思います。

d0025570_14394123.jpg

一方、日本語版を熟読した一行は、ゆるやかな道を合唱しながら登ります。

 ある~日(ある~日)
 森のな~か(森のな~か)
 クソさんに(クソさんに)
 出あった(出あった)

d0025570_14503883.jpg

森の真ん中でクソさんに遭遇してしまいました。
お馬さんの落し物は、おしゃべりに夢中だと甚大な被害にあうので注意です。

d0025570_14531941.jpg

最初は意外と平坦な道が続いてるので、あまり疲れも感じません。

d0025570_1454168.jpg

時折咲いている高山植物が心を癒し、

d0025570_1455197.jpg

たまに顔を出す太陽と雲の美しいコンビネーションが心を和ませます。

d0025570_14581872.jpg

山登りって楽しいですね。
どんどん先に進みましょうよ。
なんなら走っちゃおっか?
こんなKYな僕らを、大自然がこのまま黙ってるはずがありません。

d0025570_1512870.jpg

地割れによって剥き出しになった木の根が不安を煽ります。

d0025570_15163662.jpg

先ほどとは打って変わって、
石だか岩だかわからない不安定な道がHPを消費させます。

d0025570_15181387.jpg

あんなに晴れてた空も、
あっという間に濃霧がかかり、視界とやる気を奪います。

d0025570_1520177.jpg

あの~、結構ツライんですけど。
歩き始めて30分。
早くも体力の限界が近づいてきました。
みんなもツラいと嘆いてるはず・・・と思いきや、

d0025570_15222138.jpg

『まだまだ余裕に決まってんじゃん♪』

d0025570_15231969.jpg

どうやら一番先に心が折れたのは、大方の予想通りメガネさんだったようです。

d0025570_15245471.jpg

一番ラクと言われている6合目までの距離。
40分かけて、ようやくたどり着いたのですが、

d0025570_1529348.jpg

気持ち的には山頂まで登りきったくらい、大きな達成感を覚えました。


d0025570_15321497.jpg

6合目に来て良かったぁ~!!

もう帰ってもよかですか?

え? あっ、はい。登らせていただきます。
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-09-11 17:11 | travel

夢見る富士額。

わからない用語があったらYahooでググってみます。
あれ? 使い方間違ってます?


未知の領域に挑むべく、金曜日の深夜に準備をしてたのですが、
何を持っていったらよいのか見当もつかず、
とりあえず目に付いたものをザックにボコボコ入れときました。
そして・・・

d0025570_10581152.jpg

9月6日(土)AM9:00
日本一高い山を目指して、板橋区ときわ台を出発です。

d0025570_10595118.jpg

必要以上に膨らんだザックがやたら重たいです。
早くも足元がふらついてるメガネさん。
ただでさえ脆弱なオトコが、余計に貧相に見えますよ。

d0025570_1144561.jpg

こんな格好で電車に乗ること30分。
乗客の可愛そうな人を見る目にさらされながら、待ち合わせの「新宿駅」に向かいます。

d0025570_1173225.jpg

JR新宿駅南口 AM10:00。
ほぼ定刻通りに集合してきた登山部の面々。
山が好きな人、ノリで着いてきた人、強引な勧誘に負けた人・・・
様々な思いを抱えて、富士山を目指します。

d0025570_11175865.jpg

運転手はキャンチョメさんです。
途中で替わりましょうか?

『いや、僕が借りたレンタカーなのでいいですよ。。。』

己のみを信じるキャンチョメさん。
仲間を信じられない素直な気持ちを吐きだしてました。
部員同士のチームワークはあまり無いようです。

d0025570_11234626.jpg

「永福」から中央道に乗って、快適ドライブです。
順調に行けば、約2時間半で到着する予定。
ちょっと雲行きが怪しいけど気にしない♪ 気にしない♪
本当に気になるのは・・・

d0025570_1491480.jpg

「国立府中」から「相模湖」まで30kmの渋滞という事。
あれれ? 13時には到着する予定だったよね。
このペースだとちょっと・・・
『キャンチョメさん、どうします?』

d0025570_14181341.jpg

攻撃は最大の防御です。
下から攻めましょう。

d0025570_14212784.jpg

「国立府中」を下りて国道20号線(甲州街道)を走ることにした一行。
普段走り慣れてない道なので、ちょっとドキドキ。
しかも・・・

d0025570_14271371.jpg

カーナビで目的地設定をしてみたら、
到着予想時刻が「15時」と出ました。
おや? ちょっと遅いですね。

さらに河口湖付近でまたも渋滞に巻き込まれ、
車内に不穏な空気が流れはじめました。

d0025570_14373935.jpg

後部席の女子部員は、おしゃべりも止めて爆睡し、

d0025570_14442787.jpg

エンストを起こしたツーリング中のお兄さんには、
『何見てんだゴラ!!』
と睨まれてしまいまいた。


時刻は14:30を過ぎたころ、再び中央道に乗るチャンスがやってきました。
ここまでノンストップで運転してきたキャンチョメさんも、さすがに疲労困憊です。
「相模湖インター」から上って、最初のサービスエリアで休憩をとることにしました。

d0025570_1452711.jpg

談合坂SAでは、元営業の市川さんに似てるお兄さんが、
カルビフランク(280円)を焼いてました。
どれどれ、一本くださーい。

d0025570_14542644.jpg

『あんまり美味くねーな。。。』

d0025570_14552418.jpg

ノッポさんに変装したキャンチョメ氏はおにぎりを買いました。
『具が小せーな。。。』

d0025570_14564317.jpg

女子部員はアイスとアメリカンドッグに噛り付いてました。
『ハーゲンダッツ500円だったよ。。。』
『本当ですか!? 私には高くて買えません。。。』

d0025570_1501679.jpg
 
少しだけ元気が出たので、再出発しましょう。
雲の隙間から太陽も見え隠れしてきました。

d0025570_1521727.jpg

そしてようやく、前方に富士急ハイランドが見えてくると、
車内のテンションが上がってきました。

『「ええじゃないか」に乗りたーい!』
『「FIJIYAMA」にも乗りたーい!!』
『絶叫系大好きー!!!』
『富士急行こうよー!!!!』

えっ・・・富士山は???

d0025570_1565696.jpg

メガネさん的には富士急でも良かったのですが、
みんなの格好がいかにも登山な感じでダサイので、断念することになりました。

d0025570_15122068.jpg

でも、地元の女子高生を見たら、気にする必要は無かったですね。

d0025570_1516343.jpg

もうここからは富士山モードに突入です。
延々続く緑道が僕らの気持ちを癒してくれます。

d0025570_15323167.jpg

2000円払って富士スバルラインを通らせてもらいます。
ここから5合目まで直通で行けるのですが・・・

d0025570_1534212.jpg

なんと、5合目の駐車場が満車という事実が発覚!!
手前にある仮設駐車場から歩いて行けとの事。

d0025570_15402326.jpg

まあ、とりあえず先に進むしかないので、
行けるトコまで行ってみましょう。

d0025570_15414276.jpg

山の天気が変わりやすいように、
駐車場の混み具合も変化してるかもしれないからね。

d0025570_1927241.jpg

いま2合目を通過しました。
標高1596m。
かなり空気が冷たくなってきましたよ。

d0025570_1928533.jpg

そんな場所を自転車で走ってる超人がいました。
日本一の山を己の脚力で走破しようとする中年(?)の姿に一同驚愕です。

d0025570_10593444.jpg

5合目まであと一歩のところで、ついに渋滞となってしまいました。
あぁ、ここから車を降りて歩くのね。
何事も始まりは突然訪れるのね。
と、意気消沈していたら・・・

d0025570_1133585.jpg

すぐに渋滞は解消されて、
意外とすんなり到着することができました。
只今の時間16:00。
新宿から6時間かけて、ようやくスタートラインにたどり着きました。

d0025570_1175797.jpg

遥か彼方にそびえ立つ雲の上の頂に向かって、

d0025570_1111599.jpg

この脆弱なメガネが挑戦します!!
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-09-09 12:59 | travel

山は生きている。

「私は自分自身を客観的に見ることができるんです! あなたとは違うんです!」
私:福田首相(72歳)。
あなた:中国新聞の記者(37歳)。
どうみても主観的な発言にビックリです。


「流行モノに乗っかれ」
大正生まれのお婆ちゃんの口癖を胸に、35年間生きてきました。
巷を賑わすキーワードを探し、ネットサーフィンをするアウトドア派。
オモシロという単語に胸を躍らす社交ダンス部純情派。
そんな情熱☆熱風セレナーデのメガネさんが、
また新しい流行に食いついてしまいました。
それは・・・


【富士登山】


d0025570_1350633.jpg

なんと、近ごろ富士山を登る人が増えてるらしく、
今年は過去最高の20万人をすでに突破したとか。(MSN産経ニュースより)

d0025570_1545978.jpg

山頂付近は登山渋滞がおこるほど賑わってるとか。(Google画像より)



これは行かねば!!

アッパレですよ。フジヤマですよ。
日本一ですよ。

d0025570_13555466.jpg

しかしながら、誰もが認める脆弱メガネにとって、
いきなり日本一の山への挑戦は無謀もいいところ。
少し前に始めたマラソンの練習も約2ヶ月走ってません。
だって、暑いんだもの。。。

という訳で・・・

d0025570_1403627.jpg

一流アウトドア用品店「L-Breath(池袋店)」に潜入です。
富士山の登頂成功を応援してくれる、心優しいお店です。

d0025570_1442623.jpg

今回発足した登山部員のキャンチョメさんも初めての登山にドキドキです。
『うわぁ、どれも高っけ~!!』

d0025570_1472278.jpg

何事も形から入るメガネさんも、品質と価格の高さにオドロキです。
『ゴアテックスって何だよ??』

何から用意したらいいのか、解からないまま時は流れていきます。

d0025570_14124339.jpg

とりあえず、富士登山の体験本を読んでみました。
カバーに大きく「楽チンだった」と書いてあります。

な~んだ、素人のメガネさんでも楽に登れるかも!?

早くも間違った情報に踊らされてます。


バッグとか、カッパとか、杖とか、サンドカバーとか、
色々な人に色々借りまくりました。
これで後には引けません。


喉が痛くて、咳が出まくってるけど、
微妙な熱がずっと続いてるけど、
メガネさんは雨オトコなので天気が心配だけど、
もう後には引けません。

d0025570_14544767.jpg

9月6日(土)~7日(日)
富士登山決行です!!


d0025570_1455222.jpg

目指せ、日本一! って、もう明日じゃん!!
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-09-05 15:35 | travel