<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

クレクレタラコ。

ラスカル好きを自負するメガネさんですから(自称・ラスラー)、
今回の旅行にも連れて行こうと密かに決めてました。
d0025570_1914892.jpg

およそ2年前、ブラジルのアマゾンを探検するラスカル。
森に帰るラス。勇敢です。かっこよすぎます。
なのに、出発直前にヨメにダメ出しされてしまいました。
では、何がいいと聞いてみると(←この質問からしておかしい)、
タラコなら許すとのこと(←この答えもおかしい)。
という訳で・・・。
d0025570_22322779.jpg

タラコ in カプリ島。
地中海の青と建物の壁の白さが真っ赤なタラコに合います。
d0025570_22342362.jpg

タラコ in バチカン宮殿。
クリスチャン憧れのバチカン市国で敬虔なタラコも祈ります。
d0025570_2236396.jpg

タラコ in ローマ。
古代ローマ時代のコロッセオにタラコの格闘魂も疼きます。
d0025570_22372245.jpg

タラコ in ベニス。
水の街・ベニスのゴンドラでタラコがカンツォーネを唄います。
d0025570_2243531.jpg

タラコ in ピサの斜塔。
タラコの重さで斜塔が傾いてます。

いかがです?
タラコと旅するイタリア。
イタリア人はもちろんのこと、
周りの日本人観光客からも嫌悪の目で見られてましたが、何か?
国際交流という名のもとの、心を通わすはずのコミュニケーションのはずが、
メガネの悲しき背中に冷たい視線となって浴びてきました。
[PR]

by wakachannel471225 | 2006-04-26 23:02 | travel

1ユーロ=141円(4/24現在)。

ゴールデンウィーク前にチラシを折り込むバカはどいつだ?
パイルドライバー(ゴッチ式)で脳天から落としてやるゾ。
復帰初日から下版さすなよ。。。

さて、イタリアのトイレはお金を払わなければ入れないのですが、
誰に払うのかというと、トイレの中に係の人が座っています。
d0025570_2250489.jpg

カプリ島の公衆便所の風景ですが、中にいる人影が主です。
男子と女子の分かれ目の間に、たいていデブのおばさんが目を光らせています。
d0025570_22522825.jpg

まるで、昔の風呂屋の番台みたいな存在です。
これがウザイんです。
こっちは早く用を足したいのに、小銭をかき集めなくてはいけないモドカシさ。
たった50セント。されど50セント。
タダに慣れきった日本人にとって、用を足すのも惜しくなる。
そんな自分のセコさに気付かされる日々でした。

今日は会社で健康診断でした。
バリウムを呑んだので、白いウンコがでまくりです。
[PR]

by wakachannel471225 | 2006-04-25 00:17 | travel

メガネ帰国。

どうも。
ヴォンジョルノです。
およそ10日ぶりのメガネです。
メガネさんがいない間、日本では大変なコトが連日起っていたみたいですね。
9才の子供がボーリングで300点出した話題や、
入院中だった小林克哉が復帰したコトも今日知りました。
早く情報化社会に追い付かねばなりません。

さて、メガネさんの珍道中は今後随時触れるとして、
帰国して、いま実感してることは、
日本のトイレはとても素晴らしいということ。
ピザとパスタの国のトイレといったらもう・・・
 ・公共のトイレを使うときにお金がかかる(50セント/ベニスでは1ユーロ)
 ・便座がない(ローマ式というらしい ※空気イス状態で用を足す)
 ・紙が固い(シリの穴が切れた)
 ・もちろんウォシュレットもない(便器の隣にシリを洗う便器がある)
 ・イタリア人の毛が落ちている(チリチリ)
便意が近いメガネさんは散々な目に合いました。
いやね、アマゾンに行った経験もあるメガネさんにとって、
そんな理由は大した事じゃないんですよ。
扉がないとか、虫だらけのジャングルとか、縄で拭く部族とか、
そういういうイメージが出来てるからね。
だから今回も文化の違いというのを再確認して、慣れるまで少し手間取っただけ。
だけど、美味しい食事とファッションが代名詞のオシャレ気取りの国で、
そんなトイレを毎回使ってるとは思わないじゃない?
いつかは柔らかい紙があるだろう、今度はウォシュレット付きだろう・・・。
そんな淡い期待をもったメガネさんが甘かったです。
水が出ないから、何回もボタンをバシバシやってたら
今度は全然止まらなくなっちゃって、怖くなって逃げちゃったし。
d0025570_22333388.jpg

教訓:トイレ文化は日本の方が上だ(★★★★★)。
[PR]

by wakachannel471225 | 2006-04-24 00:23 | travel

あずさ2号@狩人 の替え歌で。

明日、メガネは旅に出ます。
あなたの知ってるヨメと二人で
今年あの人が メダルを獲った
パスタとピザでおなじみのイタリアへ

行く先々で思い出すのは
下版のことだと わかっています
その開放感が きっと私を
変えてくれると 思いたいのです

しいたけはいつまで経っても
とても食えそうにありません
私にとってあなたはいつも
いわゆるひとつの 害虫なんです
13時5分の アルタリア航空で
わたしは わたしは 成田から旅立ちます~♪

では、サヨウナラ。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2006-04-14 19:47 | travel

カルロ・アゼリオ・チャンピ大統領の国。

ヴォンジョルノ!! メガネです。
明々後日から8日間、イタリアに行って来ます。
欧州旅行ははじめてなので、気分はすっかりヴォナセーラです。
そんなマンマミーアな状態に和の心をとり戻すべく、
先日、浅草寺に行って来ました。
もちろん仕事中ですが、何か?

すっかり旅行モードの脳天気メガネにとって、旅行中の無事は切なる願い。
d0025570_14391969.jpg

娯楽の殿堂・雷門の人気にあやかるべく、
意気揚揚と寺への潜入取材敢行です。
d0025570_14422588.jpg

やっぱり下町といえば、お相撲さんです。
テレビでは見れない弱小力士が稽古もしないでブラブラしてました。
名前も知らなくても、大きいだけで好奇の目にさらされています。
d0025570_1445137.jpg

途中の仲見世には目もくれず、ただひたすらに本堂に向かうせっかちメガネ。
これが有名な浅草寺です。
平日の昼間なのに、あの人からもこの人からも「ヒマ臭」が漂ってきます。
d0025570_14492360.jpg

脳内年齢が老人の域を脱せないシルバーメガネにとって、
若返りを呼ぶミラクルスモークを必要以上に浴びまくります。
あまりに欲張りすぎて、スーツが煙臭くなってしまいました。
d0025570_1455153.jpg

清めの水はサラサラと。
メガネの心はギラギラと。
もちろんハンカチをもってないので、手を振って乾かします。
d0025570_145643100.jpg

いよいよ、お参りです。
2礼2拍手1礼と、見よう見真似で祈ります。
「旅行が平穏無事にいきますように・・・」
d0025570_1459555.jpg

お参りの定番・おみくじを引きましょう。
大吉でろ! 大吉でろ!!
d0025570_16315866.jpg

でたぁ~!!
出ると思ったよ「」!!
負のオーラにとり憑かれてるメガネ魂・面目躍如の結果が出ました。
裏面をよく読んでみると・・・
d0025570_16342320.jpg

旅行:道中に良くないことがあるでしょう。
結婚・付き合い:悪い結果を生むでしょう。

なんだコレは!!

イタリアへの出発前に色めきだつ小心ジャポネーゼにとって、
不安を感じずにはいられない駄文を引き当ててしまいました。
d0025570_1639188.jpg

「旅の恥は掻き捨て」と言いますが、
早くも不幸のおみくじを境内にポイ捨てするメガネでありました。
[PR]

by wakachannel471225 | 2006-04-12 18:30 | travel

働くおじさん。

先日、神宮球場で野球を観戦してきましたが、
4月のナイター観戦って、ホント最低ですね。
寒風吹きまくる都会の真ん中で、ジッと耐え忍ぶ中年メガネ。
しかも贔屓のチームが最悪の逆転負け。
ビールも一杯しか呑めませんでした。

でも、球場で働く人は頑張ってましたよ。
いろいろな職業の人が興行を支えています。
d0025570_17342171.jpg

試合を中継してるテレビカメラマンは終始ボールを追いかけていました。
選手の表情や動作など、迫力の動画を映し続けています。
もちろんチアリーダーのパンチラはご法度です。
d0025570_17375081.jpg

攻撃の合間には、常にグラウンドキーパーがグラウンドを整備しています。
選手が気持ちよくプレーできるように、土をならす仕事です。
わざとコブを作って、エラーを誘うことは禁止です。
d0025570_17403525.jpg

球場内ではビールの売り子のお姉さんが右往左往していました。
寒空の中、酔っ払い相手にビールを売りつける小娘たち。
ただし、お触りは厳禁です。

そんな真剣な人たちを尻目に、メガネさんといったら・・・
d0025570_17444230.jpg

入場時にもらったポンチョを被って、客と見積りの話をしていました。
小久保選手の同点ホームランの歓声で相手の声が聞こえず、
とりあえず「イエス」と応えるダメサラリーマン。
スワローズ同様、弱小のレッテルが拭いきれません。
[PR]

by wakachannel471225 | 2006-04-10 17:53

巨人戦ということで。

仕事終わりーの。

電車乗りーの。

神宮球場に行きーの。

ヤクルト応援しーの。
d0025570_17235815.jpg
嫁ぎーの。
[PR]

by wakachannel471225 | 2006-04-06 17:28

要は歯医者に行ったって事。

近ごろ、すこぶる口臭漂うメガネさんですが、
自分でも、その困窮ぶりは自覚しています。
時折生じる暴走気味のワンダーランドに、自暴自棄になっていましたが、
今日の午後、ついに歯医者という名のデンジャラススポットに足を踏み入れてきました。

叩かれて、叩かれて、人生を悔い改めるメガネっ娘。
出会いの「会い」を「ラヴ」と取り違える中年メガネにとって、
5年ぶりの歯医者はかなり過酷な状況です。
哀愁さそう気弱なヴォイスで予約をとるダメメガネ。
思いがけず「30分後に来てくれ」と言われてしまい、
そこはかとないロンリネス感に咽び泣くのでありました。

そうは言っても、銀歯の崩壊と歯周病に悩まされてたメガネ野郎にとって、
早期の治療は姑感覚の死活問題。
「痛い」と「くさい」という言葉に過剰な条件反射をとってしまう姿に、
ついつい回りが見えなくなります。
歯を食いしばり、キーンという嫌音波に耐え、脳を突き刺す研磨を忍んだその瞬間、
幾ばくの山を越えたという必死な自信に、心の中で拍手を贈るのでありました。

とは言っても、まだまだ前歯が蝕む虫歯マジック。
「明日もまた来てくれ」と真面目フェイスで言われ、すっかり意気消沈のロンリネス。
あーあ、また下品な薄ら笑いを浮かべて歯医者の門を叩くのか。
「忍耐」と「冒険」という真理を体現しつつ、
哀れなメガネは虫歯の疼きを気にするのであった。
[PR]

by wakachannel471225 | 2006-04-05 05:05

どこでもいっしょ。

今日は天気が良かったので、髪を切りに行きました。
長かった髪をバッサリと。
もちろん仕事中ですが、何か?

一昨日の土曜日。
満開に咲いた桜の下で、毎年恒例のお花見をやりました。
今年のメイン料理は五目御飯です。
d0025570_18411614.jpg

現在87キロまで太ってしまった某メガネさんが、早起きして作ってくれました。
うす巻玉子と菜の花と茹で海老のコントラストが、とてもキレイですね。
d0025570_18415984.jpg

鶏のモモ肉も焼きました。
煙がもくもく出て、周りの人たちがとても迷惑そうでした。
d0025570_18474392.jpg

でも、焼いてくれてる人の真剣な目つきを見たら、何も言えませんよね。
火を見るのが何よりも好きな40才。
みんなの為に、毎年すすんで焼き物係になってくれます。
そんなお肉を・・・
d0025570_18501138.jpg

まるごとガブリんちょ!!
この人、かなり豪快です。
d0025570_1852742.jpg

山梨の実家がワイン農園を営んでる3代目が自家製ワインを持ってきてくれました。
その名も「田辺農園のワイン」。
ワインも本人も酸味がきいてます。
d0025570_18584728.jpg

楽しい時間が経つのは早いもの。
気がつけばもう17:00。
d0025570_18563416.jpg

サナダムシの真似(?)をしてるキョトン星人は置いて帰りましょう。
意味がわかりません。
d0025570_1904443.jpg

また来年、この季節・この場所で会いましょう。
そして・・・
d0025570_1912992.jpg

いつもの如く、あなたワイン呑み過ぎですから!!
[PR]

by wakachannel471225 | 2006-04-03 19:16 | HOSENS