カテゴリ:gourmet( 68 )

幸せになるためのアティチュード。

忌野清志郎の密葬をテレビで見ました。
大音響で音楽が流れ、司会者が絶叫し、参列者が飛び跳ねる、
故人のロック魂が随所に感じられた式でしたが、
唯一普通だったのが・・・スーツにネクタイ、柔和な笑顔という「いかにも遺影」な一枚だったのが意外でした。


意外といえば・・・
意外と野球が好きなメガネさん。
子供の頃の愛読書は「ドカベン」でした。
捕手・山田太郎の巧みな配球に、強打者を打ち取るヒントを教わりました。


d0025570_15394326.jpg

5月4日(月) 晴れ

日本のベースボールが見たい。
朝、急に思い立った元・メガネ。
わざわざJR根岸線「関内駅」まで乗り継いで「横浜スタジアム」に行ってきました。

「明訓高校」と「白新高校」が幾度も戦った球場ですね。


d0025570_1634467.jpg

もちろん現実は「横浜ベイスターズ」のホームグラウンドとして有名です。
球場の周りには選手のポスターが何枚も貼られてました。
WBCで活躍した内川選手もその一人です。
内川選手といえば・・・


d0025570_1663666.jpg

アゴですね。

元・メガネさんも内川選手の真似をしてみました。
似てますかね?



d0025570_1693512.jpg

そんなことをして遊んでたら、いつの間にか試合が始まってしまいました。
さすがゴールデンウィークの昼間です。
お客さんがたくさん入ってます。
でも、野球人気は下火だと聞いてるので、チケットはすぐ買えますよね。
と思いきや・・・



d0025570_16121072.jpg

当日券、完売でーす!


がび~ん!!

「横浜」 vs 「中日」戦という超マイナーカードだと思って、ナメてました!!

先発予想が「横浜・小林」「中日・川井」という超地味な選手だと思って、ナメてました!!

完売した外野自由席が1800円なのに対して、まだ売れ残ってる指定席Aが4000円という衝撃!!




これは止めよう。。。





という訳で・・・





d0025570_19265575.jpg

定番ですが、中華街に行ってきました。。。

昔から食に偏りがある元・メガネ。
カレー部部長を自負しておりますが、
今年は春からラーメンブームが起こってます。

さらに、先月辺りから到来した新しい波が・・・


d0025570_19502013.jpg

麻婆豆腐です。


池袋北口を中心とする「池袋チャイナタウン」に身を置く元・メガネにとって、
「横浜中華街」は正に本格中華の原点。
言わば、格がまったく違います。

横浜出身の有名人といえば「小田和正」ですが、
池袋出身は「おぎやはぎ」くらいです。
そのくらい格が違います。

「ラブ・ストーリーは突然に」はドラマの主題歌でしたが、
「ケロロダンシング」はアニメのエンディングでした。
そのくらい格が違います。

小田は元オフコースのメンバー(リーダー)でしたが、
小木は日本メガネ党の党首です。
ちなみに矢作は幹事長らしいです。


そんな池袋っ子が横浜の四川風激辛麻婆豆腐に挑戦です。



d0025570_22163870.jpg

本場・四川の中華料理が味わえる「福満園」で、
人気メニューの「海鮮陳麻婆豆腐」に挑戦です。
辛さを表すレベルが最高ランクの一品ですが、
いかがですか?




d0025570_22215010.jpg

辛ッ!!!!!


美味いけど・・・


辛ッ!!!!!




d0025570_22273352.jpg


うわっ・・・


辛ッ!!!!!




d0025570_22281328.jpg


マジで・・・


辛ッ!!!!!



d0025570_222919100.jpg

半分くらい食べたところで、放心状態の元・メガネ。
もしメガネをかけていたら、メガネがズレ落ちてたことでしょう。



火を呑みこんだように、口とお腹が熱いので、
店を出てデザートを食べることにしました。


d0025570_22364589.jpg

そこへ現れた怪しい看板。
「雪の水」という超人気メニューがあるらしいですが・・・


d0025570_2238651.jpg

ためしに一つ買ってみましょうか。

『すいませーん、イチバン人気のメニューをください♪』



d0025570_22395735.jpg

どうやら「マンゴー味」がお薦めみたいですよ。
店に有名人の写真が飾ってありました。
真ん中にいるのは「押切もえちゃん」ですか?
さすがモデルさん。
美味しそうな顔して食べますね。


負けずに元・メガネさんもいい顔してくださいよ。


d0025570_2243841.jpg

雪の水マンゴー味です。
500円もする代物ですが・・・


d0025570_2244173.jpg

『食べたいだろ・・・口を開けな!!!』

あ~ん・・・



d0025570_22452466.jpg

バクッ!!



d0025570_22462228.jpg

冷てッ!!!!



「押切もえ」には遠く及ばないブサイクな顔でリアクションしてしまいました。

37年目をむかえる元・メガネの真実です。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-05-13 02:20 | gourmet

四魂の玉を狙う者たち。

貴乃花親方(36歳)が減量成功でダイエット本発売ですって。
2年間で80kg減量ってことは、9日で1kgの計算ですよ。
太っちょさんもいかがですか?


あなたは「イヌ派?」それとも「ネコ派?」
池袋のキャバクラで頭の悪いキャバ嬢が喋りそうな会話です。
そんなお馬鹿な話題に対応すべく、
とあるお店に潜入してきました。


d0025570_14394555.jpg

場所は、ディープタウン池袋2丁目。
大久保病院の角を曲がったところにある雑居ビルの1階にあります。
以前「酉の市」だった処といえば解かりやすいでしょうか。


d0025570_14411328.jpg

泥酔モンスターが泥酔しまくった居酒屋が、
いつの間にか「四季香」という店に替わってました。
経営難に陥ったのは、モンスターが出現しなくなったからとの噂です。


d0025570_144567.jpg

内装も様変わりして、ちょっと小奇麗になったみたいですね。
一体、どんなお店なのでしょう?


って、ウソです。
どんな店なのか解かってます。
つか、それを目的できました。


d0025570_14515698.jpg

これがメニューです。
日替わりランチだけでこんなに種類があります。
これが月曜から金曜まで毎日替わります。

どんだけメニューがあるんだい!?

夜もあわせて200種を超える豊富なメニューの中から、今回注目の一品が・・・


d0025570_15375514.jpg

【石鍋犬肉 1050円】

文字通り、「イヌさん」の肉が入った鍋です。
中国吉林省にある延辺地方のお店なので、
近隣の韓国や北朝鮮の文化も取り入れた貴重な料理が食べられるのです。
もちろんその土地の食文化を肯定する元・メガネとしては
臆することなく頂こうと思います。


d0025570_15495153.jpg

テーブルに置かれた水のボトルにも異国の雰囲気が漂っています。
そして、待つこと数分・・・


d0025570_19125837.jpg

目の前に立派な定食が出てきました。
韓国料理の「純豆腐(スンドゥブ)」のようであり、
白湯鍋のような濃厚スープのようであり、


d0025570_19165844.jpg

この白い大海原の底に、犬肉が沈んでいるのでしょう。
そこはかとなく薬膳の香りが漂っています。


d0025570_1922339.jpg

店員さん曰く、この赤いタレを入れて辛さを調節して食べてくださいとの事。
うわぁ、見るからに辛そうですね。
様子を見ながら少しづつ入れないと、撃沈する恐れがありますね。


d0025570_19262988.jpg

なので、ビビリの元・メガネは忠告どおり半分くらい入れてみました。
白いスープがみるみる赤く染まっていきます。
香辛料の匂いがプンプンします。
いわば、危険な香りです。


d0025570_19291224.jpg

では、いざ実食です!!

まずはスープを飲んでみますね。
お味はどうですか!?


d0025570_19515436.jpg

ん???

うわぁ、きっつい顔するなぁ。
もう少し美味しそうに食べれないのかね。
で、味はどうなのよ?

『例えていうなら、コラーゲンたっぷりの薬膳火鍋って感じ』

その例えが合っているのかよく解かりませんが、
では、引き続き肉を食べてみてください。


d0025570_2001268.jpg

鍋底をあさると、犬肉が出るわ出るわ。
独特の臭みを消すための薬膳なのでしょうね。


d0025570_2034157.jpg

いったいこれは何処の部位なのでしょう。
大きさからいって、小型犬でしょうか。


d0025570_2032795.jpg

では、早速行かせていただきます。


d0025570_2041772.jpg

うぐっ!!!

うわぁ、さらにきっつい顔するなぁ。
どうなのよ? 美味しい? 不味い?


『美味しく・・・ない・・・でも、不味く・・・ないよ。。。』


でたっ、はっきりしない日本人!
だからGDP10%を超える大国に、いつまでもODAを払い続けてるんだよ!
で、味の方はどうなのさ?


『んー、安い牛肉のロースなんだけど、意外とさっぱりしてるって感じ!?』


うわぁ、不味そうな例えだねぇ。。。


d0025570_22111887.jpg

しかも、ご飯をぶっこんでオジヤにして食べようという魂胆です。
食べ方が貧相だよね。。。


d0025570_22131797.jpg

『いや、ネコメシっぽくてイケますよ!!』


おいおい、イヌを食べててネコメシ扱いはないだろ!!


サラサラッと勢いよく流し込んだおかげで(?)

d0025570_22163296.jpg

見事完食となりました!!
よかったよかった。



では、最後に締めのひと言!



d0025570_22184615.jpg

お腹がいっぱいだワン!!


今日は「イヌ派」のキッカワ姉さんと、シミズ嬢に口を聞いてもらえませんでした。。。
あっ、いつものことか。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-04-17 22:33 | gourmet

So Baby please ただhurry back home.

レーシック手術を受けて一週間。
少しずつ違和感もなくなり、酒や運動もぼちぼち再開した途端・・・
花粉で苦しんでます。
でも、マスクはしません。。
だって・・・マスクがすぐにクサくなるからですよ!


先日、ヨメが誕生日を迎えました。
年末の元・メガネさんの誕生日は「アルゼンチン料理」をご馳走になったので、
今回はヨメの要望に応えなければいけません。
で、向かった先が・・・

d0025570_1804990.jpg

おシャレタウン青山に店を構える炭焼きの名店
「Aoyama GRILLER (アオヤマ グリエ) 」に行ってきました。

決してテルマではないですよ。。。

d0025570_1861934.jpg

旬の食材やこだわりの食材を存分に使ったおすすめ料理が盛りだくさんです。
炭焼き以外にも、そそる料理がたくさんあります。

コースメニューもありますが、
やはり今回もアラカルトで適当に・・・


d0025570_18115620.jpg

お通しは【牛筋の煮込み】でした。

じっくりと時間をかけて煮込まれた牛筋が、口の中でとろけます。
乾杯ビールがよく合います。
この一品だけでこの店はアタリだと確信しました。

つまり、たくさん頼んじゃうよってこと。


d0025570_18155042.jpg

【酒粕漬けのフォアグラ バケットのせ】

世界三大珍味の1つ「フォアグラ」をバケットと一緒に堪能です。
肝臓が太った「脂肪肝」を口にすると、ワインが欲しくなりますね。


d0025570_1975078.jpg

フランスはラングドック地方のシャルドネワイン【リヴィング・アース】をチョイスしました。

「柔らかな果実実と、ほんのりとナッツの香りがして素直な味わいがします。
優しい口当たりが食事に合います」
  ↑
って、全部メニューに書いてありました。
たぶんその通りだと思います。


d0025570_19115793.jpg

【寒ぶりと冬かぶの柚子胡椒和え】

旬の食材を使った料理です。
「旬」てことは今がいちばん美味しいってこと。
メガネさんの旬は・・・小6の二学期かな!?


d0025570_19144750.jpg

本日のスープは【玉ネギのポタージュ】です。

優しい玉ネギの甘みが凝縮されたスープに、作り手の温もりを感じました。
阿部寛(ハイムさん)が「あったかい我が家が待っている」イメージです。


d0025570_1923411.jpg

【冬野菜のパルメザンチーズ揚げ】です。

じゃがいも、玉ネギ、サツマイモ等、旬の冬野菜がカラッと揚がっています。
「大地を守る会」とはまた違う、新鮮な野菜の味が嬉しいです。


d0025570_19325552.jpg

そろそろメインを注文してみましょうか。
やっぱ美味しいグリル料理が食べたいですね。


d0025570_1934288.jpg

【野鴨の炭火焼きサルミソース1/2羽】です。

これは本日のイチオシメニューだったらしく、
わざわざ料理人が直接持ってきて説明してくれました。

鹿児島産の野鴨らしいのですが、鉄砲や矢で射止めないで、
網で生け獲りにしたものだそうです。
その場で首を絞めて窒息させることによって、鴨料理に大切な血を抜かずに、
地熱を利用して体温を下げる事て良質の鴨を出荷出来るんだと。

すげーな。

よく分からないけど。。。

すげーな。。。


d0025570_19411230.jpg

そんな良質な鴨とは露知らず、
不埒なメガネがいつもの薄笑いを浮かべながら・・・


d0025570_19423490.jpg

喰らいつきます!!
何故かおちょぼ口のメガネ。


d0025570_19502185.jpg

どうですか?
どんな味ですか??
あなたに味が分かりますか???


d0025570_19512399.jpg

うん、bellissimo(ベリッシモ)!!

今年初のベリッシモがでました。
最高の料理には、最上級の褒め言葉を発してしまいます。

旨みが詰まった味は塩だけでも美味しいのですが、
砂肝、レバ、ハツを包丁でたたいてサルミソースにしています。

これはヤバイですね。


d0025570_19545757.jpg

締めは【焼きネギと百合根と帆立の土鍋ご飯】にしました。

野菜と魚介の旨味が凝縮された熱々のご飯です。
美味しいものを食べると幸せな気分になりますよね。
どうですか、メガネさん?


d0025570_19594520.jpg

肩痛ぇーのかよ!!


満足感とともに、首・肩が痛み出すロクデナシ。
このオトコに、「幸福」の二文字は訪れないようです。


そして、お約束の別腹タイム・・・


d0025570_2085256.jpg

【焼きイチゴのバニラアイスのせ ノエ酒かけ】です。

なんと、周りにはチョコレートで「HAPPY BIRTHDAY」の文字が。
厨房からの粋な計らいに、思わずヨメも・・・


d0025570_20204490.jpg

massimo(マッスィモ)!!

「最高においしい」表現をいただきました。
にやけた笑いがすべてを物語ってます。


d0025570_20261683.jpg

チョコレートも何もかも、キレイに(?)平らげました。

そして、そのキャンパスに・・・


d0025570_20273553.jpg

ちょっとキタナイですが「THANKS」の文字でお返しです。
でも、これは気付かないだろ・・・


と思ってたら、


d0025570_20293437.jpg

厨房で「THANKS」ありがとうの声が。。。


すげーな。

気付いたよ。。。

心配りや気遣いが出来る優秀なお店だと思いました。

元・メガネさんも、あやかりたいですなぁ。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-02-16 22:26 | gourmet

昨日の敵は、今日も敵。

街で白い犬を見るたびに
「あっ、お父さんだ!」と叫ぶのはもう止めます。


誰だって、苦手なものはあるものです。

 ドラえもん → ネズミ
 麻生 → 漢字
 小朝 → 泰葉

そんなメガネさんが苦手なもの、それは・・・

 地面から生えてる食べ物

例えば、椎茸やエリンギなどのキノコ類とか、
ワラビやゼンマイなどの山菜類が大っ嫌いなんです。

だから、出家が出来ない体なんです。。。


そんなメガネさんが、今日もランチを食べに出かけました。
何だか今日はチャーハンの気分です。

d0025570_22175037.jpg

なので、会社の近くの本格中華屋「香港亭」にやって来ました。
安さとボリュームで池袋2丁目で働くのOLちゃんに大人気の店です。

d0025570_22201014.jpg

だって、メニューのいたる所に「得」マークが散りばめられてるんですもの。

d0025570_22214316.jpg

厨房ではイケメン中国人料理長が腕を振るってるんですもの。


どのメニューも美味しそうなのですが、
メガネさんはシェフお奨めの「フカヒレあんかけチャーハン」を注文しました。
高級食材を使ったチャーハンを昼時に食べる幸せを満喫しようと思います。
ちなみに今日の「YAHOO!」の運勢で山羊座は95点でした。
マンモス・ラッキィデー!!

オーダーしてから約7分。
店内にあんかけの匂いが漂ってきました。
テーブルの前で、ご飯に熱々のあんかけを掛けるパフォーマンスのあと、
いよいよ贅沢品の登場です。

d0025570_2230693.jpg

メガネさんの前には、鉄鍋の上で煮えたぎる「あんかけ」が叫んでます。
「熱いよ! まだ熱いよ!」

ネコ舌のメガネは忠告どおり、冷めるのを待っています。
と、その時!!!

d0025570_2232516.jpg

「あんかけ」の中で泳ぐフカヒレに絡まる異様な物体が・・・

これって、まさか・・・

椎茸とエノキ茸じゃね!?


せっかくのご馳走が台無しです。

フカヒレに絡まる「毛先がキュー」。

ご飯の上で光る「黒いモサモサ」。

やべー、すげー存在感だよ。。。

どうしよう。。。

帰ろっかな。。。

d0025570_22392981.jpg

鍋をすくうと必ず引っかかる「毛先がキュー」。
この量は半端なく多いです。
これは、試練なのでしょうか???


ならば・・・


その挑戦・・・買った!!!


d0025570_22412456.jpg

意を決したその瞬間から、メガネと敵の戦いが始まりました。
捕っても、採っても、キリがなく、
取っても、獲っても、際限なく敵が湧いてきます。
まるでホラー映画です。
でも、こちらは極限の集中力で挑みます。

がんばれ、メガネ!!
負けるな、メガネ!!


そして格闘すること20分。


d0025570_22454262.jpg

皿に盛られた大量の敵。
城が落ちるまで、あと僅かです。

そして、ついに・・・


d0025570_22491590.jpg

立つ鳥跡を濁さず、老兵は死なず、ただ去るのみ。
鉄鍋の戦いは、メガネ軍の完勝に終わりました。

これで心置きなく「フカヒレあんかけチャーハン」を食せます。

d0025570_22523439.jpg

いただきまーす!!


味はどうですか?


『別に・・・普通。。。』
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-01-14 23:10 | gourmet

東京スカイツリー 地デジの準備はお早めに

「稲垣メンバー」こと稲垣吾郎(35歳)と
「イブアナの娘」こと菅野美穂(31歳)が破局したらしいデス。
クリスマスキャロルが流れる頃には、君と僕の答えも出ていたのですね・・・
って、それは稲垣潤一だっちゅーの!!


年の瀬だってのに、
まだクリスマス当日のバースデー話です。

d0025570_19402355.jpg

その夜、メガネさんは仕事を後輩に押しつけてお願いして、
東京タワーの麓、東麻布に来ていました。

d0025570_21173492.jpg

地下鉄・大江戸線「赤羽橋駅」から徒歩5分。
大通りから少し離れた路地裏に、見慣れた国旗が掲げられてます。

d0025570_2124535.jpg

『EL CAMINITO(エルカミニート)』
都内でアルゼンチン料理が食べられる数少ないレストランの一つです。
今晩はこの店で、南米の料理を楽しみたいと思います。

d0025570_21591113.jpg

店内は意外と狭いスペースながら、おしゃれな雰囲気があり、
手前にカウンターが5席と、

d0025570_2211131.jpg

4人かけのテーブルが2席、その奥に8人かけのテーブルが1席あります。
クリスマスだというのに、カウンターで一人で呑んでるオトコや、
奥の席で楽しんでるグループがいました。

d0025570_2254553.jpg

アルゼンチンの料理なぞ、皆目見当つかないメガネさん。
どんな料理があるのでしょう。
もちろんアラカルトで適当に頼んでいきます。


d0025570_2265192.jpg

【アルゼンチンのパイ包み】

挽き肉や玉ねぎなどの具を小麦粉のタネで包んでオーブン焼いた代物です。
あれ? 南米でよくみかける普通のパイかも?
何がアルゼンチン風かというと、
具にレーズンとオリーブを加えたところらしいです。
メガネさん的にはレーズンが食べられないので厳しかったですが、
頑張って完食しました。


d0025570_2212283.jpg

【自家製チョリソ入りのレンズ豆の煮込み】

豆の料理というと、メキシコの「チリコンカン」というイメージですが、
チリパウダーが入ってないので辛くはなく、
豆のレンズ豆を使用してるので食べやすいスープです。
次に出てくる料理が強烈だっただけに、優しい味がしました。
というのも・・・


d0025570_22241731.jpg

【アルゼンチン風血のソーセージ】

ソーセージにしてはドス黒いと思ってたら、
豚の血のソーセージでした。。。
軟骨入りひき肉と血を混ぜて腸詰にしたものですが、見るからに気色悪いです。

d0025570_22293687.jpg

食べやすい大きさに切ってみたのですが、
ナイフを入れた感触が「パキッ!」って割れるんじゃないんです。
「ニュルッ!」なんです。。。

d0025570_22313852.jpg

異国の食べ物はすべて食べてみるのがポリシーのメガネさん。
顔を引きつらせながら実食です。

d0025570_22335238.jpg

あぐっ!!

d0025570_2234553.jpg

んがっ!!

これはねぇ・・・
かなり厳しい味ですよ。。。
ソーセージだと思って食べたら、痛い目に遭いますね。
擬音で例えるならば『グミョグミョ』する感覚です。

ちなみにヨメも・・・

d0025570_22384769.jpg

ぐへっ!!

車に轢かれたカエルのような呻き声をあげてました。。。


d0025570_22403421.jpg

口の中が豚の血で充満してしまったので、
ワインをもらうことにしました、
実はアルゼンチンは世界第5位のワイン大国らしく、
レベルは意外と高いと聞いてます。

d0025570_22435683.jpg

【ヴィダ・オーガニカ・シャルドネ】

有機栽培葡萄を100%使って造った白ワインをいただきました。
冷たくて美味しかったです。


d0025570_22485440.jpg

【トウモロコシの粉のトマトソース】

名前の通りデス。
トウモロコシの粉を茹でて練り上げた上に、トマトソースをかけた感じです。

d0025570_22574791.jpg

アルゼンチンといえば牛や羊の畜産に加えて、とうもろこし栽培も有名らしいです。
彼らはトウモロコシを主食として食べてるので、
腹もちがすごくイイ!!
つまり・・・お腹が大そう膨れてしまうのですね。

そんな事とはつゆ知らズ・・・


d0025570_2323840.jpg

【ミラノ風カツレツ】

さらにオーダーをしてしまいました。
イタリア人移民が占める割合が多いアルゼンチン。
ミラノの味を自国の料理にアレンジしてできたカツレツです。
その大きさたるや・・・

d0025570_2353393.jpg

ヨメの手のひらサイズを超えています。
もはや拷問のような大きさです。
丁度、先ほどのトウモロコシが胃の中で膨れてきました。
暴発寸前のメガネ氏。

d0025570_2384148.jpg

目が虚ろになってきました。
店内に流れるタンゴのリズムが眠気を誘います。
地球の裏の首都・ブエノスアイレスで暴動が始まりました。
それをくい止めるには、全部食べきるしかありません。

そんな妄想と闘いながら・・・


d0025570_23144970.jpg

完食しました。。。

ちょっと吐きそう。。。


よくやったメガネ。
自分で自分を褒めてやりたいくらい、お腹がパンパンです。
カロリー消費のため、東京タワーまで歩きましょうか。

d0025570_23183766.jpg

高くそびえる東京タワー。
アナログ放送の歴史とともに歩んできた時代の象徴。
東京のシンボルとして50年間輝いてきた赤と白のエクスタシー。

d0025570_23215724.jpg

その麓には南極探査のシンボル「タロー&ジロー」を従え、

d0025570_23235065.jpg

その光り輝く様を見たさに、遠方からたくさんの人々が訪れ、

d0025570_23292993.jpg

一人ひとりが記憶と記録を残して行きました。

d0025570_23305714.jpg

つか、喜んで近づき過ぎると、何が何だか解りませんね。。。
やっぱり遠くから眺めるのが一番だと思いました。


まぁ、何はともあれ、
結局何が言いたいのかっていうと、

メリークリスマス&ハッピィ・バースデー・オレ!! って事です。
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-12-30 23:59 | gourmet

ピッツァって10回言ってみて。

一流文具メーカー㈱コクヨがCO2削減目的でガーデンオフィス制度を実施しました。
一部の社員が屋上で勤務してるらしいですね。
コクヨ社員は酷よ。。。


d0025570_1855276.jpg

新婚旅行はタラコを連れてイタリアを周遊し、

d0025570_10553971.jpg

名古屋に行ったら、イタリア村(現在、経営破綻)に行っちゃうメガネさん。

そんなイタリアかぶれのチョイキモ・メガネが、
昨晩、ピザを食べに行きました。

d0025570_17201944.jpg

サルバトーレ・クオモ(池袋店)。
石釜で焼かれる本格ナポリピッツァが池袋西口で食べられる、嬉しいお店です。
この店では「ピザ」ではなく「ピッツァ」と呼ぶほどのこだわりがあり、
しかも宅配サービスまでしてくれる優れもの。
でもさぁ・・・

宅配のピザって、味が・・・アレじゃん。。。

d0025570_17371430.jpg

そんな心配を抱えつつ、メニューをガン見する懲りない面々。
日本語表記のメニューでも、カタカナだらけでよく解かりません。
困ったときは店員を呼びましょう。
イタリアかぶれはこう呼びます。

『scusi(すいませーん)』

発音が悪すぎて全シカトでした。。。
素直に日本語で叫びます。

『すいませーん、オーダーお願いしマース(キョトン風に)』

d0025570_17392016.jpg

日本人が日本でイタリア語を使っちゃいけないですよね。

『ここは何が美味しいですか?』
『ここは何でも美味しいですよ』

そんな店員の言葉にあっさり乗っかって、
とりあえず目に付いたものを適当に注文することにしました。


d0025570_17415041.jpg

【豚ばら肉の窯焼き 南瓜とポテトのトマト煮 バルサミコソース】

特製タレでつけ込んだ豚バラ肉を窯でじっくり焼き上げた至高の一品です。
肉よりもトマト煮が美味しかったです。


d0025570_17452584.jpg

【マルゲリータ(M)】

マルゲリータ女王がその美味しさに感動した味が池袋で味わえます。
生地が薄めなのが好感が持てますね。
ほら、みみの中にソーセージとか入ってる下世話なやつあるよね~。


d0025570_17474728.jpg

【ピッツァ ゴルゴンゾーラ(M)】

癖のあるゴルゴンゾーラがトレビスの苦味と見事にマッチしました。
タバスコをかけたら最高ですね。
置いてないけど。


d0025570_17525713.jpg

【カラブレーゼ(M)】

最近ナスが食べられるようになりました。
これも竹駒(上板橋)で初めて食べたナス田楽のおかげです。
ありがとう、竹駒ちゃん。


d0025570_17594842.jpg

『なんかピザ飽きたな。他のも頼もうぜ!』

この日の昼飯で1kgカレーを平らげた太っちょさん。
あなたの胃袋はコスモですか? 星丸ですか?


d0025570_181559.jpg

【ポモドーロフレスコ(リガトーニ)】

チェリーートマトとバジルのシンプルパスタを穴の開いたリガトーニで。
あぁ、タバスコかけてぇ~!


d0025570_189497.jpg

【白菜とベーコンのカルボナーラ(ニョッキ)】

旬の白菜を人気のクリームソースで。
ポポラマーマ(ときわ台店)のニョッキチーズクリームと同じくらい美味しかったです。
あちらは390円で食べられますが。


d0025570_1817957.jpg

美味しい料理とフランスワインでご満悦のおっさんたち。
満腹中枢がマヒしたのか、調子に乗ってまだ食べ続けます。

d0025570_18202551.jpg

『もっともっと食べれますよ』
『テーブルが寂しがってるから!』


では、まだまだイキますか!!


d0025570_1834544.jpg

【パンチェッタのミニソーセージ】

生ベーコンで作ったジューシーなミニソーセージです。
口の中ではじける肉汁が、翌日の口内炎を生む原因を作ります。


d0025570_18215661.jpg

【ボロネーゼ】

先日「世界ふしぎ発見@TBS」で放送されていた本場のボロネーゼ。
それ以来、ずっと食べたかった欲求をここで叶えました。
本場のものを食べてみたい欲望が湧いてきました。


d0025570_18263028.jpg

【気まぐれピッツァ(M)】

気まぐれなシェフはキノコがお好き。
そんな子ネコちゃんに振り回されるメガネさんは、自分が大好き。
唯一嫌いなのは、キノコを入れるシェフの感性です。


たくさんのイタリア料理を食い尽くして、
身も心も陽気なイタリア人になったおっさんたち。

d0025570_18375649.jpg

『イタリアでは You tube をユーチョーブと言うんだぜ!』

d0025570_18395452.jpg

『知ってるイタリア人はチッチョリーナくらいですよ』

d0025570_18424827.jpg

『「ボンクラ侍」をイタリア語では「Un sciocco giapponese(バカな日本人)」と言います』


どうやら陽気さをもたらしたのは、イタリア料理ではなく、
一人一本呑んだフランスワインだったようです。

そして本日、いつものように二日酔いデス。。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-12-04 19:12 | gourmet

明日をさえぎる壁を乗り越えてゆく。

SEVEN DAYS WAR 闘うよ~♪

数々の名曲を残してきた小室氏。
ただ素直に生きるために生きてきた結果、
銀行の口座には6259円しか残されてませんでした。
小室ファミリー、親のピンチに今こそ立ち上がれ!!


11月7日のこと。

4年前から個人的な記念日となってます。

d0025570_1059484.jpg

2005年11月7日に明治記念館で挙式をしてから、
この日が結婚記念日となりました。
入籍したのは8日ですが。

それ以来、毎年この日はささやかなお祝いと称して、
ご飯を食べに行ってるのですが・・・

d0025570_112495.jpg

1周年の2006年は、ペルー料理を食べに
わざわざ渋谷の「MIRAFLORES(ミラフローレス)」という店に行きました。
ハバネロの辛さに舌を撃沈された記憶しかありません。

d0025570_11102060.jpg

2周年目は、フランス料理を食べに、
わざわざ恵比寿の「ビストロ・ダルブル/分土火」という店に行きました。
フランスワインにやられ、垂れたホホ肉を必死に伸ばしてた記憶しかありません。

そして3年目の今年、
気が付けば世界の料理に挑み続けてたメガネさん夫婦が選んだ国とは・・・

d0025570_1123223.gif

ロシアとバルト三国に囲まれた東欧の小国。
1990年にソ連から独立して、首都をミンスクに構えた共和国。
そして11月7日が「十月革命の日」とされているユリウス暦を使用の国。

d0025570_11321352.jpg

わざわざ地下鉄日比谷線「六本木駅」3番出口から徒歩10分の場所にある、
ベラルーシ料理を食べに行ってきました。

d0025570_11295273.jpg

店の名前が首都の名前という、直球勝負のネーミングですが、
それだけストレートに自信を持ってるってこと。
いわば、自称・右の本格派が繰り出すダルビッシュ料理でしょうか。

かつて、アメリカのブッシュ大統領に「悪の枢軸」と名指しされたこの国で、
一体どんな料理が出てくるのか、とても楽しみです。

d0025570_11384751.jpg

店内は意外に広くて、カウンターとテーブルあわせて20席以上はあります。

d0025570_11502731.jpg

それを切り盛りしてるのが、ベラルーシ出身の美人店長・バリシュク・ヴィクトリアさん。

d0025570_11491617.jpg

ヴィクトリアさん目当てに店に通う外国人。

d0025570_12443766.jpg

それをチラ見してビールを呑む、メガネな日本人。

三者三様の思惑を持ちつつ、ベラ飯を堪能します。

d0025570_12531860.jpg

ちなみに、メガネさんの乾杯ビールは、
ロシアのビール、【バルティカNo.3@903円】です。
キリンラガービールに匹敵する喉ごしを受けました。

では、料理をオーダーしましょうか。
コース料理もあるのですが、おまかせではつまらないので、
適当にアラカルトで注文しましょう。


d0025570_1381632.jpg

【鰊とビーツのサラダ「毛皮のコートを着た鰊」@1260円】です。

ビーツという赤い色をしたカブのような野菜が色鮮やかに輝いてます。
鰊とじゃがいもを練りこんでるので、酸っぱ美味しいという印象ですね。


d0025570_13153051.jpg

【ベラルーシのパン】です。

「今日はいつもは作ってないパンだから」と薦められました。
何がいつもと違うのでしょう。
それは・・・

d0025570_14182423.jpg

パンの中身にサーモンが入ってること。
ベラルーシは周りに海がない国なので、魚がとても貴重です。
そんなクラースナヤ ルイーバ(赤い魚)とパンの甘みがマッチして美味しかったです。


d0025570_1423516.jpg

続いて【グリーントマトと温野菜のオーブン焼き@630円】です。

どうみてもグリーントマトじゃないのですが、
赤いトマトの中に温野菜がびっしりです。

d0025570_14273181.jpg

玉ねぎ、にんじん、パプリカ、ズッキーニなどの野菜を、トロトロと煮込んで、
トマトにぎっしりと詰めてたものが絶品でした。

どうですか、メガネさん?

d0025570_1433936.jpg

СМАЧНА!! (スマーチナ)』
(日本語訳:美味しい!!)

野菜が苦手なメガネさんも、この味付けはかなりイケます。
調子に乗って、ワインをたのんでしまいました。


d0025570_14414625.jpg

【グルジア産の辛口白ワイン@ツィナンダリ】です。

旧ソ連時代には一番飲まれていた辛口白ワインらしく、
すっきりとした飲み口にフルーティーな香りでとても飲みやすいです。


d0025570_1458417.jpg

【ポテトパンケーキ「ドラニキ」/挽肉入り@1680円】です。

すりおろしたジャガイモと卵、小麦粉を混ぜて生地を作り、
豚肉を具に香ばしく焼きあげてます。
見た目からは想像つかないモチモチの食感がたまりません。


d0025570_1533926.jpg

これはワインに合いますよ。
うまい、うまい。

美味しい料理と美味しいお酒に囲まれたメガネさん。
気分上々でメニューを見ると、気になる料理を発見しました。

d0025570_157391.jpg

ピョートル大帝!?
大帝といえば「ジャングル大帝レオ」「破壊大帝メガトロン」しか知りませんよ。
しかも大佐じゃなくて、大帝です。
KFCでお馴染みの「カーネル・サンダース(ケンタッキー州名誉大佐)」よりも
格が上なんです。

そんな大帝の冠がついたステーキとは、
いったいどんなステーキなんでしょう・・・


d0025570_18373671.jpg

【ピョートル大帝のステーキ@1785円】

17世紀にロシアで活躍した、身長約2mの大男が愛したステーキだそうで。
チーズ、トマトがのっているボリューム満点のステーキでした。

d0025570_1524776.jpg

その横に添えられているジャガイモのピューレのボリュームも凄くて、
ベラルーシの「ベラ」は「白い」という意味だそうですが、
まさに「白いジャガイモの山脈」といったところです。

d0025570_16102784.jpg

つか、牛肉をチーズとトマトでからめて食べるのを想像してごらん。
美味しいに決まってるじゃないの!!

満足。満足。
お腹が一杯ですよ。

d0025570_184946100.jpg

いくら別腹といっても胃にデザートが入りそうもないので、
お会計しましょうか?

d0025570_1851039.jpg

『プラバチツェ(すいませーん)』
『コリキ・カシトゥィエ?(いくら?)』

片言のベラルーシ語でヴィクトリアさんに話しかけてみました。

『マイヨー・イミャー メガネ(私の名前はメガネです)』

心の中でたくさん話しかけてみました。

d0025570_18555510.jpg

ですが、メガネさんの思いは通じず、黙っておかれた伝票ひとつ。
わかったことは・・・

d0025570_1858348.jpg

ヴィクトリアは意外と字が下手だったってこと。


d0025570_16134354.jpg

とても温かみを感じるベラルーシの家庭料理に、
場所が六本木とは思えないくらい、癒やしを感じたメガネさんでした。


d0025570_16212841.jpg

ご馳走様でした。
ズ・カリャーダミ!(訳:メリークリスマス)


店を出て、ほろ酔い気分のメガネさんでしたが、
金曜夜の六本木をあるいてるうちに、

d0025570_16301320.jpg

慣れない環境に我に返ったメガネさん。
黒人がタムロしてる繁華街に恐れをなした結果・・・

さっさと日比谷線に乗り込んで帰ってしまいましたとさ。

いくつになっても、意気地なし。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-11-10 19:09 | gourmet

モンスターズ辛苦。

梅雨が明けてないのに暑いです。
洞爺湖サミットでエライ人たちが地球温暖化について議論してたらしいです。
涼しい北海道の山の上でタラタラ会議するよりも、
日本一暑い熊谷市でクーラーもつけずに会議したほうが、
より真剣味が増したと思いますが。。。


で、暑いときは辛いものを食べよう。
そんな考えは万国共通、という訳で・・・

d0025570_14412587.jpg

金曜日の夜は、辛いものを食べに行きました。
「赤ちり亭@池袋店」
激辛で危険なメニューが豊富な、熱帯夜にぴったりの居酒屋です。

d0025570_15231366.jpg

泥酔モンスターさんは、お通しのナムル(やや辛)を食べただけで血の気が引いてました。
何故この店を選んでしまったのでしょう?

d0025570_15265458.jpg

韓国生まれのキム・ジュオンさんです。
辛いものが大大大好きなジュオンさんに日本の辛さを味あわせたい。
そして「辛いヨ ~ (*o*;)」と喜んでもらいたい。
そんなヨコシマな勝負を挑むべく、身を削っての来店です。


d0025570_155148100.jpg

「唐辛子の味噌キムチ@472円」(辛い度★×12)
辛味味噌に漬けた赤唐辛子1本と青唐辛子3本。
赤よりも青の方が辛いのですが・・・

d0025570_1634877.jpg

もちろん、青に率先してかぶりつきます。
ギャラリー大注目の中、お味はいかがですか?

d0025570_16293078.jpg

「そんなに辛くないデスヨ。美味しく食べられマス!」

ホントですか!?

d0025570_16313741.jpg

「うん、あんまり辛くないヨ。いけるいける!!」

ホントですか!?


では、その言葉を信用して・・・


パクリんちょ・・・


d0025570_16342168.jpg

ウギャー!辛ッ!!!
好きなカレーは「カレーの王子様」という泥酔モンスターにとって、
この食べ物は「デスフード」だったようです。


d0025570_16432996.jpg

ウゴッ!辛ッ!!!
食べ物で好き嫌いのないボンクラ侍にとっても、
この食べ物は「嫌い」になってしまったようです。


d0025570_16515577.jpg

ジュボッ!辛ッ!!!
辛いの好きなクセに辛ったがりという面倒くさい舌を持つメガネさんにとっても、
マジ本気に辛かったようです。


一気に大量の汗が吹き出してきました。
ゴジラ(東宝)の如く、口から火炎を吹きたい気分です。
急いで酎ハイを流し込むヘタレ3人組。
言葉にならない悲鳴が、店内に響き渡ります。


でも、この店で最強の料理がいつの間にか注文されてました。

d0025570_16543317.jpg

「危険!スーパーハバネロチキン@199円」(辛い度★×24)
名前に「危険」と入ってる鳥の手羽先です。
ハバネロの赤い粉をかけ過ぎて、ドス黒くなっています。

d0025570_1718723.jpg

手づかみで食べるのは危険なので、ビニール手袋が用意されました。
果たして、こんなものが食べられるのか?

ジュオン、どう?

d0025570_17213534.jpg

「これは辛いネ。でも、美味しくない辛さだネ。作り手の悪意を感じるよ。」

なるほど。
死ぬほど辛いけど美味しいものと、
ただ辛いだけの代物は、全く違うらしいね。

悪意を感じる手羽先を退治すべく、ヘタレ3人組が挑戦してみました。

結果はやっぱり・・・


d0025570_17305349.jpg

辛さのあまり、顔が萎れてしまいました。
メガネ氏(享年35歳)、本日死亡です。


d0025570_17333323.jpg

辛さのあまり、思考が停止してしまいました。
ボンクラ侍(享年28歳)、二人目の犠牲者です。


d0025570_17355362.jpg

何を思ったのか、手袋をはめるのも忘れ、素手で挑む泥酔氏。
「酉の市」の手羽先を食べるように、思い切り頬張ります。

その次の瞬間・・・

d0025570_17385555.jpg

ビクッ!! っと飛び上がるモンスター。
体が無条件に反応しました。

d0025570_1741230.jpg

何だこれは!!
その辛さに怒り出すモンスター。

d0025570_17423398.jpg

何なのよ、これは!!
その辛さに泣き出すモンスター。

d0025570_17433753.jpg

何だろうね、これは!!
その辛さに笑い出すモンスター。

d0025570_17444288.jpg

ウギャァー!!!
その辛さに悶えるモンスター。


モンスターをここまで七変化させるハバネロチキン。
チキンといえど、肉の味がまったくしません。
するのは、口についたハバネロ粉の痛さのみ。
痛さが痺れとなり、
痺れから口が麻痺し、
麻痺が何もしゃべれなくさせ、
達成感というよりも「脱力感」が襲ってきます。


d0025570_17503278.jpg

こんな風にね。

今回は泥酔ではなく、違う格好で目が見えなくなってしまったモンスターでした。。。

今夜の呑み会 死亡者3名
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-07-14 18:31 | gourmet

トルシエ・ジーコ・オシム・・・そして岡ちゃん。

週末はずっと雨降りでした。
梅雨前線が停滞すると、
メガネさんのネガティブハートがさらに拍車がかかります。
こんなときは、美味しいものを食べて元気を出しましょう。
という訳で・・・

d0025570_1475083.jpg

表参道にあるオシャレ・ガレット専門店「ル・ブルターニュ」に行ってきました。

 Q.ガレットって何ですか?

 A.それはね、とってもオシャレなそば粉のクレープのことだよ。

そうです。
本場フランス・ブルターニュ出身のシェフが作ってくれるガレットとは、
どんなものでしょう?
未知なる料理に、早くもメガネさんの心はドッキが胸々です。

d0025570_14192830.jpg

「ボンジュ~ル! ソワイエ レ ビアンヴニュ ア ル・ブルターニュ!」
 
店に入ると、フランス人の給仕さんがデカイ声で話しかけてきました。
たぶん「お帰りなさい、ご主人様」と言っていたのでしょう。

d0025570_14565746.jpg

「ジュテーム! ボン・ヴォヤージュ!」

席に案内してくれた店員さんも、ボーダーのシャツが似合うフランス人でした。
たぶん「後で萌え萌えジャンケンやりましょニャ♪」と言っていたのでしょう。

ここはフランスなのか? 
と、思わず勘違いしてしまいそうなシチュエーションでしたが、

d0025570_15112944.jpg

「シードルでございます!」

お酒を注いでくれたのは、筒井道隆似の日本人でした。
たぶん「昼間から酒呑んでんじゃねーよ」と感じていたのでしょう。

そんなことをしながら、待つこと5分。
注文したガレッタが、ついに現れました。


d0025570_15153770.jpg

「プロヴァンサル@1680円」
卵、有機栽培のトマト、ハム、アンチョビ、グリエールチーズ、
シードルで煮込んだオニオンのコンフィチュールがトッピングされています。

d0025570_1543578.jpg

お酒はもちろんフランス産の白ワインです。
ヨーロッパの貴族を思わせる食事を前に、掛け声はもちろん・・・

d0025570_15451964.jpg

「ルネッサ~ンス!!」

そば粉を使っているガレットが、美味しさをすべて包み込んでるやないか~い!
素朴な香りが庶民にはないリッチな味わいやないか~い!!

d0025570_1601967.jpg

「山田ルイ53世って、パリシャンゼリゼ通り出身・ソルボンヌ大学卒業らしいよ」
「泥酔モンスターの、ニューヨーク出身・セントラルパークヶ丘2小みたいなものだね」


d0025570_1620282.jpg

お腹が満足したので、青山周辺を散歩しましょうか。
青山といえば・・・

d0025570_16571640.jpg

オシャレ雑貨屋さん巡りですね。
あまりに品揃えが豊富すぎて、なぜか緊張してしまいます。
そして緊張すると、

d0025570_16585946.jpg

必ずお腹が痛くなってしまうメガネさん。

d0025570_1702177.jpg

オシャレなトイレを汚してしまいました。


青山といえば・・・

d0025570_172477.jpg

オシャレな癒し空間ですね。
何故か「漢方」のお店で、血圧を測るメガネ氏。
普段の生活習慣の乱れ具合を数値で知るいい機会です。
「先生、ボクちゃんの体はどうですか?」

d0025570_175537.jpg

「血流を見る限り、普通の値ですね」

普通と聞いて、何故かガッカリするメガネ氏。
各駅停車の普通列車が「中板橋駅」で急行に追い抜かれる様を想像してしまいました。


青山といえば・・・

d0025570_17113310.jpg

オシャレなお花屋さんですね。
色とりどりのお花に囲まれて、気分は「花の子ルンルン」です。

d0025570_17133932.jpg

私は花の子です。

d0025570_1714272.jpg

名前は「ルンルン」です。

d0025570_17151924.jpg

いつかはあなたの住む町へ行くかもしれません。

本名「ルンルン・フラワー」、
花や自然を愛するやさしい女の子です。


青山といえば・・・

d0025570_1720213.jpg

オシャレなタルト屋さんですね。
「キル フェ ボン」でタルトを食べながら楽しいおしゃべり。
そんなセレブの昼下がりを求めてやってきました。

d0025570_1723575.jpg

みんな大好き「ペリカンマンゴーとチーズケーキ」です。
クリームチーズをたっぷりと使った優しい味わいのムースに、
とろけるような食感のペリカンマンゴーが合わさってます。

d0025570_1725107.jpg

みんな大好き「季節のフルーツタルト」です。
色とりどりの10種の果物をふんだんにのせた一番人気のある華やかなタルト。
とろけるような口どけのカスタードクリームとパイ生地との相性が最高です。

d0025570_17263267.jpg

みんな大好き「桃とチーズのタルト」です。
ふんわりと焼き上げたチーズのタルトに、自家製の桃ジャムをしき、
甘酸っぱいクリームをのせました。
程良い甘さと桃のみずみずしさが一体となった大人気のタルトです。

どれも美味しそうで迷っちゃいますね。

「どうする?」
「どうしよう?」

そんな僕らの眼下に飛び込んできた一枚の非常なお知らせ。

d0025570_17312585.jpg

がび~ん。
お持ち帰りだけかよ。。。


すっかり甘いものモードになってしまったメガネさん。
座って、お茶ができて、美味しければ何でもいいです。

そんな、わがままリクエストに応えた一品は・・・

d0025570_17382087.jpg

「京はやしや@青山店」の和スウィーツでした。
左から、白玉団子、抹茶アイス、わらび餅のセットです。
「かりがね玄米茶」とともに日本人の心を取り戻します。

「ほっ」と一息 和の心 お茶を飲みすぎ トイレが近い

d0025570_2019430.jpg

あたかも今夜はキャンドルナイトの日でした。
表参道ヒルズ前ではたくさんのキャンドルが準備されてました。

d0025570_20204393.jpg

闇に浮かぶ火を求めて

d0025570_20214878.jpg

雨に彩る灯りを胸に

d0025570_20233060.jpg

キャンドルの精を間近に感じることができました。




そして・・・





d0025570_20252229.jpg

雨の中、池袋に戻ったメガネさん。
和の心を追い求め、おでん屋で一杯呑んでましたが、
閉店時間が過ぎても、おでん屋夫婦のおしゃべりが止まらず、
タネとお酒をご馳走になり続けた結果・・・

d0025570_11254636.jpg

ようやく開放されたのが25時30分でした。
日本の心は難しいデス。
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-06-23 20:51 | gourmet

ひでぶっ!!!!!

宇多田ヒカルのタメ口にヒヤヒヤします。
倖田來未のタメ口はムカつきます。
妹のmisonoにはイラつきます。


先日、元祖デブタレントのウガンダ・トラさんが心不全のためお亡くなりになりました。
享年55歳という早すぎる死に、一同絶句です。

d0025570_12581088.jpg

『カレーは飲み物です』
『カレーは別腹です』

など、数々の名言を残した愛すべきデブキャラを偲んで、
今日のランチはカレーにしました。


d0025570_1371128.jpg

「本格的インドカレーとナンの店 サフラン@豊島区東池袋2丁目」

春日通り沿い、六つ股陸橋のそばにあるインド料理屋さんに初潜入。
ここのウリは何といっても・・・

d0025570_13105221.jpg

自称「世界一辛いカレー@900円」です。

料理の写真もなく、どんだけ辛いのかの情報すらない何とも抽象的な一品。
こんな恐ろしい食べ物を注文できるのはただ一人・・・

d0025570_13143149.jpg

わが社のメタボ芸人である「太っちょさん(37歳)」しかいません。

『オレが痩せたらオレじゃなくなるだろ?』

こんなカッコイイ台詞を普通に言える大物の前に現れた世界一の料理。

d0025570_13255587.jpg

己のプライドをかけて、いざ対決です。
店内は熱気で気温がぐんぐん上昇しています。

d0025570_13514086.jpg

どうですか? 辛いですか? 美味しいですか?

『辛くは・・・ない! 美味しさは・・・わからない!』

どうやら、辛さを通り越して舌が3の倍数になっちゃった様子。

ケロロさん、一口どうですか?

d0025570_13545060.jpg

どれどれ? では少しだけ・・・。


d0025570_13562224.jpg

辛ぇじゃねーか、バカヤロウ!!


d0025570_14331791.jpg

そう? 全然辛くないよ。
ケロロさんはオーバーだなぁ。
メガネさん食べてみる?


d0025570_1359248.jpg

辛いじゃなくて、痛いですよ!!


d0025570_1402791.jpg

つか、あなた、その汗の掻きかたは普通じゃないです。

『楽しいんだ・・・楽しいんだよ・・・食うことが・・・』

世界一を前にして、異常な性欲を見せる太っちょさん。

d0025570_147819.jpg

もはや食べることがエクスタシー。
昇天に向かって、何度もごはんを口へピストン運動します。

そして、禁断のライスおかわりに突入です。

太ってることが理想の体型だと気付いてしまった太っちょさん。
むしろこの体を維持するために、食べ続ける健康法。
如何なる衝撃をも吸収するこの肉体が、ついに世界一辛いカレーも受け止めました。


d0025570_14131614.jpg

『知ってるか? 限界を肥えたら・・・デブになるんだぜ!!』



d0025570_1416548.jpg

何だか、デブであることがかっこいいと思えてきた暑い昼下がりでした。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-06-06 14:39 | gourmet