カテゴリ:gourmet( 68 )

すべて自己責任で。

子供の頃、土曜日のお昼ごはんと言えば、
「サッポロ一番しょうゆ味」だったメガネさんですが、

僅差の次点には「ペヤング」が迫っていました。

お湯を切るときに鳴る流しの「ボコッ!!」は、
美味しくなる魔法の音だと信じてました。

そんな「ペヤング」に新しい仲間が加わったというので、
早速購入した新し物好きのメガネさん。


d0025570_12282496.jpg

パッケージからして危険を連想させる真っ赤な色調。

コピーに踊る「激辛!」「辛さレベルMAX!!」の文字。

そして嫌でも目を引く「辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の飲食には十分ご注意ください」
との注意書き。

「蒟蒻ゼリー」にも引けを取らない大きな警告に、ペヤングの本気度合いが分かります。


作り方は元祖と同じです。

「かやく」を入れて、お湯を注いで、3分待ちます。

湯切りをしたあと、ソースを混ぜるのですが・・・


d0025570_1235129.jpg

いつもの黒いソースではなく、何故かソースが赤黒い・・・
食べる前から不安に襲われるチキンメガネ。


d0025570_1237933.jpg

そして、割り箸でよーくかき混ぜます。
でも、赤黒かった割には、いつものペヤングと変わらない印象です。
ただ一点を除いては・・・


d0025570_12394178.jpg

麺に絡まる赤い小さなツブツブが何だか気になりますが、
これが激辛の秘密なのでしょうか?


d0025570_12412551.jpg

自称・辛いもの好きなメガネさんが、ペヤングの本気に挑みますよ。
超一流企業「まるか食品」が・・・


d0025570_1245356.jpg

なんぼのもんじゃーい!!!


d0025570_137162.jpg

辛っ!!!!!!!!


口に入れた瞬間、辛っ!

噛んだ途端、辛っ!!

咀嚼するほど、辛っ!!!

喉に流したのに、辛っ!!!!


d0025570_13124664.jpg

食して1分で汗が出てきました。

早くも体が拒否反応を起こしたロクデナシ。

辛いものは好きだけど、辛いものが苦手だという弱点を一瞬で露呈してしまいました。

そこで、脆弱メガネが打った一手が・・・


d0025570_13154792.jpg

おにぎり投入!!!

具なしおにぎりをペヤングに絡めて、少しでも辛さを抑えようという魂胆です。

まさに用意周到。

盤石の迎撃態勢です。


d0025570_13175718.jpg

いわば、なんちゃって「そばメシ」ですが、この辛さがどこまで中和されるのでしょうか?
お米のパワーに期待しましょう。



ですが・・・




d0025570_1339025.jpg

あぁぅ、まだ辛いよぅ。。。


どうやら麺に絡んだあの「小さなツブツブ」が、メガネの口内を刺激しまくって、
激辛ワールドを作ってしまったようです。

もう、何を食べても辛い。。。



しかし、メガネには奥の手がありました。

それは・・・


d0025570_13455771.jpg

温泉玉子を投入!!!


こんな事もあろうかと、最もマイルドにしてくれる一品を購入してました。

さすが用意周到のメガネさん。

警戒心だけは人一倍です。

言いかえれば「セコイ」んです。


でもこの辛さを、どげんかせんといかんので、

なりふり構っていられません。


で・・・


d0025570_13491386.jpg

ぐちゃぐちゃにしてみました。

もはや何だかよく分かりません。

まるで残飯だな。


温玉効果で幾分辛さは和らぎましたが、

一度流れはじめた汗は止まる気配がありません。

むしろ、滴る汗の量は・・・


d0025570_13531063.jpg

滝の如し!!

次から次へと流れ落ちる豪快な汗に、

真冬ということを忘れるほど体が熱いです。


d0025570_1359477.jpg

流れた汗が、メガネの体力を奪います。

椅子に落ちた臭い汗が、メガネの気力を奪います。

かつて、こんなに消耗するお昼ご飯があったでしょうか?

メガネとペヤングの真剣勝負に、周りの社員はドン引きです。



d0025570_1414336.jpg


【結 論】

真っ赤なソースは「デスソース」。

ペヤングが本気で殺しにかかってきました。

警戒レベルをMAXにあげろ!!!



今回は引き分けにしといたる!!
[PR]

by wakachannel471225 | 2012-03-04 14:06 | gourmet

夏だけの、とろっとろ!

女「ねーねー、ピザって10回言ってみて」
男「ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ・・・」
女「世界で一番かわいいのは?」
男「おまえ」
女「・・・え?」
男「・・・・・」
女「もっかい言って」
男「やだ」
女「・・・いぢわる・・・」

・・・という具合に、いつの間にか恋が芽生える「10回クイズ」。
でも、薪窯で焼き上げた本物を提供する「サルヴァトーレ・クオモ」では、
「ピッツァ」と発音しなくてはいけないので
10回も言うのが面倒くさくなりますね。

「ピッツァ、ピッツァ、ピッツァ、ピッツァ、ピッツァ・・・」

どうですか?
だんだん「ツァピッ」って聞こえてくるから不思議ですね。

で、今回は「ツァピッ」でなく「ザーピー」のほうのお話です。


d0025570_22113188.jpg

7月某日、松戸五香という街に降り立った元・メガネ。
わざわざ東京・板橋から南東北・千葉県まで赴いた理由とは・・・


d0025570_22155263.jpg

美味しいザーピーが食べられるという噂のお店を訪問するためであります。
ザーピーって美味いよニャー♪

しかもすごく美味しいザーピーだったら最高だよニャー♪


d0025570_2220102.jpg

さらにチーズたっぷりの「マルゲリータ」だったら最高だよニャー!!

って思ってたら、
出来立て熱々の美味しいマルゲリータに出会いました。
故・マルゲリータ王妃(イタリア人)も納得のこの一枚。
カクテルの「マルガリータ」とは語感は似てますが、まったく非なるそのお味です。


d0025570_22215032.jpg

もうひとつ紹介するなら「パスタ」も美味しくてまいっちんぐ♪

トマトソースとパスタの組み合わせが絶妙ですね。
実は元・メガネさんは「マヨラー」ならぬ「ケチャラー」なんですよ。
ケチャップから生まれるトマトの酸味と甘みが織りなすハーモニーが、
すべての酒のアテに合いまくりなんです。

つか、本当のことを言うと「わさび」が好きな「ワサビー」なんですが。。。


d0025570_22273490.jpg

おや!?

肩越しに見えるのは取材クルーさんですね?

元・メガネさんのことちゃんと撮ってますか?

あっ、すいません。
ひとり言でした。


d0025570_22292444.jpg

他にもカレー味のピザが本当に美味しいんです!!
「マルゲリータ」に少し飽きたら「キーマカレーのピッツァ ピザ」が最高ですよ!!
本場のインドカレーの味を堪能できますから!!
「インド」と「イタリア」のハーモニーの誕生です。
ちなみに両国の共通点は、日本の「柿ピー」が大人気なことですってよ。


d0025570_22315467.jpg

おや!?

奥に見えるのは取材クルーさんですね?

元・メガネさんのことちゃんと撮ってますか?

あっ、すいません。
またひとり言でした。


d0025570_22332810.jpg

さらにピザやパスタだけじゃないんです!!
野菜を中心としたお惣菜も取り放題の食べ放題なんです。
しかも朝取り野菜だからすんごく新鮮なんですよ!!
野菜嫌いの元・メガネさんも、いくらでも食べられますから!!


d0025570_22353170.jpg

どうですか?

いい画が撮れましたか?

もう少し気の効いたコメントも喋れますよ!!



と思いきや・・・


d0025570_22365889.jpg

あれ? 取材班もうお帰りですか?

笑顔が汚かったですか?

もうちょっと・・・

ボクに・・・

インタビュー・・・

あれ?

もう行っちゃうのですか・・・

・・・

おーい・・・



という訳で・・・

こんな具合に仕上がったみたいです。

あとはYoutubeでお楽しみください。

4:29 くらいから注目です。

   ↓ ↓ ↓





「ラッキー」の人です。
[PR]

by wakachannel471225 | 2011-08-22 23:23 | gourmet

注文の多い料理店。

今年のトレンドは「坂本龍馬」らしい。
日曜劇場「JIN-仁-」で内野聖陽(41歳)が演じた龍馬。
大河ドラマ「龍馬伝」で福山雅治(40歳)が演じてる龍馬。
ダイハツのCMで香取慎吾(32歳)が演じてる龍馬風のオトコ。
ソフトバンクのCMで武田鉄也(60歳)が演じてる龍馬気取り。
「オレも龍馬、オレも龍馬・・・」って、「超新塾」のロックンロールコントかよ!


昨年の12月25日をもちまして、
いつのまにか元・メガネさんも37歳になりました。

「記念日には美味しいものを食べに行け」という
お祖母ちゃんの教えに従って、
翌26日(土)に、わざわざ店を予約してに出かけてきました。


d0025570_1433986.jpg

JR山手線・浜松町駅から徒歩4分。
アフリカ料理の店「カラバッシュ」です。

えっ? 何でアフリカ料理だって?

だって、今年は・・・



d0025570_20102271.jpg

ワールドカップが南アフリカで開催されるんですよ!

「その土地を知るには、まず食べ物から」というお爺ちゃんの教えに従って、
岡ちゃんに代わって下見をしてきた日本の味方。


d0025570_14422057.jpg

カズダンスのリズムに乗りながら階段を降りると、
地下1階のフロアに・・・


d0025570_144337100.jpg

目的の店がありました。
いかにもアフリカ的な店のロゴが入った自動ドアを開けると、
店の中は・・・


d0025570_14533522.jpg

アフリカのサバンナを思わせる、開放的な空間が広がっていました。
壁にそってテーブルが置かれてるので、
中央のスペースが広くあいています。
そこでたまにアフリカンライブが催されるらしいです。


d0025570_14543017.jpg

壁に飾られた面や雑貨が、アフリカの宗教的儀式を彷彿させますね。
とても雰囲気のあるお店です。
これは期待できそうですね。

早速、料理をオーダーしましょうか。


とはいっても・・・


d0025570_1458535.jpg

やはり都内でも数少ないアフリカンなこのお店。
オーナーは日本人のようですが、
店に飾られた写真を見る限り、従業員はそっち系の人たちが多そうです。

「注文、大丈夫かな・・・」

ほら、言葉が通じなくて間違った料理がだされてもアレだからね。


d0025570_152228.jpg

そんな不安が頭をよぎったとき、
奥のほうで佇むカツオ頭を発見。
あのオトコ、日本人・・・だよね!?

「すいませーん!」
「はい、ただいま・・・」


d0025570_1551172.jpg

待望の日本人従業員がいたので、心おきなく料理を頼めます。

「ぐるなび」でクーポンを用意してたので、
「アカラ」という豆のコロッケはサービスでいただけます。
意外と高い600円の料理がタダになってラッキィですね。

それ以外にも、アフリカならではの珍しい料理をアラカルトで注文しました。
何が出てくるかは、あとのお楽しみです♪


d0025570_15103413.jpg

とりあえず、ワインで乾杯しましょう。
ワイン王国・南アフリカ産の白ワインです。
海抜1100mのセバダーグ山地で作られた、芳醇な味が特徴らしいです。


d0025570_15144960.jpg

では、いつものキメポーズで乾杯しましょう。

『Na zdravi!(ナ・ズドラヴィ!)』

唯一知ってるチェコ語で乾杯です。
ワインの味はどうですか?


d0025570_1521438.jpg

冷たくて美味しい♪

言うと思ったよ!
おきまりのコメントですいませんね。。。


d0025570_1524325.jpg

そのあと、早速さっき頼んだ「ぐるなびのサービス品」が出てきました。
パンダ豆を使ったコロッケです。
添付の赤いチリソースを付けて食べます。


d0025570_15274916.jpg

結構サクッとした食感ですね。
塩っけがあるので、ソースなしでも美味しいですよ。
ワインに合う、いいセレクトでした。

次の料理が待ち遠しいですね。


d0025570_15314023.jpg

でも、隣のテーブルに団体さんがいるから、
少し遅くなるのかな。。。

そんなときは、店内をグルリと見回します。
ほらっ、ヘンテコなものがたくさんありますよ。


d0025570_15331375.jpg

「ジョジョの奇妙な冒険@第一部」に出てきた「石仮面」がここにありました。
狂気と憎悪、禍々しいオーラを放つあの石仮面がいまここに!!
これを被れば「波紋」が自在に使えるようになるのでしょうか。
考えただけでドッキが胸々になります。


d0025570_15402829.jpg

かたや別の壁には「岳@ビッグコミックオリジナル連載中」で、
山岳救助隊の主人公・島崎三歩が使用してたと思われる「ピッケル」がありました。
常に最善の結果を求めて、冷静に救助活動を行う北アルプスで暮らす島崎氏でも、
富士山で遭難した片山右京パーティは救えませんでした。


d0025570_15543490.jpg

カウンター席もあるんですね。
これならアフリカ料理を食べたくてフラッと立ち寄ったときも便利・・・

ってオイ!!

料理が一品も来ないんですけど。。。


最初に食べた「ぐるなびクーポン料理」を食べてから45分。
そのあとに続く料理がまったく出てきません。

隣の団体さんの料理も出尽くしたと思われるので、
これはちょっとねぇ。
意を決してオーナーの日本人を呼んで聞いてみました。


元・メガネ 「すいません、料理が全然出てこないんですけど。。。」
オーナー 「えっ・・・(絶句)、しばらくお待ちください・・・」


オイオイオイオイ・・・
まさか、まさかの事態が勃発ですか???



(1分後・・・)



まさかの事態が勃発してました。。。


d0025570_1633271.jpg

信用してオーダーしたカツオくんが、
僕らの注文した料理を全部、

隣のテーブルに出してたのです!

お前、死ねよ!!

誕生日だというのにこの仕打ち!!

不測の事態に言葉もでない元・メガネ。


「急いで料理を作りますから!」とオーナーが言ってますが、
一度下がったテンションは二度と回復しませんよ。。。


温厚で知られる元・メガネも
「もういいです!帰ります!」と言いかけたそのとき!


d0025570_16111178.jpg

ボトルにまだ残るワインに気づいてしまいました。

 「ここで帰るとワインがもったいないな。。。」

こんな時でもコスイ考えが頭をよぎったロクデナシ。
いま外に出ても、次の店を探すのに苦労しそうだな、と冷静に考えた結果・・・


「じゃあ、お願いします!」とプレイ続行を決めたのでした。


それからの料理の対応は速かったです、


d0025570_16153685.jpg

つなぎの惣菜として「塩茹でピーナッツ@300円」がサービスで出てきました。
西アフリカのおつまみだそうですが、間違いなく千葉県産のピーナッツだと思います。


d0025570_16201927.jpg

さらに「アボガド・サラダ@800円」がサービスで出てきました。
普通に考えたら、これで800円は高いですよね。
タダで食べる分には美味しいですが。


d0025570_16225868.jpg

続いて「オソ@600円」がサービスで出てきました。
サッカーのドログバ選手で有名なコートジボワールの料理です。
一見、ただのフライドポテトですが、「じゃがいも」でなく「さつま芋」を揚げてます。


次から次へとサービスの攻勢ですが、
肝心のオーダーした料理がまだ出てきません。
しかも、少しお腹が膨れてきました。
もういいんじゃね? と思ったそのとき・・・


d0025570_16294975.jpg

やっとオーダー料理が初めて出てきました。
「ペペスープ@600円」です。
タレントのボビー・オロゴンで有名なナイジェリアの料理です。
牛の胃袋や、干し魚、いろいろな野菜を煮込んだ少し辛いスープです。
やっと温かい食べ物を口にして、ホッとしました。


d0025570_16351628.jpg

続いては、肉料理です。
「ワニの串焼き@一本850円」を注文してました。
ワニ好きといえば・・・


d0025570_16395666.gif

元・ヤクルト、阪神のパリッシュ選手ですね。
フロリダ州出身のワニ好きとして日本球界で大活躍でした。
そんな色物助っ人外国人が好んで食べた味とは・・・


d0025570_17495973.jpg

いただきまーす!!
パクりっ。

口が「たまごっち」みたくなってますよ。


d0025570_18255684.jpg

むにゃむにゃ・・・。
眉間にしわが寄ってますが、
お味はどうですか?


d0025570_18254144.jpg

『うん、悪くないですよ!!』

何だ、その上から目線のコメントは?

つか、肉が固くて味がよくわからないのです。
塩・コショウで味付けされてるのはわかります。
噛めば噛むほど味がでる・・・スルメ的な感じ!?

もう、すでにお腹がいっぱいの元・メガネさん。
でも、最後にメインの料理がまだ待っています。

その料理とは・・・



d0025570_192934100.jpg

「エグシ・シチュー&フーフー@2500円」が出てきました。
タレントのボビー弟、アンディ・オロゴンで有名なナイジェリアの料理です。
名前だけ聞くと、何の料理だかわかりませんね。



d0025570_19295788.jpg

「エグシ」とは、スイカに似た野菜の種をすり潰して、
干し魚の出し汁で煮込んだシチューだそうです。


そして、その奥に見える白い固まりが「フーフー」です。
ヤムイモを潰して蒸かして作るそうです。

その食感とは・・・



d0025570_19302076.jpg

まるで餅だな。。。



実は、お餅が大好きな元・メガネさんですが、
いくらなんでも、こんなにデカイ餅はとても食べれないですよ。

と、弱気になってると、
天からお祖母ちゃんの声が聞こえてきました。



d0025570_19303862.jpg

『ボルトはヤマイモを食べたから足が速くなったんじゃ。。。』

そうか、ボルト選手はジャマイカでヤムイモばかり食べてたから
あんなに足が速いんだね。
元・メガネさんも今から足が速くなるかな?

思わず大器晩成を期待したとき、
またお祖母ちゃんが言いました。



『でも、ボルトはケンタッキー・フライドチキンが大好きなんじゃよ。。。』



すでにお腹がいっぱいのヨメは、
このとき、こう思ったそうです。




d0025570_19191744.jpg

じゃあ、ケンタ喰えよ!!!!


「ヤムイモ」とは、つまり「芋」なので、
食べるとすぐにお腹が膨れてしまうのです。

お腹の限界が来てしまった元・メガネさんたちに、
最後のデザートが配られました。


d0025570_19185641.jpg

「アイス」です。
アフリカのアイスじゃなくて、普通のシャーベット・アイス。
「オレンヂ」と「バニラ」。
いい感じに別腹感覚で入っていきました。


d0025570_209289.jpg

気がつけば、隣の団体さんはもう帰ってました。
僕らが注文した料理を、カツオが間違って届けてしまったテーブルです。
たぶん「注文以上の料理が多い料理店」として認識したことでしょう。

ぼくらも帰りましょうか。。。



料理を忘れられるという仕打ちに、
一時はどうなるかと思いましたが、
無事に誕生日ディナーを食べられてよかったです。


【感想】

まだ気になる料理がたくさんあったので、
また行きたいですね。
でも・・・

二度とカツオにはオーダーしませんから!!
[PR]

by wakachannel471225 | 2010-01-11 20:12 | gourmet

ご褒美にはコーラを。

「M-1」に優勝したら、「オートバックス」のCMに出れるんでしょ。
「パンクブーブー」って名前的にまずくない!?


また口内炎が出来ました。
今回は超大物です。
直径1mmの口内炎が下唇に4つ。
まるで散弾銃を打ち込まれたような形状でしたが・・・


d0025570_169040.jpg

4つの口内炎が合体して、
1つの巨大モンスターが出現しました。

食べるときはもちろん、
呑むときも、喋るときも、
時にはジッとしてるときでさえ痛みが伴う今日この頃。


そんな粘膜でさえも脆弱な元・メガネさんが、
最近はまってるのが・・・


d0025570_187876.jpg

タイ料理です。
池袋西口徒歩1分。
タイ国旗を掲げ、「本場の味」を謳う右の本格派。


d0025570_18131481.jpg

ムエタイの本場・タイから幾千キロ離れた池袋の街中で、
渾身のパンチをかましてやるぜ!
そんな意気込みのメニューが・・・


d0025570_18164530.jpg

元・メガネさんを挑発してました。

やんのか、コラ!

しばくぞ、コラ!!


西一番街の片隅で、ナパキャットワンチャイが吠えてます。
いくら激辛と言っても、所詮タイカレーでしょ。
ココナッツミルクが入ってる時点で、たかが知れてるよね。
カレーの本場・インドの味を知るからこそ、上から目線で応酬します。

そんな探りあいをすること数分、
厨房から出てきたのが・・・


d0025570_1824525.jpg

激辛グリーンカレー定食の登場です!!

ココナッツの匂いを感じさせない、鼻に突き刺さる刺激臭。
およそグリーンカレーの色とは思えない黄濁色したルー。
ナスやタケノコの具の上に佇む、恐怖感さえ覚える赤い唐辛子。

そんな彼らを舐めてかかったロクデナシ。
案の定、数分後・・・


d0025570_18381588.jpg

スコールを浴びたように、猛烈な量の汗が噴出してきました。

『怖い・・・カレー・・・怖い・・・』


カレー部部長が自らのスプーンを落とすほど、
恐怖の激辛カレー。


隣にいたキョトン星人にも食べさせてみました。
どう?


d0025570_18512592.jpg

「この辛さは宇宙一ですね!!!」

キョトンを忘れ、スマイリーキクチに変形してしまいました。
彼にブログがあったら大炎上するところでした。

 元・メガネ × (反則(2人がかり)) ○ 激辛グリーンカレー



バカな試合をしたものです。
自責の念にかられた敗軍の将。
倍の大きさに膨れ上がった唇に出来たモンスターを気にしながら、
リベンジ精神にかられたオトコが考えた結論とは・・・

『もう、あの男しかいない。。。』


翌日、性懲りもなく店を訪れた負け犬ども。
でも、今日は助っ人を連れてきました。
その男とは・・・


d0025570_18594766.jpg

『太っちょです。何でオレが。。。』


バカな胃袋を持つオトコといえば、この人です。
数年前、世界一辛いカレーと戦って完勝した世界チャンピョンにとって、
小国タイのカレーなんてへっちゃらですよね!


d0025570_198227.jpg

まぁな。
オレ様に辛いものなど・・・


d0025570_1993798.jpg

辛っ!!!!!!


またまた・・・ご冗談を。。。
チャンピョン演技が過ぎますよ。


d0025570_19211843.jpg

まぁな。
冗談に決まってんだろ。
オレ様に辛いものなど・・・


d0025570_19223981.jpg

辛ッ!!!!!!!


うそでしょ!?
世界一のチャンピョンが辛さを感じるなんて。。。

ボク・・・ちょっとショックだなぁ。。。


d0025570_19242025.jpg

うぅぅ。
ウソに決まってんだろ。
オレ様に辛いものなんて・・・


d0025570_19255188.jpg

ないのダァー!!!!!!!

イキオイ付けて豪快に流し込む太っちょさん。
ようやく本気を出してきました。
言葉には出しませんが、
「美味しい、美味しい」と言ってる様に聞こえます。


d0025570_1929999.jpg

「宇宙」と書いて「コスモ」と呼ぶ。
まさに「コスモ星丸」のような体型ですが、
あなたの胃袋はまさしく「コスモ」です。


そしてついに・・・



d0025570_19355838.jpg

どう!? 完食だべさ!!


お見事です!
さすがチャンプ!
期待に応えて、リベンジをしてくれました!


d0025570_19385371.jpg

その苦悶の表情から、
今回の戦いがいかに難しかったのかが窺い知れます。
絶対王者のチャンプですが、
見せ場をたくさん作った「激辛カレー」にも拍手を送りたいですね。


d0025570_19425176.jpg

では、防衛を果たしたチャンピョン、
全国のファンにひと言お願いします。


d0025570_19435950.jpg

またつまらぬものを食ってしまった・・・


体中から汗が「湯気」となって出ていますが、
それが「オーラ」に見えてくるから不思議ですね。。。

 太っちょ ○ (完食(3分17秒)) × 激辛グリーンカレー

次回の対戦者を待っています!!
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-12-22 20:05 | gourmet

国歌は「私達の美しい故国」。

整形して逃亡中の市橋容疑者。
「イノウエ・コウスケ」という偽名を使ってるらしい。
「井上康生」と「北島康介」を混ぜたな。
意外と金メダル好きな一面がありそうです。


11月7日。

4年前から、この日は世界の珍しい料理を食べる日になってます。
その日は元・メガネさんの結婚記念日なのですが、


d0025570_17171096.jpg

1周年では渋谷にあるペルー料理「ミラフローレス MIRAFLORES」で
激辛ハバネロ料理に悶絶し、


d0025570_17204920.jpg

2周年目は恵比寿にあるフランス料理「ビストロ・ダルブル/分土火」で
フランスワインに撃沈してテーブルに水をぶちまけ、


d0025570_17255843.jpg

3周年では六本木にあるベラルーシ料理「ミンクスの台所」で
北欧の美女が運ぶ料理にドキドキし、


そして4周年の先日、
わざわざ前日予約してまで向かった店とは・・・


d0025570_17301925.jpg

京橋にあるクロアチアレストラン「Dobro」でした。

東京駅から徒歩7分。
銀座の喧騒から少し外れた路地裏に、
ひっそりと佇む自称・隠れ家レストラン。
ちなみに「Dobro」とは、クロアチア語で「Good」の意味だそうで。

その重い扉を開けると・・・


d0025570_1740962.jpg

重厚な大理石の階段と、中央にあるステージが目を引きます。
まるで北欧のお城をイメージさせる石作りの店内は、
初めて訪れた人をキョドらせる要素が満載です。


d0025570_1845353.jpg

さらに、店内の照明は必要以上に薄暗く、
テーブルに置かれたアンティークなロウソクの灯が、
ユラユラとはためく様に不安を覚えずにはいられません。


d0025570_1885235.jpg

土曜日の夜だというのに、他の客は中年夫婦一組のみ。
静かに流れるクラシック音楽が、一層寂しさを感じさせます。


という訳で・・・


d0025570_18115458.jpg

最初からクロアチア産のワインでテンションをあげたいと思います。
【グラーシェヴィナ ダールヴァル パリック2005】

意外とワイン作りが盛んなクロアチア。
バランスが取れた酸味と香りが持ち味の白ワインですが、
元・メガネさんは冷えてれば何でもアリのロクデナシでした。


まずは前菜です。
もちろんアラカルトで頼みます。


d0025570_1820879.jpg

【長野県にある姉妹店から直送したサラダ】

ズバリ、読んでそのまんまのサラダです。
小さなフルーツトマトが甘くて美味しかったです。


d0025570_1823136.jpg

【チャバプチッチ】

「チャバプチッチ」とは、クロアチア語で「小さなケバブ」のこと。
トルコ料理の「ケバブ」の肉の味がします。
小さいのに、お皿に4個しかないのが寂しいです。


d0025570_18255843.jpg

もちろん、まだ店内の客は2組だけで寂しい限りです。
盛り上がりに欠けてます。


d0025570_1827436.jpg

【パプリカのクリームシュトゥルクリ】

クリームチーズをラザニア生地で巻いた、クロアチア風ラザニアです。
溶ろけたチーズにふんわり玉子がよく絡んで、すごく美味しいです。
これはワインが進みます。
店員が注ぎに来る回数が頻繁になってきました。


d0025570_18305473.jpg

【サルマ】

この店のイチバン人気メニューです。
3週間も塩漬にしたキャベツに、ポークとお米を詰めた
クロアチア伝統のロールキャベツですって。
3週間も漬けといたら味はもちろん・・・

『しょっぱい(>_<)』 です!!

そんな時はやっぱり・・・


d0025570_18465346.jpg

ワインを呑んで、舌を落ち着かせます。
それにしても非常に呑みやすいワインです。


d0025570_18482631.jpg

キャンドルの灯が幻想的に揺らめいて、
異国情緒を演出してます。


d0025570_18495689.jpg

壁に浮かび上がったグラスの影が、
とてもオモシロだったので、


d0025570_1856335.jpg

ボトル2本目突入です。
【ソーヴィニョン・ダールバル】

ハーブや青々とした草のような香りがウリらしいです。
口に含むと豊かな酸が広がるって書いてありましたが、
やっぱり冷たけりゃ、何でもいいです。


d0025570_1859138.jpg

【海老と魚介のブーザラ】

「ブーザラ」とは、トマトやワインで味付けされた煮込み料理です。
海老のほかにホタテや白身魚が入ってます。
ペスカトーレを思わせる、クロアチア魚介料理の定番です。
トマトを使った料理にハズレはないでしょ。


d0025570_1942062.jpg

美味しいつまみに喜んでバカバカ呑んでるうちに、
他の1組の客が帰ってしまいました。


d0025570_1961965.jpg

トイレから帰ってきた元・メガネ。
調子こいて中央のスペースでキメポーズをしてみましたが、
酔っ払ったヨメの手がブレてしまいました。
手ブレ防止機能も台無しです。

もう帰ろうか。。。


ほろ酔い加減で店を後にした元・メガネ。
こうなったら2件目に行きたいところですね。


d0025570_19143813.jpg

銀座の街をブラブラ歩きはじめましたが、
知ってる店が何もない内弁慶なロクデナシにとって、
煌びやかなネオンがプレッシャーとなってしまい・・・


その結果・・・


d0025570_19152696.jpg

家の近所の焼き鳥屋で、日本酒を啜るダメオトコ。
「やっぱり板橋がイチバン落ち着くよね」と、
けんもほろろな結果を導いてしまったメガネ野郎でした。


d0025570_19265113.jpg

常連のお客さんと酔っ払いの競演です。
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-11-09 19:37 | gourmet

こいが俺ですばい。

東京マラソンの抽選結果が通知されてきました。
倍率8.9倍の難関を乗り越えられず、
敢え無く落選。。。
その傍らで、当選したキョトン星人が半笑いしてます。
ちょっと不愉快ですね。


10月の3連休は中日を迎え、
今日もとってもいい天気。
こんな日はやっぱり・・・


d0025570_14181583.jpg

【九州 観光・物産フェスタ@代々木公園】 に行ってきました。

今まで国内で出かけた最南端といえば、修学旅行で行った「岡山県」という、
「それは中国地方だから南じゃねーよ」的なロクデナシにとって、
九州は正に未知の世界です。


d0025570_1429351.jpg

そんな九州男児に憧れて、都内周辺からたくさんの人が集まってきました。
一番の理由は「焼酎」が安く呑めるからだと思いますが。


d0025570_1514943.jpg

だって、都内では入荷してない貴重な焼酎たちが、


d0025570_155433.jpg

一杯200円で呑めるんですから!
てことは、2000円で10杯も呑めるってこと!

もちろん「つまみ系」も充実してまして・・・


d0025570_158772.jpg

「熊本名物・辛子蓮根まんじゅう@120円」を食べて
『うまかぁ-!!』


d0025570_15134596.jpg

ヨメの顔ほどもある「長崎名物・いわしげんこつ串@350円」を食べて
『いじでうまかぁー!』


d0025570_15185362.jpg

「長崎名物・皿うどん@500円」にお酢と辛子をたっぷりかけて、
『せからしかぁー!』


d0025570_163191.jpg

そんな中、この渋めのおじさんが一生懸命何かを焼いていました。
辺りに白煙が充満する中、その先にあるものとは・・・


d0025570_164291.jpg

「博多名物・いわし明太焼き@300円」です。
いわしの腹に明太子を詰める根性料理。
『この馬鹿ちんがぁー!!』

もはや、九州6県対抗の美味いもん大会です。
けっこう敵意剥き出しに、安売り合戦が始まってました。


d0025570_16101251.jpg

熊本ブースでは、熊本県宣伝部長のスザンヌ(山本紗衣)さんがお出迎えです。
タレントオーラが眩しくて、顔が反射してしまいました。


d0025570_16122121.jpg

もちろん、本物のスザンヌは来てくれないので、
ミス熊本さんが癒やしてくれました。
頭の上の飾りは紙で出来てるので重くないそうですよ。


d0025570_16135720.jpg

その隣には来年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の舞台となる、
長崎県が作ったキャラクター「ながさき龍馬くん」が立ってました。
そういえば、ドラマの主役・福山雅治に似てる気がします。

周りを見回すと、そんな「ゆるキャラ」が会場にたくさんいる事に気付きます。
他の県も負けていませんよ。


d0025570_16162151.jpg

この奇妙な後姿の生き物は一体・・・


d0025570_16171658.jpg

福岡県が誇る、超一流私鉄企業「西日本鉄道㈱」が生み出したマスコットキャラが、
「フェレット」です。
何の捻りもない直球のネーミングに脱帽です。


d0025570_16271872.jpg

他にも、長崎ハウステンボスのキャラ「チューリーちゃん」や、


d0025570_1629131.jpg

佐世保バーガーでお馴染みの「ハンバーガーボーイ」など、
多少知名度があるキャラたちもいますが、


d0025570_16303747.jpg

宮崎県産のピーマンをPRする「グリーンザウルス」っていう、
恐ろしいほどマイナーキャラもたくさんいました。


d0025570_16353722.jpg

ひと際人気が無かったのが、大分県のキャラ「かぼたん」です。
大分産のカボスをPRするために生まれたのですが、
まったく可愛くないため、子供達から総スカンでした。


d0025570_16381456.jpg

熊本空港のキャラ「あそらくん」です。
「阿蘇」と「空」を掛けてますが、「アホンダラ」に聞こえます。


d0025570_16414653.jpg

佐賀市のPRキャラ「俵マイ」ちゃんに告白したら、
「キモイ」と拒否られました。


d0025570_16433637.jpg

大分空港のキャラ「マーシャルくん」です。
空を飛べないペンギンがPRキャラって、どうかと思うぞ。


d0025570_16541539.jpg

大分県の応援団”鳥”の「めじろん」です。
もう、大分県のセンスには困りますね。
もはや何でもアリです。

ここまで何体のキャラと触れ合ったのでしょうか。
九州の観光PRをする使命のもと、
暑い中頑張ったキャラたちも、最後の大物を残すだけとなりました。

大トリを飾るのは・・・


d0025570_17445318.jpg

鹿児島県のキャラ「さくらじまん」です。
一見、ただの赤いうんこを連想させますが、
鹿児島県民の誇り「桜島の噴火」をイメージしてるようです。
頭の先から噴煙らしきものが上がってますね。

ちょっと、そこの子供、邪魔だからあっち行って!!


d0025570_17471412.jpg

メガネさん渾身の「山ポーズ」を遮る無邪気な悪魔。
九州ゆるキャラPRの大トリは、ニセこども店長に奪われてしまいました。

車を持たないメガネさんにとって、エコカー減税の恩恵は受けられませんから!
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-10-14 18:33 | gourmet

本名:サラブジット・シング・チャダ。

大相撲9月場所は、横綱・朝青龍が優勝しましたね。
取組後、何故か長淵剛が激励に現れました。
新曲「蝉」のPRでしょうか。
『蝉が泣く~ チキショウと~♪』って何だよ。。。


もう秋ですね。
秋といえば、フェスタの聖地・代々木公園で毎週のように各国のイベントが催されてますね。
この前は「スリランカフェスタ」。
先々週は「ベトナムフェスタ」。
そして先週末はついに・・・


d0025570_15273268.jpg

みんな大好き「ナマステ・インディアフェスタ」に行ってきました。

他の国のイベントと違って、たくさんの入場客が見込める大人気イベントだけあって、
主催者と出店者の意気込みがいたる所に感じられます。

例えば・・・


d0025570_15365372.jpg

ゲートをくぐると「大きなゾウ」が出迎えてくれました。
優しい瞳をした大きなゾウさんに、優しい気持ちを取り戻しました。


d0025570_15424580.jpg

その傍には「ふざけたウマ」が立っていました。
舌を出しておちょくるウマに、広大な大地が目に浮かびました。


d0025570_15443845.jpg

その隣には「インドの神様・ガネーシャ」が踊っていました。
大ベストセラー「夢をかなえるゾウ」でお馴染みのガネーシャ様。
成功の秘訣は「トイレ掃除」からです。


d0025570_15473517.jpg

舞台の上では「白猿ハヌマーン」らしき人物が奇怪な踊りをしてました。
仏像泥棒に殺害されたコチャン少年が、ウルトラの母の手によって蘇った正義の味方です。


d0025570_15504419.jpg

こんなに楽しいイベントなので、来場者は今日もいっぱい集まりました。
中でも、インドカレーが食べられる屋台は長蛇の列です。
元・メガネさんもお腹が空きました。
さっそく買い食いしましょう!!


あっ、そうだ!!

今日は元・メガネではありません。

もうお気づきかと思いますが・・・


d0025570_1553650.jpg

メガネ復活です!!


レーシック手術を受けて以来、久しぶりのメガネです。
0.1仕様のレンズは、ダテメガネとして復活しました。
いわば「おしゃれ気取り」ですが、何か?


d0025570_15561630.jpg

【サモサチャート@300円】

野菜を包んで揚げた「サモサ」に特製ヨーグルトをかけました。
特製なので味の正体はわかりませんが、
意外と美味しかったです。


d0025570_1814441.jpg

【タカタク@500円】

羊の内臓を、トマト、タマネギ、生姜、ニンニクで炒め、特製スパイスで絡めました。
炒めるときに鉄板を「タカタカタカ・・・」と叩くので「タカタク」と呼んでるそうです。
さすが、インド人。わけわかんねーな。


d0025570_1865317.jpg

【ダイバレー@500円】

ヒヨコ豆が入ったヨーグルトサラダです。
ヘルシーさを謳ってますが、酸っぱたがりのメガネさんにとっては、
ビールのつまみにもなりませんでした。


d0025570_18102075.jpg

【パオバジ@500円】

ロールパンにスパイスの効いた炒め物を挟んで食べます。
インドの都市「ムンバイ」の露店で売られてるらしいです。
パンよりもライスが食べたくなります。


少しお腹がいっぱいになってきました。
やっぱりビールを3本も呑むとお腹が膨れてしまいますね。
ちょっと散歩をしましょうか。


インドという国を語る上で、「映画」というジャンルは欠かせません。
軽快な唄と踊りで楽しませる「娯楽映画」をよく目にします。
インド版だとそれは「ボリウッド」と呼ばれています。
「ボンベイ」の「ボ」と、「ハリウッド」を混ぜた造語です。


d0025570_18172244.jpg

それにまつわる商品がたくさん売られていました。
これは肩掛けカバンですが、そこに描かれてるのは・・・


d0025570_18184960.jpg

『KING OF BOLLYWOOD』の端正な顔写真と、


d0025570_1820820.jpg

『QUEEN OF BOLLYWOOD』のステキな横顔でした。

二人ともスターの風格が漂っています。
英語で綴られてるのはご愛嬌ですね。


d0025570_18222023.jpg

こちらは、日本でもお馴染みの絵本「はらぺこいもむし」のヒンディー語版です。


d0025570_1824041.jpg

「いもむしくん」が次々食べていく果物の穴がかわいい綺麗な絵本です。


d0025570_18251812.jpg

あの緑色の小さくてプニュプニュした「イモムシくんが」、
さなぎになって、こうやって美しい蝶々に成長しました。
是非、まさかの映画化を求むですね。


そして、インドで忘れてはいけないのがもう一つ。


d0025570_18275950.jpg

「チャダ」って知ってますか?
70年代にインド人初の演歌歌手としてデビューした人物です。
デビュー曲「面影の人」がヒットして、その年の日本レコード大賞新人賞に輝いたそうです。


d0025570_18315675.jpg

超人気マンガ「稲中卓球部」にも登場してましたね。


d0025570_18405363.jpg

柴崎先生が「チャダ」になりすまして校長先生に電話をかける有名なシーンです。
子供ながらに「チャダ」ってすげーなとインプットされました。

そんなインドの大スターが、新曲を引っさげて待望の来日です。
その名も・・・


d0025570_18592558.jpg

踊るマハチャダ

すげーな、オイ!


d0025570_191517.jpg

日が暮れて、ステージに照明が灯る頃、
出番がやってきました。

司会の女性が煽ります。
では、唄ってもらいましょう、チャダさんで「踊るマハチャダ」!!


d0025570_194398.jpg

「こんばんは、チャダです。ボクの新曲を聴いて、一緒に踊ってくだサイ!」


d0025570_1952046.jpg

何か、イントロと同時に「チャダガールズ」が出てきましたよ。
頭にはターバン風なものを被ってますね。


d0025570_1964518.jpg

ガールズに囲まれてご満悦のチャダさん(56歳)。
現在は貿易関係の仕事をしています。


d0025570_1981897.jpg

日本でもう一儲けしようと、心をこめて唄います。

そんなチャダさんの熱唱に・・・


d0025570_19115565.jpg

インド人、大盛り上がり!!


ついでにメガネさんも・・・


d0025570_19132510.jpg

にやけた笑いを振りまいてしまいました。
気持ち悪いですね。

にやけついでに、少しテンションが上がってしまったメガネ氏。


d0025570_19173066.jpg

まさかのCDとサイン色紙をゲットです。
1200円も払って得た代償が・・・


d0025570_19184959.jpg

チャダとの3ショットでした。
人生経験豊富な白髪のインド人と、
世間をなめてるお調子者の日本人の、
貴重な日印交流です。

そして去り際にチャダが一言・・・


ブログに使ってネ♪


チャダ・・・あんたすっかり日本人だよ。。。


[PR]

by wakachannel471225 | 2009-09-28 19:21 | gourmet

のどごし? コク? キレ? 美味けりゃいいよ。

「こども店長」の店では買い物したくないですね。
おつりとか適当そうだし。。。


「チェコ」と「スロバキア」が分離して16年。
そんな歴史も知らぬままチェコを訪問してから、はや1年半が経ちました。

d0025570_139012.jpg

その間、プラハではオバマ大統領が「核のない世界」を訴えたり、

d0025570_13213681.jpg

チェコアニメ映画『屋根裏のポムネンカ』のヒロインの日本版声優を、
女優・貫地谷しほり(23)務めたり、

d0025570_13235344.jpg

チェコ出身のスーパーモデル・カロライナ・クルコバ(25)が妊娠したり、

チェコ関連のニュースが事欠かない毎日ですが、

日本では元・メガネが・・・


d0025570_13315735.jpg

ビールを呑んだくれてました。。。

世界一ビールの消費量が多いチェコで覚えたピルスナーの味を求めて、
毎日呑み続けるロクデナシ。
ちなみに画像のビールは、ベルギービールの定番「ヒューガルデン」です。
小竹向原にあるベルギービールが呑める店「maru」での一杯。
まぁ、チェコもベルギーも欧州という広いくくりで。。。


そんな、心の何処かにチェコを秘めてる元・メガネですが、
先日、初来日したチェコ人と呑んできました。


聞くところによると、前夜、成田空港に降り立ったらしく、
まだ日本の食文化に触れていないとの事。

ヨメの母親は考えました。
これはもちろん「寿司」だろ! 
新鮮な江戸前の寿司を堪能させてやるわ!


と思いきや・・・


苦手な食べ物は「」という、
まさかのNGワードを出されてしまいました。


鉄板の日本食を否定された日本人。
もう何も思いつきません。
手持ちのカードが少ないので、早くも苦境に立たされました。
早くも切り札を出すしかありませんね。
ヨメの母親がお気に入りのお店に連れて行くことにしました。

そんなチェコ人を迎え入れたお店とは・・・


d0025570_1423035.jpg

「幸楽」でした。


なんと、


赤羽


中華屋


来日したてのチェコ人を連れていくという事態に!!





d0025570_13494979.jpg

チェコの名門・パラツキー大学の学生、ジェシカ(23)です(右側の人ね)。
日本語は少し話せます。
聞くのはある程度理解できます。
もちろん中華料理は初めてです。


d0025570_155765.jpg

通訳はもちろんサトちゃんです。
「日本語」と「英語」と「チェコ語」を駆使して「中華料理」を教えます。
あんた・・・ほんと凄いね。。。


で、ここで驚愕の事実が発覚!!


その1. チェコ人なのにビールが呑めない

d0025570_16101891.jpg

「えっ! ビール消費世界一の国なのに!?」




その2. 豆腐が食べられない

d0025570_16113651.jpg

「えっ! 中華料理の醍醐味は「麻婆豆腐」なのに!?」




その3. 赤ワインが呑みたい

d0025570_16124787.jpg

「えっ! 中華屋なのに赤ワイン!? 紹興酒は?・・・ダメ。。。」



d0025570_161551.jpg

敵は、なかなか手強いぞ。
さぁ、どうする?

ヨメが「空芯菜」の説明をしています。
茎の中が空洞になっている事から「空芯菜」と呼ばれることを、
チェコ人に解りやすく説明する言葉とは・・・



d0025570_16205739.jpg

マカロニ ベジタブル!


かなり強引なドリブル突破でしたが、
どうにか伝わったようです。


これならOKということで食べてもらいましたが、
ジェシカ、味のほうはどう?


d0025570_1624184.jpg

『スゴク・・・オイシイ・・・デス』


d0025570_1625521.jpg

『絶対、ウソだろ!!』

もう面倒くさいので、適当に注文することにしました。
おそるおそるですが、モグモグ食べてるジェシカ。
今朝、初めて「お箸」を持ちましたが、意外と様になっています。


ここでヨメの母親が余計なひと言を・・・


『おしんこ食べる?』


チェコにも漬け物的な料理はあるらしいのですが、
日本のきゅうりのヌカ漬けを食べさせてみました。
ジェシカ、どん引きです。





来日早々、変なものを食べさせられて微妙な顔のジェシカでしたが、
いつもよりも赤ワインを呑みすぎたらしく、


d0025570_1641493.jpg

最後は気分良く食べきることができました。

『ゴチソウサマデース!!』


一方、元・メガネはというと・・・

ビールが呑めないチェコ人に対抗すべく、
ひとりジョッキで呑んでた負けず嫌い。
いつも以上に「おかわり」を重ね、小心者が気が大きくなった挙句・・・


d0025570_16432057.jpg

国際交流という名の「スキンシップ」を試みました。
日本男児のにやけた笑いが、国交断絶の引き金にならないことを祈ります。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-08-22 17:09 | gourmet

悪魔の猛牛(バッファローマンのテーマ)

日本テレビで放送された
「池袋焼肉食べ放題戦争舞台裏」
という番組をめぐって、いまネットで大変な事態になっています。

これが問題の映像です。




焼肉屋さんが肉を床にたたきつけて、美味しさをアピールしてますが、
衛生的にヤバイだろ! という意見が勃発。

 ↓

その後の夕刊紙の取材で店側が「日テレの指示でやった」とやらせを告白。

 ↓

しかしその翌日「実は昔からやっている。世間の反響を恐れてウソをついた」と釈明。


何だかなぁ、という話ですが、この池袋にある焼肉屋さん。
実は元・メガネさんもランチでよく行ってる店なのです。
おいおい、今までそんな汚い肉を喰わされてたのかよ!
とツッコミを入れるため、潜入取材を行ってきました。


d0025570_1419375.jpg

池袋西口にそびえ立つ、幸が薄いピンク色の建物。
そのビルの1階に噂の焼肉屋さんがあります。
その店の名は・・・


d0025570_14213835.jpg

【韓国家庭料理 清江苑】

ロマンス通り商店街の一角にある複合商業ビル・ロサ会館。
ゲームセンターやボーリング場、居酒屋、TSUTAYAまで、様々な情報を提供する中に存在する、
老舗の焼肉屋さんです。


d0025570_16454954.jpg

昭和45年創業という、太っちょさんの誕生とともに成長してきた伝統の店。
今年39歳を迎え、そこはかとなく加齢臭を漂わせる年になりました。


d0025570_1712281.jpg

店の外に立てられた巨大なランチメニューの看板が、
サラリーマンの食欲を刺激します。


d0025570_17258100.jpg

もちろん、豊島区保健所からもお墨付きをもらっていたのですが。。。

騒動から一週間ほど経ったいま、
どんな事になってるのでしょう。
早速、潜入してみました。


d0025570_19303142.jpg

おっ、結構人が入ってますよ。
テレビの影響はあまり感じられませんね。



d0025570_1761244.jpg

店内メニューも大きな写真付きなので、心配なく注文することが出来ます。
じゃあ、ボクは・・・


d0025570_1744071.jpg

『和牛カルビランチください!!』

店員さんは韓国出身の方なので、大きな声でハッキリと伝えるのが鉄則です。



d0025570_1791318.jpg

思えば、あの厨房の奥で、お肉をバシバシ床に叩きつけてたのですね。
決して衛生的にいいものではありませんが・・・


d0025570_17105274.jpg

テーブルに広がったランチセットを目の前にすると、
そんなことも忘れてしまいます。


d0025570_1712396.jpg

そして噂の「和牛カルビ」です。
どこ産の牛かは表示してませんが、和牛なので日本のどこかなのでしょう。


d0025570_17132929.jpg

元・メガネさんはケッチンボーなので、
肉は2枚づつ網に乗せます。
そしてゆっくり返すこと数分・・・


d0025570_17145226.jpg

丁度いい具合になってきました。

どう?

食べたいでしょ?


d0025570_1716273.jpg

ほら、口を開けて・・・

あーん。。。



d0025570_17165310.jpg

パクリ!!



d0025570_17175197.jpg

うん、美味しい♪



空きっ腹に焼肉を食べる贅沢を、金曜日のお昼に満喫できる幸せを感じてます。

外は雨降りですが、7枚のカルビをジュージュー焼く心は晴れ模様です。



d0025570_1935524.jpg

目の前でキョトン星人が「ビビンパ」を食べていますが、どうなんでしょうね。
焼肉屋さんで、肉を焼かなくてどうする!?

キョトン 『ほっといて下さい!!』


d0025570_17254268.jpg

元・メガネさんは、たいへん美味しくいただきました。
お腹がいっぱいで眠くなってしまいましたよ。
午後の仕事に影響がでること必至ですね。
何はともあれ、お客さんが激減してなくてよかったです。
ゴチ!!




【元・メガネの結論】

数年前に比べて肉の質が落ちたね。
また食べたいとは思わないな。。。

[PR]

by wakachannel471225 | 2009-06-05 19:46 | gourmet

飛ばねぇ豚はただの豚だ。

ガラスの仮面を「ガラ面」と略すのは、
どうかと思いますよ。。。


土曜日、表参道を歩いてたら
パンダに出会いました。

d0025570_13202690.jpg

超一流ブランド「LOUIS VUITTON(表参道店)」の中に佇む、一頭のパンダ。
煌めく世界に迷い込んだ白と黒の珍獣が・・・


d0025570_13354233.jpg

多彩に装飾されてました。
勘違いしたセレブパンダに、色めきだつ買い物客。
客寄せパンダに白けてる、通りすがりの貧乏人。
庶民のアイドル動物が、手の届かない場所へ行ってしまいました。



そんなセレブに憧れる貧乏メガネですが、
会社の後輩に誘われて、青山のとあるお店に向かいました。


d0025570_17173682.jpg

フランスレストラン「LAUBURU(ローブリュー)」。
骨董通りの路地裏に、ひっそりと構える豚肉料理店に・・・


d0025570_1743827.jpg

豚インフルエンザのことなど忘れた物好きたちが、
体を張って潜入取材を決行です!!


では、ここで今回の隊員を紹介しましょう。
まず、フランスといえばこの方たち・・・


d0025570_1747661.jpg

久々のコンビ復活!
「ツッシー&ヤラちゃん」です。
初めて買った「地球の歩き方」が「フランス編」というツッシー。
カレー好きの母の影響でフランスに興味をもったヤラちゃん。
隊員に相応しいお二人ですね。


一方・・・


d0025570_17552818.jpg

何故か被ってしまった黒いポロシャツ。
「キョトン&元・メガネ」です。
フランスとえば、真っ先に「エマニエル夫人」を思い浮かべるエロ中年。
今回の企画に似つかわしくない人選だと思いきや・・・


キョトン 『妹が厨房で働いてるんですよ。。。』


d0025570_1805135.jpg

そうです。
明日の巨匠を目指す妹が、奥の厨房で調理してるという衝撃の事実!!

今回の目的は二つあります。

 ① 妹の働く姿を陰ながら応援すること!

 ② ネットで評判の接客の悪さを確かめること!


特に、②は重要です。
店名をググッてみると、出るわ出るわのボロクソ悪口。
せっかく味が美味しいのに、残念だという声が数知れず。


d0025570_1852485.jpg

今回はそのことも注意しながら、料理を堪能しようと思います。
忙しいね。


d0025570_1862814.jpg

お通しでだされた「オリーブ」をつまみながら、
オーダーを考えます。


d0025570_1881853.jpg

メニューは日替わりらしく、
黒板にチョークで書かれたメニューをチョイスします。
メニューは大きく分けて「前菜」と「メイン」に分かれてます。
それを一人二品以上頼まなければなりません。
     ↑
はい、ここがポイントです。


フランス南西部に広がる小さな土地・バスク地方の料理を堪能できるお店なのですが、
のどかな地方料理をシェアして食べてはいけないルールらしいのです。
つまり、取り皿はないってこと。
他人の料理を食べたければ、皿ごと交換しろってことです。


d0025570_18171911.jpg

『妹に言って、どうにかならないのか!?』

『いや、身内が来てることがバレたら面倒くさいらしいんで、それは出来ないです。。。』

たしかに、今日の彼はいつもよりも小声で喋ります。
気付かれないように、あくまで陰で見守る優しいお兄さんです。


という訳で、
まず前菜の4品が出てきました。


d0025570_14511632.jpg

【田舎風パテ】

どこの田舎なのかわかりませんが、まったりとした味わいのパテです。
肉や魚を細かくして、よく練った味がします・・・って、そのまんまですね!


d0025570_1513109.jpg

【温製 山羊チーズとサラダ】

ハイジが大好きな「ユキちゃん」の乳を搾って出来たチーズです。
沖縄では山羊汁として食べちゃいます。
その臭みは「ユキちゃん」が嫌いになるほどです。


d0025570_1517531.jpg

【温製 ホワイトアスパラ】

グリーンはいいけど、ホワイトはちょっと・・・。
元・メガネさんもそうでした。
でも、黄色いソースをかけると・・・あれ? 美味しいかも!?
食わず嫌いはやめましょう。


d0025570_15191925.jpg

【生ハムと野菜のスープ】

あったか我が家で食べるスープは、お母さんの味がします。
でも、生ハムをいれずぎると、塩っぱいよね。
呑みもの頼んでいいですか?


『すいませーん、白ワインをボトルで呑みたいんですけど・・・』


女性のウェイターが反応して来てくれました。
ワインメニューを手渡されましたが、10本くらい品名だけ書いてあるだけなので、
何だかよくわかりません。
せめて、辛口なのか何処の地方のワインなのか知りたいですよね。


『この中で、お奨めの辛口はどれですか?』


すべて4000円~8000円くらいの値段なので、別にどれを選ばれてもよかったのですが・・・


『どれも辛口で美味しいですよ。。。』


えーっ!! まさかの丸投げですか!?
選んでもらおうと思ったのに、選んでくれと言われました。


『ん・・・じゃあ、どんな特徴があるんでしょうね。。。』


元・メガネの何気ないひと言に、ウェイターの顔が引きつりました。


『上から・・・

 ボルドー産の辛口です。

 これはブルゴーニュのスッキリとした味わいです。

 こちらはフルーティな香りがしますね・・・』

などなど、やれば出来るじゃん!
と言いたくなる程、ひと言加えて説明してくれました。

ただし、最後の方はちょっと面倒臭くなってきたのか・・・


『これは面白いワインです。

 これは私は好きです』

とか、適当になってしまいましたが。。。
嫌なら、メニューに書いておけばいいのに。


そんなこんなでオーダーしたワインが・・・


d0025570_15241855.jpg

【ヴァン・ダルザス ピノ・ブラン(白)】

フランス北東部にあるアルザス地方のワインです。
「Wikipedia」で検索してみましたが、
 ~豚肉料理やソーセージとの相性も決して悪くない~
という、微妙な言い回しをされてました。

まあ、冷たくて美味しい白ワインに・・・


d0025570_21324780.jpg

『ルネッサーンス!!』

最近、居酒屋でこの掛け声が聞かなくなりましたね。


で、メインの4品が出てきました。
相変わらずウェイターからは料理の説明どころか、名前も言わずにテーブルに出されます。


d0025570_2354547.jpg

【豚肩ロースのコンフィ】

「コンフィ」って何?
そんな疑問を投げるのも恥ずかしいので、黙って食べました。
パサパサして食べにくいってのが、第一印象。
あとで「保存用食品だよ」と聞いて納得です。


d0025570_23241035.jpg

【南昌豚 骨付きロースのグリエ】

岩手県産の幻の豚「南昌豚」が本日のお奨めでした。
桜色のお肉が卑猥です。
骨の周りまでしゃぶりつくす様がエロスです。
セクシーじゃなくて、セクスィーです。


d0025570_14153260.jpg

【カスレ(白インゲン豆と豚肉の煮込み)】

豆を煮込んだ料理を食べると、ブラジルの「フェイジョアーダ」を思い出します。
アフリカからつれてこられた奴隷が考案した料理です。
最初は美味しいのですが、次第にくどくなってきます。
で、最後には飽きます。。。


d0025570_16403859.jpg

【トマト、ピーマンの煮込みベーコン添え】

バスク地方の伝統料理らしいです。
これも煮込み系の料理ですが、玉子が半熟なので絡めると美味しいです。
元・メガネさん的には、これが一番好きだったかも。


d0025570_16525275.jpg

『美味しいね』
『豚だらけだね』


d0025570_1654023.jpg

『どれが妹が作った料理だろう?
実家に帰ってきたとき、作って欲しいな♪』


d0025570_16545411.jpg

『それはムリだと思うぞ!』


入店から2時間が経過しましたが、
いまだに妹の存在を確認できない兄。
安否が気遣われます。。。


もうお腹がたくさん膨れましたが、
ここまで来たら、別腹タイムもありですよね。


d0025570_17225093.jpg

『デザートどうする?』
『2つくらい頼もうよ♪』


で、出てきた2品が・・・


d0025570_17241631.jpg

【ガトーバスク】

バスク地方の地名をつけた、店の名物お菓子です。
店のシンボルマークも入れて、アピール満々です。
生地の間にカスタードクリームを入れて、甘い甘い味が印象的です。

それともう一つ・・・


d0025570_173129.jpg

【クレームブリュレ】

みんな大好きフランスデザートの定番です。
アメリがやったように、割りますか? 割られますか?
幸せになりますか?


d0025570_17442663.jpg

『アメリよりも「のだめ」が好きデス♪ ギャボー!!』

この夏フランスへ旅する姫が、自らを祝うようにかち割りました。
バニラビーンズたっぷりの甘いクレームが、味覚を刺激します。

大人の余裕で「エスプレッソ」を頼んだ元・メガネですが・・・


d0025570_1818343.jpg

「苦味」と「甘味」が交互に訪れる忙しい展開に、
顔が潰れてしまいました。


美味しかったね。
もう、帰りましょうか。


d0025570_18225889.jpg

結局、キョトンの妹には会えませんでした。
厨房の中で何をしてたのかは、正月、山梨に帰省したときに聞いてください。

そして・・・


d0025570_1825121.jpg

決して可愛くない金額を払いましたが、
気になることが一つ。。。

サービス料10%は取りすぎだろ!!


君たちが僕たちに何をしてくれたのか?
料理を出すだけでそれはないと思うぞ。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-05-27 18:43 | gourmet