われ一粒の麦なれど。

2007年、円天と称する疑似通貨をめぐる詐欺事件騒動で紅白辞退。
2008年、暴力団組長のゴルフコンペに参加して紅白落選。
2年連続で紅白不参加の細川たかし(58歳)。
「矢切の渡し」ならぬ、ファンを「裏切りのたかし」ですね。


JR池袋駅北口から徒歩10分。

d0025570_1762611.jpg

池袋2丁目という怪しい街角に、一軒の名店がありました。
その店の名は・・・

d0025570_1721261.jpg

中華料理 大春亭】

d0025570_17325995.jpg

京都府生まれの昭和期の日本の俳優であり、
名脇役として日本映画界を支えたバイプレイヤーである『田中春男』の息子が、

d0025570_17373555.jpg

父親の名前から一文字とって「大春亭」を構えて30年。
メガネさんをはじめ、某印刷会社の夜食を作り続けて幾年月。

d0025570_17472426.jpg

息子もこんなに大きくなりました。
親父の背中の大きさに、まだ気付いてませんが・・・。


で、つい先日のこと。

d0025570_17491241.jpg

いつものように、いつもの面子でオムライスを食してたメガネさん。

d0025570_1753011.jpg

店内はいつもと同じ常連客で賑わっています。
店の中で渦巻いてるチャーハン、ギョーザ、野菜炒めなど中華の匂いが
空きっ腹の食欲をそそります。
そんないつもの光景に唯一、見慣れない貼り紙を発見しました。

d0025570_17402633.jpg

店内に置かれたテレビの前に貼られた一枚の紙。
そこには、衝撃の文面が書かれてました。

d0025570_17563895.jpg

なんと、10月いっぱいでの閉店を宣言するものでした。

d0025570_1759713.jpg

凍りつくスタローン。

d0025570_1801257.jpg

何故だ! と怒り出すスタローン。

d0025570_18181319.jpg

嘘だって言ってくれよ! と嘆くスタローン。

d0025570_19484844.jpg

しょうがねーだろ!! と憤るケロロ。


秋の夜長に起こった、ちょっとした事件でした。。。


それを踏まえて・・・


d0025570_1251697.jpg

先日催されたキャンチョメ氏の送別会。
2次会の会場が「大春亭」で行われたのは、
この店ともサヨナラという意味もありましたのよ。

d0025570_1394532.jpg

土曜日の夕方から店を貸切りにして。

d0025570_141835.jpg

弾けもしない三線をジャカジャカ鳴らして。

d0025570_1431237.jpg

若いフリして一気なんかしちゃって。

d0025570_212243.jpg

挙句、グラスをこぼして床がビチャビチャ。

まったく、どこまで迷惑をかければいいのでしょう。。。

d0025570_2155022.jpg

メガネさんは考えました。
おっぱいを触られつつ考えました。

d0025570_217498.jpg

『あのう・・・』
『なんだい、若ちゃん』
『僕たちの感謝の気持ちを込めたプレゼントがあるんですけど・・・』

d0025570_2194758.jpg

『ん? 何だろうね?』

d0025570_2212277.jpg

『あら、寄せ書きだよ、お父さん』
『嬉しいねぇ』

d0025570_2231676.jpg

実は、前日の金曜日に思い立ったメガネさん。
昼休みに色紙を買ってきて、みんなの気持ちを書いてもらってたのでした。

『ありがとね』
『こっちこそ、今までありがとね』


それぞれの思いを抱えつつ、
ついに「大春亭」最終日となりました。

10月31日(金)

d0025570_2293037.jpg

仕事の都合で店に顔を出せたのが24時を過ぎてましたが、
相変わらず大繁盛してました。

d0025570_2324361.jpg

もちろん「スタローン」もいます。

d0025570_234159.jpg

「チャーハン大王」ことヤマモトタカシもいます。

d0025570_2371131.jpg

閉店間際には、お父さんの旧友も顔を出してました。

最後の日なので、食材がもうありません。
お父さんの顔が最高の「つまみ」です。
そんな中、最後の最後だと言って作ってくれたのが・・・

d0025570_2403283.jpg

【若ちゃん特製焼きそば】でした。
もやし・ピーマン・人参・玉ネギなど、余った野菜を全部加えた至高の一品です。

d0025570_2434579.jpg

『お父さん、すごく美味しいよ!』

食べれば食べるほど目から心の汗が沁みてきて、
不思議としょっぱい味になっていきました。

d0025570_2473286.jpg

じゃあ、これも・・・と出してくれた、ぬか付け。

d0025570_249091.jpg

よく漬かった「きゅうりのぬか漬け」は、
本当にしっぱい味でした。

d0025570_25163.jpg

一人・・・二人と「ご馳走様」と言いながら、
別れを惜しんで帰っていき、
ついに僕らを含めて3組だけになりました。


そして僕らも・・・


d0025570_2541310.jpg

『じゃあ、お母さん帰るね』

『今までありがとね』

『こちらこそ、体に気をつけてね』

d0025570_2581077.jpg

『もう、本当の子供みたく思ってたからさ・・・』

『僕も、本当のお母さんと思ってたよ・・・』

d0025570_2591738.jpg


『さみしくってさ・・・』

『ありがとね・・・』

d0025570_301270.jpg

見回せば、飾ってあるものの一つ一つが大事な思い出です。
何気ない文章の一枚一枚が思い出の切れ端です。

そんな物からも、今日でお別れです。

『最後にみんなで写真を撮りませんか?』

写真嫌いのお母さんに無理を言って、
みんなで記念撮影をすることにしました。

いきますよ~!


3!


2!!


1!!!


d0025570_36558.jpg

主役が隠れてんじゃん!!





d0025570_385884.jpg

歌を忘れたカナリヤ

牛を忘れた牛小屋

お腹を空かせた僕らはいったい、何処に向かえばいいのでしょう。。。
[PR]

by wakachannel471225 | 2008-11-05 03:22