バカとハサミはサビ抜きで。

携帯にお父様から電話があるたびにドキドキします。
何か、重大な事が起きたかのかと思ってビビリまくりです。

5月14日(土)。
素人も玄人も、アマもプロも、こぞって自作の作品を持ちよるイベント、
『デザイン・フェスタ2005』が国際展示場で催されました。
オモシロやクダラナが盛りだくさんのイベントで、
そんな思考や発想が羨ましく、毎回刺激を受けています。
そして今回も・・・。

紙切り職人をご存知ですか?
虫や動物を1枚の紙とハサミで表現してしまう、まさに紙ワザを使う芸人です。
今回登場したのは、ハサミで似顔絵を切ってしまう凄ワザを見せてくれる人です。
横顔をたった5分で切り尽くす職人芸。
もちろんメガネさんも切ってもらいました。
d0025570_011939.jpg

この、いたって特徴のない平面顔が
d0025570_013128.jpg

こんな、とっちゃんボウヤになりました。
さずがに紙切れ一枚では、内面の薄汚い心までは表現できないシザーハンズ。
ただ、「大きく羽ばたきたい」という野望だけは見え隠れしています。

デザイナーさんたちの純真無垢なまなざしに触れ、
とても心が暖かくなりました。
「アートは心を映す鏡」。
そんな、もっともらしい事を考えながら、りんかい線を北上するメガネでありました。
[PR]

by wakachannel471225 | 2005-05-17 00:20