五月の蝿。

先々週はタイ。
先週はジャマイカ。
そして昨日はスリランカに行ってきました。
もちろん、代々木公園のフェスティバルの話です。

昨年の10月に催された「スリランカフェスティバル」が、早くも半年後に凱旋です。
インド洋に浮かぶ島国、スリランカ民主社会主義共和国。
人口約2000万人、総面積が北海道よりも小さなこの島国が、
聖地・代々木公園でこんな大規模なフェスタを催すこと自体がオドロキです。
d0025570_17231157.jpg

会場入り口に着きましたが、やはりまだ時期尚早だったのでしょうか?
せっかくのイベントも閑古鳥が鳴いてしまうこの現状。
主催者側の必死の集客が急務です。
d0025570_17262736.jpg

ヒンドゥー教徒のタミル人と、仏教徒のシンハラ人の対立が深まっている中、
「祝福の糸」を授与するために僧侶たちが参戦です。
僧侶の読経によって呪力が聖糸を伝わり、とりまくすべてのものを聖化するそうです。
メガネさんも書いてて意味がわかりません。
d0025570_17314541.jpg

スリランカの一流ラジオ局「J9 RADIO」のブースの前で、
沖縄出身のミュージシャンがLIVEを演ってました。
透き通る歌声に、奄美の美しい風景が思い描かれました。
ただ、可哀そうだったのは・・・
d0025570_18745.jpg

唄ってる目の前で、子供たちが縄跳びを始めてしまったこと。
せっかくの美声が彼らの奇声でかき消されてしまいました。
一気に都会の喧騒にUターン(土田)です。

それにしても、いまいちメガネさんのテンションが上がらないのは何故でしょう?

それは昨日の晩のこと。
BSフジで「世界の市場紀行」という番組を観たメガネさん。
今回はスリランカ中央の町・キャーガッラの市場を特集してました。
d0025570_18394686.jpg

暑い国の市場なので、ある程度は予想していましたが、
無造作に積まれたサカナや生肉や米に群がるハエの大群が放送されてました。
しかも市場のスリランカ人は追っ払おうという行動がまったくありません。
お客さんとずっと談笑しています。
おいおい勘弁してくださいよ・・・。
そんなシーンが脳裏にこびりついて、かなり萎えてしまったメガネさん。
人として非常に小さなことですが、
d0025570_18474949.jpg

屋台ではスリランカ産の「アジの缶詰@¥300」や、
d0025570_1850134.jpg

「スリランカ産の赤米」などが売られてましたが、
現地直輸入を強調すればするほど、頭の中でフラッシュバックを起こしてしまいました。
d0025570_21135722.jpg

NHKふれあい広場にて、どーもくんたちを発見。
彼らの屈託の無い笑顔に、少しだけ救われた気がします。

五月は、眼に綾なす光。
やがて来る夏の感触を満喫です。
[PR]

by wakachannel471225 | 2007-05-28 22:09 | culture