カレップラー刃牙。

はいさい。
土曜日だというのに休日出勤しています。
日頃から伝票関係を片付けてないと、月末に慌てることになります。
が、わかっちゃいるけどヤメられない。
2007年もやっぱりスーダラなメガネさんです。
ちなみに、いまフロアには某スナミ課長と二人きり・・・。

まだカレー部やってます。
新規開拓は仕事でなく、カレー屋です。
印刷の「印」は、印度カレーの「印」です。
という訳で・・・
d0025570_1729574.jpg

カレー部員のキャンチョメさんと、カレー屋訪問してきました。
『カレーと食菜の店 ベル@飯田橋2丁目』
白い悪魔さんが今、もっとも気になる店に潜入取材です。

とは言っても、いきなり階段を上る店構えに、緊張の取材班。
店内の様子がまったく見えないので、少し探りを入れます。
d0025570_17391863.jpg

お品書きがありました。
一行目に「行列のできる定食」と書いてありますが、
もちろん誰も並んでません。
ここでいう行列とは、道路を挟んだ人気ラーメン店「斑鳩」のことでしょうか?
店主の対抗意識が見え隠れします。
「特製カレーライス」の注文を胸に秘め、いざ入店します。
d0025570_1746670.jpg

店内はカウンターと、奥の小上がりのみで、
黄色いセーターが似合うお母さんが一人でやってます。
とても集中してるのか、「いらっしゃいませ」の声もありません。
先客4名様のためにテキパキ(?)と動いてるので、水も出てきません。
お惣菜を取り分けるのに夢中で、注文もとってくれません。

仕方がないので、気づいてくれるまで店内を見回してました。
壁に貼ってあるメニューには、さらに強気なコメントが書いてありました。
d0025570_17553241.jpg

30年間大好評のカレーです! 癖になる絶品カレーライス@700円
かなりハードルを上げてます。
もしかして飯田橋の穴場なのでしょうか?
メガネさんは金脈を掘り当てたのでしょうか?
マイペースに働くお母さんを無理やり呼びとめ、カレーライスを注文です。

期待に胸を膨らませ、待つこと5分。
「お待ちどう様」の声もなく、目の前に置かれた「特製カレーライス」
d0025570_1813671.jpg

お母さんの30年間の集大成がこの一品です。
少し、見た目でイヤな気がしますが、食べてみましょう。
「いただきま~す♪」

d0025570_185680.jpg

「もろ、ハウスバーモンドカレーじゃねーか!!(# ゚皿゚)/ ムキー 」
レトルト業界の老舗の味をそのまま食べさすとは、おそるべし。
おまけに、付け合せのお味噌汁の具は「なめこ」でした。
新規開拓とは、厳しいものです。
[PR]

by wakachannel471225 | 2007-01-27 18:16 | gourmet