それが私の心だ。

今朝、一国の指導者が、国の為に殉じた人々に尊崇の念を表しました。
その国の伝統や文化にのっとった祈りをしただけなのに、
他の国から批判や反感を受けています。
参拝する行為が悪いのか?
参拝した場所が悪いのか?
そんな疑問を理解すべく、一国民であるメガネさんも出向いてみました。
もちろん仕事中ですが、何か?
d0025570_16464562.jpg

千代田区九段北に1869年に建立された靖国神社。
「吾以つて国を靖んずるなり」との由来から明治天皇が命名したことでも有名です。
ただ、終戦記念日である8月15日に限っては、
ある限られた思想の人たちが、フェスタの如く集います。
d0025570_16131511.jpg

進駐軍の生き残り兵です。
日の丸を背負って64年。
いまだ仲間の兵士が枕もとに立ちます。
d0025570_16151064.jpg

右の翼を持つ方々です。
日本民族の精神昂揚を訴えます。
スローガンは「日の丸世直し」です。
おや?
d0025570_16204767.jpg

国家の犬たちが、公道である靖国通りを封鎖してしまいましたよ。
こいつら、そんな権力をもっているのでしょうか?
案の定、右の翼さんたちが大きい声をあげています。
『靖国に反対するデモ集団どもを、成敗せよ!!』
すげー!! 
左の翼も現れたもようです。
でも、そんなことを公でやってると・・・。
d0025570_16255142.jpg

ほらぁ、国家の犬執行妨害でタイーホです。。。
怖い怖い。
怖いのは、饅頭だけで十分です。
やっぱりさ、戦争を体験してきたお年寄りを敬って、
それを私たちがいかに感じて未来に繋げていくかですよね?
d0025570_1629392.jpg

そう、わしらの同士の命を無駄にしてはならぬのじゃ。ならぬのじゃ~。

公的も私的も、参拝には変わりありませんよ。
[PR]

by wakachannel471225 | 2006-08-15 17:14 | culture