ジーザス栗と栗鼠スーパースター。

キャンチョメガネさんから借りた「ダヴィンチ・コード」の文庫本ですが、
一昨日、ようやく読み終わりまして、
昨日早速、映画を観てきました。
東武練馬駅から徒歩1分。
板橋SATY5階にあるワーナーマイカルシネマに初見参です。
ここって、レイトショーだと1200円で観れるんですね。
せっかく前売り券を1300円で買ったのに、なんだか解せない気分です。

さて、そうはいっても世界中が注目してる映画なので、観る前からドキドキです。
「字幕」と「吹き替え」で上映してるのですが、もちろんメガネさんは後者を選びました。
だって、小説で活字を散々読んだのに、また字幕を読み直すなんてツラくない?
d0025570_18342499.jpg

パンフレットは600円でした。意外と安い。
でも、中綴じの見開きが合ってませんでしたよ。
これはクレームの対象です。
ちなみに印刷は港区芝にある某印刷会社でした。
で、映画の出来はというと・・・。
キリストの聖杯と徳川埋蔵金とどちらに興味があるっていったら、後者でしょう。
宝捜しの見せ方は、糸井重里の方がはるかに上手です。
[PR]

by wakachannel471225 | 2006-05-29 18:52 | culture