去年の私は リメンバー。

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

年末から出来た口内炎が口の中で暴れております。
ベロの下、右奥歯と左奥歯の歯ぐき、合計3か所に拠点を構えられ、
隙あらば効果的な攻撃を仕掛けてきます。
こちらの防御策は、ただひたすら耐えるのみ。
みなさま年末年始をいかがお過ごしですか?

メガネさんは9連休ですが、あまりにも暇なので、
昨日の「紅白歌合戦」を勝手に採点したいと思います(上から目線の寸評つき)。
昨年の事なので、あまり記憶がないのですが。

【採点方法】
10点:涙が溢れて止まらないの
9点:さすがプロ、感動した!
8点:とても良かった!
7点:普通
6点:イマイチだね~
5点:もう出てくんなレベル

普通に書き綴っても色気がないので、
大晦日の献立を合間に挟んでいきますね。

では始まり始まり~。


d0025570_12614100.jpg

                     【ゴマ油焼き餅+豚キムチ炒め】


1.浜崎あゆみ 「INSPIRE 」(6点)
   マッチョなダンサーをはべらす金満夫人。声枯れ過ぎ。

2.Sexy Zone 「Sexy平和Zone組曲」(5点)
   子供の学芸会。世間の認知度が低いのにメドレーを唄う厚顔無恥。

3.NMB48 「カモネギックス」(7点)
   集団芸。普通なら6点だが、次の細川たかしのバックダンサーとしての働きで+1ポイント。

4.細川たかし 「浪花節だよ人生は 2013」(6点)
   近年6年間で4回目の同曲。さすがに芸がなさすぎだし工夫も無い。

5.徳永英明 「夢を信じて 」(7点)
   カバー曲の帝王が自分の持ち歌で参加。さすがに安定感があるが、面白みは無い。

6.香西かおり 「酒のやど」(7点)
   地味な存在だが、バックダンサーにももクロが参加して華を添えたので+1ポイント。

7.郷ひろみ 「Bang Bang」(7点)
   POPな歌詞と、スローな曲調が合ってない。バレエダンサーの動きに+1ポイント加点。

8.E-girls 「E-girls 紅白スペシャルメドレー2013」(8点)
   初出場なので尺が短かったのが残念。もう少し見たかった感がある。

9.三代目 J Soul Brothers 「冬物語」(7点)
   ELILEとの違いがよく分からないし、なんか気持ち悪い。

10.伍代夏子 「金木犀」(7点)
    前々回も歌った同曲。その時との違いはバックでAKBが躍ったこと。


d0025570_12857.jpg

                        【国産牛肉じゃが】


ここで「あまちゃん」メンバーの小芝居あり
荒川良々の木訥な演技は尺を気にする生放送には向かないと思う。
参加した役者「じぇじぇじぇ」連発。


11.AAA 「恋音と雨空」(7点)
    紅組として初ステージらしいが、女装が似合うのがウリの男のメンバーが立場を分かって無い。

12.福田こうへい 「南部蝉しぐれ」(7点)
    お国訛りキャラは新沼謙治とかぶる。

13.藤あや子 「紅い糸」(8点)
    同郷・秋田出身の壇蜜さんの舞踊が華を添えた。壇蜜さんの芸達者ぶりに+1ポイント。

14.サカナクション 「ミュージック」(8点)
    ボーカル緊張しすぎ。光のイリュージョン演出が良かった。

15.miwa 「ヒカリへ」(8点)
    屈託のない笑顔がカワイイ。美輪明宏からのエールを無視した紅組司会の綾瀬はるかもカワイイ。

16.ポルノグラフィティ 「青春花道」(6点)
    いい年したベテランが「青春ソング」を唄うことに辟易。
    パフォーマンスも毎年単調なのでもうそろそろ・・・。


d0025570_1224198.jpg

                        【陳麻婆豆腐】


ここで舞台裏からの中継で、くまモンとふなっしーが登場。
ふなっしーのいつも以上のハイテンションが生放送のNHK向きでないことが発覚。


17.天童よしみ 「ふるさと銀河」(7点)
    いつの間にか大御所感が出てきた。でもイロモノ感も抜けない。

18.Linked Horizon 「紅蓮の弓矢 [紅白スペシャルVer.] 」(6点)
    「進撃の巨人」とのコラボで今年の目玉の一つだったが、ボーカルの声量の無さが全てをぶち壊した。

19.水樹奈々+T.M.Revolution 「-革命2013- 紅白スペシャルコラボレーション」(8点)
    先述のボーカルと比べて一目瞭然の迫力に脱帽。ツインボーカルの魅力を思う存分に発揮した。

20.SKE48 「賛成カワイイ!」(7点)
    集団芸第2組。元気なアイドルソング。眼鏡ちゃんが気になった。

21.森進一 「襟裳岬」(7点)
    顔の皺はケアが出来るが、声の老いは誤魔化せない。

22.坂本冬美 「男の火祭り」(6点)
    大漁旗を振るTOKIO。大太鼓を叩く関ジャニメンバー。太鼓の達人ゲームを思い出した。

23.コブクロ 「今、咲き誇る花たちよ 」(7点)
    ソチ五輪のNHKテーマソング。お得意の「あざとい」歌詞がさく裂。


d0025570_14471478.jpg

                    【牛蒡と蓮根と人参の冬野菜きんぴら】


ここで前半戦終了。

特別企画として綾瀬はるかが会津若松に避難を続ける大熊中学校の生徒へのインタビュー映像。
それを見た綾瀬はるかが何故か号泣。
それを受けてメガネさんももちろん号泣。


d0025570_1244843.jpg


綾瀬はるか他 「花は咲く」(10点)

唄う前の綾瀬はるかのコメントが感極まって時間が押してしまい、鉄拳のネタが飛んでしまう事態に。
それを受けたニュースの武田アナ苦笑い。


d0025570_953812.jpg

                         【ポテトグラタン】


ニュース明け、後半戦スタート!!


24.EXILE 「EXILE PRIDE ~こんな世界を愛するため~」(8点)
    白組の集団芸。引退するリーダーが二人のボーカルを差し置いて、
    センターに陣取り渾身のパフォーマンス。

25.ももいろクローバーZ 「ももいろ紅白2013だZ!!」(8点)
    新曲と過去の名曲「走れ!」の2曲だが、後者だけで良かった。絡んでくれたマー君の頑張りに+1ポイント。

26.ゴールデンボンバー 「女々しくて」(7点)
    まさかの2年連続出場。体操パフォーマンスが替え玉だったという残念なオチに-1ポイント。

27.aiko 「Loveletter」(7点)
    ジーパンじゃないのが新鮮。

28.氷川きよし 「満天の瞳」(9点)
    歌、歌唱力ともに絶品。会場全体を満天の星にした演出に+1ポイント。

29.西野カナ 「さよなら」(7点)
    痩せたなぁ。「私が証明です」とCMで言ってるクリスタルジェミーの社長に似てるなぁ。

30.TOKIO 「AMBITIOUS JAPAN!」(8点)
    バックに流れる過去20年の映像がみんな若い中、太一くんだけ殆ど変わらない。

31.和田アキ子 「今でもあなた」(7点)
    楽天優勝の映像を流す意味がわからない。


d0025570_9524663.jpg

                        【黒瀬ぶりの刺身】


特別企画「あまちゃんコーナー」(10点)

天野アキ、GMT、アメ横女学園芸能コース、ベイビーレイズ 「暦の上ではディセンバー」
潮騒のメモリーズ(天野アキ、足立ユイ) 天野春子、鈴鹿ひろ美 「潮騒のメモリー」
あまちゃん出演者 「地元に帰ろう」

15分にわたる特別コーナー。
年末にたまたま「あまちゃん総集編」を見てたので、流れがつかめて良かった。

ユイがトンネルを越えてアキと唄う。
春子が自分の名前で「潮騒のメモリー」を唄う。
そして鈴鹿さんもそれに続く。
そうか、総集編の放送はこの15分間のための壮大な前フリだったのだ。
あまちゃんスペシャルビッグバンドの演奏にも感動。
すでにオープニングのイントロだけで涙腺が緩むようになってしまった。
どうやら遅れてきた「あまロス」現象にかかってしまったようだ。
号泣しすぎて嫁が引いている。。。


d0025570_1275316.jpg



32.DREAMS COME TRUE 「さぁ鐘を鳴らせ」(9点)
    陸前高田からの生中継。吉田美和お得意の紅白アレンジがさく裂して+1ポイント。

33.関ジャニ∞ 「紅白2度目!  呼ばれて飛び出てじぇじぇじぇじぇ!!」(7点)
    歌下手だなぁ。ノリとイキオイだけのお祭りを超えたヤケクソ。

34.きゃりーぱみゅぱみゅ 「紅白2013きゃりーぱみゅぱみゅメドレー」(8点)
    口パクでもいいじゃん。肩車してた黒人の股間にくぎ付け。

35.五木ひろし 「博多ア・ラ・モード」(8点)
    スナックで唄うと盛り上がる歌。バックのAKBたちが安いホステスみたいで+1ポイント。

36.Perfume 「Magic of Love」(9点)
    口パクでもいいじゃん。ダンスのキレと最先端の技術の衣装で+1ポイント。

37.ゆず 「雨のち晴レルヤ」(8点)
    「ごちそうさん」は見てないけど、美味しそうに食べる杏と、嬉しそうに唄うゆずが被った。

38.水森かおり 「伊勢めぐり」(6点)
    小林幸子無き今、いつの間にか巨大衣装担当の座を奪ったが、おばさん顔のイロモノ感が凄まじい。


特別企画「歌がここにある ~ニッポンの嵐「ふるさと」〜」

嵐のメンバーが何故か沖縄・南大東島の小学生を訪ね、ふるさとの思いを語らせる企画。
感動の押し売り感が半端ない。つか、中途半端な企画をこのタイミングでぶっ込んできたのが逆に凄い。

嵐 「ふるさと」(6点)


39.石川さゆり 「津軽海峡・冬景色」(9点)
    いかなる時も全力で感動を与える歌を唄える本当のプロフェッショナルだ。

40.美輪明宏 「ふるさとの空の下に」(6点)
    昨年の衝撃から1年、何故また出てきたのか。

41.AKB48 「紅白2013SP~AKB48フェスティバル!~」(9点)
    「恋するフォーチュンクッキー」からの「ヘビロテ」。
    大島優子卒業を意識した選曲に苦笑しつつも、大型集団芸の魅力を存分に発揮。

42.福山雅治 「2013スペシャルメドレー」(6点)
    横浜アリーナからの中継。台湾のテレビとの絡み。寒すぎる。

43.泉谷しげる 「春夏秋冬2014」(7点)
    何を怒ってるのか理解不能だが、キャラを保ち続ける真面目な姿勢に+1ポイント。

44.いきものがかり 「笑顔」(7点)
    「笑顔」「ハッピー」「ありがとう」など、恥ずかしキーワードを普通に唄えるのが凄い。

45.嵐 「New Year's Eve Medley 2013」(8点)
    曲に恵まれてるなぁ。こんなにキャッチーでPOPな歌を作る外人が優秀なんだな。
    それを表現する5人に+1ポイント。

46.松田聖子+クリス・ハート 「New Year's Eve Special Love Song Medley 2013」(8点)
    米国進出に失敗した日本人と、日本語の歌が得意な黒人が奇跡のコラボ。
    美しいハモリに+1ポイント。

47.高橋真梨子 「for you・・・」(7点)
    年齢を重ねるほど出てくる味ととるか、年齢からくる声量の衰えととるか。
    いずれにしろ「貴方が欲しい」と絶叫する年齢ではない。

48.SMAP 「Joymap!!」(7点)
    今年ほど目立たない紅白の扱いはなかった。バックダンサーのキレのいい動きに+1ポイント。

49.北島三郎 「まつり」(7点)
    村田英雄、三波春夫、藤山一郎など、昭和の大御所がいなくなり平成の大物として君臨してきたが、
    衰えは隠せない。餞別として+1ポイント。


対戦結果・・・白組の優勝(2年連続35回目)


【メガネ総評】

「あまちゃん」に救われましたね。
今回は「あまちゃん紅白」といってもいいでしょう。
紅組司会の綾瀬はるかにはドキドキハラハラしましたが、
一生懸命さが伝わって良かったです。
(女優の仲間由紀恵さんのときは、旨いけど面白みがなかった)

全体的にはグダグダでした。
嵐の相葉メンバーの活ぜつの悪さが気になりました。
台湾のテレビの女性司会者が、福山雅治に「電話番号教えて」と叫んだのもヤバかったです。
基本的にライブ会場からの中継は、紅白の会場もお茶の間もしらけるので無しにして欲しいですね。
初出場組もフレッシュ感がなく、ベテラン組もマンネリ感が大きく、
本当に凄いと感じた歌手は一握りくらいでした。

メガネ採点からも分かる通り、私的には紅組のほうが優勢だったと思います。
嫁の家族もそう言ってました。
これはひとえに嵐票が白組に流れたと思われます。
嫁の家族もそう言ってました(2回目)。
つか、ジャニーズが白組の司会をするようになって、ジャニ票の流れは顕著です。
拮抗していた対戦成績が離れてきたのも、そろそろ気になります。
(白組の35勝29敗)
どうでもいい話ですが。


d0025570_11145261.jpg

泣き疲れ、目を腫らしてカウントダウンをするメガネさん。
年またぎは、毎年テレビ東京の「ジルベスターコンサート」です。
今年も強引に間に合わせましたね。
[PR]

by wakachannel471225 | 2014-01-01 12:50 | NHK