「クラムボン」と「イサド」が指すものとは。

Wikipedia先生によると、風疹の潜伏期間は2~3週間らしい。
てことは、メガネさんが発症したのは5/18(土)夜なので、
ちょうどゴールデンウィーク中に感染した可能性が高いということですね。
しかも、くしゃみや咳で飛沫感染するので、人ごみであるほど感染するリスクがあるということ。

という訳で・・・

ゴールデンウィーク近辺のメガネさんの行動を洗ってみることにしました。
(※満員電車は除く)

4月28日(日)


d0025570_173412100.jpg

その日メガネさんは、何故か山梨県で富士山を見て喜んでました。

前日仕事を終えたあと、鈍行列車で2時間かけて塩山駅に辿りつき、
キョトン星人の実家近くの離れで一夜を過ごしたメガネさん。


d0025570_17434617.jpg

一夜明けて、キョトン運転で30分の場所にある「ほったらかし温泉」なる入浴施設に赴きました。
その名の通り、ほぼプレハブ小屋の脱衣所と、とってつけた洗い場がある、いささか侘しさ漂う施設なものの、


d0025570_17455647.jpg

露天風呂から臨む富士山が絶景という人気スポットであります。
朝風呂としては申し分ないシチュエーションにメガネご満悦でした。


その後、キョトン運転で120分の場所にある「昇仙峡」という山奥に向かいました。


d0025570_1751452.jpg

川が岩を侵食して形成された、まさに「奇岩」がゴロゴロしてる渓谷です。
その長さ、全長約5km。
映画「ゲンセンカン主人」のラストシーンで佐野史郎と、岡田奈々が観光馬車で昇仙峡をゆく場面は、
あまりにも有名ですよね。


d0025570_1811060.jpg

奇岩とメガネ。


d0025570_1821199.jpg

奇岩とキョトン。


d0025570_1843656.jpg

奇岩の前で、フィギアの写メを撮るヲタク。


d0025570_186972.jpg

ぼやぼやしてると、リアルくまモンに喰われますよ。
ちなみに、くまモンの性格は「好奇心旺盛でやんちゃ好き」という設定らしいです。


d0025570_18121567.jpg

そしてその後、渓谷沿いの休憩処「金渓館」さんで、定番の岩魚の塩焼き(700円)と、


d0025570_18134542.jpg

山梨県が誇るB級グルメ・鶏もつ(600円)を頂きました。
味はまあ普通。
生ビールも600円と強気の設定。


d0025570_18153994.jpg

それよりも、キョトンさんが食した「とろろ蕎麦」が絶品でした。
ひと口食べさせてもらいましたが、
その場で仕込んだ打ちたてホヤホヤの蕎麦なので、麺の太さはバラバラですが、
コシが強くて味が濃い、ツルツルシコシコ歯ごたえのある田舎そばでした。

ただし・・・

GW中ということで、いつもよりもお客さんがたくさん来たせいか、蕎麦打ち職人の生産が間に合わず、
注文してから出されたのが約45分後。
小学校の1時間目の授業が終わるほど待たされるなんて、蕎麦湯を・・・煮え湯を飲まされましたね。

ちなみにボクらのあとにやってきた10名ほどの団体さん(どう見ても893)も一斉にお蕎麦を頼んでましたが、
その後どうなったのかは、知る由もありません。。。



d0025570_1851018.jpg

その後、キョトン運転で90分の場所にあるワイナリーに行ってみました。
勝沼にある超一流ワインメーカー・中央葡萄酒㈱様が運営してるワイナリーで、
何と500円だせば数種類のワインをいくらでも試飲させてくれるという、ドリームランドであります。


d0025570_18571383.jpg

もちろん白好きのメガネさんは、節操無く片っ端からいただきました。
「グレイス」という冠を持つ甲州ワインですが、ブドウ畑によって味が微妙に違うらしいのです。


d0025570_190813.jpg

もちろんメガネさんも長年(スーパーの)白ワインを呑み続けてきたので、
微妙な違いの分かる男と自負しておりますが、
いつものように感想は・・・


冷たくて美味しい♪

くらいしか分からなかったロクデナシ。



そこで、もう500円出せば、当ワイナリー最高級の白ワインを試飲できるということ。
一本6300円のワインを口にする機会など、そうそう無い40歳(厄年)。
じゃあ、いつ呑むの?
今でしょ!! /ー\)キャッ 言っちゃった・・・


d0025570_1993099.jpg

キュヴェ三澤(白)辛口
社主・三澤茂計がブドウ栽培からこだわった特別限定醸造のフラグシップワイン。
丹精込めて育てたぶどうを、畑で厳しく選果、出来る限りナチュラルに丁寧に仕込んだ、日本トップレベルのシャルドネだそうです。


d0025570_19141159.jpg

では、早速いただきます。

心なしか緊張感漂うメガネ伯爵。
店で飲んだら一本20,000円はくだらないワインを呑んだ感想は・・・


ベリッシモ!!

久々に出ました、美味しいの最上級!!


今まで呑んできたワインとはまるで違う味わいです。
口の中で呑みこむ前に熔けるような、やわらかい感覚があります。
そして喉を通る瞬間に、スッと消え落ちていくのです。
それでいて、呑んだ後の余韻がいつまでも残るピュアな味わい。


まさに本物を知ってしまったひとときでした。



本物に憧れて、


本物と呼ばれたくて、


本物に近づきたいのに・・・



d0025570_1929104.jpg

結局買ったのは、3150円の冷たくて美味しいワインというロクデナシでした。


この後「本物のケッチンボー」と呼ばれたのは言うまでもありません。。。



最後に、塩山駅前の喫茶店でカレーうどんを食したメガネさん一行。
また鈍行列車に2時間ゆられて、ザーニーまで帰ったのでした。
あー疲れた。


この日、風疹にかかった確率・・・5%未満(メガネ調べ)
[PR]

by wakachannel471225 | 2013-05-22 19:42 | travel