すべて自己責任で。

子供の頃、土曜日のお昼ごはんと言えば、
「サッポロ一番しょうゆ味」だったメガネさんですが、

僅差の次点には「ペヤング」が迫っていました。

お湯を切るときに鳴る流しの「ボコッ!!」は、
美味しくなる魔法の音だと信じてました。

そんな「ペヤング」に新しい仲間が加わったというので、
早速購入した新し物好きのメガネさん。


d0025570_12282496.jpg

パッケージからして危険を連想させる真っ赤な色調。

コピーに踊る「激辛!」「辛さレベルMAX!!」の文字。

そして嫌でも目を引く「辛みが強いので、小さなお子様や辛みが苦手な方の飲食には十分ご注意ください」
との注意書き。

「蒟蒻ゼリー」にも引けを取らない大きな警告に、ペヤングの本気度合いが分かります。


作り方は元祖と同じです。

「かやく」を入れて、お湯を注いで、3分待ちます。

湯切りをしたあと、ソースを混ぜるのですが・・・


d0025570_1235129.jpg

いつもの黒いソースではなく、何故かソースが赤黒い・・・
食べる前から不安に襲われるチキンメガネ。


d0025570_1237933.jpg

そして、割り箸でよーくかき混ぜます。
でも、赤黒かった割には、いつものペヤングと変わらない印象です。
ただ一点を除いては・・・


d0025570_12394178.jpg

麺に絡まる赤い小さなツブツブが何だか気になりますが、
これが激辛の秘密なのでしょうか?


d0025570_12412551.jpg

自称・辛いもの好きなメガネさんが、ペヤングの本気に挑みますよ。
超一流企業「まるか食品」が・・・


d0025570_1245356.jpg

なんぼのもんじゃーい!!!


d0025570_137162.jpg

辛っ!!!!!!!!


口に入れた瞬間、辛っ!

噛んだ途端、辛っ!!

咀嚼するほど、辛っ!!!

喉に流したのに、辛っ!!!!


d0025570_13124664.jpg

食して1分で汗が出てきました。

早くも体が拒否反応を起こしたロクデナシ。

辛いものは好きだけど、辛いものが苦手だという弱点を一瞬で露呈してしまいました。

そこで、脆弱メガネが打った一手が・・・


d0025570_13154792.jpg

おにぎり投入!!!

具なしおにぎりをペヤングに絡めて、少しでも辛さを抑えようという魂胆です。

まさに用意周到。

盤石の迎撃態勢です。


d0025570_13175718.jpg

いわば、なんちゃって「そばメシ」ですが、この辛さがどこまで中和されるのでしょうか?
お米のパワーに期待しましょう。



ですが・・・




d0025570_1339025.jpg

あぁぅ、まだ辛いよぅ。。。


どうやら麺に絡んだあの「小さなツブツブ」が、メガネの口内を刺激しまくって、
激辛ワールドを作ってしまったようです。

もう、何を食べても辛い。。。



しかし、メガネには奥の手がありました。

それは・・・


d0025570_13455771.jpg

温泉玉子を投入!!!


こんな事もあろうかと、最もマイルドにしてくれる一品を購入してました。

さすが用意周到のメガネさん。

警戒心だけは人一倍です。

言いかえれば「セコイ」んです。


でもこの辛さを、どげんかせんといかんので、

なりふり構っていられません。


で・・・


d0025570_13491386.jpg

ぐちゃぐちゃにしてみました。

もはや何だかよく分かりません。

まるで残飯だな。


温玉効果で幾分辛さは和らぎましたが、

一度流れはじめた汗は止まる気配がありません。

むしろ、滴る汗の量は・・・


d0025570_13531063.jpg

滝の如し!!

次から次へと流れ落ちる豪快な汗に、

真冬ということを忘れるほど体が熱いです。


d0025570_1359477.jpg

流れた汗が、メガネの体力を奪います。

椅子に落ちた臭い汗が、メガネの気力を奪います。

かつて、こんなに消耗するお昼ご飯があったでしょうか?

メガネとペヤングの真剣勝負に、周りの社員はドン引きです。



d0025570_1414336.jpg


【結 論】

真っ赤なソースは「デスソース」。

ペヤングが本気で殺しにかかってきました。

警戒レベルをMAXにあげろ!!!



今回は引き分けにしといたる!!
[PR]

by wakachannel471225 | 2012-03-04 14:06 | gourmet