国歌は「私達の美しい故国」。

整形して逃亡中の市橋容疑者。
「イノウエ・コウスケ」という偽名を使ってるらしい。
「井上康生」と「北島康介」を混ぜたな。
意外と金メダル好きな一面がありそうです。


11月7日。

4年前から、この日は世界の珍しい料理を食べる日になってます。
その日は元・メガネさんの結婚記念日なのですが、


d0025570_17171096.jpg

1周年では渋谷にあるペルー料理「ミラフローレス MIRAFLORES」で
激辛ハバネロ料理に悶絶し、


d0025570_17204920.jpg

2周年目は恵比寿にあるフランス料理「ビストロ・ダルブル/分土火」で
フランスワインに撃沈してテーブルに水をぶちまけ、


d0025570_17255843.jpg

3周年では六本木にあるベラルーシ料理「ミンクスの台所」で
北欧の美女が運ぶ料理にドキドキし、


そして4周年の先日、
わざわざ前日予約してまで向かった店とは・・・


d0025570_17301925.jpg

京橋にあるクロアチアレストラン「Dobro」でした。

東京駅から徒歩7分。
銀座の喧騒から少し外れた路地裏に、
ひっそりと佇む自称・隠れ家レストラン。
ちなみに「Dobro」とは、クロアチア語で「Good」の意味だそうで。

その重い扉を開けると・・・


d0025570_1740962.jpg

重厚な大理石の階段と、中央にあるステージが目を引きます。
まるで北欧のお城をイメージさせる石作りの店内は、
初めて訪れた人をキョドらせる要素が満載です。


d0025570_1845353.jpg

さらに、店内の照明は必要以上に薄暗く、
テーブルに置かれたアンティークなロウソクの灯が、
ユラユラとはためく様に不安を覚えずにはいられません。


d0025570_1885235.jpg

土曜日の夜だというのに、他の客は中年夫婦一組のみ。
静かに流れるクラシック音楽が、一層寂しさを感じさせます。


という訳で・・・


d0025570_18115458.jpg

最初からクロアチア産のワインでテンションをあげたいと思います。
【グラーシェヴィナ ダールヴァル パリック2005】

意外とワイン作りが盛んなクロアチア。
バランスが取れた酸味と香りが持ち味の白ワインですが、
元・メガネさんは冷えてれば何でもアリのロクデナシでした。


まずは前菜です。
もちろんアラカルトで頼みます。


d0025570_1820879.jpg

【長野県にある姉妹店から直送したサラダ】

ズバリ、読んでそのまんまのサラダです。
小さなフルーツトマトが甘くて美味しかったです。


d0025570_1823136.jpg

【チャバプチッチ】

「チャバプチッチ」とは、クロアチア語で「小さなケバブ」のこと。
トルコ料理の「ケバブ」の肉の味がします。
小さいのに、お皿に4個しかないのが寂しいです。


d0025570_18255843.jpg

もちろん、まだ店内の客は2組だけで寂しい限りです。
盛り上がりに欠けてます。


d0025570_1827436.jpg

【パプリカのクリームシュトゥルクリ】

クリームチーズをラザニア生地で巻いた、クロアチア風ラザニアです。
溶ろけたチーズにふんわり玉子がよく絡んで、すごく美味しいです。
これはワインが進みます。
店員が注ぎに来る回数が頻繁になってきました。


d0025570_18305473.jpg

【サルマ】

この店のイチバン人気メニューです。
3週間も塩漬にしたキャベツに、ポークとお米を詰めた
クロアチア伝統のロールキャベツですって。
3週間も漬けといたら味はもちろん・・・

『しょっぱい(>_<)』 です!!

そんな時はやっぱり・・・


d0025570_18465346.jpg

ワインを呑んで、舌を落ち着かせます。
それにしても非常に呑みやすいワインです。


d0025570_18482631.jpg

キャンドルの灯が幻想的に揺らめいて、
異国情緒を演出してます。


d0025570_18495689.jpg

壁に浮かび上がったグラスの影が、
とてもオモシロだったので、


d0025570_1856335.jpg

ボトル2本目突入です。
【ソーヴィニョン・ダールバル】

ハーブや青々とした草のような香りがウリらしいです。
口に含むと豊かな酸が広がるって書いてありましたが、
やっぱり冷たけりゃ、何でもいいです。


d0025570_1859138.jpg

【海老と魚介のブーザラ】

「ブーザラ」とは、トマトやワインで味付けされた煮込み料理です。
海老のほかにホタテや白身魚が入ってます。
ペスカトーレを思わせる、クロアチア魚介料理の定番です。
トマトを使った料理にハズレはないでしょ。


d0025570_1942062.jpg

美味しいつまみに喜んでバカバカ呑んでるうちに、
他の1組の客が帰ってしまいました。


d0025570_1961965.jpg

トイレから帰ってきた元・メガネ。
調子こいて中央のスペースでキメポーズをしてみましたが、
酔っ払ったヨメの手がブレてしまいました。
手ブレ防止機能も台無しです。

もう帰ろうか。。。


ほろ酔い加減で店を後にした元・メガネ。
こうなったら2件目に行きたいところですね。


d0025570_19143813.jpg

銀座の街をブラブラ歩きはじめましたが、
知ってる店が何もない内弁慶なロクデナシにとって、
煌びやかなネオンがプレッシャーとなってしまい・・・


その結果・・・


d0025570_19152696.jpg

家の近所の焼き鳥屋で、日本酒を啜るダメオトコ。
「やっぱり板橋がイチバン落ち着くよね」と、
けんもほろろな結果を導いてしまったメガネ野郎でした。


d0025570_19265113.jpg

常連のお客さんと酔っ払いの競演です。
[PR]

by wakachannel471225 | 2009-11-09 19:37 | gourmet