誘惑の甘い罠

考えてみれば、調子が悪いことが当たり前だった。
一年365日のうち、358日間が調子悪く、
残りの7日間だけ奇跡的に普通の日が来る。
いや、むしろその日は普段よりもテンションが高い気がする。

会社で部下と話をしていても、
なんか今日おかしくない? と訝しく思われ、
鏡で顔を見ると、首から上が赤色に染まってるのだ。
決してクスリをやってる訳ではない。
酒を抜いた翌日は、何故か浮ついているのだ。

そんな自分を戒めるように酒を呑む。
外でも家でも酒を呑まない日は、ほぼ無い。
時として外で酒を呑んで帰ったあと、家でまた呑む。
自分で書いてて残念な人だなぁ、と自業自得のロクデナシ。

そんな44歳になりたてメガネが、
人生初めての経験をしました。
人が誰しもいつかは通る道。
それが、初体験。
遅かれ早かれ、あんなことやこんなことを経験しながら
大人になっていくのです。
ただし「人生楽ありゃ苦もあるさ」の格言通り、
楽しいことばかりではありません。
むしろ苦ばかりの人生を送ってきたメガネにとって、
楽することは愚の骨頂。
あぁ、今宵も酒を呑んで、明日の朝から調子悪くなりたい。。。

そんなMっ気体質のメガネさんですが、
先日から酒が進まなかったんですよ。
ビールを呑んでも、ワインを呑んでも、ハイボールを呑んでも進まない。
美味しいんだけども、すぐに顔が熱くなってこれ以上呑めないんですよね。
こんな体験初めて。
あれ? 何かおかしいな。 
これが俗にいう「老い」というものか。
44歳になって、80歳の父親の誕生日を祝った瞬間に、老いがやって来たのか。
人生って難しいな・・・と考えたときに、メガネさんの初体験が訪れました。

d0025570_20042933.jpg



いやぁ、日曜日の夜からおかしいと思ってたんだよ。
せっかく食卓に美味しい料理が並んでても、一向に酒が進まない。
里芋ボールの揚げ焼きなんて、絶対にハイボールと合うじゃない。
ハイボールに飽きたら、日本酒でチビチビやりたいじゃない。

そんな気持ちが何故か起きずに進んで寝室に消えたメガネさん。

翌朝起きると37.5度の熱が出てました。
世間的には微熱の範疇だと思いますが、
普段から35度台の平熱を持つ脆弱体質にとっては大事です。
月曜朝から上司に連絡をして、病院に向かった結果・・・『普通の風邪ですね』。
やっぱりそうですよね。
この程度の熱じゃインフルではないですよね。
でも、試しにインフル検査をしてもらってもいいですか?
で、無理に検査をしてもらった結果・・・『インフルではないですね』。

ですよね!!

疑って申し訳ございませんでした
こんなメガネのために手間を取らせてしまってごめんなさい。
メガネは念のため今日一日会社を休んで、明日からバリバリ働きます。

またしてもエリート医師を敵にしてしまったメガネさん。
プライドが高いエリート層は自分の意見を否定されるのが一番嫌なんだ、と
「ブラックジャックによろしく」を読んで学びました。

その日は、自宅のパソコンで仕事のやりとりをして、
明日にそなえて酒を呑まずに温かい布団で寝よう決めました。
ヨメの帰りを待たずに一人布団に入ったメガネさんでしたが、
ひどい悪寒が身体を突き抜けて行きました。
どんなに体を丸くしようと、抱き枕を引き寄せて寝ようと、空想のネコを撫でようと、
ちっとも震えが止まりません。
嘘をついた孫悟空のように頭が痛く、
一本のネジを無くしたドラえもんのように身体がおかしくなり、
遠く離れたミツオを思う星野スミレのように顔が熱いのです。
つまり、今朝とは段違いレベルの雰囲気が!!

もしやと思い、体温を測ってみると・・・

d0025570_20252280.jpg
出たよ!!
高熱出たじゃん!!!
普段35度台のメガネさんにとって(2回目)、
39度弱は、沸騰寸前の値ですよー!!!

d0025570_20323011.jpg
寒いよ~
痛いよ~
辛いよ~
ううぅ~
うううぅ~
ううううぅ~

震えるまま、涙を流しながら、見えない何かと闘いながら、
長い長い夜を過ごしました。
翌朝またも上司に病院に行く旨の連絡をし(今日は反応が冷たかった)、
二日連続で同じ病院に向かいました。

受付のお姉さんも、診察の先生もみな反応は同じです。
『(あれ? 今日も来たの?)』

昨日とは明らかに顔の辛さが違うメガネさんを見て、
まずは点滴ルームに連れて行ってくれた元少女の天使さん。

d0025570_20350463.jpg

点滴が落ちるポタポタが
蛇口を閉め忘れた水道のようで、
「もったいないお化け」が出てきて叱られる恐怖と闘っていました。

格闘すること15分。
すっかり眠ってしまったメガネさんに、先生のお告げが聞かされます。

インフルエンザA型が出ました

出たね。
やっと出たね。
やっと出たマンだね。

d0025570_20422936.jpg


うすうす感じてたと思うけど、
ここまで長かったね。
44歳44日目にしてインフルエンザ初体験です!!

早速、出社禁止令が出ました。
今週は自宅待機です。
でも携帯電話がある限り、おちおち寝てもいられません。
パソコンを開くとメールもしっかり受信しています。
会社に連絡するたびに、早く寝ればと怒られます。

でも・・・

でもね・・・

寝てるところを仕事の電話で起こされるのが、一番の苦痛なんですよ!!!



Q.メガネさん、インフル初体験のキモチはどうですか?

A.『会社で寝ながら仕事したい!!

清々しいまでの見事な社畜っぷりを吐いたところで、
もう寝ます。

d0025570_21275156.jpg

外出できないので、カレーを大量に作りました。
一升分あります。
好きな時間に、好きなだけ、好きなカレーを食べられる幸せ。
そんな毎日が素晴らしい

・・・と思うようにしよう。



[PR]

# by wakachannel471225 | 2017-02-08 21:13 | culture

夜明け前。

起床時間は朝6時半なのに、

毎朝必ず3時に目が覚める。

また目を瞑ったあと、

次は4時半に目が覚める。

その次は5時半。

そして6時。

あとは10分おきに目が覚めて、

ちょうど6時半に目が覚める。


こんな特技は要らない。。。

d0025570_22163200.jpg

日本列島に大寒波が来て、

各地で大雪のニュースが伝えられる中、

やっぱり東京は快晴なので

取り残されてる感が半端ない。。。


でも、雪が積もったら積もったで、

交通機関がマヒして、

必要以上にメディアが騒ぎ、

脆弱な都民が狼狽えるさまを、

大雪に慣れてる各地の人々がニュースで観たら、

嫌な気持ちになるんだろうな。


そんな気持ちにさせてごめんなさい。。。



[PR]

# by wakachannel471225 | 2017-01-16 22:23 | culture

2016年 紅白歌合戦

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

実は、メガネさんは年末に今年の目標を3つもたてました。

①体を鍛えて健康になる
②ブログをなるべく更新する
③前向きになる。

なのに、大晦日にはりきって大掃除をしてたところ、
ぎっくり腰になってしまったロクデナシ。
早くも躓いてしまった2017年ですが、皆様いかがお過ごし?

そんな脆弱すぎるメガネさんですが、
毎年大晦日に観ている「紅白歌合戦」を勝手に採点したいと思います(上から目線の寸評つき)。
昨年の事なので、あまり記憶がないのですが。

【採点方法】
10点:涙が溢れて止まらないの
9点:さすがプロ、感動した!
8点:とても良かった!
7点:普通
6点:イマイチだね~
5点:もう出てくんなレベル

普通に書き綴っても色気がないので、
大晦日の献立を合間に挟んでいきますね。

では始まり始まり~。
d0025570_16181006.jpg
【お餅(納豆とキムチのせ)】
~オープニング~

   司会の相葉雅紀(嵐)と有村架純が舞台袖で掛け合い。
   ともに初の司会なので緊張感ありあり。
   特に相葉の噛み具合とごもり声がヒドイ。
   相葉の提案で早口言葉でウォーミングアップ。
   「初出場のKinki Kids」「視聴者審査員」
   早くもジャニネタをぶっこんできた。

   タモリとマツコがNHKホール前で小芝居。
   親子設定? 妹役として深田恭子は出てくるのか?

   観客席から出場者入場。
   近年にない試み。
   プラカード持ちは、白組・星野源、紅組・松田聖子。
   今年の顔で星野源はわかるけど、何故に松田聖子?

d0025570_16314355.jpg



ちなみに今回のテーマは『夢を歌おう』です。

1.関ジャニ∞ 「ズッコケ男道~紅白で夢を歌おう~」(6点)
   ジャニーズ同士の仲良しアピールが不快。

2.PUFFY 「PUFFY 20周年紅白スペシャル」(7点)
   今更の初出場。アジアの純真からのカニ食べ行こう♪ カラオケ大会か。

3.AAA 「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」(6点)
   前年は紅組で今年は白組。
   有村の「リバーシブルアーティスト」発言に、相葉がツッコミついでに有村を触る。
   会場のお客さんにわざわざ手ぬぐいを配り、ぶんぶん回すのとジャンプを煽る。
   お茶の間が取り残されてドン引き。

4.E-girls 「DANCE WITH ME NOW!」(7点)
   キャバ嬢の宴会芸。ある意味、見てて楽しい。

5.欅坂 46 「サイレントマジョリティー」(7点)
   曲もダンスも好きな歌だけど、初出場なのでやっぱり時間短縮バージョンでガッカリ。
   みんなでジャンプするところがカワイイけど、あからさまな口パクに-1点。

d0025570_16493218.jpg



6.三山ひろし 「四万十川~けん玉大使編~」(6点)
   けん玉バカ。

7.山内惠介 「流転の波止場~究極の貴公子編~」(5点)
   乃木坂46がバックで踊るも、貴公子気取りがキモすぎる。
   この男、何かを勘違いしてないか。

d0025570_16480569.jpg


8.miwa 「結 -ゆい-」(8点)
   被災地熊本の合唱部とハーモニー。懸命な生徒の歌声に+1点。

9.Sexy Zone 「よびすて 紅白 ’16」(5点)
   歌う前に一言「Sexy thank you!」に凍り付いた。恒例のジャニJr.なし。
   5人で唄うもメインは3人。

10.天童よしみ 「あんたの花道」(7点)
   子役タレント本田望結さんが懸命のダンス。
   何のためにいるのか甚だ疑問だが、笑顔が可愛いから+1点。

d0025570_16180021.jpg

【カプレーゼ】

11.SEKAI NO OWARI 「Hey Ho from RPG」(7点)
   今回は変なマイクではなかった。曲の合間にチャルメラが聴こえる。
   動物の被り物はズーラシアンフィルを意識してるのか。

12.市川由紀乃 「心かさねて」(6点)
   初出場なのでお母さんが会場入り。手元の長男の遺影に気持ちが鎮まる。
   歌い終えた後もお母さんにコメントを求めなくても。

13.三代目 J Soul Brothers 「Welcome to TOKYO」(7点)
   1億円疑惑集団。全身LEDを使ったフル装備に感電しないか心配。
   つか曲名からして東京五輪を意識してるとすれば、不愉快だ。

14.香西かおり 「すき~真田丸スペシャル Ver.~」(6点)
   平成の団地妻・橋本マナミが何故かバックで踊る。振付は夏まゆみ。
   三浦文彰のバイオリンが凄すぎてダンスが邪魔。

15.椎名林檎 「青春の瞬き -FROM NEO TOKYO 2016-」(9点)
   都庁前での中継。都庁に映されるプロジェクションマッピング。
   行きかう人々はマネキンチャレンジ。
   東京五輪意識し過ぎだけど、三代目よりは100倍マシ。
   雨が降ったらどうしたんだろう。

d0025570_16453100.jpg


16.福田こうへい 「東京五輪音頭」(6点)
   まだ続く東京五輪つながり。芸人口調がキモイ。
   顔塗り過ぎてキモイ。耳がでかすぎてキモイ。
   お前、チュート福田だろ?
   
17.絢香 「三日月」(7点)
   頑張っているからねって 強くなるからねって♪ 
   働かない旦那を持つ自分への応援歌か?

18.郷ひろみ 「言えないよ」(9点)
   有名人バックダンサー3人目は土屋太鳳。クルクル回る土屋太鳳。
   飛ぶ、跳ねる土屋太鳳。
   外見に似合わず身長が低い土屋太鳳(155㎝)。凄い凄い!
   郷ひろみはいらないから土屋太鳳を映して欲しい。
   後ろからひろみにハグ。前からハグ。2度ハグ。キャーーー!!

d0025570_16424539.jpg


19.V6 「Smile!メドレー」(6点)
   うじゃけた顔してどしたの♪ うじゃけたって言葉イイね。
   ファンとハイタッチ戦法はせこい。
   森田また髭剃ってない-1点。

20.水森かおり 「越後水原~白鳥飛翔~」(7点)
   曲紹介の有村架純が関西弁で「アホ、好きに決まってるやん」に+1点。
   小林幸子、美川憲一、きゃりーぱみゅぱみゅ無きいま、衣装で沸かせる唯一の存在。
   富士山衣装に白鳥に乗って飛んでいく+1点。

d0025570_16522080.jpg

【包まない餃子】

21.いきものがかり 「SAKURA」(7点)
   季節外れの桜。さくら舞い散る♪ って、受験生には気の毒な選曲。
   いつもよりも歌がスローペースなのが気になる。時間押してるんじゃないのか。

22.ゆず 「見上げてごらん夜の星を ~ぼくらのうた~」(7点)
   左はAAAの誰かに似てる。右は頭頂部がヤバい。
   勝手に詞を加えて川内康範を怒らせた森進一と比べて、うまくやったな。

~企画「紅白HALFTIME SHOW」
   渡辺直美の肉感ビヨンセが大谷翔平に絡む。
   隣のガッキーが困りカワイイ。
   続いて流行のピコ太郎。
   集大成の晴れ舞台。
   足早にPPAPをやりきって、2番目のネタに突入した瞬間・・・

   ニュースです。。。

d0025570_23244309.jpg


5分間のニュースのあと、後半戦。

23.RADWIMPS 「前前前世 [original ver.]」(8点)
   「君の名は」と聞いて、真知子巻きを思い出すのは古いらしい。
   初出場なのに映画を再編集したものをスクリーンで流し、フルバージョンで唄える優遇。
   映画を見てないので何の感想もないが、
   上白石萌音が透明感のある声で唄う「なんでもないや」の方が聴きたかった。


d0025570_23232154.jpg


24.乃木坂 46 「サヨナラの意味」(7点)
   橋本奈々未の卒業ソング。メンバーから手紙を朗読されるサプライズ。
   何もかもがあざとく感じる。


d0025570_16392296.jpg


25.福山雅治 「2016 スペシャルメドレー」(5点)
   毎年のことながら、中継出演。
   元広島カープの黒田さんが思い入れのある曲が「少年」と紹介されたのに、
   メドレーでさわりだけを唄う気づかいの無さ。来年こそBABYMETALが見たい。

26.島津亜矢 「川の流れのように」(6点)
   美空ひばりの名曲をカラオケで唄った感じ。

27.RADIO FISH 「PERFECT HUMAN」(7点)
   バカ殿降臨。衣装が邪魔で動きが悪い。
   犬猿の仲を装っていたピコ太郎と歴史的和解(?)の握手。
   つか、沖縄の成人式みたいでキツイ。


d0025570_21374688.jpg

28.西野カナ 「Dear Bride」(7点)
   「震える」の女王が、いつの間にか順調恋愛ソングの女王となっていた。
   いつもあざとくて面白くない歌を唄うなあ。

29.桐谷健太 「海の声~みんなの海の声バージョン~」(6点)
   auのCMソングがNHK紅白に。BEGINが唄えばいいのに。
   最後に「日本中、世界中が幸せであれ!」と叫んで-1点。

30.AI 「みんながみんな英雄」(6点)
   auのCMソングがNHK紅白に。スポンサーなのか。受信料払わんぞ。
   白シャツ集団との一体化がキモイ。


d0025570_16532347.jpg

【蕪と高菜のピリ辛炒め】

31.AKB48 「夢の紅白選抜SPメドレー」(7点)
   「RIVER」~紅白総選挙発表~「君はメロディ」。総選挙1位は山本彩(NMB48)。
   すべてがバタバタしてて落ち着かない。

32.五木ひろし 「九頭竜川」(6点)
   いつもバックダンサーにAKBがいるのは、何か理由があるのか? こぶし震わせすぎ。

~ふるさと企画~ 
   有村架純が東北を訪問。
~シン・ゴジラ企画~
   渋谷紅白迎撃作戦

d0025570_23211717.jpg


33.KinKi Kids 「硝子の少年」(7点)
   光一くんはクルクル回る。剛はスカシて歌い方が変。

34.Perfume 「FLASH」(9点)
   錯覚ダイナミックVERを駆使。少しでもズレることが許されないことをPerfumeだから出来る。
   「ちはやふる」観てないけど、ラジオで曲が流れるたびに泣きそうになる。
   もっと評価されるべき。

d0025570_16335480.jpg

d0025570_23184886.jpg


~タモリ・マツコ会場に登場~
   豪華の無駄遣い。
   新井さんはコラです。

d0025570_21352543.jpg


35.星野源 「恋」(9点)
   顔が地味。歌も地味。ダンスはキレキレの星野源。
   世間の注目はガッキーが「逃げ恥ダンス」を踊ること。
   意に反してまったく踊らないガッキーを、カメラがしつこく追い回した瞬間の
  「照れ恥ずダンス」に日本中が熱狂!!
   でも、ガッキーはガッキーであり、みくりさんじゃないんだよ~。


d0025570_23124619.jpg

d0025570_23130437.jpg

d0025570_16353233.jpg


36.大竹しのぶ 「愛の讃歌」(7点)
   「愛の讃歌」といえば越路吹雪。
   逃げ恥のオープニングを唄ってたチャランポランタンもカバーしてた。
   大竹しのぶの眉毛がつながって見える。
   紅白審査員に「こち亀」の秋本治先生が座ってた。
   そういえば今「みんなのうた」でチャランポの「まゆげダンス」が放送中。

d0025570_21300875.jpg


37.坂本冬美 「夜桜お七」(9点)
   今年の紅白は演歌+ダンサーとの競演なのか。
   坂本冬美には、世界的ダンサーの菅原小春。いままでのダンサーとは格が違う。
   「夜桜お七」を唄う坂本冬美は一段ステージが上がるが、今回は菅原小春に軍配。
   蜷川実花がステージプロデュースしたらしいが、大したことはない。

38.TOKIO 「宙船」(8点)
   東京の新宿都庁にいるTOKIOの中継。会場を盛り上げる役のTOKIOが何故外に?
   大晦日の寒空にもかかわらず、袖がない山口達也。

d0025570_21313237.jpg


39.松田聖子 「薔薇のように咲いて 桜のように散って」(6点)
   ピアノはYOSHIKI。聴いたことがない曲なので、高音が出ないことが気にならないのが救い。

~シン・ゴジラ企画~
   ゴジラ渋谷に来る
   ↓
   歌で止めてください!
   ↓
   PPAP歓喜の歌バージョン
   ↓
   武田アナ ゴジラマイク

d0025570_21194613.jpg

40.X JAPAN 「紅」(7点)
   YOSHIKI『止めてみせますよ』
   ↓
   ゴジラ完全に沈黙しました。

~ポールマッカートニーからのメッセージ~
   来年、日本に来るからヨロシク。

d0025570_16543599.jpg

【ローストビーフ】

41.高橋真梨子 「ごめんね…」(6点)
   近年、紅白に出始めたのに、やたらと大物感を漂わせる老害。
   声が出ないくせに痛々しい。

42.THE YELLOW MONKEY 「JAM」(8点)
   日本人はいませんでした、いませんでした、いませんでした。。。

43.氷川きよし 「白雲の城」(8点)
   熊本城からの中継。熊本出身の武田アナが曲紹介「がんばるばい、熊本」。
   いつも巨大ロボとか登場させるけど、さすがに今回は真面目に唄った。

44.宇多田ヒカル 「花束を君に」(9点)
   朝ドラ「とと姉ちゃん」の主題歌。主演は紅白審査員の高畑充希。
   ちなみに紅組司会の有村架純と高畑は親友らしい。
   ロンドンからの中継。8kテレビの試験放送を兼ねているのか。
   画質も音質も良好だし、もちろん歌が上手い。


d0025570_16561037.jpg

【ブリ刺し】

45.石川さゆり 「天城越え」(8点)
   数年前から「津軽海峡冬景色」と「天城越え」の繰り返し。
   今年は「天城越え」の順番。
   声がほんと出なくなったが、貫禄と、紅組トリの心意気に+1点。

46.嵐 「嵐 × 紅白スペシャルメドレー」(7点)
   SMAP無きいま、嵐のための紅白を印象付けるための大トリ。
   最後は出演者総出で嵐を囲んでハッピーエンディングを演出。
   大トリなのにメドレーなのが理解不能。
   一年の締めくくりはフルバージョンで聴かせてほしい。


d0025570_16281714.jpg


結果・・・紅組優勝(2年連続31回目)

【総評】
SMAP出演騒動が尾を引きました。
出てくれるのか、出てくれないのか、ギリギリまで引っ張った結果、
すべてがグダグダになってしまいました。
彼らの出演時間や、解散企画(もし用意されてたならの話ですが)などが無駄になったため、
余った時間を埋められずに中途半端な演出・構成となってしまった気がします。

いつもなら大河ドラマや朝ドラの企画があったり、出演者が応援に駆けつけてくれますが、それも無し。
「シン・ゴジラ」「君の名は。」「恋ダンス」など、他社のコンテンツに頼り切ってました。
目玉(?)だったタモリ・マツココンビも、ぼやきコントという意味不明の出演となり、
番組の勢いを止めて盛り下がるので、はっきり言って迷惑でした。

せっかくオリンピックイヤーで盛り上がった年にもかかわらず、
五輪企画もなければ、テーマソングを唄った安室奈美恵も出演せず。
審査員に呼ばれた国民栄誉賞の伊調馨の出番もなく。

毎年紅組の司会者を途中で泣かすのも、感動を誘ううえで重要なシーンでしたが、
せっかく東北へ有村架純が行ったコーナーも不発に終わり泣かずじまい。
白組司会の相葉に至っては、滑舌の悪さが致命的でした。
司会としての力量が不足しているのは昨年の嵐としての司会で明らかであり、
時間を押す原因の一つとなっていました。
(何回噛んだんだよ・・・)

紅白の採点方法問題も噴出しました。
視聴者投票や、会場の投票では圧倒的に白組が多かったのですが、
紅白審査員投票数で紅組が勝った結果、紅組の優勝となりました。
この採点方法も、時間が押してなければ総合司会の武田アナが事前に説明出来たはずです。
むしろ、この採点方法は評価すべきだと思います。

近年は白組が連勝し続け(昨年は紅組が6年ぶりに勝利)、
紅組と白組の優勝回数に開きが出ていました。
理由はジャニーズ勢力の台頭です。
司会にSMAPや嵐を抜擢したことにより、ジャニーズファンが白組に投票した結果、
白組が勝ち続けました。
毎年紅白を観てるものとしては、明らかに紅組が優れてたにもかかわらず白組が勝つジレンマ。
会場にはジャニーズファンが大挙押し寄せて目当てのアイドルのときだけ騒ぐ始末。
集計で日本野鳥の会が数えるまでもなく、白のボードを掲げる大半はジャニーズファンなのですから。
これでは公平な審査が出来ないと、誰もが思うのは自然の流れです。
紅白審査員はNHKから選ばれた国民の代表です。
しかも会場で生のパフォーマンスを目の当たりにしてるのです。
そんな人たちの意見が最大限に尊重されるのは当然のことだと思います。
むしろ、紅白の勝敗がこれほど話題になり、これほど非難があがるとは意外でしたが。


全体的にバタバタしてた内容でした。

一つの歌をじっくりと聴かせて欲しい。
メドレーはやめて欲しい。
短縮ではなく、フルで唄ってほしい。
FNS歌謡祭やMステとは違い、格式がある番組としてドンと構えて欲しい。
紅白の応援合戦も復活して欲しいし、中継など認めずに会場でパフォーマンスをして欲しい。
そして、今年も観て良かったと思える番組にして欲しい。

2017年こそ期待しています。


[PR]

# by wakachannel471225 | 2017-01-08 18:56 | NHK

痴人の愛。

肉にするか、魚にするか、それが問題だ。
ハムレットを気取って2、3日悩んだ末、
肉とワインという結論になりました。

結婚式を挙げてから10年と5日が経った11月12日土曜日の夜、
わざわざ電車を乗り継いで、細くて長い人生で初めて降りた「学芸大学駅」。
その前に間違えて「都立大学駅」で下車してしまったほど馴染みがない、おのぼりメガネ。
都会の完全アウェーの中、商店街を歩いて向かった先は…

d0025570_08143740.jpg

オステリアバル リ・カーリカ(Osteria Bar Ri.carica )

美味しいレストランを紹介する雑誌に掲載されてる、あの有名なお店に行ってきました。
18時の予約に15分遅れで入店です。

活気がある店内はバルの雰囲気を感じさせつつ、
本格イタリアンのメニューが目白押し。
肉がメインのお店ですが、野菜やお魚も魅力的なんです。

d0025570_08195204.jpg

メニューを見ても活字だけで美味しいと思わせるラインナップです。
いろいろ目移りする中で最初に注文したのが…


d0025570_08575204.jpg

前菜の盛り合わせ(5種)です。

迷ったときは、盛り合わせ。
肉と魚と野菜が盛りだくさん。

自家製ハムもウマーでしたが、鴨肉が絶品でした。
普段合鴨しか食したことがない、雑な舌をもつメガネにとって、
ネイティヴなワイルドダックとのファーストコンタクトです。
口に入れた瞬間の尖のない丸みを帯びた肉の感触は、初めて触れた乳房の様でした。
噛めば噛むほどエクスタシーを感じます。
鴨肉・・・何という官能的な食べ物なのか。

恍惚に浸りながら、2品目を注文します。


d0025570_08573983.jpg

熊本でとれた猪のアッロースト

肉を堪能したのち、肉を喰う。
FCバルセロナを彷彿させる波状攻撃を仕掛けますが、
ロアッソ熊本の本拠地で獲れた猪を堪能します。

アッローストとは、塊り肉をオーブンで焼いたもの。
ローストに「アッ」を付けただけで美味しく感じる肉マジック。
肉から湧きだす赤い汁が、男らしさを感じます。
そして、その味わいは…

羅生門を演じる三船敏郎の荒々しさが乗り移ったかのような、野性味溢れる一品でした。
鴨の女性らしさと、猪の男性らしさが対称的に舌で絡み合い、
メガネさんの中で激しくぶつかり合っています。


d0025570_08580563.jpg

火照った体を鎮めるため、冷たいものを取り込みます。
もちろんオーダーのリクエストは『辛口の白』。
店員さんに薦められるまま喉を潤します。
値段を確認しないでオーダーしてしまう向こう見ずに、
ヨメの眉間に皺が寄ります。

少しお腹が満たされてきました。
メインのものは既に心の中で決まってるので、
それに繋ぐか~るいタッチのメニューを店員さんに相談したところ・・・

d0025570_08282817.jpg

秋野菜のカポナータ ラザニア仕立て

秋野菜をの上にチーズを重ねて、最上段のベシャメルソースとバターを乗せてオーブンで焼きました。
うーん、おっさんには、かなり重たいチョイス。。。
でも、白ワインとラザニアの組み合わせは間違いないのです。

一口食べたあと、ワインで流し込んだ瞬間、
RADWIMPSの「前前前世」が頭の中で響き渡りました。

(やっと眼を覚ましたかい それなのになぜ眼も合わせやしないんだい? )

眼を覚ましたよ!
ヨメと眼を合わせたよ!
そして叫んだよ!

大大大正解じゃね!?


鴨で官能に浸り、

猪で野性に目覚め、

ラザニア仕立てのカポナータで大ヒットアニメの残像がよぎりました。


やばい・・・ワインがすすむ。。。


ヨメをチラ見しました。

グラスが空いてました。

ボトルも空いてました。

ゆっくりと頷きあいました。

ダメな二人です。

d0025570_08552145.jpg

もう一本頼んでしましました。

店内激込みなので、2時間制を告げられてましたが、
残り時間40分で追加注文です。
理性が効かないロクデナシ。
己の欲望を追求する、まさに欲望執行人。

いや、もはや人ではなく、欲望モンスターと化していますから。

そんな獣たちがラストにオーダーしたのが・・・


d0025570_09170617.jpg

ピチアリオーネ

ピチというトスカーナ発祥の太麺パスタに、トマトソースとニンニク・オリーブオイルを絡めたシンプルな一皿ですが、
世界の渡部氏が絶賛する一品を是非食してみたい!!


d0025570_09240584.jpg

どうですか、この太麺のモチモチさよ!!
濃厚トマトソースが絡みつく愛しさよ。
普通のトマトパスタでさえソースが撥ねないように気を遣うのに、
このレベルの容姿と肉感を持ち合わせるパスタをお相手するのは、
シラフでは無理ですよ。

シンプルなのにエロスを感じるのは、2本目のワインのせいでしょうか。

う~ん、まさに
ベリッシモ!!(美味しさの最上級)



パスタを食べきった瞬間、夢の時間はタイムアップとなりました。
3分の1ほど残ったワインをテイクアウトさせてもらい、
店を出たほろ酔いメガネ。

心地よい夜風が、火照った顔を覚まします。
大きくなった心が、次なる店を探します。
しかしながらアウェーの街が、すぐに探索のキモチを萎ませます。

『とりあえず、地元のカラオケでも行こっか!』
『いいね! コンビニでお酒を買い込もう!!』

駅につづく見知らぬ商店街を、手をつないで歩いてくのも悪くないな。


[PR]

# by wakachannel471225 | 2017-01-02 09:52 | gourmet

ネコ日和。

会社の近くにネコがいます。
ノラですが、沢山の人からエサをもらっています。
なので、毛並みも毛ヅヤもたいへんよろしく、
ニンゲンという生き物に対しても、あまり警戒をしません。
「ニャー(こんにちわ)」と声をかけると、
『ウニャー(うるせーよ)』と返してくれる
とても優しいネコさんです。

d0025570_07533814.jpeg

先日も、いつもの場所に、いつものモチモチ具合で
香箱のごとく座ってたので、
スキンシップを兼ねて背中を撫でてみました。

「ニャー(元気にやってる?)」

d0025570_07574447.jpeg

『ウギャシャー‼️(気安く触んじゃねーよ‼️)』

・・・ご機嫌斜めだったのかな⁇
まさに、おったまげー!(平野ノラ)

とりま、1ネコゲットです。

今日もいい日だ!


[PR]

# by wakachannel471225 | 2016-11-08 07:45 | culture

青い森の赤い果実。

りんご飴マン…。
無表情のくせに、赤面症。
いや、酔っ払ってるのに、シラフを装ってる。
または、知ったかぶり後の赤っ恥。

いずれにしても、メガネさんと顔が似てるらしい。。。

d0025570_16335315.jpeg

似てるのは顔だけ?
実は、これでも「ねぶた」なんですって053.gif053.gif

[PR]

# by wakachannel471225 | 2016-09-07 16:31

でも、やっぱり一口目のビールにはかなわない。

プロ野球選手がお立ち台で「最高でーす!!」と叫んでますが、
それを聞くと、福永法源を思い出してなんか嫌な気持ちになる今日この頃。

日光のありがたみと、雨の慈しみを思う収穫サンデー。
週に一度の畑曜日は晴天に限ります。
今日の出来高をチェックしましょうか。

d0025570_22410056.jpeg

真っ赤に熟れたトマト星人。
水で洗って、そのままガブリエルがタマランチ会長。

d0025570_22470381.jpeg

オバケサイズに育ったキュウリ。
略して「オバQ」。
犬よりも、普通に、ネコちゃんがっ好ぅきぃ〜!(芸人・永野風に)

d0025570_07055059.jpeg

シシトウの大群。
漢字で書くと獅子唐。
獅子の頭に似てるかららしい・・・いや、似てない。。。

d0025570_07073904.jpeg

頭ふさふさモロコシヘッド。
ヤングコーンを食べて禿げ防止に努めます。

d0025570_07395508.jpeg

ぷりぷりの枝豆です。
決して怒ってる訳ではありません。

d0025570_07413368.jpeg

まるまると肥えたナス。
ピザでも食べたのか?

d0025570_07433449.jpeg

里芋の葉っぱはデカい。
目をくり抜いて、里芋仮面として地下アイドルになるのが夢です。

d0025570_07460182.jpeg

ネギも植えてます。
実は、白いところよりも青い部分が好き。
なので、ネギ間は頼みません。

d0025570_07490970.jpeg

オクラが育ってきました。
オクラと聞くと、オズラさんを思い出すズラ恐怖症です。

d0025570_07510719.jpeg

本日の収穫です。
自転車でフラフラしながら持ち帰ります。
先日転けた傷が癒えてませんが、膝を庇いながら家路につきます。

でも、その前に…

d0025570_07550288.jpeg

もぎたてトマトをがぶり!!

どうですか、メガネさん?


う〜ん、ベリッシモ!!


久しぶりに出ました、美味しさの最上級!

梅雨明け前の炎天下で農作業をした人だけが味わえる、
最高のご褒美です。

最高ですか?

『最高デス!!』 あっ!!!


[PR]

# by wakachannel471225 | 2016-07-14 20:01 | gourmet

男ならたってゆけ~ 女はただ寝て待て~♪

先日、毎年恒例の健康診断を受けましたが、
年々バリウムの味のレベルが高くなってる気がしますね。
濃厚なコクと甘みが喉ごし柔らかく、空腹の胃を優しく包んでくれます。

ただし、そのあと先生のマイク越しの指示のもと、
X線検査の台の上でゴロゴロ体勢を変えるのですが、
無茶な動きを要求するレベルも高くなってる気がします。
逆さのまま右斜め下60度の傾斜を手すりにつかまって耐えるなんて、
気を許したら頭から落ちて、若ちゃん脳みそパッカーンですぞ。
d0025570_739040.jpg


で・・・先日、健康診断の結果が出ました。

懸案だった尿酸値は昨年から下がり(9.7→7.3)
何と昨対比2.4ポイントの改善!(改善率は25%!!)
痛風予備軍として日々恐れていた不発弾は、少しだけ除去されたようです。

ただし! 一難去ってまた一難!!
次なる新たな攻撃が仕掛けられてきました。

その名も・・・高血圧。。。

上が150 下が97という異常値を叩きだした中年メガネ。
高血圧を放っておくと、動脈硬化を起こして脳卒中や心臓病などの病気を引き起こす厄介さん。
自己責任の旗のもと、個人的自衛権を尊重するメガネさんにとって、病院にすがるのは愚の骨頂。
自衛策として新玉ねぎを食して血をサラサラにし、
暇さえあれば顎のリンパマッサージをしてる今日この頃、皆さんいかがお過ごし?


ところで・・・


今回の健康診断のオプションとして血液型検査があったので、
ものは試しと軽い気持ちで受けてみました。

自他ともに認めるAB型のメガネさん。
ともすれば希少種のRHマイナスかもという期待をもって。
もしそうだとしたら輸血の時に大騒ぎしちゃう自分を妄想したりして、
いつだって可哀想な自分を演じるのが大好きな、面倒臭い42歳のロクデナシ。

そしてついに・・・


d0025570_8372299.jpg

検査の結果がメガネさん宅に郵送されてきました。
幸薄の享受という淡い期待と不安が入り混じる、何とも言えない緊張感があります。


d0025570_8392756.jpg

そして封を開け、診断結果を目の当たりにしたメガネさんの表情は・・・


d0025570_851910.jpg


何故か苦悶の表情・・・

これはもしかして・・・

もしや・・・

まさかの・・・

よりによって・・・


d0025570_975753.jpg

B型キターーーー!!



今日まで信じてきた42年間は何だったのか。

他人にもAB型っぽいと言われてた評価は何だったのか。

2面性があると言われ続け、

自分でもONとOFFのギャップが激しいと認識し、

それはすべてAB型がもつ特性だと思ってましたが、

まさかの・・・

だぁ~い、
どん・でん・返し!!


d0025570_1012831.jpg


ひどいな~。

へこむな~。

高校の授業で検査したときの反応は何だったんだよ。

親からは「あんたはA型」と言われてたから、覆ったと思ったのに。

AでもABでもないじゃないか!

Bですよ、B!!

まさに、あん!ぽん!たん! ですよ。


d0025570_9404792.jpg

昔こんな本が流行ったじゃないですか。

●つかみどころがない。
●情や感覚で大事なことを決めたりしない。
●「ど根性」という言葉が大嫌い。
●爆笑しているときはたいていウソ。

合理主義で皮肉屋で、クールな印象を持たれて敬遠されがちのAB型人間という言葉に、
大きく頷いていた自分は何だったのか。

d0025570_9351723.jpg


開いた口が塞がりません。

呆然ですよ。

自失ですよ。

二重人格の精神異常者で、常に情緒不安定というキャラは何だったのか。

d0025570_9244128.jpg


思わずソファに倒れこむB型メガネ。

人生の折り返し地点で崩れ去った性格の根拠。

今後の自分のあり方を、もう一度見直さなくてはいけません。

疲労困憊。

意識朦朧。


パトラッシュ、疲れたろう。僕も疲れたんだ。なんだか、とても眠いんだ。

d0025570_9472546.png


あ~あ、「早くネロ」ってことですね。
[PR]

# by wakachannel471225 | 2015-06-07 09:27 | culture

全日本でもコンビ をくもう。

風の強さが気になります。

天気予報で注意しているのは、
気温でも降水確率でもなく、風の強さです。
風速3以上の風に当たると体の調子が悪くなります。

温室栽培のぬくぬく生まれ。
彩の国のビニールハウスで育ったメガネさんは、
キュウリのように細く、トマトのように腐りやすく、夏野菜の負の部分をDNAに持ち、
そう、まるで1袋28円のもやしが服を着て歩いてるような、典型的な「もやし野郎」なのであります。

そんな脆弱の極みを体現する猫背メガネですが、今年も黄金週間を迎えてしまいました。
5/2~5/6まで、ゴールデンな5連休をお国から与えられたのです。
お国の言うことはとにかく絶対なので、一生懸命に満喫しなくてはいけません。
日々の暮らしでできた眉間の深い皺をいかにほぐすか、眉間に皺を浮かべながら熟考してみました。
何もアイデアが浮かばないダメ人間をみかねてヨメが提案したのが・・・

「三崎のマグロが喰べたい!!」

海なし県、彩の国で育ったメガネさんにとって、海はコンプレックスの象徴です。
お父様が鼻歌で歌う「憧れのハワイ航路」で産湯をつかり、「のび太の海底奇岩城」に感涙する一方で、
カラオケでは誰かのサザンのモノマネを嫌悪し、海の家のヤングなノリについていけない自分がいます。

ですが、

ですが(2回目)、

池袋東武のデパ地下でしか知らない三崎のマグロを食したいという欲求がもう抑えられません!!


d0025570_757521.jpg

気が付けば、朝9時過ぎには三崎港近くの食堂の前にいました。

ザーニーから電車とバスを乗り継いで3時間。
お店の開店は11時。
疲労と空腹がメガネを襲います。


d0025570_822994.jpg

あぁ、日の当たるところでネコと一緒に寝てしまいたい。
ねむねむ。。。
睡魔と闘うネコとメガネ。

ポカポカ陽気の港町。
お天気お姉さんの言う通り「絶好の行楽日和」となりました。
開店するまで時間があるので、少し街をぷらぷらしてみましょう。


d0025570_811339.jpg

マグロで有名な港町ですが、マグロ以外にもたくさんあります。
歩いていると醤油と味醂のにおいがプンプンします。
何故なら、店の前で干物を作ってるから。


d0025570_8134052.jpg

小さい魚が群れをなして、大きな魚に魅せる集団芸。
そんな小魚を干して喰らう旨みのある一品です。


d0025570_8423483.jpg

日本人が年間食す魚介類第一位のイカです。
新鮮なのは透明。家庭に並ぶときは白。敵がくると墨を吐く。
青空との対比が見事な一枚です。


d0025570_8452680.jpg

そしてやっぱりマグロです。
血合いと赤身を味醂干しします。
中トロと大トロは、もったいないのでお刺身で。

そう、ここはマグロの町。
マグロを前面に押したマグロタウン。


d0025570_8482079.jpg

三浦半島の最果てでマグロを叫び、


d0025570_8503662.jpg

ウクレレ片手にマグロを唄い、


d0025570_8562120.jpg

鯉のぼりには目もくれず・・・


d0025570_85402.jpg

マグロを求めて列をなす。

まぐろ

マグロ

MAGURO

わい 鮪 食べ たい。。。

もうそろそろ11時ですよ!!


d0025570_8595345.jpg

店の前にある予約の紙に名前を書いて、順番に待つ方式なので、
自分の名前が呼ばれるのを待つ腹ペコ暇虫。
割と狭い食堂なので、一巡目で入店できるかが勝負の分かれ目です。
すでに9時過ぎに名前を書いていた用意周到メガネですが、

それでも順番は7番目。

ラッキィ7となるか、7つの大罪となるのかは、メガネさんの運しだい。
そしてその結果は・・・


d0025570_991925.jpg

見事、ギリギリ7番目で入店です!!
海で死んだ7人の幽霊、七人ミサキの一人となって召喚されました。

では、早速レポートしてみましょう。


d0025570_23164110.jpg

「三崎まるいち食堂」

京急・三崎口駅からバスで30分。
三崎港で下車して徒歩2分。
元々は魚屋。現在は隣に食堂を併設してる、新鮮な魚が食べられる人気店です。


d0025570_23204087.jpg

黄金週間で漁港は休みですが、マグロを謳う専門店だけあって鮮魚が豊富。
地元で捕獲された魚を隣の魚屋で捌いて、調理してくれます。


d0025570_23295738.jpg

刺身定食など、地魚を使ったメニューが豊富ですが、
せっかく遠方からやってきたので、刺身盛り合わせで魚を堪能したいと思います。


d0025570_234140100.jpg

あれやこれや注文し、まずはビールで喉を潤すアル中崩れ。
先に入店した順に料理が出てくる方式なので、ここから30分待つことになります。

空腹のビールなので、胃が冷たくなりました。

お腹が空いているので、酔いが回ってきました。

朝5時に目が覚めたので、眠くなってきました。

睡魔に負けぬように、眉間の皺が刻み始めたとき、
先ほど頼んだ料理がいよいよ食卓に並べられました。


d0025570_23331178.jpg

お皿いっぱいに彩られた盛り合わせ(3,000円)です。
マグロの赤身、中トロ、大トロが厚めに切られ、
イカ、白身の魚(名前は忘れた)が華を添えます。

隣の魚屋で捌かれたばかりの肉厚よろしいお刺身は、
口に入れた瞬間にトロけるのではなく、ぷりぷりな食感とともに御飯が欲しくなる、
かつて経験したことがない一品でありました。

そしてもちろん・・・


d0025570_23522455.jpg

ベリッシモ!!!

今年初の美味しさの最上級が出ました。
黄金週間の途中なのに、この鮮度。
これが人気店の本気なのか。
それとも三崎では至極当たり前のことなのか。


d0025570_23555967.jpg

白い飯がススムくん。
あら汁も美味し。
漁港飯とはこんなにも贅沢なものなのですね。
海コンプレックスが薄まりつつ、海への憧れが高まるメガネ。

さらに調子に乗って・・・


d0025570_2359732.jpg

サバ塩焼きを注文してしまったグルメ気取り。
ビールの後にいつのまにか頼んでいた日本酒がよく合います。
ワカコ酒よろしく「プシュー!」を連発する擬音メガネ。
己のボキャブラリーの貧しさをカタカナで補うロクデナシ。


d0025570_024146.jpg

唯一の救いは、この企画を提案した本人も「美味し」を連呼してたこと。
通常よりも2倍に大きくなった目で、その喜びを訴えてきました。

さらに・・・


d0025570_06068.jpg

このお店は2階建てなのですが、
つか、民家の客間を食堂にした感じなのですが、


d0025570_083681.jpg

何故か、外に掲げられた表札があり、
その主の名前は「石井慎二」とあります。


d0025570_0155888.jpg

実は「ぶらんこ乗り」や「トリツカレ男」の小説で有名な、
作家のいしいしんじ氏がかつて近所に住んでいたときに頻繁に訪れていたらしく、
「いしいしんじのごはん日記2 三崎日和」では文中はもちろん、写真付きで紹介する程の入れ込みよう。

何気なく食堂のおばちゃんに話しかけてみました。

「いしいしんじ氏に会ったことありますか?」
<もちろん何回もあるわよ>

「どんな感じの方なんですか? 無口とか気難しいとか」
<全然! むしろ気軽に話してくれる人よ>

「そうなんだぁ、いいね~」
<今日もこの後、来るわよ>

「えっ、ほんとに!!!(驚愕)」
<そうよ、朝電話があって、13時くらいに行くわぁって>

「マジすか!?(再驚愕)」
<もしよかったら紹介してあげるわよ>

「ま、ま、マジすか!?(3回目)」


てな訳で、1時間後・・・


d0025570_0303428.jpg

お祖母ちゃんから「人の好意は甘えなさい」と教えられた次男坊。
ずうずうしくも接触を図った蜜の味以上の甘えんぼ。
完全にプライベートにもかかわらず、フランクに対応してくださった大先生。
関西弁特有の独特のアクを醸しつつ、丁寧に(?)サインを書いてくださいました。


d0025570_0395160.jpg

右ページが、大先生の息子が書いてくださったサイン。
大物の気配が漂うスケールの大きな書体です。
左ページが、本物の大先生が書いてくださったサイン。
黒サインペンの上部を持った不安定な状態で、ゆる~いサインを頂戴しました。

さらに・・・


d0025570_043265.jpg

少しだけ気が緩んだのか、
ヘタウマな絵を2点書いてくださいました。
大変ありがたいことです。

貴重な時間をとっていただいてありがとうございました。
と、謝辞を申し伝えると、

「はよ帰れ!」とまさかのツンデレな一言が。。。

面喰っていると「夕方になるとバスが混むから早く帰ったほうがいい」との意でした。
なるほど、さすが元・近所で暮らしていた方の貴重なアドバイスですね。
黄金週間は特に気を付けたほうがいいですもんね。


d0025570_0501333.jpg

そんな大先生の教えを受け流し、
城ケ島に渡って雄大なリアス式海岸に感動した結果、
「日本昔ばなし」の龍に跨る小僧を気取って遊んでいたメガネさんでした。

ぼうや~ よいこだ 金だしな~♪
[PR]

# by wakachannel471225 | 2015-05-05 01:20

美味しいは正義。

「誕生日は美味しい肉を喰いたい」

そんなヨメのリクエストに応えるため、ヤフーでググってみた週末の朝。
検索キーワードは「肉 東京 美味しい」。
そんな抽象的すぎる3つの単語を頼りにサーフィンすること3時間。
細い細い縦と横の糸を手繰り寄せて掴んだ店が・・・


d0025570_8351561.jpg

湯島にあるイタリアンレストラン「カルネリーナ」

しかも店のキャッチフレーズに「炭火焼き”肉”押しイタリアン」と付いている、即戦力の本格派。
隠れ家的な雰囲気もあって期待が熱々に高まります。


予約席に案内されて、まずは口濡らしにスパークリングワインをオーダー。
すると、ワインに詳しい店員さんが一言
「口開けの残り少ないシャンパンがあるので、お安くご提供できますが」
と提案してくれたので、迷うことなく即決!!

シュワシュワ感満載の麗しい良質品に、万全の喉ごしウォーミングアップ完了です。

では「Buon appetito! (ブオナペティート!)」


d0025570_8504589.jpg

まずはお通し的な一品から(「コペルト」というらしい)。
「牛タンと牛ホホ肉のコンソメ味ジュレ」と説明されたような。

刻んだ肉も味付けも美味し。
お通しのレベル高っ!
これだけでシャンパンを呑み干す最高の酒のつまみ。

早くも白ワインをボトルでオーダーしてしまいました。

先ほどのワインに詳しい店員さんから今日のおススメを色々聞いて、
散々吟味した結果、アラカルトで頼んだ最初の一品は・・・


d0025570_92725.jpg

今が旬の「ブリのカルパッチョ」

肉を食べに来たのに、まさかの魚から入る衝撃チョイス。
旬という響きに心躍らせて思わずオーダー。
そしてそのお味は、旬魚と蕪にオリジナルのソースが絡んだ納得の一品でした。

魚が美味けりゃ肉も美味い。
勝手な勝利の方程式を組み立てながら、次の料理を待ちます。


d0025570_9155789.jpg

「冷たいお肉の前菜盛り合わせ」

前菜の種類が豊富なので、一つに絞れないロクデナシどもが盛り合わせに走るのは当然の流れ。
ワンプレートに溢れんばかりの前菜がモリモリに盛られてます。

14ヶ月熟成させたパルマ産の生ハム、濃厚甲州ワインビーフのレバーペースト(バケット付)、
イタリア産生ハムサラミ、オリーブ牛のタルタル仕立て(温泉卵添え)などなど、
見た目も内容も豪華な前菜が盛りだくさんでした。

そんな派手なラインナップの中でも秀逸だったのが「フォアグラのフラン」です。

d0025570_10333424.png


濃厚なフォアグラが甘く口の中でとろけるファンタジー。
自家製のフォカッチャに付けて食すという優雅なるひと時に、
湯島にいるという現実を忘れさせます。

まさにベリッシモ!!

至福とはまさにこの事。
この店のスペシャリテと自負するだけあって、その名に恥じぬ極上の味でした。

さらに肉を満喫したい肉食獣。
メニューには心躍る肉料理がジッとこちらを伺っています。
そんな目で見つめられたら・・・


d0025570_10404347.jpg

盛り合わせを頼むしかないじゃない!!

カルネリーナ特選5種のメインディッシュ盛り合わせ(オプションで熟成肉も)

静岡富士宮熟成牛(サーロイン)、甲州ワインビーフ(ハツ)、
香川県オリーブ牛(ミスジ)、静岡県熟成豚 萬幻豚(モモ)、
静岡県ドライエイジングビーフ(サーロイン)など、
肉の、肉による、メガネのための、肉ニカルパレードの始まりです。
でも、主役は一人ではありません。
すべての肉がニックーマウスなんです。
幼稚園の学芸会で全員が桃太郎という、バカげた主役ではありません。
どれもが最強の4番打者。
清原、江藤、ローズ、小久保、ペタジーニなど、4番経験者を揃えた2004年読売ジャイアンツの
「史上最強打線」を彷彿させるメンバーに、お肉のホームラン王確定です。

まさにベリッシモ!!(本日2回目)


d0025570_11214739.jpg

調子こいて2本空けてしまいました。
美味いワインは進みが速いですね。

もう、お腹も心も満腹りん。
他にも魅力的な料理がたくさんありましたが、もうギブです。
お楽しみは次の機会に。。。


ちなみに・・・

d0025570_11245795.jpg

誕生日プレゼントは「サダハルアオキ」のチョコレートとマカロンでした。
彩り鮮やかで品の良い食感がステキです。

まさに「美味しいは正義」と感じた冬の晩でした。


「E stato molto buono! (エスタート モルトブオーノ!)」
(それはとてもおいしかった!)
[PR]

# by wakachannel471225 | 2015-02-08 09:18 | gourmet